人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

昨日に引き続き
生徒さんの作品紹介です。

ラフィアのメガネケースは
NHKのYdさんとKmさんのもの。
たて糸の段染め糸と
ラフィアのグリーンがいい感じ。

メガネケースかな?ペンケースかな?
ボリビアの5本組紐も上手に取り入れました。

a0191728_19123534.jpeg


爽やかなボーダーの裂き織りは
Qs阿倍野の新人Aさん。
きっちりしたボーダーが
綺麗ですね。

a0191728_23201242.jpeg

糸抜きショールは
Kwさんのです。
相変わらず丁寧な制作です。

a0191728_19180236.jpeg

ブルー系でもう一つ、いや、4つ
Ydさんのマフラー&ベルト織り。
たくさん織りましたね!
まだまだ糸が待ってますよ!

a0191728_19135621.jpeg

クリスマスマフラーは
AkさんとHkさん。
太めも細めもどちらもGOODです。

a0191728_19141420.jpeg

クリスマスミニタペはMさんです!
コルクの飾りが良いアイデアです!
a0191728_19143044.jpeg

Hkさんはご自宅で
こんな大作も織りました。
吉野織りを全て手で拾ったそうです。
すごい!

a0191728_19145214.jpeg

近鉄のKさんは
箕輪先生のセミナーでキットを購入し
さっそく織ったそうです。
いつもは裂き織りのクラスで織っているので
毛糸は初めて。
打ち込みが難しかったそうですが
頑張りましたね。

a0191728_19151246.jpeg

そのKさんのお宅に
忘れ物を届けに行った時の写真がこちら。
玄関にたくさんの
縮緬細工が飾られていました。

a0191728_19162992.jpeg

素晴らしいですね〜。

a0191728_19164928.jpeg

ここに織り作品が増えるのが
楽しみです!

a0191728_19171928.jpeg


駆け足で皆さんの今月の作品を
紹介しました。

1年間毎月着々と作品を織りましたね!
いつも皆さんのパワーに後押しされ
教室運営を頑張ってきました。

来年も頑張りますよ!

各教室
パワーアップして行きましょう〜。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願い致します。






.

by tezome-to-ito | 2018-12-29 19:11 | みんなの作品
皆さん年越しに向けて
準備を進めていることと思います。

私も不要物を仕分けたり
処分したり。
大掃除とまでは行かないけれど
気持ちよく新年を迎えられるように
家の片付けに精を出しております。

しかし大事な仕事が残っていました。
生徒さんの今年の作品は
今年の内に紹介しなくっちゃ。

今日明日で今月見せて頂いたものを
UPしようと思います!

まずは枚方のTdさんとKnさんの
グレンチェックのクラッチバッグから。

a0191728_23113430.jpeg

白系は写真では模様が
良く分からないかもしれませんが
どちらも実物はちゃんとチェックが浮き出て
シックな仕上がりです。

Knさんはこのバッグが気に入ったようで
他に2つも織ってらっしゃいました。

a0191728_23140232.jpeg

バッグinバッグにするそうですよ。

こちらもシックなストールは
Tkさんのタテ引き返し。

a0191728_23150702.jpeg

Tkさんはしばらくお休みしている間に
こんな裂き織りのバッグも
作っていました。

a0191728_23154488.jpeg

ベルトや金具は
不要になったバッグから
再利用したそうです。
しっかりしていて
使いやすそうですね。


網代織りを織られた生徒さんも
何人かおられました。
こちらは枚方のKさん

a0191728_23165111.jpeg

こちらはNHKのTnさんとYhさん

a0191728_23172098.jpeg

糸と色と手が違うと
雰囲気が全く変わりますよね。

布ぞうりはNHKのTkさんと

a0191728_23180236.jpeg

近鉄のMさん。
鼻緒のフリースは同じで
ぞうりの裂き布が違います。

a0191728_23182493.jpeg

三つ編みの鼻緒!
よいアイデアですね〜

明日も続きます!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願い致します。






.

by tezome-to-ito | 2018-12-28 23:11 | みんなの作品
クリスマスが過ぎた途端
寒波がやってきましたね。

今日は私の教室での仕事納め。
厚めのコートを初めて着ています。

そこで防寒対策
ということでアルバムの中から
生徒の皆さんの暖かグッズを集めてみました。

まずはYさんの手織りマフラー。
お嬢さんのリクエストで織ったそうです。

a0191728_09571823.jpeg

チェック柄を丁寧に織っています。
使いやすそうですね〜。
黄色のプチプチがポイントですが
これはもともと糸に
挟み込まれているものだそうです。

今はいろんな変わり糸がありますが
どう使ったら良いか悩むこともあります。
参考になりますね!


