人気ブログランキング |

カテゴリ:手織りダイアリー( 124 )

昨日織り工程を紹介した
かすり風フェルトバッグです。

出来上がりました!
a0191728_10432511.jpeg

裏はこんなかすり柄になりました。

a0191728_10441242.jpeg

昨日も書きましたが
これは東京アートセンターさんの
レシピ付きキットを使って織りました。

今HP見にいったらセール中みたい。

色は選べてハンドルも付いています。


そして私はレシピに加えて
中袋を作り
リバーシブルにしてみました。

a0191728_10452501.jpeg

昔織ったものの使えずにいたマフラーを
5当分に切って
ニードルパンチミシンではぎ合わせました。

今回の縫製、
ほとんどニードルパンチミシンです。
フェルト化した織地との相性は
抜群です。

a0191728_10462537.jpeg

余ったところをポケットにしたりして
無事終了〜
と思いきや中袋は大きすぎて
ちょっと修正が必要みたい。

ここは手縫いなので
ぼちぼち直していこうと思います。


昨日はバッグ縫製の傍ら
コトコト草木染めもしていました。

それがものすごく鮮やかな赤に染まって
感激〜〜!


a0191728_10460287.jpeg

初めて染めた植物です。
何だと思います?

今、残液でセーターも染めてみているので
正解と報告は合わせてまた明日に!
(もったいぶってごめん!)





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-12-17 10:41 | 手織りダイアリー
スピニングパーティーで購入した
東京アートセンターの
かすり風フェルトバッグのキットです。

先月末から取り掛かり
ようやく完成しそうです!

a0191728_16472991.jpeg

段染めの糸が2綛入っていて
私が選んだのはこんな色。

a0191728_16494669.jpeg

段染めをそのまま生かすのですが
どんな風に柄出ししようか、

a0191728_16503400.jpeg

こんな風にしようか
あれこれ楽しい悩みどころ。

a0191728_16505690.jpeg

そしてもしかして咲きおりなら
輪のまま織れるのではないかと
思い立ち試してみたのですが、

a0191728_16515015.jpeg

結果から言うと無理でした。
40羽のソウコウに対し糸が太いので
かなりしっかり張らないと
ソウコウが動かない。
だけれども2つの綛の輪の大きさが
微妙に違い
どうしてもどこかが緩んでしまう。

a0191728_16521837.jpeg

すったもんだの挙句
通常の手順とはだいぶ違ったけれど
レシピ通りに糸をセットし直し

a0191728_16551862.jpeg

なんとか無事に
かすり柄を作ることに成功。

a0191728_16554807.jpeg

織り上がりは100cmほど。

a0191728_16561383.jpeg
それを1時間かけて
しっかり縮絨してフェルト化したら
80cmほどになりました。

a0191728_16562842.jpeg
今日は朝からミシンで仕立てしごと。
難関のハンドルも無事着いて
今ここ。↓

a0191728_16564571.jpeg

ボンドの乾燥待ちです。

レシピはここで終了ですが
もう一手間かけて
リバーシブルにしようとし
ちょっと欲張っています。

ハックレースを入れて織った
草木染めのマフラー、
何度も縮絨したりしたけど
硬くて首に巻けません。

これを裏地に使ってみるつもりです。

a0191728_16570842.jpeg

明日は完成品をアップできるはず!
頑張るぞい〜


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。




.

by tezome-to-ito | 2018-12-16 16:47 | 手織りダイアリー
先日購入した
みちのくあかね会の手紡ぎ糸で
さっそくマフラーを織りました。

a0191728_14015068.jpeg

私としては珍しいことです。

糸は寝かせるタイプ。
機が熟すのを待って待って待ちくたびれて
存在を忘れた頃に発掘して織ることが多いです。笑

なので当初の目的とは
全く違うものになることも度々。

a0191728_14052094.jpeg

今回は何に織るという目的はなく
この1綛で何が織れるかな?という出発点。

きれいなブルーにワクワクです。

初めてのあかね会さんの糸ですから
失敗はしたくないし
無駄糸も出したくない。
幅狭目のマフラーを
シンプルに平織りすることに決定しました。

a0191728_14105706.jpeg

30羽使用。
こういう時は咲きおりが本領発揮。

整経し始めてから
6時間で織り上がりました。
密度を確認しながら
ゆっくり織ってもこの時間は優秀。
私がじゃなくて、咲きおりが、ね!

