草木染めと、手染め糸を使ったハンドメイドの楽しさをお伝えします。


by tezome-to-ito
12日の月曜クラスでは初めての
「織り」ワークショップを行いました。

ブレード織りを経験している生徒さんもいらっしゃいますが
織り機を使っての制作は初めてです。

と言っても、エオリア・ミニはただの板に近い(^^;)
経糸を自分ですくって、緯糸を通さなけれがならないので、
けっこう面倒な作業です。

それでも皆さん、もくもくと織っていました。
a0191728_1736240.jpg

生徒さんには同じ色数、同じ分量の手染め糸をお渡ししています。
どんな配色のどんな縞模様にするかは
生徒さんがそれぞれデザインします。
a0191728_17415942.jpg

なぜか皆、地色の茶(インド茜fe)の次はブルー系です。
クサギのブルーもマロウブラックのグリーンも
ちょっとずつしか染めていない貴重な毛糸。
やっぱり色のアピール度が違うんでしょうか?
a0191728_17454893.jpg

今回はつづれ織りできっちり織るので、
厚手のしっかりしたドイリーが出来上がります。
自宅での宿題で持ち帰ったドイリーは、
果たしてどんな縞模様になるのか、
とても楽しみです。

次回は平織りのチェック模様の予定。
[PR]
# by tezome-to-ito | 2011-09-15 17:54 | ワークショップダイアリー
a0191728_1724444.jpg

札幌市の西岡公園にて、
草木染めの講習を致します。

日時は2011年10月18日(火)9:30~12:30終了しました

西岡公園で拾い集めた木の実や枝を染料に
毛糸を染めます。

西岡公園では定期的に「子りす工房」という
体験イベントを開催しています。
今回はその大人版。
札幌市緑化協会の管轄イベントとなります。

お申込み、お問い合わせは直接、西岡公園にお願いします。

詳しくは西岡公園のブログでご確認ください。
札幌西岡公園ブログ

皆様のご参加をお待ちしております。
[PR]
# by tezome-to-ito | 2011-09-11 17:28 | ワークショップダイアリー

紅花の憂鬱

紅花染めのワークショップを
10月以降の月曜クラスで予定しています。
その試染をしてみました。
a0191728_19271184.jpg


コットンの巾着とスカーフをピンクに
ウール糸をイエローに
一つの染料から2色を染分けられるのが
紅花の面白さです。

紅花の黄色色素は食品などにも使われますが、
不思議なことにコットンには染まりません。
その黄色色素を揉みだした後、
アルカリ水の中で再び揉むと
赤色色素を抽出できます。
この赤色色素は、加熱せずに
コットンやシルクを染めるのです。


花は黄色いのに名は「べにばな」。
やはり赤色色素こそが
紅花の本領と言っていいでしょう。
本当に華やかな色ですよね。

しかしこの美しいピンク、
実は私には、とても悩ましい色でもあります。

いったい何を染めるべき?

お金も手間も掛かるこの染料で
せっかくワークショップをするのなら、
このピンクでなくっちゃ!
と思えるものを染めてみたい。

試してみると、身につけるものも良いけど
乙女な小物がいいように思います。
この巾着はなかなかの相性と満足しているのですが、
麻だったらどうだろう?

欲深い試行錯誤は、続くのでありました。


ところでこの巾着、
見覚えのあるあなたの記憶力は素晴らしい!

北海道での収穫/綿ローンのポーチ
[PR]
# by tezome-to-ito | 2011-09-08 20:01 | 手染めダイアリー