こちらはTKさんのマフラー。
織り物かと思って近づいてみたら
ニットでした。
薄手のリバーシブルで
とても巻きやすそうです。

a0191728_09551506.jpeg

そして房の始末が面白い。
これは織り物のマフラーにも
応用できそうです。

a0191728_09553599.jpeg

Aさんのアームウォーマーは
ご自身での手編み作品。
こっくりしたベリーカラーの千鳥柄は
Aさんらしい!
見ているだけで暖かくなります。

a0191728_09575244.jpeg

ニットといえば
講師資格もお持ちのTさん!
以前お渡しした
コチニール染めのモヘアで
素晴らしいマフラーを編んでくれました。

a0191728_09585347.jpeg

ヘアピンレースというそうです。
棒針やかぎ針とは違う道具で
編むのだそうですが
素材にピッタリで流石ですね〜。
ありがとうございます!


さて本日のお仕事場所の
Qsモールあべのに着くと
入り口には門松が!!

いよいよ年の瀬です。

a0191728_10253411.jpeg





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-12-26 09:54 | みんなの作品
Merry Xmas!

昨日のイブイブに
チキンの丸焼きを食べて
すでにクリスマスは終わった感の我が家です。
街は賑わっているのかな?
この3連休は家でまったり過ごしております。


でも先週お教室のあった産経学園では
サンタクロースが持ってきた
Xマススィーツをみんなで頂きました!

a0191728_16140765.jpeg

ショコラパレドオールのクリスマスツリーショコラ。
見た目も味もインパクト大!
台までチョコで食べ応えも満点でした。

バックを飾ってくれたのは
Hさんの絣織りテーブルセンター。

a0191728_16174867.jpeg

他の皆さんの課題作品も
何気にXマス感ただよう。

a0191728_16184966.jpeg

a0191728_16190939.jpeg

a0191728_16194934.jpeg

ラフィアのセンターは夏だけど
気にしない気にしない!

a0191728_16200793.jpeg


近鉄文化サロンのサンタプレゼントは
ゴディバのチョコマカロン。
いろんな味があってこれも美味しかった。

a0191728_16215950.jpeg

そして生徒の皆さんの作品は
見事な裂き織りです。
Xマスとは関係ないけど
ステキでしょう?

a0191728_16245161.jpeg

a0191728_16250508.jpeg

a0191728_16252986.jpeg

a0191728_16255646.jpeg

a0191728_16281400.jpeg

産経&近鉄の皆さん、サンタさんに
きれいな織り物をたくさん披露してくれて
ありがとうございました!
来年もまたがんばりましょう!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-12-24 16:30 | みんなの作品
もう会期は終わってしまったのですが
北浜のANdoにて開催の
「カシミールの刺繍、織り物展」に行ってきました。

産経の教室日に生徒のTGさんが
「素晴らしかった、明日までなので是非」
と教えてくれて
そのまま地図を片手に立ち寄りました。

行って良かったです!

a0191728_17000306.jpeg

カニ織りというパシュミナのストールに
目が釘付けになりました。

なななんと、
この美しい花模様は
綴れ織りなんです!
手紡ぎのパシュミナ糸の
薄手のストールが!綴れ?!
驚愕です。

色糸をたくさん織り込んでいますが
その糸を巻いておくスティックを
カニというのだそうで
それでカニ織りなんですね〜。

カニ織りについては
今回の展示会の主催者である
nukuiroさんのHPで
美しく興味深い写真を見ることができますよ!


カニ織りのストールは
わずかに2点のみでしたが
ゾズニ刺繍というこれまた
顎がはずれるほどビックリな
細かい細かい刺繍のストールが
たくさん展示されていました。

a0191728_17003619.jpeg

手紡ぎ手織りでこの薄さに驚くのに
手刺繍でこれは
もう神!

a0191728_17483673.jpeg

a0191728_17010174.jpeg

色もカラフルで楽しい、
とてもワクワクする展示でした。

nukuiroさんの展示会は
各地を巡回しているようです。

そしてANdoさんでは
来年もこの時期に
同様の展示会を予定しているのだとか。

是非来年も伺いたいと思います!

ANdoさんのブログで
今回の展示会の様子がUPされています。
興味のある方は行ってみてね。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-12-22 17:54 | 染織の旅とお出かけ
日曜日に染めたシルクウール糸です。
きれいな朱赤に染まりました。

a0191728_11115397.jpeg

使った植物は「ユーカリ銀世界」です。
みょうばん先媒染。

a0191728_11122811.jpeg

枝を5本使って煮染めしました。
煮出した時点では液は淡茶色で
とてもこんな赤になるとは想像できません。

しかし葉っぱと一緒に糸を加え
加熱していくと
ある時点で赤く発色しました。

その後のユーカリ。

a0191728_11132772.jpeg

葉っぱや茎が赤くなっていました。
温度で化学変化が起こるのでしょうか?

