人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夏の間、水に浸けて発酵を試みた玉ねぎの話を
覚えている方はいるでしょうか?
イランでは玉ねぎでピンクが染まるらしいという話を
箕輪先生のブログで知り
それは発酵させるらしいという情報のもと
実験してみたのですが
発酵自体が上手く行かない。

やはりエサが必要かな?と思っていたところ
スピニングパーティーの藍染講習で
ブドウ糖と石灰を加えて藍を発酵させる技を知り
それを玉ねぎにも応用してみました。

発酵は上手くいったようです。

その発酵玉ねぎ液で染めた糸がこちら。

a0191728_12465310.jpeg

イメージはもっと派手なピンクなのですが
ピンクには染まりました!

が、かなりフェルト化しました。
左の無媒染は干し大根状態。
発酵ということはアルカリなので
当然といえば当然の結果…
右のミョウバン先媒染はずいぶんマシです。
ミョウバンは酸性なので
中和されるのでしょうか。

ちなみにこちらの写真の右は
フェルナンブーゴの残液のミョウバン先媒染です。

a0191728_15300424.jpeg

同じ手順で染めて全くフェルト化していません。

染めた糸がラムなので
そもそもフェルト化しやすいとは言え
フェルナンブーゴと比べると
やはりアルカリの影響を認めざるを得ません。

イランの羊さんの毛は
アルカリに強いのかもしれませんね。
いや、もしかしたら
染め方自体が全く違うかもしれないですが。

普通に玉ねぎ染めしたものとの
色の違いはこんな感じ。

a0191728_12535706.jpeg

左は発酵させる前の液で試染したもの。
右が同じ液を発酵させた後に試したものです。

玉ねぎは金茶が美しいと思います。
日本の草木染めではそれが当たり前なのは
土地柄に合っているからなのでしょう。
イランにはイランの土地柄があってのピンクかもしれない。
玉ねぎピンク実験はそう納得して
ひとまず終了します。

でですね、
先日京都に行った時に
大きな丹波栗が安かったので買ったのですよ。

それでも染めました。

a0191728_15363455.jpg

栗の渋皮煮の煮出し液を使いました。
栗ピンクです。
しかも美味しい〜。笑

a0191728_15420622.jpeg





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。




.

by tezome-to-ito | 2018-10-29 12:37 | 手染めダイアリー
ここしばらくの上級クラスの皆さんの作品を
今日はご紹介します。

上級クラスと言っても進度はまちまち

今はカード織りをしているチームと

a0191728_07433870.jpeg

a0191728_07435384.jpeg
Mさんのサンプル

a0191728_07440603.jpeg
Tさんのサンプル

めがね織りをしているチームと

a0191728_07442981.jpeg
Aさんのサンプル

a0191728_07451158.jpeg
Yさん作

a0191728_07460224.jpeg
a0191728_07473681.jpeg
Kさん作

ラーヌ織りをしているチームがあります。

a0191728_07484146.jpeg
Mさん作

a0191728_07485550.jpeg
Tさん作

a0191728_07490971.jpeg
Kさん作


少し前に遡って
Tさんは斜線織りもしましたね。
イメージはカルピス!

a0191728_07583403.jpeg

六角もじりは夏の思い出。

a0191728_07590674.jpeg
Kさん、Tさん、Mさん作

上級クラスは練習課題と
オリジナル作品課題があります。
5名の生徒さんがここ半年で制作したものの
一部ですが
まとめてみると見応えある作品の数々です。
頼もしい!






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-10-28 07:28 | みんなの作品
水木とABCクラフトあべのQs教室があり
皆さんの作品の写真をたくさん撮りました。

まずはMさんのグレンチェックのバッグ。

a0191728_09471898.jpeg

もこもこ感が可愛い!
この秋冬はグレンチェック流行ってますよね。
さっそく使えそうです。

新人お二人の千鳥格子スヌードも
そろそろ出番が近づくお役立ちグッズ。

a0191728_09500015.jpeg

右の2枚は同じ糸を使っていますが
縮絨の加減で千鳥の大きさが違います。
洗剤はお二人ともウタマロ。
時間や温度や揉み方の差が出ました。
2人以上で同じ作品を同時に織ると
こういう違いが勉強になりますね。

Yさんの畝織りマット。
キレイに井桁模様が出ていますね!

