人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

オーバーショットの裂き織りバッグが
出来上がりました。

a0191728_18423395.jpeg

市販の幅広テープを
マチと底に縫い付けて
そのまま持ち手にしました。

芯は貼らず裏も付けず
クニャっと感をそのままに。

a0191728_18450980.jpeg

平らに置くとこんな形、
とってもシンプル。
織り地模様を活かしたかったので。


そして同時進行で
ウールを染めています。

a0191728_18473991.jpeg

なぜこんな暑い日に
わざわざ染めるかな〜?

もう溶けそう…。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の にほんブログ村 手織り バナーをクリックよろしくお願いします。







.

by tezome-to-ito | 2019-07-30 18:41 | 手織りダイアリー
コットンプーリングを使って織る課題
第2弾はスパニッシュレースです。

ABCクラフト阿倍野教室の上級の皆さんに
揃って取り組んで頂きました。

たて糸はコットンノトック、
よこ糸にプーリング糸を使います。

どちらも色の選択肢が豊富にあるので
好きなものを選んで頂きました。

その組み合わせを
一挙公開。

a0191728_09591840.jpeg

a0191728_16252652.jpeg


a0191728_10000088.jpeg

a0191728_13045400.jpeg


a0191728_10001467.jpeg

a0191728_13051375.jpeg


a0191728_10003790.jpeg

a0191728_10005124.jpeg


段染め糸の色変わりを利用しています。
楕円模様の色が
斜めに連なっていくデザインにしました。

a0191728_10011091.jpeg

a0191728_10012498.jpeg


a0191728_10013857.jpeg

a0191728_10015606.jpeg

a0191728_10021470.jpeg

a0191728_10023056.jpeg


a0191728_10024109.jpeg

a0191728_10030162.jpeg

皆さんまだ途中なので
織り上がりが楽しみですね。
小さながま口やポーチが作れるサイズです。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の にほんブログ村 手織り バナーをクリックよろしくお願いします。





.


by tezome-to-ito | 2019-07-26 09:58 | ワークショップダイアリー
ABCクラフト阿倍野教室に通うKさんから
作品写真が届きました。

はさみ織りの課題の、のれん。
繊細な木の葉模様でまず1枚織り上げましたが

a0191728_09411927.jpeg

もう1枚織って完成形がこちら。

a0191728_09413128.jpeg

しなやかな枝が美しいデザイン。
風が通り抜ける透け感が涼しげです。

関西は梅雨が明け
これから本格的な暑さがやってきます。
扉を開け放して
風を通したい時にも
1枚のれんがあると目隠しにもなり
重宝する品ですが
タペストリーとしても見応えのある作品。
時間をかけて頑張りました!拍手!


さて昨日のABCクラフト。

a0191728_09425212.jpeg

課題を織る生徒さん達の隣で
なにやらイベントの準備を
お店のスタッフさんがしておられる。

a0191728_09433913.jpeg

んん?このミニチュアは
なわとび?ダンベル?
そしてネットはハンモック?

組み合わせて制作完成すると
こんな可愛いドールハウスになるそうです。

a0191728_09435894.jpeg

そう、世間では夏休みが始まりましたね。
ABCクラフトでは
毎回子ども向けワークショップが大人気です。

すごい種類のワークショップが
毎日日替わりで用意されます。

細かな材料が全て用意されているところが
至れり尽くせり。
そしてアイデア満載。
私の目についたスムージーは
なんと万華鏡!

丁寧に教えて貰えるのも
有り難いですよね。
ただし高校生以下限定。
私は残念ながら参加できないのであった。

a0191728_09441370.jpeg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の にほんブログ村 手織り バナーをクリックよろしくお願いします。








.

by tezome-to-ito | 2019-07-25 09:41 | みんなの作品
a0191728_09434949.jpeg

オーバーショットのサンプルを織りました。
たて糸はフェルナンブーゴ染ウール糸
よこ糸はインド茜の残液で染めた
シルクシフォンの裂き布です。

a0191728_09540621.jpeg

生徒さんには咲きおりで
ピックアップしながら織って頂くのですが
少しでも楽に織る為に
工夫を取り入れています。

思惑通りに上手く織ることができたので
後は数字をテキストに落とせば大丈夫、
と機から外したところ
間違い発見!

a0191728_09513128.jpeg

矢印の箇所で
よこ糸が2段飛んでいます。
おお〜!ノーーーー!!

