草木染めと、手染め糸を使ったハンドメイドの楽しさをお伝えします。


by tezome-to-ito

タグ:草木染め ( 54 ) タグの人気記事

久々に
Shinpachiro札幌店さんに
草木染め糸を納品しました。

a0191728_10595749.jpeg

山椒で染めた極細ウールと
フェルナンブーゴの並太毛糸。

いってらっしゃーい!
どなたかが気に入って
手作り作品に使ってくれたら嬉しいな。

山椒は750m
フェルナンブーゴは200mほど。
どちらも100g前後です。

ただいまShinpachiro札幌店さんでは
「あったかいもの展」開催中。
作家さんによる
この時期必須のあったか小物の
展示販売です。



a0191728_11072876.jpeg

お近くの方、よかったらのぞいてみてね!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。




.

by tezome-to-ito | 2019-01-13 10:57 | shinpachiro札幌店
今年お初の草木染め。

a0191728_09475923.jpeg

3種の染料と3種の媒染を使って
試染です。
上からミョウバン媒染
銅媒染
鉄媒染。

染料はクチナシと矢車玉、蘇芳です。

a0191728_09481923.jpeg

4月に講習会を頼まれたので
その準備です。
先方のご希望が「山の幸染め」とのことで
春らしくもあり
草木染めらしくもあり
山の自然らしくもありで
こんな色合わせにしてみました。

生地はこちらのストールにしようかな?

a0191728_09484737.jpeg

講習会の詳細については
受け付け開始時期に
改めてお知らせ致します。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2019-01-11 09:47 | 手染めダイアリー
日曜日に染めたシルクウール糸です。
きれいな朱赤に染まりました。

a0191728_11115397.jpeg

使った植物は「ユーカリ銀世界」です。
みょうばん先媒染。

a0191728_11122811.jpeg

枝を5本使って煮染めしました。
煮出した時点では液は淡茶色で
とてもこんな赤になるとは想像できません。

しかし葉っぱと一緒に糸を加え
加熱していくと
ある時点で赤く発色しました。

その後のユーカリ。

a0191728_11132772.jpeg

葉っぱや茎が赤くなっていました。
温度で化学変化が起こるのでしょうか?

残液が煮出した時より
茶色く濃く残っていたので
まだ染まるかも?と思い
使い古しの白いセーターを染めてみました。

a0191728_11124469.jpeg

赤くはならなかったけど
いい感じの綺麗なベージュに染まりました。

これは一粒で二度おいしいやつですね。


ユーカリシネレアが赤く染まることは
本で知っていましたが
見た目そっくりな銀世界が
シネレアと同じかどうかは分からない
とはお花屋さんの弁。

試しに買ってみてのこの結果は
正直期待していなかったので
嬉しい驚きです。

シネレアの苗情報を
大阪のORIORIさんに教えて頂き
鉢を1つ購入しました。
庭に植えて育ててからの
1年越しの染色計画でしたが
銀世界という品種で枝があるというので
一緒に購入してみたのです。

a0191728_11141462.jpeg

手前が銀世界、奥がシネレア。
よく見ると葉の大きさと色が
若干違うのですが
見分けはつきません。

たぶんシネレア系列の新品種かな?

a0191728_11130621.jpeg

ちなみに染め方はこちらの本を参照しました。
この本は私にとってのバイブル!

a0191728_11413322.jpeg

そしてユーカリ情報を教えて下さったORIORIさん
ありがとうございました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-12-18 11:11 | 手染めダイアリー
昨日織り工程を紹介した
かすり風フェルトバッグです。

