草木染めと、手染め糸を使ったハンドメイドの楽しさをお伝えします。


by tezome-to-ito

タグ:tezome-to-ito ( 70 ) タグの人気記事

4月にABCクラフトの生徒作品展を行うため
生徒の皆さんは制作に余念がありません。

テーマは「花」

織り模様を花にするもよし
織地を花にするもよし
自由な発想で取り組んで頂いています。

先日メールで写真を送ってくれたAさんは
ビーズを織り込んで花を表現しています。
a0191728_17431132.jpg

すごい!
椿と百合です。
これからの仕上げに悩んでいますが
出来上がりが楽しみですね〜。

Kさんの花モチーフもとても可愛い。
a0191728_17431249.jpg

これは本体に付ける装飾となる予定です。
これまた楽しみ〜。

Cさんのお花も素敵ですよ!
a0191728_17431203.jpg

ぷっくりした花びらが
もう、何ともいえず愛くるしいの。
バッグに付けようか?と相談しています。

他の皆さんも、
途中経過報告お待ちしています!

作品展は4月11日から。
ABCクラフトQs店にて開催します。
お楽しみに!

さて、花繋がりで
もう一つ。
これな〜んだ?
a0191728_17431232.jpg


なんと!松ぼっくりだそうです。
奈良の生徒さんが拾ってペイントし
ブローチにされていました。

こんな松ぼっくり、初めて見ました!
「今度もっと大きいの、あるから持ってきてあげる!」
とのこと。
ワクワクです。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-14 17:33 | みんなの作品
ランナーズハイならぬ、ウェイバーズハイです。

眠いはずなのに、なぜ織れてしまうんだろう。
切羽詰まっているはずなのに、なぜ楽しいのだろう。
夜中に、幸せだ!と
ニヤニヤしながら機に向かっているのを覗いたら
与平じゃなくてもおののいて逃げるだろう。

夕鶴ホルモン。
きっとそんなホルモンが
夕べは分泌されたと思われます。

織りの世界は魅惑の世界。
織るのはやっぱり楽しいな。

そう感じて織ることができると
スピードも速くなり
無事AJCの作品を織り上げることが出来ました。

始末やら何やら
まだ作業は終わりませんが
締め切りには間に合いそうです。

a0191728_14533936.jpg


160×200cm。

a0191728_14553180.jpg


全景は自撮り棒で撮ればいいんだ!
あとで買ってこよう。
その前にもう一頑張り。


お疲れ様!の1クリック頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.


[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-08 14:30 | 手織りダイアリー
昨日は第1金曜日、
ABCクラフト枚方ビオルネ店での定期講習。

新人のTさんが、
ひと月先輩のKさんの作品↓を見せてもらいながら
ブロックチェックのマットを織る。
a0191728_19415612.jpg


そのKさんは裂き織りが今月の課題。
ロータリーカッターで生地をカットしています。
a0191728_19415655.jpg


大先輩となったNさんは
裂き織りと千鳥格子を交互に織りながら
先を悩んでいる様子。
これは生徒作品展用に織っているのですが
訳あって最初の計画を変更することに。
a0191728_19415732.jpg

織ってみると、あれ?ってことありますもんね〜。

Aさんはビーズでネックレスを製作中…
a0191728_19415798.jpg

ではなくて、
ビーズでお花模様を織るために
よこ糸に通してます。

すんごく頭を使う作業。
これはビーズ織りを勉強しているAさんだから
なせる技です。
a0191728_19415783.jpg

どんな模様になるのでしょうか!

そして昨日の教室でみんなの興味を引いたのは
こちらのミニバッグ。
a0191728_19415882.jpg


春待ち展で購入したものです。
さりげない平織りですが、
よこ糸にラメが引き揃えられていて
品良くキラキラします。
a0191728_19415883.jpg

矢印の方向に織って
房と房を結んで装飾にしているんですね〜。

a0191728_19415827.jpg

持ち手のチェーンや
内袋がオーガンジーなのも大人おしゃれ。

参考にしたいテクニック満載です。

作者はこの方だそうです。
a0191728_19415816.jpg

文庫本を持ち歩くのにぴったりです。
大切に使わせて頂きますね。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-04 19:02 | 手織りダイアリー