このたて糸はこれっきりだし
シフォンも全て織ってしまい
残っているの耳だけ。

一から織り直ししなければならないか?
と落胆しかけましたが
組織はよこ糸を2段加えれば直せそう。

耳を利用して縫い足してみました。

a0191728_10153438.jpeg

質感が変わってしまったのは
否めないのですが
そのままにしておくよりはマシ。

オーバーショットは裏は反転模様になりますが
こんな感じ。
好み次第でどちらも使えます。

a0191728_10182748.jpeg

失敗も含めてのサンプルになりました。

せっかくだから
何か形にしたいなぁ。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の にほんブログ村 手織り バナーをクリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2019-07-24 09:43 | 手織りダイアリー
珍しく生のレッドビーツを入手したので
その皮でシルクストールを染めてみました。

a0191728_17474399.jpeg

ボルシチを作ろうと皮を剥いたら
手が真っ赤になるほどで
勿体ないな、染められるかな?と
シチュー鍋の隣でグツグツ煮染め。

a0191728_17502234.jpeg

どっちもシチューに見えますか
奥がストールです。笑

残念ながらお料理と同時進行では染まらず。
水洗いすると殆ど流れてしまいました。

でも鍋の水は真っ赤なまま。
これは加熱しない方が良いパターンかもと思い
冷めた染液に酢を加え
ストールを入れてしばらく放置したところ
この程度に染まりました。

a0191728_17553209.jpeg

アントシアニンなら
この程度で終わるところなんですが
まだまだ液は真っ赤なまま。

改めてストールをディスポンで濃染処理し
銅媒染もしてから再度冷染したところ
ちょっと変わったオレンジに染まりました。


レッドビーツの写真は撮ってなかったので
購入元のオイシックスからお借りした写真です。

a0191728_18015497.jpeg

調べてみるとレッドビーツの色素は
ベタシアニンというそうで
ヤマゴボウやオシロイバナと同じ色素のようです。

ヤマゴボウもオシロイバナも
汁がキレイな赤ですが
染色には向かないのですよね。

今後ストールの色はどう変化するでしょう?
その過程を見るのも面白い。

そもそもは食べることが目的で買った
レッドビーツだったので
退色したとしても十分楽しむことが出来ました。

因みにボルシチは
美しく美味しかったです!

a0191728_18142475.jpeg





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の にほんブログ村 手織り バナーをクリックよろしくお願いします。



.

by tezome-to-ito | 2019-07-22 17:47 | 手染めダイアリー
裂き織りのカトラリーケースのサンプルを
作ってみました。

a0191728_10201352.jpeg

レシピは
箕輪直子『はじめての裂き織りレッスン』より。

a0191728_10215314.jpeg

浮き織り部分は
コットン糸を使って
地は裂き織りです。

a0191728_10232597.jpeg

麻のたて糸にしっくり馴染んで
ナチュラルで優しい仕上がりになりました。

嬉しい。


裂き布には
使い古しのピローケースを使いました。

四半世紀に渡り
家族全員で使っていたお気に入り。

当時大好きだった
GARNET HILLというアメリカの通販で
シーツとセットで購入したものです。

好き過ぎて使い過ぎて
布はほろほろと
なんの力も要らずに
裂くことができるほど
柔らかくなっていました。

海藻模様も爽やかなグリーンも
あの頃は国内では見かけないプリントでした。

ネット通販がまだ主流ではなかった時代、
異国のベットリネンやインテリアグッズが
美しい写真で紹介されたカタログを
見ているだけで幸せだったあの頃。

何点か購入した製品は
今も使い続けています。

そう言えばGARNET HILLは
今どうなっているのだろう?

調べてみたら、ありました!


うっとりしてしまう夢の世界は健在。

これからはSNSで
楽しませてもらおう。


ところでカトラリーケースのサンプルですが
実際にはカトラリーを
入れることは無いと思います。

流石に家族みんなの寝汗を
たっぷり吸っていることを知っているので。笑

シーツは大きく織って
マットにしたい。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の にほんブログ村 手織り バナーをクリックよろしくお願いします。







.

by tezome-to-ito | 2019-07-18 10:18 | 手織りダイアリー
私の生徒さんにはTさんが多い。
昨日、産経学園大阪校のTさんトリオが
取り組んでいたのは
綴れ織り。

a0191728_07273765.jpeg

左がリビングアートの第10回課題ですが
T1さん、T2さん共に
お家のダブルロックが残念な上がり。

a0191728_07292769.jpeg

パッと見は出来上がっているのですが
上手く折り返せているところと
シングルになってしまったところが混在。

右の様にお家の模様だけもう一度
復習することにしました。

ちょうどT3さんも10回に入るところ。
ならば一緒に予習しましょう、ということで
トリオでの取り組みとなりました。

a0191728_07304977.jpeg

1段ずつダブルロックを確認しながら
折り返していきます。

集中力が途切れると
うっかりしてしまうので
このサイズなら
時間のある時に一気に織る方が無難かも。


中級課題に入り
次々と新しいテクニックが登場します。
それを理解しつつ
基本的なサイズや密度にも配慮し
丁寧に織り上げなければ
クリアできる作品には織り上がりません。

焦っても先々つまずくことになるので
気長に頑張りましょう。

そして時には
引き返す勇気も必要です。

ということでやり直しも含めた
産経教室の皆さんの作品。

a0191728_07524796.jpeg

a0191728_07530127.jpeg

a0191728_07531568.jpeg

a0191728_07532901.jpeg

a0191728_07554176.jpeg

a0191728_07560845.jpeg

a0191728_07563236.jpeg

花まる!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
by tezome-to-ito | 2019-07-17 07:23 | みんなの作品
一昨日の朝、ふと勝手口を見ると
何やら来客の影が。

a0191728_11392016.jpeg

蝉です!
どうらや羽化したての様子。
なんだってこんなところに?

