ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

タグ:手織り ( 121 ) タグの人気記事

裂き織りウォールデコレーション「水の粒子」

a0191728_18391258.jpg


お陰さまで
AJCクリエイターズコンテスト2017に出品した作品が
佳作を頂きました。

裂き織りウォールデコレーション「水の粒子」

藍染めした布とシルクシフォンを裂き織りした作品です。


明日から始まるコレクション展にて展示されますので
ご案内致します。

AJCクリエイターズコレクション2017
3/22(水)~ 27(日)
9:30-17:30 初日:13時開場 最終日14時まで

東京都美術館 2階第4展示室にて

入場料は無料です。

今年はアート性とクオリティが非常に高い作品が多いとのこと。
織りでお名前を見知った先輩、お仲間の皆さんが
軒並み受賞されています。

参加をお誘いしたアートヤーンの山下じじさんは
初参加にして銀賞を受賞!

素晴らしい〜〜。

皆さま、是非足をお運び下さいませ。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.







[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-21 18:11 | お知らせ

アリゾナ旅行記その2 ナバホ織物みいつけた!

今回のアリゾナ旅行は
フェニックスから始まりました。
a0191728_18245283.jpg


飛行機から降りた時のフェニックスの気温。
華氏92度って摂氏33度です。
ダウンを着て奈良を出たので慄きましたが
乾燥しているからか
あまり暑さは感じません。
ただし日差しはかなり強いです。

フェニックスは大リーグのチームがキャンプをする事で有名なようですが
日本ではその他の情報が少ないですね、
それが不思議な位に都会でした。

一泊して翌日セドナへ向かう日程でしたが
せっかくなのでどこか立ち寄るところはないか
ホテルの部屋にあったガイドブックをぱらぱらしてみると
お!これは〜!!
a0191728_18245361.jpg


アリゾナに来た理由の一つは
ナバホの織物を見たかったから。
しかし日本ではネットで検索しても
取り扱っているお店はわずかしか見つけられずにいました。

ガイドに掲載されているお店は好都合にも
フェニックスからセドナへ向かう途中で寄れる
ケアフリーという街にあるじゃないですか!
これは行くっきゃありません。

翌朝カーナビを頼りに向かいました。
ちなみにアメリカのレンタカーには
オプションにネバーロストというカーナビがあり
これは日本語で道案内してくれます。
ちょっと変な日本語にはなりますが、
かなり頼りになります。

そのネバーロストのお陰で
お店には楽勝で着けました。

店先にはガイドブックと同じ光景が。
a0191728_18245385.jpg


このマットが長さ180㎝ほどもあるのですが
2000円位のものからあり、
これで私の火は一気に着火🔥
買うと決めてじっくり見定め
外に飾られたものより少しグレードの高い
手織りのマットを入手しました。

a0191728_18335341.jpg


この後、セドナやグランドキャニオンでも
ナバホの織物は見ることになるのですが、
コストパフォーマンスはこのお店が断トツでした。

a0191728_18245348.jpg


お店には織物だけでなく
アリゾナの工芸品がセンスよくディスプレイされています。

a0191728_18245321.jpg


アンティークのギャラリーなので
もちろんアンティークもあります。

a0191728_18245436.jpg


お店の名前は
Arizona Territorial Antiques

現地の情報は
やはり現地で仕入れるのが一番ですね。
侮るなかれ、フリーペーパー。
そしてネバーロスト!
これでアメリカ旅行は成功と言っても過言ではない!
かも?


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村


.



[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-20 17:00 | 染織の旅とお出かけ

アリゾナ旅行記その1 グランドキャニオンデザートビューとポピ族の壁画

Hello!
I am in the United States.
私は今、アメリカのアリゾナ州にいます。

アリゾナは広く美しく本当に素晴らしい所!
私の視点で見たアリゾナの自然とクラフトを
何回かに分けて紹介してみたいと思います。

今日は
生きている内に一度は訪れてみたいと思っていた
グランドキャニオンに行ってきました!