残液が煮出した時より
茶色く濃く残っていたので
まだ染まるかも?と思い
使い古しの白いセーターを染めてみました。

a0191728_11124469.jpeg

赤くはならなかったけど
いい感じの綺麗なベージュに染まりました。

これは一粒で二度おいしいやつですね。


ユーカリシネレアが赤く染まることは
本で知っていましたが
見た目そっくりな銀世界が
シネレアと同じかどうかは分からない
とはお花屋さんの弁。

試しに買ってみてのこの結果は
正直期待していなかったので
嬉しい驚きです。

シネレアの苗情報を
大阪のORIORIさんに教えて頂き
鉢を1つ購入しました。
庭に植えて育ててからの
1年越しの染色計画でしたが
銀世界という品種で枝があるというので
一緒に購入してみたのです。

a0191728_11141462.jpeg

手前が銀世界、奥がシネレア。
よく見ると葉の大きさと色が
若干違うのですが
見分けはつきません。

たぶんシネレア系列の新品種かな?

a0191728_11130621.jpeg

ちなみに染め方はこちらの本を参照しました。
この本は私にとってのバイブル!

a0191728_11413322.jpeg

そしてユーカリ情報を教えて下さったORIORIさん
ありがとうございました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-12-18 11:11 | 手染めダイアリー
昨日織り工程を紹介した
かすり風フェルトバッグです。

出来上がりました!
a0191728_10432511.jpeg

裏はこんなかすり柄になりました。

a0191728_10441242.jpeg

昨日も書きましたが
これは東京アートセンターさんの
レシピ付きキットを使って織りました。

今HP見にいったらセール中みたい。

色は選べてハンドルも付いています。


そして私はレシピに加えて
中袋を作り
リバーシブルにしてみました。

a0191728_10452501.jpeg

昔織ったものの使えずにいたマフラーを
5当分に切って
ニードルパンチミシンではぎ合わせました。

今回の縫製、
ほとんどニードルパンチミシンです。
フェルト化した織地との相性は
抜群です。

a0191728_10462537.jpeg

余ったところをポケットにしたりして
無事終了〜
と思いきや中袋は大きすぎて
ちょっと修正が必要みたい。

ここは手縫いなので
ぼちぼち直していこうと思います。


昨日はバッグ縫製の傍ら
コトコト草木染めもしていました。

それがものすごく鮮やかな赤に染まって
感激〜〜!


a0191728_10460287.jpeg

初めて染めた植物です。
何だと思います?

今、残液でセーターも染めてみているので
正解と報告は合わせてまた明日に!
(もったいぶってごめん!)





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-12-17 10:41 | 手織りダイアリー
スピニングパーティーで購入した
東京アートセンターの
かすり風フェルトバッグのキットです。

先月末から取り掛かり
ようやく完成しそうです!

a0191728_16472991.jpeg

段染めの糸が2綛入っていて
私が選んだのはこんな色。

a0191728_16494669.jpeg

段染めをそのまま生かすのですが
どんな風に柄出ししようか、

a0191728_16503400.jpeg

こんな風にしようか
あれこれ楽しい悩みどころ。

a0191728_16505690.jpeg

そしてもしかして咲きおりなら
輪のまま織れるのではないかと
思い立ち試してみたのですが、

a0191728_16515015.jpeg

結果から言うと無理でした。
40羽のソウコウに対し糸が太いので
かなりしっかり張らないと
ソウコウが動かない。
だけれども2つの綛の輪の大きさが
微妙に違い
どうしてもどこかが緩んでしまう。

a0191728_16521837.jpeg

すったもんだの挙句
通常の手順とはだいぶ違ったけれど
レシピ通りに糸をセットし直し

a0191728_16551862.jpeg

なんとか無事に
かすり柄を作ることに成功。

a0191728_16554807.jpeg

織り上がりは100cmほど。

a0191728_16561383.jpeg
それを1時間かけて
しっかり縮絨してフェルト化したら
80cmほどになりました。

a0191728_16562842.jpeg
今日は朝からミシンで仕立てしごと。
難関のハンドルも無事着いて
今ここ。↓

a0191728_16564571.jpeg

ボンドの乾燥待ちです。

レシピはここで終了ですが
もう一手間かけて
リバーシブルにしようとし
ちょっと欲張っています。

ハックレースを入れて織った
草木染めのマフラー、
何度も縮絨したりしたけど
硬くて首に巻けません。

これを裏地に使ってみるつもりです。

a0191728_16570842.jpeg

明日は完成品をアップできるはず!
頑張るぞい〜


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。




.

