ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

タグ:草木染め ( 15 ) タグの人気記事

型染めワークショップ計画中。そして昨日一昨日の顚末は…

昨日のブログの顚末…
ベッドで「カルテット」を観ました。
Tver便利です〜。

しかし夫さんがクド管とは。
展開が全く読めません。面白くなってきた。

そして何げに気になった
「人間7割は水」のセリフ。
そういえば、私の体脂肪はほぼ3割なんですけど…
骨と肉と皮はどこいった〜〜?


一昨日のブログの顚末…
気付いた時には夫のチョコレートの箱は空だった。
えっ?イッキ食べですか?
あなた、糖尿なんですけど〜〜

味見は息子達が一粒ずつくれました。
美味しかった、アウスリーベのチョコ。
にしても
最近、誰が一番子どもなのかが分かりません^_^;


お蔭様で
お腹の調子もお粥が食べられるまで回復し
起き上がってウロつくこともできるようになりました。

なので計画しているワークショップの材料を
発注したり、少しお仕事も今日はしました。
a0191728_19174836.jpg


柿渋型染めのワークショップです。
ランチョンマットで以前はしていたのですが
十色の会で染めたランチバッグが良かったので
一般向けに計画中。

しかし当てにしていたバッグがもう販売していない…

困った時にいつも助け舟を出して下さる
シンパチロウ札幌店さん に相談し
手芸作家のmarikoさんを紹介して頂きました。
marikoさんは毎年恒例の作品展をシンパチロウさんで開催されていて
私の手染め糸も愛用して下さった方です。

「こんな面白くもない仕事ですがお願いできますか?」
と問い合わせたところ
快くお引き受け下さいました。

そして届いた舟形バッグと箱型バッグ。
a0191728_19174804.jpg

持ち手はこちらで付ける予定。

そしてシンパチロウさんご推奨の
marikoオリジナル バッグインバッグも
サンプルを送ってくれました。
a0191728_19174930.jpg

これ!いいわ〜。
とても便利でおしゃれ。
メニューに加えたら喜ばれそう!
見本を型染めしようと思います。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村


.


[PR]
by tezome-to-ito | 2017-02-16 18:22 | ワークショップダイアリー

今日は天然色データ講習!のはずが…(;_;)

写真は川島テキスタイルスクールの
天然色データ作成講習ウールの回で染めた
糸見本の一部です。

a0191728_18042833.jpg

24色×5媒染染めました。
染料は田中直専門店で購入可能なものが主です。

昨日一昨日とシルクの講習があり
今日は綿の講習に行く予定でした。

しかし朝起きると
なんだかフラフラする。
だんだん気持ち悪くなり
その後は上から下からの大騒ぎに。

とても出掛けられる状態じゃないので
涙を飲んで欠席の連絡をしました。
何か悪いもの食べかな、私?

横になっていると大丈夫なのですが、
起きると吐き気
水飲んでも→トイレ

仕方ないのでひたすら寝ること10時間。

目が覚めても起き上がるのが怖いので
ベッドの中でブログ更新を試みる。
これが大丈夫なら
ベッドの中でカルテットのオンデマンドでも見ようかな?

昨日のシルクの染めの様子。
a0191728_18042803.jpg


a0191728_18042980.jpg


a0191728_18042936.jpg


喉が渇いた…さすがに水分補給しないとね…
どうか治っていますように。
なむなむ…


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村




.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-02-15 17:32 | 手染めダイアリー

楽習フォーラム推進協議会「所属会員の声」で紹介して頂きました。

a0191728_10385880.jpg

私は楽習フォーラムという団体に所属して
講師活動をしています。

この度その楽習フォーラム推進協議会のHPで
「所属会員の声」の欄に紹介して頂きました。

曽田よう子ヒストリーみたいになっていて照れますが
活動や教室についても掲載しています。
ご興味のある方、
また楽習フォーラムについて知りたい方は
是非リンクからご覧ください。