房を撚ってすぐに縮絨もしました。

縮絨前。

a0191728_14134388.jpeg

縮絨後。

a0191728_14140502.jpeg

軽くてふんわり、微妙なネップの入り方が
手紡ぎならでは!

他の糸と合わせることも考えたのですが
経緯ともにこの糸を使って正解でした。

個人的に、もう少し目が詰まった方が好きなので
これから再度縮絨するつもりです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。




.

by tezome-to-ito | 2018-11-25 14:00 | 手織りダイアリー
できたー!

a0191728_09275880.jpeg

クリスマスツリーのベルト織を
バッグのショルダーにしました。

もともと持っていたバッグには
短い持ち手が付いていた。

a0191728_09292036.jpeg

それに長めのベルトをプラス

a0191728_09331006.jpeg

クリスマスシーズンの間
こんな感じで使うつもりです。

a0191728_09353104.jpeg


さて、バッグと一緒に写っているのは
発売中の毛糸だま冬号。

メキシコ、オアハカの手織りを紹介した
記事が載っています。

オアハカの手織りは先日
NHKの「世界は欲しいモノにあふれている」
でも紹介されたばかり。

IDEEのバイヤー 大島忠智さんが
買い付けで廻った工房は
本当に素敵なテキスタイルであふれていました。

その中のイサックさんの工房が
毛糸だまにも載っています。
使っているのは草木染めの手紡ぎ糸。

色がとてもカラフルでメキシコらしい。
コチニージャというのはコチニールだなとわかりますが
テレビで言っていたマルシュとは?
日本にもある植物なのだろうか?


ググっても分からないので
どなたか知っていたら教えて下さ〜い!




ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-11-24 09:27 | 手織りダイアリー
講習用の見本を色々織っています。

これは裂き織り×ノット織りのマット。
「はじめての裂き織りレッスン」より。

a0191728_13510972.jpeg

使ったのは景品で貰ったフリースのひざ掛け。
押入れの肥しになっていたので
リメイクしました。

a0191728_13522630.jpeg

フリースだけでは量が足りないので
他の布を左右に足して
カラフルなマットになりました。


こちらは引き揃え糸の
ミニ織りタペストリー。

a0191728_13512918.jpeg

箕輪先生の大阪セミナーの前に
練習を兼ねて制作さしたもの。

桜をイメージしたのだけど、
赤が強いので季節柄
紅葉山ってことにします。

でも本物の紅葉狩りはしないまま
年末を迎えそうな予感。

明日の講習からは
クリスマス課題に入ります。

一度機から下ろしたけれど
今日まだ時間があるから
もう少しこのピックアップベルト織りの続きを
これから織ろうと思います。

a0191728_13515707.jpeg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-11-21 13:50 | 手織りダイアリー
日曜の朝に思い立って
こんな羽織ものを仕立てました。

a0191728_08110979.jpeg

もとネタは
箕輪先生のブログで紹介されていた
凹先生のベストです。


使ったのはベッドカバーにしていた
AJCの受賞作。

a0191728_08112807.jpeg

これは左右の布を真ん中で合わせるのに
パンチングミシンを使っているのですが
パンチングが弱かったようで
剥がれて穴が空いていました。

a0191728_08120557.jpeg

実は仕立てたと言っても
実はこの穴を利用して手直しした程度。

ずっと直さなきゃ直さなきゃ
と思って放って置いたのが
良い結果?になりました。

これは裏付きなので
かなりモコモコ。
外で着るよりお家で寒い時に着るのに良さそう。

しかし今日はお外に出動中。

これから大阪セミナーです。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。







.

by tezome-to-ito | 2018-11-19 08:10 | 手織りダイアリー
ラフィアのペンケースの見本を
織ってみました。

a0191728_11505234.jpeg

箕輪直子著『はじめての裂き織りレッスン』より。
ソウコウを40羽から30羽に変更しています。

たて糸に段染め糸を使っているのですが
その残り糸でボリビアの5本組紐を組んで
コードに使用しました。

この5本組紐は
なかなか可愛いくてお気に入りです。

a0191728_11510861.jpeg

ボタンの代わりに使ったのは
レザーのパーツ。

目的もなく安いので買った
パーツセットに入っていました。
役に立ったわ!

a0191728_11512914.jpeg

制作には
箕輪先生のブログで紹介されていた
ピンセットを使ってみました。

ラフィアはシャトルに巻くほど長さがないので
おり幅が広くない限り
よこ糸として通す時にはこれが便利!