by tezome-to-ito | 2018-12-16 16:47 | 手織りダイアリー
京都国立近代美術館で開催中の
藤田嗣治展に行ってきました。

a0191728_17334799.jpeg

友人に藤田好きの子がいて
その影響で百貨店ギャラリーなどで
リトグラフの展示会があると覗くようになったのですが
油彩や水彩の大きな作品を観たのは初めてです。

日本人である自分にしか描けない作風を探して
炭の黒と乳白色にたどり着いたことも
今回初めて知りました。

本当に白が美しい。

a0191728_17504671.jpeg

そして多くの作品には
美しい布が背景に描かれていて
彼の描く白を引き立てていました。

a0191728_17531907.jpeg

これ、ジュイ布というのだそうです。

ジュイ布?なんだろう?
さっそく検索してみました。

『この柄は、Toile de Jouy(トワル・ド・ジュイ)といい、フランスの伝統柄です。

*La toile…フランス語で様々な素材で織られた平織物という意味

*Jouy…ヴェルサイユ宮殿近くにある、パリ近郊の街、Jouy-en-Josas(ジュイ・オン・ジョザス)に工場があったためToile de jouy…「ジュイの布」と呼ばれるようになりました。』


↓こちらのブログから引用させて頂きました。


ジュイ布とはトワル・ド・ジュイ、
ジュイの工場で染められた西洋更紗のことなんですね。

藤田画伯は手しごとを重んじて
様々な生活品を自分で作っていたそうで
奥様の服まで縫ったこともあるそうな。

だから染織にも興味があったのでしょうね。

展示品に描かれた人物の着衣にも
その色柄が繊細に描き込まれていて
ああ、これはチュールに刺繍したものだなとか
沖縄の芭蕉布だな、
隣は紅型だなといった具合です。

布をテーマに
藤田展示会をひとつ組んで貰いたいくらい
染織にまつわる絵は多く
その方面の人間には
魅力的な画家であると言えます。

そして藤田嗣治といえば
猫です!

a0191728_17323705.jpeg

猫好きで知られる藤田画伯の絵には
愛嬌たっぷりの猫が
たくさん登場します。

「普段おとなしくても
構ってやらなければ爪をたてる。
猫は女性と同じ。」
と藤田画伯は言ったそうです。
幾人の女性と愛し合った画伯は
幾匹の猫ちゃんも愛した様ですね。フフフ

愛された猫たちは
とても魅力的に描かれています。
アレルギーがあるから実際には飼えないので
代わりに藤田嗣治の絵を買う人もいるそうですよ。

友人も猫好き故の藤田好き。
私は特別猫好きなわけではないのですが
売店で藤田猫タオルを
2枚買ってしまいました。

この猫は自画像に登場している猫なので
藤田画伯が飼っていた猫に違いない。

a0191728_17535812.jpeg

なんともユーモラスで
愛嬌に満ちていますよね!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-12-13 17:32 | 染織の旅とお出かけ
これは今年の我が家のXマスツリー?

a0191728_10343643.jpeg

ではなく、おせんべいです。

a0191728_10345787.jpeg

奈良県田原本町にある
創業四百余年の老舗菓子店「雲水堂」さんの
松風というおせんべい。
直径54センチに焼き上げたものを
4分の1に切ってクルッと円錐に巻いてあります。

割って食べますが
とても素朴な味わいです。

a0191728_10351891.jpeg

1枚丸々巻いてあるものや
平らなままカットしてあるものもあるのですが
巻いてあるのがインパクト大です。
立つおせんべいって初めて!

本当にツリーにしたいくらいですが
食べてしまいました。笑


さて各教室では
多くの生徒さんが
年末恒例のクリスマス課題に取り組んでいます。

ベテランさん達が織っていたのは
ツリー柄のピックアップベルト織り。

a0191728_10355977.jpeg

好きな色の綿糸と刺繍糸の組み合わせ。

a0191728_10364761.jpeg

どの色の組み合わせも可愛い!

a0191728_10371004.jpeg
クリスマスカラーの方もいれば

a0191728_10375527.jpeg

あえてそれらしくない色を選択する方も

a0191728_10382285.jpeg

使用したDMCのエトワールという刺繍糸は
上品なキラキラがあって良い感じです。

a0191728_10385001.jpeg

この持ち手を引き返し織のバッグに
使いたいと考えているのがTYさん。

引き返しは前回の課題でしたが
出来上がってこの時季に観ると
ツリーに見える!
何というナイスなタイミングでしょう。

a0191728_10402081.jpeg

他にも赤×αのマフラーや

a0191728_10411673.jpeg

ノット織りのミニタペストリーに
取り組む方々もいます。

a0191728_10414703.jpeg

みんなクリスマスに間に合うよう
頑張ってね!




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。







.


by tezome-to-ito | 2018-12-12 10:33 | みんなの作品