草木染めと、手染め糸を使ったハンドメイドの楽しさをお伝えします。


by tezome-to-ito

<   2017年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


本日は奈良の皆さんの力作!
オーバーショットのアルミ口金バッグをご紹介します。

a0191728_09465833.jpg


これ、高機ではなく咲きおりで
全てピックアップして織りました。
素敵でしょう〜?

a0191728_09471963.jpg


仕立てはそれぞれご自分で縫ったもの。
Sさんはギリギリまで織地を表地に使い
たっぷりサイズ。
他のお二人とは反転の柄出しですね。

a0191728_09473500.jpg


Tさんは柔らかい本革を併せました。
仕立ても丁寧、持ち手もオリジナル!
すっばらしい〜

a0191728_09475938.jpg


口はアルミ口金を使いました。
Hさんの内側。
裏地もポケットもついて完璧です。

a0191728_09481080.jpg


元ネタはこちら。
布博で購入したtrois tempsさんのバッグ。

a0191728_09482461.jpg


このバッグ織地がステキなだけでなく
とっても使いやすいのです。
ここから私は
アルミ口金の愛用者になりました。

布博で一目見て、これ絶対
奈良の生徒さんの好み!
こんなの織りたい!作りたい!って
思うだろうなぁと購入。
お見せしたら予想通りの皆さんの反応でした。
 
そこからオーバーショットの練習して
裂き織りでバッグも作ったり
実際の組織もまずは練習。
本番も全て手で拾う訳ですから
根気勝負。
半年の時を経て完成に至りました。

組織図は咲きおりでも織りやすく
お手本のイメージに近い形のものを
私の方で制作しました。

実は私もお揃いバッグ織ろうと
糸は一緒に用意したのですが
出来ていません〜。(>_>)

作品展に間に合えば
出品したいと思います。


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。





.





[PR]
by tezome-to-ito | 2017-09-27 09:46 | みんなの作品
昨日の十色の会で染めエンジンがかかったので
今日も引き続き染めています。

蘇芳です。

a0191728_15350542.jpg


素材は
十色の会メンバーのUさんに紡いで頂いた
毛糸です。

a0191728_15381876.jpg


とても柔らかい糸です。
撚りの加減もすっばらしい!

カラードもあります。

a0191728_15581013.jpg


作品展で使わせて頂きます。

ナチュラルなまま織るつもりでしたが
とても扱いやすそうだったので
1カセ染めてみました。

染色は蘇芳を糸と同量煮出したのですが
昨日の十色の会の時に酢酸を使わず
プラム色だったので
今日は酢酸加えてみました。

しかし、なんということでしょう!
煮出した液も、糸も、黄色になってしまいました。
測るとPH4。酢酸入れすぎたよう〜。

a0191728_15422702.jpg


少しずつPH調整して様子をみました。
これはPH5。
キレイなオレンジに。
でもまだまだ!

a0191728_15450602.jpg


PH6。
赤くなりました!
ほっ。

a0191728_16064143.jpg


面白いなぁ。
草木染め!

PHに左右されるのは
弱点と言えば弱点なんですが
それも含めて、草木染めの魅力でもあります。


今はさらに赤系染料を煮出しております。

a0191728_15515723.jpg


秘蔵っ子のフェルナンブーゴ!
バイオリン王子に頂いたやつ!!

そう言えば最近
箕輪先生のブログでもお見かけしないけど
お元気かしら?バイオリン王子。

これはどんな赤に染まるかドキドキ!