楽習フォーラム推進協議会のHPはこちら。

撮影にご協力くださった生徒の皆さん
ありがとうございました。






ランキングに参加しています。
励みにしますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村














.
[PR]
by tezome-to-ito | 2017-02-09 10:50 | お知らせ

クサギ染めのウールでラーヌ織り

a0191728_06521810.jpg


先日のクサギで染めた糸を使って
ラーヌ織りしてます。

薄いブルーがクサギの実
黄緑がクサギの葉で染めた毛糸。
蘇芳の赤も織り込んで
ベースはナチュラルな茶毛です。

a0191728_09255225.jpg


ミニクッションになる予定。


なりました!(追記)

a0191728_16590697.jpg















.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-12-19 06:51 | 手織りダイアリー

クサギの実

a0191728_14101998.jpg

クサギの実を頂きました!
感激〜!!
今や貴重な染料です。

一粒ずつ枝からはずしてます。
量としては多くないけど
手間がかかります。
玄関でかがんで作業してるので腰が痛い!

ウールを染めまるつもりです。
どんな感じに染まるかな?










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2016-12-11 14:03 | 手染めダイアリー

藍でウールを染める研究その1 紺屋藍

昨年倉敷のMUNIに行って
藍染めのウールラグを見て以来
ウールの藍染めにじっくり取り組んでみたいと
思い続けていました。

一緒に倉敷に行ったTさんに
「それが今年の課題」と話したことを
すっかり忘れていた初夏の頃
「私はこれから何をする人ぞ」
「え⁈ウールの藍染めですよね」
と有能な秘書の様に
そのことを思い出させてくれたTさん。

その後動きがないぞ〜と彼女は
密かに思っているかもしれない。

忘れていません。

2016年の内に
一つ取り掛かりました。
a0191728_10485278.jpg


いつも自宅や教室で藍染めをする時は
これを使っています。
a0191728_10193601.jpg


誠和の紺屋藍。

とても簡単で、使いやすい。
今回はこれを使いました。
a0191728_10485284.jpg


説明書通りに藍と溶剤を溶かします。
綿との違いは温度と酢を使うこと。

そもそも藍はアルカリ性。

アルカリが苦手なウールを
どの様に染めているのか?
MUNIのカーペットを見て思ったのは
そのことです。

特に藍がめで自然発酵させるわけではない
化学建てはアルカリが強い。
紺屋藍で酢を使うのは
中和のためかもしれないな。

上の写真は
紅花の黄水で2段階にイエローに染めた毛糸に
藍をかけたものと
一番色の濃いのは藍のみの麻糸。

藍のもう一つのテーマは
志村ふくみさんのような緑を染めることですが
なかなか…
緑っぽい青、までしかいかないなぁ。
まあ、良い色ですが。

a0191728_10485330.jpg

こちらは茶のナチュラルウールと
ラムの白糸を染めたもの。

濃紺に染めるには下染めに何を使うかも
研究すべきテーマですが、
カラードのナチュラルウールを使う方法は
メヘラリショップで教わりました。

うん、これは使えます!

今後は
違うお店の藍でも試して行くつもり。












.