グランドキャニオンと一口で言っても
とにかく広い。
今回行ったのは谷の南側、サウスリムの東部分です。

レンタカーを借りて行きました。
恐る恐るの左ハンドルを公園内は私が握ることに!
オーマイガー‼︎

右側通行、右側通行…と念じながら
東側入口からスタート。
最初のポイント、デザートビューに無事到着〜。
a0191728_16432648.jpg

疲れも吹っ飛ぶ絶景です。

右奥からコロラド川の流れが見えます。
あの水がこの谷を作ったなんて!
a0191728_16432676.jpg


空が青い!
a0191728_16432795.jpg


デザートビューには昔の見張り塔を再現した
ウォッチタワーがあり、
中から谷を見下ろすことができます。
a0191728_16432743.jpg


a0191728_16432757.jpg


中はポピ族のアーティストによる壁画が
全面に施されています。
a0191728_16432711.jpg


a0191728_16432821.jpg


a0191728_16432810.jpg


デザートビューポイントには
軽食(グランドキャニオンでは貴重!)や
お土産を売っている売店などもありました。

ちょっと気を引かれる民芸品が色々あったので
その中の織物をすかさずチェック!
a0191728_16432851.jpg


a0191728_16432903.jpg

このキーホルダーは可愛いかったけど
高かったので買いませんでした。
観光地のお土産ですから
まあ仕方ない値段です。

アイデアとしては良い!
ので是非帰ったら真似したいと思います。

織物に関しては
別途撮りためているので
改めてご紹介したいと思います。

グランドキャニオンもこの後
リパン、グランドビュー、メサ、ヤバパイと回り
谷はどんどん深くなります。
写真を整理してアップしますね。

今日はこの辺で。


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.


[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-18 15:31 | 染織の旅とお出かけ

奈良の皆さんの手織りぬくもり裂き織りバッグ

a0191728_20012273.jpg

先日の奈良教室
裂き織りのバッグが並びます。

出品はしないけど、
手織りぬくもりコンクールの規定の沿った
裂き織りのバッグを作ろうというのが課題でした。


乙女心をくすぐる春らしいバッグは
Cさんの作品。
a0191728_20012322.jpg


丁寧に芯を挟んで三つ折りにした
裂き布で織っています。

内袋にはポケットもしっかり。
配色もきれいですね〜。
a0191728_20012303.jpg



こちらはHさんの作品。
a0191728_20012336.jpg


ポイントに一筋だけ入れたエンジが効いています。
ここだけバイアステープなんですって。
地の模様にちらちらとあるエンジとピッタリの色!
よく見つけましたね。
こういうちょっとしたところに
Hさんのセンスの良さが出ます。
a0191728_20012310.jpg



Sさんのバッグは形ががいいですね〜。
縫製がしっかりしていて
とても使いやすそうです。
裏表を合わせて縫ってひっくり返すそうです。
え?この持ち手のところも??
頭で考えもまったく想像できませんが、
ひっくり返るのだそうです。
a0191728_20012478.jpg


Sさんのアピールポイントは中に付けたポケット。
使い古したバッグのポケットを
再利用したんです。
a0191728_20012423.jpg


お、よく見るとブランド名が。
a0191728_20012485.jpg

「バッグを捨てる時は部品を取っておかなきゃ損よ〜」
ホントですね。


Tさんのバッグは底もしっかり板の入った
大振りトート。
品の良い大人バッグです。
a0191728_20012581.jpg


ポイントの皮の持ち手はTさんの自作。
なんでもネットで調べて
ボンドで貼り合わせる技を知り
活用したそうです。
a0191728_20012539.jpg


ミシンでは縫えない厚みの皮も
こうすると握りやすい持ち手になりますね〜。
この技は使える!


皆さん、縫製お疲れ様でした。
実際に使ってみたいバッグばかりで
嬉しくなりました。
コンクールにも出品して欲しかったなぁ。
私自身は手織りぬくもりコンクールに出品の予定です。
先日織り上がったんですが
まだ縫製していない。
バッグは縫製が命ですね、頑張らねば。


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村


.