a0191728_09593340.jpeg

T川さんの畝織りバッグ地も織り上がりました。
端を真っ直ぐに織るのが難しかったようですが
仕立てるのでドンマイ!

a0191728_10025421.jpeg

ところで新人お二人が
似たようなポンチョを着ていました。

Yさんのはさをりで買ったものだそうです。
段染めや絣糸がカラフルですね。

a0191728_10060390.jpeg

Hさんは市販品のニットです。
絣模様とすそのフリンジが織りっぽい。

a0191728_10082195.jpeg

自分で織って仕立てられそうですねー
という話になりました。
2人とも織りがとてもお好きな様子なので
オリジナルが見られる日は遠くなさそう。
期待していま〜す。


さてさて今日はこれから枚方です。
今週は怒涛のABCクラフト3連続の週。
ABCクラフトの講習は
午前から午後まで1日あるので
それが3日続くのは
大変と思ってしまうと気が重くなるので
ここは淡々と流れに乗りたいところ。

しかし今日は出かける前から
家族と言葉の行き違いで??やら
荷物がひっくり返るやら
駅までの信号も踏切も
引っかかりまくり。

こういう日こそ
時間と心に余裕を持って
落ち着いて丁寧に過ごさなければ。

行ってきます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-10-26 09:34 | みんなの作品
アトリエKISARAGIさんの教室展におじゃましました。

a0191728_01313461.jpeg

京都新聞社のギャラリーにて
京都、大阪両教室の生徒さんの作品
総計250点ほどが展示されています。

a0191728_01320829.jpeg

タペストリーもあればバッグもある。
ラーヌ織りもあれば絣も裂き織りも
本当に色々な織物があり見事です。

会場でばったり会ったKさんも
一緒に行ったTさんも
目がキラキラ。
刺激をいっぱい頂きました。

a0191728_01373483.jpeg

折しも京都は時代祭。

a0191728_01384449.jpeg

午後は初めて行列を観覧席で見ました。

a0191728_02482393.jpeg

とにかく馬が立派!

a0191728_02485046.jpeg

牛も立派!

a0191728_02494510.jpeg

羽柴秀吉がいれば

a0191728_02515461.jpeg

和宮さまもいる

a0191728_02532711.jpeg

私の一推しは巴御前!カッコイイ!

a0191728_02534495.jpeg

お天気にも恵まれ楽しかったです。

a0191728_02543172.jpeg

充実の秋の一日でした。

時代祭は終わったけれど
KISARAGIさんの教室展は
今週いっぱいやっていますよ〜。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-10-23 01:30 | 染織の旅とお出かけ
箕輪先生の10月12日のブログで紹介されていた
「うさと」

日本人デザイナーの方が
タイで綿花から育てて
手紡ぎ、手織り、草木染め、縫製まで
現地で生産するプロジェクトを立ち上げて
日本で販売しているブランドです。



コーディネーターと呼ばれる各地の主催者が
展示会を開いて販売する形式で
HPに行くとそのスケジュールが載っているのですが
驚いたことに
いつも十色の会を開催する
我が町の会館の名前がある!

これは行ってみるしかありません。
それはつまり
買ってみるしかありません。笑

a0191728_06595210.jpeg

ザックリした織り地のワイドパンツと
薄手のタートルを購入しました。
お洗濯するとどんどん馴染むのだそうです。

お値段が大変良心的。

デザインが
自然服というところからも読める通り貫頭衣風ですが、
スマートさもあり
どちらかというたらコンサバ(死語?)の私でも
取り入れやすい感じです。

a0191728_07005181.jpeg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-10-21 06:59 | こぼれ話
近鉄文化サロン阿倍野の教室では
お手持ちの古布を使って
裂き織りをしています。

昨日の教室の生徒さんの作品。

Yさんの胴裏を使った
畝織り&もじりのショール。
とっても軽やかな仕上がり!

a0191728_06461248.jpeg

yさんは引き返し織りのマット。
カラフルで楽しいですね。

a0191728_06463413.jpeg

あずまバッグの持ち手に
ベルト織りは糸で織ります。
mさん作。

a0191728_06465238.jpeg

モコモコまるまるの布ぞうりは
Mkさんの作品。
履き心地よさそうですね。

a0191728_06470922.jpeg

ベストの仕立て準備をしていたのはKさん。
とってもお裁縫が上手な方なので
本格的なベストに仕上がりそう!
3種の布の縞模様がステキですね。
来月が待ち遠しいです。

a0191728_06472305.jpeg



ところで最近、某ドラマの影響で
クラフトビールに興味を持っております。
たまたま松山で
こんなどデカイビールをお土産に買ったら
美味しかったこともある。

a0191728_07043021.jpeg

ドイツ式のクラフトビールは
4種類あるようでこれはケルシュタイプでした。

a0191728_07081037.jpeg

お酒に弱い私にしては
美味しく頂けたのは酵母入りのせい?