出来上がりました!
a0191728_10432511.jpeg

裏はこんなかすり柄になりました。

a0191728_10441242.jpeg

昨日も書きましたが
これは東京アートセンターさんの
レシピ付きキットを使って織りました。

今HP見にいったらセール中みたい。

色は選べてハンドルも付いています。


そして私はレシピに加えて
中袋を作り
リバーシブルにしてみました。

a0191728_10452501.jpeg

昔織ったものの使えずにいたマフラーを
5当分に切って
ニードルパンチミシンではぎ合わせました。

今回の縫製、
ほとんどニードルパンチミシンです。
フェルト化した織地との相性は
抜群です。

a0191728_10462537.jpeg

余ったところをポケットにしたりして
無事終了〜
と思いきや中袋は大きすぎて
ちょっと修正が必要みたい。

ここは手縫いなので
ぼちぼち直していこうと思います。


昨日はバッグ縫製の傍ら
コトコト草木染めもしていました。

それがものすごく鮮やかな赤に染まって
感激〜〜!


a0191728_10460287.jpeg

初めて染めた植物です。
何だと思います?

今、残液でセーターも染めてみているので
正解と報告は合わせてまた明日に!
(もったいぶってごめん!)





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-12-17 10:41 | 手織りダイアリー
金曜日は今年最後の十色の会。

柿の皮を持ち寄ってウールソックスを染めました。

a0191728_10053566.jpeg

さらに新たな柿の皮もむいて投入。

その残りをつまみながらの染作業です。笑

a0191728_10071697.jpeg

左が柿で染めたソックスです。
ミョウバン先媒染+銅後媒染

a0191728_10085594.jpeg

残念ながら淡色にしか染まりませんでした。
もとのソックスと比べないと
染めたことが分からないのが
ちょっと残念…

真ん中と右のソックスは
Fさんが持って来てくれたブドウの枝で染めたもの。
真ん中がミョウバン、右が銅媒染です。

銅媒染をした方が色が濃くなるかと思いきや
白っぽくなりました。
これは柿の皮も同じで
銅をかけると地に染まった色が白っぽくなり
その為かもともとあった茶色の模様が浮き出ました。

柿の皮を以前に染めた時は
もっと濃い色に染まったのだけど
その写真を探しても見つからない。
何が違ったのか古いノートを探してるのだけど
それも見当たらない…
あれは幻だったのだろうか?

これは柿の季節が終わらないうちに
再度染めてみなければ、
と個人的に思っています。


今年、十色の会は3回の開催でしたが
その2回目に染めたフェルナンブーゴのスカーフを
Tさん、Yさん、Mさんが持ってきてくれました。

同じ染液で同じように染めたのに
全然色が違う!

a0191728_10214310.jpeg

3枚ともシルクですが素材の違いでしょうか?
持って帰ってお家で洗った時の水の違い?
どれも良い色ですが
面白いですね〜。

Yさんは昨年の和紙染めを
上手に貼り合わせてブックカバーにされて
お使いでした。

a0191728_10320258.jpeg

染めている間に溶けてしまって
大失敗だったんですが
色は綺麗な紅花染め!

和紙は来年あたりリベンジしようと
話しあって終了しました。

みんなで学びながらの十色の会。
メンバーの皆さん、来年もよろしくお願いします。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-12-02 09:55 | 十色の会
近鉄文化サロンの教室の帰りに
近鉄百貨店でやっている
みちのく岩手の味と技展に寄ってきました。

ホームスパンのみちのくあかね会
上質な手紡ぎの手織りものや
ニット、裂き織りが並びます。

a0191728_23130798.jpeg

ジャケット用の服地にメチャクチャ惹かれたけど
0の数が一桁違って
とても手の出る品物ではありませんでした。

原材料や手間ひまから考えると
当然の値段なんですけどね。
軽くて暖かいホームスパンのジャケット
いつか着てみたいなぁ。

しかし岩手のホームスパンを見るのは
めったにない機会だから
何か買いたいなと迷っていたら
勧められたのが手紡ぎの毛糸。

a0191728_23151367.jpeg

そうですね!これで自分で織ってみよう。

そして裂き織りの
銀行ポーチも入手しました。
これは生徒さんたちにも
良い参考作品になりそう!

a0191728_23145170.jpeg

みちのくあかね会のお隣のブースは
刺し子のお店。
こちらも素敵です。

a0191728_23132795.jpeg

そして奥にはこんな手染めのお店も。

a0191728_23135403.jpeg

これ本当にうにの殻で染めているそうです。
びっくり!

