草木染めと、手染め糸を使ったハンドメイドの楽しさをお伝えします。


by tezome-to-ito

志村ふくみさんの新聞連載記事が楽しみです。刺繍サンプルに残糸を活用中!

一昨日から朝日新聞の朝刊で
志村ふくみさんのインタビュー記事連載が始まりましたね。

1回目は植物から頂く色への思い、
2回目は生い立ちについて、
3回目となる今朝の記事は
染織を仕事にと「命がけ」で取り組んでいった
初期の頃のお話です。

内容的には今までも見聞きしたことなのですが
厳しい時代の流れの中で
一つの道を極めた人の人生を前に
軟弱な自分が恥ずかしくなるのは
いつものことです。

それでも連載が楽しみなのは
そこに温かい光を感じるから。
「命がけ」で成したことを
今、志村先生はどんな言葉で語られるのでしょうか。

全9回。

因みに今日の紙面では
お隣に瀬戸内寂聴さんの連載もあって
こちらもパワフル。

「人間死ぬまで好きなことをつづけてなぜ悪い」

シビれます。


さて刺繍のカリキュラムは
ぼちぼちですが
楽しく進んでおります。

a0191728_07123599.jpeg

経験者はABC順に刺す選択もあり
初心者は難易度順に刺すのが良いようですが
私はテキスト順に刺しています。

今はアウトラインステッチの章。

輪郭線を描くステッチだけで33もある!
知らなかった〜。

a0191728_07120062.jpeg

本来ならお勧めの刺繍糸を使うべきなのでしょうが
今後の展開に役立たせるためにも
手織りに使った糸の残りで刺しています。

バックバーに最後に残った短い糸が
サンプルにはちょうど良い長さで
ちょっと嬉しい。

主に青と緑のラムウールで構成する予定。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
励みになりますので上の 手織り バナーを1クリックよろしくお願いします。




.

[PR]
by tezome-to-ito | 2018-07-12 06:33 | こぼれ話