a0191728_07094714.jpeg

そう思ってドラマ2回目視聴に合わせ
酵母入りくビールを買ってみた。

結果は、
とても酔っ払いました。笑




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
by tezome-to-ito | 2018-10-20 06:45 | みんなの作品
Mさんから作品写真が届きました。

裂き織りの織り布で作ったスカートと
バッグです。
a0191728_10483701.jpeg

a0191728_10484988.jpeg

花柄のシルクの生地は
華やか過ぎてそのままでは使えなかったそうですが
ツイードの様な
いい感じの織り地になりましたね。
暖かそうです。

ジーンズ地のバッグも
赤ラインの持ち手をポイントに
楽しい仕上がりです!

裂き織りをとても楽しんで下さったMさん。
日程のご都合で
教室には通えなくなってしまったのですが、
是非、ご自宅で織り続けて下さい。
そしてまた作品写真を
見せて下さいね。


今日はそのMさんが通われていた
近鉄阿倍野文化サロンの教室日です。

他の皆さんの様子もご紹介します。

mさんのハーフバイヤス織り。
カット生地幅で折り返すと
もとの模様が再生されますが
斜めにカットしているので
くずし模様になりました。
面白いですね。

a0191728_11032424.jpeg
Kさんのあずまバッグ。
こちらは柄の部分が絣のように
織り上がりました。

a0191728_11040319.jpeg

Yさんのタテヨコ裂き布を使った
網代織り。
布のタテ使いは難しいのですが
打ち込みもしっかりして
きれいな網代ですね〜。

a0191728_11043104.jpeg

yさんは作品と一緒に
アルバムも見せて下さいました。
今までの作品は全て写真にも残していりそうです。
こうしておくと記録にもなりますし
人にも見てもらいやすいので良いですね。

a0191728_11050006.jpeg

さて、そろそろ出かけます。
今日の皆さんの作品が
またまた楽しみだなぁ!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-10-19 10:47 | みんなの作品
旅の最終日は松山市内の
伊丹十三記念館を訪れました。

私が松山に行きたかった発端は
2年前に大好きな星野源さんが
伊丹十三賞を受賞したからで
今回の一番の目的も伊丹十三記念館に行くことでした。

a0191728_17554988.jpeg

しかし行ってみるとそこでは
源ちゃんのことはすっかり忘れて
伊丹十三さんにはまってしまいました。

a0191728_17565745.jpeg

十三にちなんで
13のコーナーで13の顔を紹介しています。

a0191728_18025634.jpeg

a0191728_18031515.jpeg

a0191728_18032932.jpeg

いきなり驚いたのが
小学2年の時の観察ノート。

a0191728_18005247.jpeg

絵も字も上手すぎます。
子どもの頃から
尋常じゃない才能の持ち主だったんですね。

a0191728_18045798.jpeg

a0191728_18051347.jpeg

ここから始まり
晩年の映画監督としての顔まで
ユーモアたっぷりの生き様が
文筆的にも絵画的にも映像的にも
じっくり見て楽しめる展示です。

私はCM作家としての顔の展示が
とても楽しくて懐かしかったです。
この頃のCMって面白いんです、今見ると。
作り方もアナログな工夫満載。

伊丹十三さんは俳優としても
昭和の時代に活躍されていたわけですが
私の時代のテレビ文化を
牽引してくれた人物だったのだなぁと
改めて感じ拍手を贈りたくなりました。

そして伊丹さんのお父様がまた素晴らしい方で
その教えを十三さんが
息子たちに伝えようとする話にグッと来ました。

仕事人でもあり家庭人でもあったから
作る作品が男目線だけじゃないんですよね。

それは記念館の雰囲気にも通じているようで
とても受容的な居心地の良い空間でした。

a0191728_18161771.jpeg

タンポポの咲く中庭は
とても気持ち良く
それを眺めながらちょっと熱く語ったりしました。

なんかね、
言葉を発したくなったのですよ、
SNSとかじゃなくて
口から発する音としての言葉。

そして本が読みたくなりました。

a0191728_18203297.jpeg

愛媛って文化に溢れてます。
歴史の積み重ねの上に育ったそういう土壌が
時代の偉人を排出して来たのでしょうし
そういう人たちが私たちの生活に
大きな影響を与えてくれているのですよね。