個体による違いが大きく
なかなか安定した色にはならないとのことですが
染めることより臭いを抜くのが
大変だそうです。
でもそれ以上に大変だったのは
特許を申請することだったとか。

a0191728_23142636.jpeg
7年かけて取った特許だそうですが
うに染めを後世に残すために
今は技術を解放しているそうです。
興味深いお話でした。

a0191728_23153203.jpeg

他にも美味しい海産物やらお弁当やら
楽しいですよ。

みちのく岩手の味と技展は21日まで。
近鉄百貨店あべのハルカス本店9階にて。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-11-17 23:11 | 染織の旅とお出かけ
夏の間、水に浸けて発酵を試みた玉ねぎの話を
覚えている方はいるでしょうか?
イランでは玉ねぎでピンクが染まるらしいという話を
箕輪先生のブログで知り
それは発酵させるらしいという情報のもと
実験してみたのですが
発酵自体が上手く行かない。

やはりエサが必要かな?と思っていたところ
スピニングパーティーの藍染講習で
ブドウ糖と石灰を加えて藍を発酵させる技を知り
それを玉ねぎにも応用してみました。

発酵は上手くいったようです。

その発酵玉ねぎ液で染めた糸がこちら。

a0191728_12465310.jpeg

イメージはもっと派手なピンクなのですが
ピンクには染まりました!

が、かなりフェルト化しました。
左の無媒染は干し大根状態。
発酵ということはアルカリなので
当然といえば当然の結果…
右のミョウバン先媒染はずいぶんマシです。
ミョウバンは酸性なので
中和されるのでしょうか。

ちなみにこちらの写真の右は
フェルナンブーゴの残液のミョウバン先媒染です。

a0191728_15300424.jpeg

同じ手順で染めて全くフェルト化していません。

染めた糸がラムなので
そもそもフェルト化しやすいとは言え
フェルナンブーゴと比べると
やはりアルカリの影響を認めざるを得ません。

イランの羊さんの毛は
アルカリに強いのかもしれませんね。
いや、もしかしたら
染め方自体が全く違うかもしれないですが。

普通に玉ねぎ染めしたものとの
色の違いはこんな感じ。

a0191728_12535706.jpeg

左は発酵させる前の液で試染したもの。
右が同じ液を発酵させた後に試したものです。

玉ねぎは金茶が美しいと思います。
日本の草木染めではそれが当たり前なのは
土地柄に合っているからなのでしょう。
イランにはイランの土地柄があってのピンクかもしれない。
玉ねぎピンク実験はそう納得して
ひとまず終了します。

でですね、
先日京都に行った時に
大きな丹波栗が安かったので買ったのですよ。

それでも染めました。

a0191728_15363455.jpg

栗の渋皮煮の煮出し液を使いました。
栗ピンクです。
しかも美味しい〜。笑

a0191728_15420622.jpeg





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。




.

by tezome-to-ito | 2018-10-29 12:37 | 手染めダイアリー
箕輪先生の10月12日のブログで紹介されていた
「うさと」

日本人デザイナーの方が
タイで綿花から育てて
手紡ぎ、手織り、草木染め、縫製まで
現地で生産するプロジェクトを立ち上げて
日本で販売しているブランドです。



コーディネーターと呼ばれる各地の主催者が
展示会を開いて販売する形式で
HPに行くとそのスケジュールが載っているのですが
驚いたことに
いつも十色の会を開催する
我が町の会館の名前がある!

