ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

タグ:tezome-to-ito ( 64 ) タグの人気記事

「君の名は。」の糸の話がいいんです。

a0191728_10024579.jpg

映画「君の名は。」を観てきました。
とても話題になっていますよね。
ほぼ日新聞で糸井さんが
行ってきた、と書いていたので
私(の年代)も行ってもいいのかな、と。

客層は体育祭の振替休日の小学生から
シニアカップルまで
私の心配をよそに
広い年代に渡っていました。

どこが人気の理由なのかと問われれば
この世とこの世じゃない世との融合というか
共時性が、日本人の
自然信仰心を刺激するからなんだと思う。

ちょうど日曜日の新聞で読んだ
村上春樹の特集の中で村上文学について
「『現実世界がそのまま異世界に繋がっている』
という感覚は、実は
日本の伝統的な文学に近い」
「現実と非現実がぴたりと
きびすを接するように存在している、
これは日本人の一種のメンタリティーの中に
元来あったこと」
という言葉があって、
「君の名は。」にあるものも同じで
日本人の伝統的なメンタリティーなんだ
と思いました。

そして今夜眠っている間に
違う誰かと入れ替わって、
知らない間に世界を助ける一役を買うのかも、
なんてことを思う私も
伝統的な日本人そのものなんでしょう。

そしてこの物語の
重要な小道具が糸だったことに
心わしづかみ。

〝よりあつまって形を作り、
捻れて絡まって、時には戻って
、途切れ、またつながり。それが組紐。
それが時間。それがムスビ〟

ヒロインの祖母のこの言葉を
もう一度聴きたくて読みたくて
小説版をダウンロードしました。

久々に寝不足の朝の予感…。



さてそんな私の糸仕事。
a0191728_10024628.jpg


十色の会のベニバナの黄水で
ウールの電子レンジ染め。

伝統的メンタリティーも情緒も感じられないけど
重い鍋も火も使わず
案外に体に優しい。

きれいに染まった「黄味」の名はベニバナ。笑












.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-10-04 10:02 | こぼれ話

新作ウォールデコレーション@阪神百貨店本店にて展示中

a0191728_18155846.jpg


今日から阪神百貨店梅田本店8階にて
ハンドメイドアクセサリーマーケットが始まりました。

会場内にAJCクリエイターズコレクション展のコーナーがあり
写真の新作ウォールデコレーションを展示して頂いています。

AJCの受賞作をという依頼だったのですが、
ワークショップをするならその内容にあったものをと
新作展示でお願いしました。

ですが、これを制作するに至っては
ちょっとした苦労がありました。

今回の作品は
ワークショップでも使うmodaファブリックの
jellyrollというカットクロスを使用しています。

いろんなシリーズがありますが
新作に使ったのはhaikuというシリーズ。
大きい作品にするには
このロールが2巻必要。
1巻40枚なので80枚!

だけど1巻しか買ってなかった。
追加したらいいやとのんきに思っていたら、
玉造のmodaショップがなんと
1週間夏季休暇でお休み〜。
間に合わないよ〜。
なにせ、新作で行くと決まったのはお盆明けの頃。
搬入まで10日もなかったんです。

でもどこかで買えるだろうと
高を括っていのですが…
ネットにもない、手芸店にもない、ないないない〜〜!

いつもお世話になっているABCクラフトさんや
近所のコットンハウスフレンズさんが
色々聞いたりしてくれた結果
このシリーズは発注分のみのプリントで
注文したお店にしか入荷はなく
現物を持っているところを見つけるしかないことが分かりました。

そこでmoda本社に
扱っているお店を問い合わせるも
見つからない…

ここにはあるはず、のお店も
まだ入荷していない…

別の材料を使おうかとほぼ諦めた時に
天使のごとく助けてくれたのは!
modaファブリック&ソーイングの
サカグチさんという方です!!

もう、感謝と敬意を込めて、実名ださせて頂きます!

「何とか、手配してみます!」と言って
探し出してきてくれました。
サカグチさん、ありがとうございます。
あなたは大阪商人の鏡です!

a0191728_19185246.jpg


modaは大阪に二つのお店があって
最新の商品は玉造のmodaファブリック&カフェで
ビンテージな旧製品などは上町のmodaファブリック&ソーイングで扱っているそうです。

modaファブリック&ソーイングのフェイスブックはこちら

ソーイングのお教室もあるので
これをご縁に
時間ができたら是非私もチャレンジしようと
心に決める!


さて阪神百貨店に話はもどります。
27日と29日には
ワークショップコーナーにて
「裂き布で織るウォールデコレーション」
の講習を行います。

楽習フォーラムHPでの申し込みは終わりましたが
まだお席に余裕がありますので
ご参加ご希望の方は
阪神百貨店イベントページから
お申し込み下さい。

会場でのお申し込みも受付ております。

土曜日が混み合ってきましたので
ご希望の方はお早めにどうぞ。


阪神百貨店イベント予約ページはこちらから












.


[PR]
by tezome-to-ito | 2016-08-24 18:14 | 作品Gallery

ベニカナメの新作糸

a0191728_15085712.jpg

十色の会のKさんが
「お庭のベニカナメを剪定したので」
とわざわざ持ってきてくれました。

a0191728_15085756.jpg


煮出した段階では
液にはあまり赤みがありません。
こういう場合は放っておくことを山椒で覚えました。

1週間ほどすると少し赤みが出たところで
銅媒染で染めたウール糸が上の写真です。

実際と写真はちょっと色がちがいますが、
しっかりしたレンガ色です。

Kさん、ありがとう!











.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-06-14 14:59 | 草木染め糸みほん

ご挨拶


当ブログにお越しいただきありがとうございます。

このブログでは、私が手染めをしていく中で出会う
植物、糸、色、人々の魅力、手仕事の楽しさについて
語っていきたいと思います。

また、これから「手染めと糸」を誰でも簡単に楽しめる
ワークショップを展開していく予定です。
その内容についても、こちらでお知らせしていきます。

これまで私を温かく応援してくださった皆様、
これから新しく出会う皆様、
どうぞ末永く見守ってください。

よろしくお願い申し上げます。


手染めと糸のワークショップ
曽田 よう子



a0191728_17255511.jpg

[PR]
by tezome-to-ito | 2011-01-06 00:39 | ご挨拶