じわじわと上に登りつつ
丸2日滞在の後
飛び立っていきました。
そろそろ本格的な夏の始まりかな?

さてそんな夏にぴったりなこちらの作品。
Ytさんのはさみ織りです。

a0191728_11434258.jpeg

色も涼しげでいいですね。
シンプルな幾何学模様が映えます。

YtさんはABCクラフトに
長く通って下さった生徒さんです。
今は草木染めを織るために
近鉄文化サロンの方にお通いです。

a0191728_11464910.jpeg

基本に帰って網代織り。
草木染め以外の糸でも復習する
丁寧な学びの姿勢は
Ytさんの素晴らしいところ。

その影響か
草木染めクラスの他の皆さんも
初心者でも丁寧に織り上がりました。

a0191728_11513587.jpeg

あまり糸でポーチを織ったのはKさん。
赤いファスナーがポイントで
かわいいですね!

a0191728_11520689.jpeg

今月からはいよいよインド茜。
Ytさんは引き続き受講されます。
インド茜はメチャかわいいですよ!
どんな風に織って下さるか
楽しみにしています。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の にほんブログ村 手織り バナーをクリックよろしくお願いします。







.

by tezome-to-ito | 2019-07-16 11:38 | みんなの作品
マリーゴールドの花が咲きました。

a0191728_14583453.jpeg

種まきから34日目。
説明書では55日で開花とあったので
ずいぶん早かったです。

花は早々に摘芯しました。
こうすることで脇芽が増えて
花が多く付くようになるはず。

a0191728_14584725.jpeg

いつもはこれがなかなか出来ないのです。
せっかく開いた花が可哀想で。
でも今回は摘んだ花を染料にしますから
無駄にはならない。
ドライにして保存していきます。


さて今日紹介するのは
裂き織りともじり織りを組み合わせた
ショールです。

こちらはNHK文化センター守口教室の
KさんとYさんの作品。

糸は色違い、
裂き布はシルクシフォンです。

a0191728_14593087.jpeg

シフォンを1段ずつ
広げながら織ったYさんのストールは
スケ感があり
寄せて織ったKさんのストールは
白が引き立ちます。

a0191728_14591238.jpeg

それぞれの質感があり
どちらも素敵ですね。

a0191728_14595900.jpeg

同じ織り方ですが
近鉄文化サロン阿倍野教室のYMさんは
着物地を裂いて織りました。

a0191728_15002487.jpeg

段染め糸と裂き布の組み合わせが
効果的で面白い織り上がりです。

濃色と淡色、どちらも魅力的ですね。

裂き織りはどちらかというと
しっかりと打ち込んで織る
敷物やバッグ地などが向きますが
こうした薄地をふんわり織ると
また違う印象の作品になります。

ふんわり織るにはテクニックもいりますが
皆さん上手に織って下さり感激!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の にほんブログ村 手織り バナーをクリックよろしくお願いします。







.

by tezome-to-ito | 2019-07-14 14:58 | みんなの作品
最近ABCクラフト阿倍野教室に
入会したばかりのNさん。

織り始めてまだ2ヶ月程なのに
その創作パワーが素晴らしい!

マイ織り機を手に入れた喜びで
織って織って織りまくっています!

a0191728_09573811.jpeg

節のある糸をたて糸に
その節を利用して
よろけ織りのような質感を出したストール。

a0191728_09584820.jpeg

もう何本も織ってお友達にプレゼントされたとか。

a0191728_09591908.jpeg

カラフルな段染め糸はよこ糸に使ってみたり

a0191728_09594410.jpeg

百均の日本手拭いを裂き織りにしてみたり

いや〜とにかく抜群の実行力。

a0191728_09595711.jpeg

習ったことと
ご自身の勘を組み合わせて
恐れずにどんどん制作するその行動力は
ものを産み出す源。
人生では大先輩のNさんに
見習わなきゃいけないな。

Nさん、織りの世界は深いので
これからたくさん学んで
たくさん織って
たくさん楽しんで下さいね!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の にほんブログ村 手織り バナーをクリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2019-07-10 09:56 | みんなの作品