[PR]
by tezome-to-ito | 2016-12-09 10:06 | 手染めダイアリー

ヒバでストールを染める@十色の会

a0191728_09253788.jpg

昨日は今年最後の十色の会でした。
「その日最適なものを染料としてご用意します」
と参加者の皆さんにはお伝えして
当日までシークレット。

当日朝、近所の道の駅で
ヒバを仕入れました。

うっかり作業中の写真を撮り忘れましたが
煮出す間にみんなでチクチク縫い絞り。

媒染は鉄と銅をお好みで。

私は巻き縫い絞り、鉄媒染しました。
織地に似合う
シルバーに染まりました。
a0191728_09253752.jpg


今日は神戸で
箕輪先生のアシスタントに入ります。

さっそく巻いて出かけます。

a0191728_09253880.jpg













.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-26 09:14 | 十色の会

ウール草木染めチェックの大判ストール

a0191728_12182168.jpg

コチニール、蘇芳、インド茜の
ブレンドで染めた毛糸を
大量消費しようと思い
大判ストールを織ったのは2年前のこと。

機から下ろして、
どうしたものかとずっと放置してたのを
ようやく仕上げました。

何に悩んでいたかというと
このウール糸が防縮加工してあるものだったので
縮絨がかからないのが分かっていたから。

並太を綾織で織ったので
重みで目が伸びて安定感がない。

やはりウールの織地は
ある程度繊維が絡みあって
ふんわりしていなくては。

アルカリ性の洗剤を使って
思い切ってガシガシすれば
防縮ウールでも縮絨効果は得られるかもしれないが
そうすれば草木染めの色が変色するのは必至。

さぁ、どうする?

結論から言うと
弱アルカリ洗剤を使用し
60度の湯で30分以上プッシュ
冷めるまで放置してさらに擦る。
2回繰り返すも余り効果がない。

で、最後の禁じ手を使いました。
高温洗浄の後、ドラム乾燥です。

少し湿ったところで取り出し
スチームアイロンで蒸気をかけて整え
干した後はウールブラシて軽く起毛しました。

縮絨前
a0191728_12182252.jpg


縮絨、起毛後
a0191728_12182262.jpg


変色は免れませんでしたが
格段に素材感が良くなりました。

織地は仕上げが大切です。












.



[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-15 11:53 | 手織りダイアリー

手染めのウール織り布で手作りコサージュ

織り布の余りで
コサージュを作ってみました。
a0191728_17435319.jpg


1つ始めたら楽しくって
一気に4つも作っちゃった。

ネットで調べると作り方が色々出てきて
じゃあ、アレも使えるかも?
こんなこともできるかも?
と連鎖反応。

黄色はなんちゃってハリスツイードのスマホケースの残り。
ピンクは花園の裏地の残り。
焦げ茶はあれです、
日々の手織り展のクッキーみたいなのです。

なんちゃってハリスツイードのページはこちら。

花園のページはこちら。

日々の手織り展クッキーみたいのページはこちら。

よく捨てなかったなぁ、私。
もし一月後だったら
大掃除で捨てていたかも。

草木染めで染めた糸で織ったものだから
何かに使いたいとは思っていたけど
本当に使い道が見つかって
すごく嬉しいです〜。

ウールなので大ぶりだけど
そこも味ということで
冬のコーデに加えよう。

これからは益々
残り布が捨てられないです。












.



[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-13 17:21 | 手づくりダイアリー

二度目の「志村ふくみー母裂への回帰展」

a0191728_10275499.jpg

父の法要の帰りに
世田谷美術館に立ち寄りました。

志村ふくみ展の後期展示。

前期より心なしか
照明が暗く感じたのは
展示品の違いでしょうか。

ごく最近の作品から始まり
昭和の作まで遡る。
お歳を重ねて
より繊細により透明感のある
作風になっていると感じます。

一周回って、
もう一度観直す。

すると、一番入り口近くに展示された
無地の着物群が
今までに増して輝いて見えました。
特に玉ねぎの茶色が美しい。

シンプルなものほど
作り手の精神性や技量が現れるもの。
これが「極める」ということでしょうか。

もし次に着物を織る機会があれば
一つの草木染め
一つの色で
ただ無心に織ってみたい。

そんな欲がふつふつと湧きました。

a0191728_13121259.jpg

前回霧に包まれた公園は
今回は休日の家族連れで賑やかでした。

そしてピンクに染まる木の下で
婚礼写真を撮るカップルも。
そういえば前回も
雨の中ウエディングドレスの花嫁さんがいました。

その理由はこれ。
a0191728_13121340.jpg

子福桜というそうです。
春と秋の2季咲き桜。

小さな福を頂きました。











.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-01 10:22 | 染織の旅とお出かけ