織り人の栄養補給

週末は京都での用事ついでに
京都造形芸術大の卒展に行ったり
a0191728_07031559.jpg


職人たちのマーチという
若手職人さんのイベントに行ったり
a0191728_07031539.jpg

刺激をたくさん得て来ました。

そして昨日は
サザナミインコのほほまるちゃんが待つ
雑貨と喫茶とギャラリー ひなたさんへ。
a0191728_07201415.jpg

ほほちゃん、かわいい〜💕

久々に日々の手織り展メンバーと待ち合わせて
アトリエ きさらぎ さんの春待ち展を見てきました。
a0191728_07031657.jpg


来年はまた日々の手織り展を開催したいと思い
そんな相談もオーナーさんとしてきました。
まだだいぶ先の話だけど
早めに手を挙げておかないと
ひなたさんのギャラリーは人気なのですよね。

メンバーとはその後は四ツ橋のくれ屋へ。
a0191728_07031602.jpg


a0191728_07031708.jpg


a0191728_07031786.jpg

おでんとたこ焼き、美味しかったです!

織りで繋がった皆さんが
楽しく飲み語らっていることが
とても嬉しかったです。
Hさん、Kさん、卒業しても参加して下さり
ありがとう!

次回は他の生徒さんにもご参加頂こうと思います。

視ること食べること
どちらも織り人の栄養になります。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村


.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-01 06:07 | こぼれ話
昨日の奈良教室、
Hさんが絣の着物地で
再織りを試みています。
a0191728_10191615.jpg

大きな井桁模様で素敵ですね。

Hさんはご自分で考えて
よこ糸用に裂き布を1本ずつ
全て切り離して用意されました。

やった方は経験があると思うのですが
確かに、続けて長く裂くと
どちらからどの向きで織るか
混乱して分かり難いんですよね。
a0191728_10191660.jpg


しかし織ってみてのHさんの悩みは
左右の端が織りっぱなしになるので
機から下ろしたらバラバラになりそうなこと。

そんな時の対処法として
隠し糸を織り入れる方法があります。

裂き布を織り入れる前に隠し糸を織ります。
ここでは分かり易いように
わざと太めの白糸を使っています。
a0191728_10191681.jpg


同じ開口のまま裂き布を織り入れます。
a0191728_10191713.jpg


同じ段に隠し糸と裂き布が織り込まれました。
a0191728_10191792.jpg


この隠し糸を黒のステッチ糸に変えて織ってみましょう。
a0191728_10191769.jpg

隠し糸が全く目立ちませんね。

隠し糸は織り糸と同系色の細い糸、
例えばミシン糸などを使うと良いと思います。
毎段に入れなくても
数段毎に織り込めば織り地が安定し
幅の膨らみを調整するのにも役立ちます。

綴れ織りでよく使われるテクニックで
箕輪直子先生の「手織り大全」p.111で紹介されています。

Hさん、上手く進んでいますか?
作品の完成楽しみにしていますね!



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.













[PR]
by tezome-to-ito | 2017-02-28 09:46 | 手織りダイアリー
a0191728_07004015.jpg

出産内祝で坂角の春さくら煎餅を頂きました。
なんて美しい。
坂角のお煎餅は美味しくて大好きな上に
これはまた格別です。

春は一歩ずつ近づいていますが
一昨日の産経のお教室では
別な意味の春到来?

「時間を間違えました〜」
「忘れ物して取りに帰ってました〜」
「何だかぼぅ〜としてしまって」

いつもは仕事の速い精鋭揃いなのに
どうした?みんな?

そんな時は作業も上手く進まないもの。
何度もやり直したり、繰り返したり。
慌てなくても良いのでマイペースで織りましょう!
という私も、写真をうっかり撮り忘れてました〜。

なので昨日のABCクラフトでは
しっかり写真を撮りました。

花模様の糸でマフラーを織るTさん。
a0191728_07004019.jpg


ノット織りの図案を用意するYさん。
a0191728_07004172.jpg


初めての織りに大感激のMさん。
a0191728_07004169.jpg


そして皆さんの作品。
a0191728_07004199.jpg


a0191728_07004151.jpg


a0191728_07004250.jpg


a0191728_07004204.jpg

Yさんのこのピンクの糸抜きマフラーは
途中5歳のお孫さんが織られたそうです!
教えなくてもちゃんと織るからびっくりしたそうで
それは才能としか言えませんね〜。
織りの未来は明るいぞ!