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。







.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-09-24 15:33 | 手染めダイアリー
本日は十色の会。

蘇芳でシルクストールを染めました。

a0191728_18251690.jpg

かれこれ4年目になる十色の会ですが
新しいメンバーさんから
「赤を染めたことありません」とのご指摘。

そうだった。
自然採取のものを中心に染めていたので
市販の染料じゃないと染まらない赤系は
昔の教室以来やっていなかった。

では、ということで
シルクを最も赤らしくしてくれる
蘇芳をミョウバン媒染で染めることにしました。

a0191728_18341551.jpg

1度目の煮出し液でストールを染め
まだまだ色素の残る2番目の染液で
ソックスを染めました。

a0191728_18363568.jpg

ソックスはコットンなので濃染処理もしました。

すごい紫になり一同ビックリ!

a0191728_18375256.jpg

これ、縮んだわけでも
赤ちゃん用なわけでもありません。
履くと伸びる大人用レースソックスです。

a0191728_18390936.jpg

ストールはパール糸の刺繍入りで
かなりゴージャスです。
トンボ柄で秋らしい。

思ったより落ち着いた赤で良かったね〜と
好評でした。

みんな残りの液を持って帰ったので
さらに染めているかなぁ。
出来たら写真送ってね!


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。





.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-09-23 17:56 | 十色の会
a0191728_09474468.jpg

ブータンの片面縫取り織りの習作。

綾織の地織りも試してみました。
これが相当に難解。

実物が手元にはないので
写真で見て再現を試みましたが
わけが分かりません。

少ない資料を頼るも
綾織の片面縫取りについて
具体的な織り方の記載はなし。

以前に織った沖縄のティーバナの経験が
少し役に立つけれど
あとは手を動かすしかない。

いやいや、こんなんで作品展に取り入れようなんて
おこがましい気がしてきましたが
とりあえず縮絨までして分かったこと。

あんまり綺麗じゃないかな?と思った縫い取り部も
縮絨すると不思議と馴染む。
ここは大雑把で良いのかも。

ラムはよく縮むぞ。

そして防縮ウールは使うべからず。

ウールの片面縫取り織りは縮絨でいい感じになりましたが
縫い取りなら使えるかなと思った防縮ウールは
全く馴染みませんでした。

防縮ウールは染めるのが楽なので
かつては良く染めていたのだけど
縮絨好きの自分との乖離が最近悲しいです。

それはそれで仕方ない。

防縮ウールの使い方はまた考えるとして
片面縫取り織りへの試みはまだ続きます。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。








.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-09-22 09:47 | 手織りダイアリー
作品展に取り入れたいと思い、
ブータン展で購入した生地の模様を
解読しております。

a0191728_17480178.jpg

片面縫取り織。

糸と密度の関係は
実際にやってみないと分からない。
頭の中で考えていたのとはちょっと違ってました。

こんなことになっているとは…

こんなの初めて...。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .(カホコ風)

片面縫取り織りに限らず
織りのテクニックを開発した人は
すっばらしいです!

↑これ、流行語大賞の候補に入る、かな?
もうそんな季節ですよ!



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。







.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-09-20 17:47 | 手織りダイアリー
12月に作品展を計画しております。
その作品に使用する糸を確認中。

自分で染めた草木染めウール系。
いったい何キロあるのやら??ですが
テーブルに乗る範囲で安心しました。
ここから組み合わせをピックアップ。
やはり出来れば自分の糸を主役にしたい。

a0191728_14560151.jpg


生成り&ナチュラル。
足りない色は染めないと。
足りない色はオレンジ系かな?

a0191728_14593314.jpg


しかしあまりに自分の糸にこだわると
作品の構想が制約されてしまうので
今回は市販糸も使う予定。

公募展と違って
観て下さる人にとって
もっと身近で楽しめるものを並べてみたい。

クリスマスを意識して
赤をたくさんゲットしました。

a0191728_15060001.jpg


台風と共に季節は変わり
私もシフトチェンジ。
職人モードに入ります。

まだ漠然としていますが
月末には印刷関係の打ち合わせが待っている。
頑張ります!


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。




.