これは行ってみるしかありません。
それはつまり
買ってみるしかありません。笑

a0191728_06595210.jpeg

ザックリした織り地のワイドパンツと
薄手のタートルを購入しました。
お洗濯するとどんどん馴染むのだそうです。

お値段が大変良心的。

デザインが
自然服というところからも読める通り貫頭衣風ですが、
スマートさもあり
どちらかというたらコンサバ(死語?)の私でも
取り入れやすい感じです。

a0191728_07005181.jpeg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-10-21 06:59 | こぼれ話
今週は庭仕事週間!です。

あまりの暑さゆえ外に出るのも恐ろしく
すっかり放置しっぱなしだった庭の手入れを
雨の前にと思って頑張ってます。

暴れまくっていた薔薇の枝を整理したら
箱一つにもなって
これ、染めたらいい色になるなぁと思いつつ
今回は我慢我慢。

a0191728_14505667.jpeg

夏椿の根元からニョキニョキと現れた謎の木も
とんでもない勢いで成長してるのでカット。
グミの葉っぱに似てるな。
ちょっと染めたいけど
今回は我慢我慢。

a0191728_14545335.jpeg

砂利でマルチングしているにも関わらず
こんもり緑色に茂っていた雑草も
こつこつ一人で抜きました。

こういうのこそ良く染まるのよねーと思いつつ
我慢我慢。

剪定とか草取りって
草木染めする人間には厄介です。
これ、染められるよねーって誘惑に駆られて
いつしかそっちにフラフラと行ってしまう恐れあり。

でも今回はダメです!
そんな余裕ないほど家の庭はすごいことになってるのです!

でも…もしかしたら余裕が出来るかも…。
その時の為にちょっと一画だけ
後回しにしています。
コラっ。笑

この草がなんという名前か
まずは調べましょう。

a0191728_15002309.jpeg

夏の間、放置していたものが
もう一つあります。
そのバケツの蓋を
今日恐る恐る開いてみました。

a0191728_15145752.jpeg

玉ねぎの皮を浸して
発酵を試みています。
イランでは玉ねぎでピンクを染めるらしく
日本の玉ねぎと同じなのかも分からないんですが
取り敢えず赤みを出すには発酵だということで
煮出したものと
ただ水に浸したものを
まずは夏の屋外に置いてみたのです。
ちょうど一月たったところ。

赤っぽいけど発酵という感じはしない。
酵母とエサが必要かしら?

これについてはまた後日。

a0191728_15290095.jpeg

部屋には出番を待つピカピカの鍋。
後輩のHさんから譲りうけたので
草木染めの鍋は3つになり
ガンガン染められる体制ですが
なに分この2ヶ月、
熱中症対策として?
ほとんど家の仕事を放棄していたので
ツケが溜まっております。
今週はよそ見をせずに
庭の手入れを頑張ります。

涼しくなってくれたお陰で
随分はかどりました。

鍋にも仕舞う場所を与えなければ…。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくおねがいします。







.

by tezome-to-ito | 2018-09-13 14:48 | こぼれ話
8月最後の日に十色の会がありました。
今回の染料はフェルナンブーゴ。

バイオリン職人のSさんから頂いた
木屑を煮出し
絹ストールを染めます。

a0191728_08093074.jpeg

同じミョウバン媒染ですが
ストールの素材や織り地の違いで
染まり具合が違います。

a0191728_08123763.jpeg

a0191728_08104581.jpeg

a0191728_08391547.jpeg

みんな美しい赤には違いないです。
a0191728_08130911.jpeg

a0191728_08132985.jpeg

a0191728_08370414.jpeg



Mさんは銅の後媒染も加えましたが
その差よりも素材の違いの方が
写真では強く感じますね。

a0191728_08140677.jpeg

乾いてから報告お待ちしています。
違いを是非次回の会で
見比べたいですね!


そしてメンバーのFさんとTさんが
前回分け分けした水野撚糸さんの
「糸もらってちょうDAY」の糸で
編み物を編んだよと持ってきてくれました。

a0191728_08211419.jpeg

a0191728_08213039.jpeg

ついでながら、他の教室でみせてもらった
水野撚糸さんの糸で織った作品。

a0191728_08234573.jpeg

a0191728_08242667.jpeg

他の素材と合わせたり
使い道いろいろ。

a0191728_08251779.jpeg

展示中の私のこれも水野撚糸さんの糸です。

a0191728_08261020.jpeg

水野さん、見てますか〜?
有効活用させて頂いております。
ありがとうございました!

他の皆さんの作品も待ってます。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-09-02 08:07 | 十色の会