人気ブログランキング |

うね織り教室見本の制作中。チューリップは行きつ戻りつ。

教室見本の制作をすっかり忘れていて
慌てて織っています。

a0191728_09512375.jpg

レシピは箕輪直子先生の
「はしめての裂き織りレッスン」より
うね織りのあずまバッグ。

ちょうどカバーの折り込み分に
モデルさんの使用写真があります。

a0191728_09502920.jpg

モノトーンがおしゃれです。
教室では
糸量の関係でたて糸にもう1色足して
アレンジバージョン。

うね織りはあれこれ遊びたくなるのですが、
そこはグッと我慢して
このシンプルなデザインの良さを
壊さないように織りたいと思っています。



チューリップの斜線織りは
半分まで進みました。

私は細切れの時間を有効利用するのが下手で
織る時は続けて織りつづけたいタイプ。

特に斜線織りは時間のある時に
織った方が良いと思い
週末などにまとまった時間を作って織っているのですが
どうもそれは逆効果みたい。

調子が出てきたな〜と思うと
間違いに気づいて戻る。

行きつ戻りつのこの数日…。

これは1日2段でもいいから、
慎重に間違えないよう確認して
確実に織った方が早いかも。
作戦を変更します。

a0191728_09503047.jpg

なにせ斜線織りは
解くとなるととても時間がかかります。

そういえば
産経で受講中のSさんが
絡みに絡み、戻るに戻れず、
「まるでイジメのよう!」と泣いてましたっけ。


a0191728_09522618.jpg

そのSさんの斜線織りの織り上がりです。

柄はちゃんと織れてます!
すごいすごい!

しかし、織り端にナゾの結び目が…

a0191728_09522800.jpg

これ、解くのに時間がかかり
業を煮やして
ついにはよこ糸を切って抜くという
荒療治をした痕跡だそうです。

始め聞いた時は
よく意味が分からなかったのですが
確かに20段も手前にミスを発見した時には
よこ糸切って抜けたら
楽だなぁと私も思いました。

チューリップは敷物なので
端はキレイに織りたいですから
それは無理なのですが、
仕立ててしまう作品なら
それもアリかな。

でも基本は
「間違わないよう織ること」
ですけどね。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織り バナーを1クリックよろしくおねがいします。




.

by tezome-to-ito | 2018-06-05 09:50 | 手織りダイアリー