[PR]
by tezome-to-ito | 2017-09-17 14:54 | 手織りダイアリー
昨日は近鉄文化サロン阿倍野にて

新講座
「手織りでリメイク 古布とはぎれの裂き織り」

の体験会でした。

a0191728_08291851.jpg

満席のご参加を頂き
誠にありがとうございます。

a0191728_10460980.jpg

各自お持ち頂いた布を
裂き織りマットに織りました。

a0191728_10473192.jpg

 お気に入りの古布が
素敵な作品になりました。

a0191728_10480626.jpg

個性があり、楽しいですね〜。

ご参加の皆さん
ありがとうございます。
本講座にてお待ちしております。

アシスタントのHさんも
お疲れ様でした!


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。







.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-09-16 08:26 | ワークショップダイアリー
東京スピニングパーティーに来ています。

昨日は朝一で入場し
向かったのはこちらのブース。

a0191728_08123058.jpg

ブータンの腰機の体験をしました。

a0191728_08123579.jpg

先日のブータン展で見た
縫い取り織りの質問をしたら
少しその体験もさせて下さいました。

本場では綾織で地を織るそうで
それは複雑で現在文献にまとめているそうです。

お隣のブースでは
ブータンの腰機の実演をしていました。

a0191728_08175225.jpg

こちらは浮き織り部を先に棒ですくっておいて
1本ずつ抜きながら模様を織ります。

a0191728_08204307.jpg

腰機ならではのテクニックですね。

この後はあっという間に人が増え
ブースを回るのも窮屈になる中
ウール糸を中心にお買い物。

その戦利品はこちら。

a0191728_08240010.jpg

冬に向けての準備が
たっぷり整いました。

ところで写真の中に
一つだけ仲間はずれがあります。
見つけた人すごい!


ランキングに参加しています。
励みにになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。


[PR]
by tezome-to-ito | 2017-09-10 08:11 | 染織の旅とお出かけ

東京の友人からリクエストがあり
箕輪先生のスタジオをお借りして
手織り出張講習の巻。

a0191728_04532492.png

まずは引き出しから好きなりんご玉を選択します。

a0191728_04543889.png

二人とも初めての体験ですが
サクサクと織り進む。

a0191728_04551437.png

たて糸とよこ糸の配色で
こんな風に変わるのね!と驚きつつ

a0191728_04555528.png

2時間ほどで裂き織りのマットが
織り上がりました。

a0191728_04565050.png

素敵なのが出来ましたね〜!

a0191728_04571006.png

記念撮影には箕輪先生のシーピーちゃんも参加。

先生、快くスタジオを使わせて頂き
ありがとうございました。

a0191728_05031001.png

夏の暑さの戻った東京の午後。
講習の後はカフェに移動して
フォトジェニックなモヒートを頂きました。

a0191728_05192094.png


a0191728_05075690.png

かわいいお土産もありがとう!

二人が手織りを楽しんでくれて
とても嬉しかったです。
好きな世界を共感できるって幸せなこと。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。



.



[PR]
by tezome-to-ito | 2017-09-09 04:53 | ワークショップダイアリー
a0191728_17071963.png


久々にデニ紐のゆび織りバッグを織りました。
今回のデニ紐はモフモフしていて可愛いな。

しかし久しぶりだと細かいこと忘れてる。
右の折り返しを間違えました。

a0191728_17084672.png


織り直したけど、
毛足が乱れてしまいました。
ゆび織りはちょっとしたポイントを
知っているかいないかで
出来上がりが違いますね。

前回作ったものと並べました。
大きいさんと小さいさん。
スッキリさんとモフモフさん。

さてどっちが好みかな?

a0191728_17110397.png


今週末に迫った東京スピニングパーティーで
このデニム素材ミニバッグのワークショップを
箕輪先生が開催されます。


可愛いバッグを作ってみたい方
ゆび織りを体験してみたい方は是非ご参加下さい。

噂によると、何か別のゆび織りも教えて貰えるらしい…。

a0191728_17205026.png




ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。






.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-09-05 17:07 | 手織りダイアリー