昨日はお休みも多かったけど
わざわざ立ち寄ってくれた方も多かった。

ご家族入院中に寄ってくれたKさん、
ありがとうございます。
お大事にされて下さい。

いつも元気オーラを運んでくれるTさん、
ありがとうございます。
今日はお教室で頑張りましょう。

作品の経過を見せに来てくれたYさん、
ありがとうございます。
マラソン大会と甥御さんとこのお手伝い頑張ってね。
a0191728_07004238.jpg





ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.







[PR]
by tezome-to-ito | 2017-02-23 06:17 | ワークショップダイアリー
AJCクリエイターズコンテスト出展用の
たて糸を高機にかけました。
a0191728_08595073.jpg

キラッキラ〜。
テンション上がるわ。

今週は教室日が続くし
週末には我が家的に大きなイベントがあるので
本格的に織りに入るのは来週の予定。


さて、この23日から28日まで
谷町6丁目のひなたさんで
あとりえ きさらぎ さんが教室展を開催されます。

生徒のみなさんが織った織地で
ミニバッグを仕立てて
展示されるそうですよ。

いろんなバッグがインスタに上がって
とても楽しいです。

私は28日に伺う予定です。
勉強と刺激になるので
生徒さん達にも是非見に行って貰いたいものです。

a0191728_07180140.jpg


雑貨と喫茶とギャラリー ひなた

あとりえ きさらぎ Instagram


さあ、私の次の仕事はこれだ。
a0191728_08595085.jpg


先日の雪晒しの藍染め、
一部再度藍をかけ濃色にして
今度は枯れ草晒し。
a0191728_08595050.jpg


これもAJC用。
どうなるかは、出来上がるまでのお楽しみです!

三寒四温の季節ですが
今日は寒ですね。
こちらでは小雪がちらついています。
皆さん、体調に気をつけて。


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.




[PR]
by tezome-to-ito | 2017-02-21 06:54 | 手織りダイアリー
今日は教室での
ちょっとした咲きおりの工夫をご紹介します。

整経をする時の糸始めを取扱説明書通り
バックバーに結ぶことももちろんありますが
ワープスティックから始める方が便利なことがあります。
例えば偶数で糸替えをする時はワープスティックから始めると
糸を切らずに休めます。

その場合、私は
糸端を引っ張ると解ける結びで輪を作りスタートします。
a0191728_09344114.jpg


でも、この輪を作るのが苦手だったり
勿体無いと思う生徒さんもいらして
そんな方がやっていたこの方法。
a0191728_09344195.jpg

クリップで挟むだけ。
なるほどね〜。

咲きおりは木製ですから
湿度によってワープスティックが緩くなることもあります。
a0191728_09344160.jpg

そんな時には糸を挟んだり

a0191728_09344279.jpg

スティックを失くして
オモチャの部品を代用している人もいました。

お気づきでしょうが、ウチの教室では
部品には全て名前か印を付けて頂いています。
同じ織り機を使っているので
ウッカリどれが自分のか分からなくなってしまうんです。

意外に見落としが多いのは
咲きおりペーパー。
気づくと一枚増えてた〜という生徒さんもおられます。
皆さん、是非紙にもお名前を!

そしてその咲きおりペーパーを
織地の下に敷いて織ることを
私は推奨しています。
a0191728_09344275.jpg

こんな風に
フロントローラーの紙をそのまま下敷きにします。

なぜかというと、
巻き取る時に織地がよれるのを防ぐのと
マス目があるので
初心者の方が真っ直ぐ織る目安にできるからです。
よこ糸密度を測るのにも便利。

咲きおりペーパーは厚みもちょうど良く
丈夫なので繰り返し使えます。
大きさも適切。
たかが紙、されど紙。
専用ペーパーの意味はあると思いますよ。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.






[PR]
by tezome-to-ito | 2017-02-20 08:38 | 手織りダイアリー
本日は奈良教室の日。

前回の試し織りをもとに
今日はバッグ地を織る課題です。

Sさんの試し織りはこんな感じ…
a0191728_21501094.jpg


って、もう立派なバッグになってるし〜。
a0191728_21501063.jpg


Sさんはすかさず次なる裂き布を用意し
a0191728_21501018.jpg


こんな織りをしています。
布と糸の畝織りですね。
いい感じです。
a0191728_21501185.jpg


かっちりタイプのTさんは銘仙風の着物地で
a0191728_21501146.jpg


シンプルに裂き織り。
でも生地の表が出るように、
畳み込みながら織っています。
裂き織りにすると色がハッキリでるパターンですね。
「この色合いが好き053.gif」とTさん。
私もです。
a0191728_21501217.jpg