今日の教室でも生徒さんに紹介させて頂きま〜す。

a0191728_11520954.jpeg


小さなペンケースだけれども
付属のお役立ち情報満載で、
これは優良カリキュラムになりそうです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。





.

by tezome-to-ito | 2018-11-07 11:50 | 手織りダイアリー
クリスマス用の課題見本を織っています。

a0191728_14025178.jpeg

今年の新たなカリキュラムは
クリスマスツリー柄のピックアップベルト織り。

箕輪直子著『はじめての裂き織りレッスン』より。

ABCクラフトQs教室の生徒さんが対象です。

テキストの赤白は鉄板ですが
ちょっと大人の色合わせで
試してみました。

生徒さんにも好きな色を選んで頂きます。
どんなツリーが並ぶかな?

年末の特別課題は毎年恒例となりましたが
他の教室の皆さんにも
クリスマスらしい作品に取り組んで頂く予定です。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。




.

by tezome-to-ito | 2018-11-04 14:02 | 手織りダイアリー
昨日、寺本先生から
すんばらしい綴れ織をお借りしてきました。

a0191728_09221493.jpeg

もちろん綴れ織として
見事ですんばらしいのですが
お借りした理由は綴れの研究ではなく
房の始末。

すんばらしい始末です。

a0191728_09233085.jpeg

これって、どうなってるんですか?
とお尋ねしたら

「貸してあげるから
解いて解析してごらんなさい」

とおっしゃる。

え〜?!解くんですか?私、解くんですか??!

a0191728_09273771.jpeg

「ほら、あれでやったじゃない
あれに載ってたわよ」

寺本先生がおっしゃる"あれ"とは
手織りセミナーの刺繍応用の回のことらしいのですが残念ながら
その時私はまだ会員ではなかった。

でも刺繍なら
ちょうど今お勉強中なので
それらしいステッチを探す…

「別糸を用意して房の糸でくるんでいくのよ」

それはもしかして、これでしょうか??

a0191728_09445778.jpeg

確かにエイジングステッチの章にも
こんなのが載ってます。
しかし??え?はっ

仕方なく先生の指示通り解いて解析。

そしてその通りに太い糸で再現してみると
刺繍というより
マクラメみたいになってしまった試作がこちら。

a0191728_09561180.jpeg

なんとか構造を理解して
どうやら針で刺していくより
結んだ方が早そうだという結論に至る。

そして昨日の二重織りで試しています。

a0191728_09584924.jpeg

黄色の2本糸が別糸です。
房2本で別糸をくるみます。

a0191728_09590356.jpeg

きっちり寄せて房を下ろします。

a0191728_09592083.jpeg

表に返すとコロンとした
オーバーキャストステッチのような
縁取りができています。

a0191728_09594529.jpeg

寺本先生の綴れの見本は
もう一回結びが入っているのですが
私の織地では糸が太く収まりが悪くなるので
ちょっと組み方を省略しています。

理解できると応用が利きます。

これが刺繍と繋がっているっていうのが
すんばらしいなぁ。

刺繍カリキュラムも頑張ろう。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
by tezome-to-ito | 2018-07-31 09:21 | 手織りダイアリー
寺本先生の工房の8枚綜絖で織った
二重織りテーブルランナーが
織り上がりました。

表面。

a0191728_14064339.jpeg

裏面。

a0191728_14072486.jpeg

「あまり違わないわね」
と先生に言われ、
そうか、せっかくの二重織りなんだから
裏表まったく違う配色にすれば良かったなと
今更思いました。

グリーンの分量にもっと差をつければ
良かったかな。

まぁ、これはこれで
気に入りました。

ランチョンマットにする予定でしたが
長いままで使うことにします。

裏の糸を引っ掛けないように
気をつけて気をつけて織ったのですが
最後、綜絖の開きが悪くなったところで
裏面糸の飛んだところがありました。

a0191728_14172214.jpeg

目立たないように
補修しました。

a0191728_14182819.jpeg

元の糸は抜かずに
よこ糸を足しました。

二重織りは二枚の織地の間に
糸端を隠せるので
目立たない程度に目隠しするのは
割と楽です。

今日から早速使います、の記念に
インスタ映え?する写真撮ってみました。
テーブルコーディネートは難しい〜。笑

a0191728_14425483.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願い致します。




.

by tezome-to-ito | 2018-07-30 14:04 | 手織りダイアリー