源ちゃんから始まり
怒髪天に呼ばれて訪れた旅だったけど
自分の中の種に
たっぷり水を与えてもらった気がしてます。

楽しかったです。
ナビゲーターのTさん、心から感謝です。
ありがとう!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-10-12 17:53 | 染織の旅とお出かけ
2日目松山では
まず民芸伊予かすり会館に行きました。
ここは午前8時からオープンしていて
朝の時間を有効に活用できました。

a0191728_17522193.jpeg
古い道具が展示されていて
製造の工程が細かく説明されています。

a0191728_17540858.jpeg

ただ映像があれば分かりやすいのだけど
音声と文字による解説が主なので
織物の知識がないと理解するのは難しいかも。

例えば…
a0191728_18015170.jpeg

こんな専門的な解説が続きます。
そして最後の解説には…

a0191728_18040693.jpeg

は、はーー!ってなって
ひれ伏します。笑

とにかく工程が多い。
糊付けだけでこんなに回数するんだ!と
私も初めて知ること多くてびっくりでした。

a0191728_17583242.jpeg

a0191728_18092338.jpeg

絣模様には色んな種類がありました。

a0191728_18094306.jpeg

こんなの織ること想像したら
クラクラしますね。

a0191728_18154745.jpeg

a0191728_18315560.jpeg

a0191728_18321904.jpeg

a0191728_18100419.jpeg


たっぷり絣の世界を堪能した後は
萬翠荘を経て坂の上の雲ミュージアムへ。

a0191728_18124852.jpeg

司馬遼太郎さんよりは
安藤忠雄さんの建築に興味がありました。

a0191728_18190586.jpeg

三角形の構造と
斜めの壁に酔う人もいるそうです。
なぜそんな設計に?
天才の考えることは謎です。

でもその後松山城にいって
もしかしたら、城壁とかのイメージ?
なんて思ったりもしました。

a0191728_18131238.jpeg

a0191728_18222972.jpeg

想像を巡らせながら
てっぺんまで登りました。
天守閣、風が気持ちの良かったなぁ。

松山は市内に観光箇所がまとまっていて
1日あればこんなにいろ廻れるの?
というくらいおトクな町でした。

この日はさらに道後温泉まで足を延ばし
足湯も楽しめました。

a0191728_18134764.jpeg

そして夜にはライブ会場で
生まれて初めて最前列を経験したのでありました〜。

a0191728_18142837.jpeg






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-10-11 17:47 | 染織の旅とお出かけ
今回の旅はふっこう割を利用して
松山に2泊しました。

今全国では
14道府県のふっこう割があることをご存知ですか?
災害の支援策として
旅行者に国の援助があります。
是非是非皆さんも
出かけて災害支援しましょう!

さて松山では
Tさんが兼ねてより行きたかったという
萬翠荘に行きました。

由緒ある洋風建築です。

a0191728_09130559.jpeg

a0191728_09135266.jpeg

ここのシャンデリアの水晶のオーラには
底知れぬ力があるらしい。

a0191728_09141784.jpeg

このシャンデリアのある広間で
何やらイベントの準備をしている…
そこで思わぬ方にお目にかかりました。

マクラメジュエリー作家で
楽習フォーラムカリキュラムプロデューサーの
瞳硝子先生です。

a0191728_09182781.jpeg

瞳先生には2016年の
AJCクリエイターズコンテスト表彰式で
お目にかかって以来。

「先生、あの時は…」とお声かけすると
包容力満点の笑顔で
握手して下さいました。

本日10月10日より
展示会&ワークショップを開催されるそうです。

たくさんの作家さんや
楽習フォーラム会員さんが出展されるようです。

素敵な洋館の見学と
水晶のオーラと
一石三鳥で楽しめるイベントです。

手づくりやジュエリーに興味のある方は
お出かけしてみて下さいね!








にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。






.

by tezome-to-ito | 2018-10-10 09:04 | 染織の旅とお出かけ