仕事が早いHさんも
すでにバッグが出来上がっていました。
2本おきに2羽空羽にするタテ糸、
試し織りは打ち込みが強くて重くなったので
少し密度を浅くしたそうです。
試し織りはポーチになりました。
a0191728_21501229.jpg

そして悩んで悩んで
もう一度同じタテ糸を違う掛け方で掛けて帰られた。
うん、それはいい勉強になりますよ。
別の作品を見てタテ糸も裂き布にしてみたくなったのだけど
それは次のチャレンジにしましょう。
焦らず一歩ずつ丁寧に、ね。

慎重でコツコツマイペース派のCさんは
裂き布をアイロンでしっかりテープ状に
用意しています。
a0191728_21501394.jpg


なんと、接着テープを挟んでます。
丁寧なお仕事ですね〜。
a0191728_21501380.jpg

こちらも畝織りですが、
テープを挟んでいるので四角い目が揃っています。
色合いが春を思わせて
どんな形になるのか楽しみです。


次回も続きを織るとみんなは言うけれど
バッグが出来上がっている予感がするのは私だけかな?


ところで、私は今日知った話なのですが、
田中直染料店の東京店が3月9日で閉店するそうです。
それを前に閉店セールがあるとの情報。
30%OFFで在庫を売り、
残った物は半額処分となるそうです。
セールの日時ははっきりしないので
興味のある東京方面の方は東京店へご確認下さい。


そしてもう一つのセール情報は関西の方へ。
ABCクラフト枚方ビオルネ店。
a0191728_21501323.jpg

ビオルネの専門店がお休みの2日間、
ABCクラフトのカードメンバーだけが入れるセールです。
もちろんQs店で作ったカードでも大丈夫。
それに枚方店でお買い物をすれば貰えるハガキがあれば
メンバーじゃくても入れます。

ABCクラフトは糸だけでなく
手芸資材が幅広く入手できるので
とっても使えるセールな気がします。

行かねば!です〜。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村




.


[PR]
by tezome-to-ito | 2017-02-13 20:42 | ワークショップダイアリー
AJCの作品に向けて、
今回タテ糸にシルバーラメを選びました。
a0191728_09401107.jpg


高機を使うので先に整経しています。
30羽使用予定。

この糸はハマナカのエンペラーという糸です。
ラメ糸って、すごく細かったり硬かったりで、
手織りにちょうどいい物が意外に見つからなかったりしませんか?
そんな人にはエンペラーお薦めです。
シルバーの他にゴールド系、黒系、ホログラム系などもあり、
1玉170mと長さもしっかり。
何よりハマナカなので
手芸屋さんで入手可能なところがありがたい。


さてここからは高機と咲きおりをお持ちで
なおかつタテ糸を始めに筬通しする方向け
というかなりピンポイント的な情報です。

私は卓上機咲きおりと
ライラという北欧機を使っているのですか
ライラを使う時は筬通しの際に咲きおりを台にしています。
とても便利なのでご紹介します。

まずワープスティックを2本立てます。
a0191728_09401276.jpg


筬を立てかけます。
a0191728_09401259.jpg


綾にテンションバーを通し
筬の向こうに写真の様にセットします。
ソウコウは糸の重石に使います。
a0191728_09401300.jpg


テンションバーをセットする時に
ワープスティックを間に1本挟むのと
クリップを下に向けて高さを出すのがポイント。
a0191728_09401392.jpg


筬通し開始。こんな感じ。
a0191728_09401339.jpg


始めは箱を台にして上から刺して筬に通していたんだけど
ふと思いついてやってみたら
すごく楽です。

そもそもライラの解説では
筬通しはタテ糸を機にかけソウコウにも通した後で
紐で筬をぶら下げて刺していくようになってます。

大学でも
荒筬→機かけ→綾返し→ソウコウ通し→筬通し
というすごく手間の掛かる方法しか習っていませんでした。

確かに和機に1000本単位の長く細い糸をかけるには
そういう手間は欠かせませんが
100本単位程度を太めの糸で数mのタテ糸かけなら
先に筬通し→ソウコウ通し→バックローラーに巻く
でも大丈夫。
そう知った時は目からウロコがボロボロ。
以来、デスク上で筬通ししてから機かけしています。

道具は使いこなしてこその道具。
工夫次第で仕事の効率が上がるなら
頭をちょっと柔らかくすることも大事ですね。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村












.



[PR]
by tezome-to-ito | 2017-02-11 08:57 | 手織りダイアリー