草木染めと、手染め糸を使ったハンドメイドの楽しさをお伝えします。


by tezome-to-ito
日曜の朝に思い立って
こんな羽織ものを仕立てました。

a0191728_08110979.jpeg

もとネタは
箕輪先生のブログで紹介されていた
凹先生のベストです。


使ったのはベッドカバーにしていた
AJCの受賞作。

a0191728_08112807.jpeg

これは左右の布を真ん中で合わせるのに
パンチングミシンを使っているのですが
パンチングが弱かったようで
剥がれて穴が空いていました。

a0191728_08120557.jpeg

実は仕立てたと言っても
実はこの穴を利用して手直しした程度。

ずっと直さなきゃ直さなきゃ
と思って放って置いたのが
良い結果?になりました。

これは裏付きなので
かなりモコモコ。
外で着るよりお家で寒い時に着るのに良さそう。

しかし今日はお外に出動中。

これから大阪セミナーです。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。







.

[PR]
# by tezome-to-ito | 2018-11-19 08:10 | 手織りダイアリー
近鉄文化サロンの教室の帰りに
近鉄百貨店でやっている
みちのく岩手の味と技展に寄ってきました。

ホームスパンのみちのくあかね会
上質な手紡ぎの手織りものや
ニット、裂き織りが並びます。

a0191728_23130798.jpeg

ジャケット用の服地にメチャクチャ惹かれたけど
0の数が一桁違って
とても手の出る品物ではありませんでした。

原材料や手間ひまから考えると
当然の値段なんですけどね。
軽くて暖かいホームスパンのジャケット
いつか着てみたいなぁ。

しかし岩手のホームスパンを見るのは
めったにない機会だから
何か買いたいなと迷っていたら
勧められたのが手紡ぎの毛糸。

a0191728_23151367.jpeg

そうですね!これで自分で織ってみよう。

そして裂き織りの
銀行ポーチも入手しました。
これは生徒さんたちにも
良い参考作品になりそう!

a0191728_23145170.jpeg

みちのくあかね会のお隣のブースは
刺し子のお店。
こちらも素敵です。

a0191728_23132795.jpeg

そして奥にはこんな手染めのお店も。

a0191728_23135403.jpeg

これ本当にうにの殻で染めているそうです。
びっくり!

個体による違いが大きく
なかなか安定した色にはならないとのことですが
染めることより臭いを抜くのが
大変だそうです。
でもそれ以上に大変だったのは
特許を申請することだったとか。

a0191728_23142636.jpeg
7年かけて取った特許だそうですが
うに染めを後世に残すために
今は技術を解放しているそうです。
興味深いお話でした。

a0191728_23153203.jpeg

他にも美味しい海産物やらお弁当やら
楽しいですよ。

みちのく岩手の味と技展は21日まで。
近鉄百貨店あべのハルカス本店9階にて。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

[PR]
# by tezome-to-ito | 2018-11-17 23:11 | 染織の旅とお出かけ
昨日は日帰りで東京に行ってきました。

目的はNODAMAPの「桜の森の満開の下」観劇と

「和泉美奈子 織展」

a0191728_09120018.jpeg

a0191728_09122242.jpeg

a0191728_09124134.jpeg

和泉さんは大学の後輩です。

卒業後も母校で指導のお仕事をされたり
彫刻家のご主人とイタリアで長く修行され
帰国後も手織りの活動を続ける作家&指導者です。

20〜30代の間ブランクを持つ私は
彼女に先輩と呼ばれるのは恐れ多く
心の中で「美奈子先輩」って呼んでます。笑

a0191728_09130129.jpeg

彼女の作品の特徴はイタリアの糸を使い
シンプルに見えて奥深い多綜絖の織物を
丁寧に織り上げていることです。

一見平織りに見えて
じっくり見ると平織りじゃない、
なので色が浮き立つし
薄手で粗く見えてもしっかりしているんです。

長年やってきてこその技と工夫、
さすが!

今回のテーマはボンボンキャンディ。
きれいな色のストールが並びます。

目白のRUEVENTにて11/24まで。



せっかくの東京なので
有楽町の織田有さんにも寄って
古更紗の着物展も見てきました。

a0191728_09381959.jpeg

着物コレクターだった菊池信子さんのコレクション。
着物にするなんて!とお叱りを受けたほど
文化財クラスの貴重な古更紗だそうです。

叱る方の気持ちも分からないではないけど
こんなステキな形で残るなら
これはこれで文化財!と思う
魅力的な着物と帯でした。

志村ふくみさんや柳悦孝さんなど
日本の伝統染織の着物も見る事ができます。


友人達にも会えたし
銀座ウエストでケーキも食べられたし
「桜の森の満開の下」観劇も楽しめて
充実の1日でした!

a0191728_09561815.jpeg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

[PR]
# by tezome-to-ito | 2018-11-15 09:07 | 染織の旅とお出かけ