[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-15 19:22 | みんなの作品

みんなの「花」織り作品の途中経過

4月にABCクラフトの生徒作品展を行うため
生徒の皆さんは制作に余念がありません。

テーマは「花」

織り模様を花にするもよし
織地を花にするもよし
自由な発想で取り組んで頂いています。

先日メールで写真を送ってくれたAさんは
ビーズを織り込んで花を表現しています。
a0191728_17431132.jpg

すごい!
椿と百合です。
これからの仕上げに悩んでいますが
出来上がりが楽しみですね〜。

Kさんの花モチーフもとても可愛い。
a0191728_17431249.jpg

これは本体に付ける装飾となる予定です。
これまた楽しみ〜。

Cさんのお花も素敵ですよ!
a0191728_17431203.jpg

ぷっくりした花びらが
もう、何ともいえず愛くるしいの。
バッグに付けようか?と相談しています。

他の皆さんも、
途中経過報告お待ちしています!

作品展は4月11日から。
ABCクラフトQs店にて開催します。
お楽しみに!

さて、花繋がりで
もう一つ。
これな〜んだ?
a0191728_17431232.jpg


なんと!松ぼっくりだそうです。
奈良の生徒さんが拾ってペイントし
ブローチにされていました。

こんな松ぼっくり、初めて見ました!
「今度もっと大きいの、あるから持ってきてあげる!」
とのこと。
ワクワクです。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-14 17:33 | みんなの作品

再現性がスゴすぎるTさんの再織

先週のABCクラフトQs店の教室で
Tさんに見せて頂いた再織。
a0191728_08474739.jpg


生地の模様が全く崩れていない!

当人が
これってわざわざ裂き織りにする必要あるの?
と思ったというほど。

それを言っちゃ身も蓋もありません。

ただし、この織り方だと問題が…
平織りしているだけなので
お洗濯すると確実に乱れます。

それはTさんも分かっていて
どうしようか、悩んでました。

それでアドバイスしたのは
次に織る時には
裂き布と糸を交互に織りましょう、ということ。

a0191728_08474767.jpg

私は再織する時、
この本を参考にしています。
自主出版の本なので一般には流通していませんが
作者さんの裂き織り作品を集めて掲載したものです。

その中で浴衣などの模様をそのまま生かす場合、
糸を押さえに織り込む方法が
紹介されています。

とても丁寧な作品ばかりで
勉強になる本です。

ところでTさんは今
どうやら夕鶴ホルモン分泌中の人らしく
他にも作品写真を見せてくれました。
a0191728_08474727.jpg



a0191728_08474783.jpg



a0191728_08474849.jpg


ご主人が単身赴任されて
たっぷり時間が使えるそうで
お正月にゲットした詰め放題の糸を消費すべく
織りに熱中しているようです。

Tさん、ありがとう!
また再織して見せて下さいね。


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.


[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-12 08:24 | みんなの作品

怒涛の夕鶴モードで織り上がりましたヽ(´▽`)/

ランナーズハイならぬ、ウェイバーズハイです。

眠いはずなのに、なぜ織れてしまうんだろう。
切羽詰まっているはずなのに、なぜ楽しいのだろう。
夜中に、幸せだ!と
ニヤニヤしながら機に向かっているのを覗いたら
与平じゃなくてもおののいて逃げるだろう。

夕鶴ホルモン。
きっとそんなホルモンが
夕べは分泌されたと思われます。

織りの世界は魅惑の世界。
織るのはやっぱり楽しいな。

そう感じて織ることができると
スピードも速くなり
無事AJCの作品を織り上げることが出来ました。

始末やら何やら
まだ作業は終わりませんが
締め切りには間に合いそうです。

a0191728_14533936.jpg


160×200cm。

a0191728_14553180.jpg


全景は自撮り棒で撮ればいいんだ!
あとで買ってこよう。
その前にもう一頑張り。


お疲れ様!の1クリック頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.


[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-08 14:30 | 手織りダイアリー

さらっと言うには理由があるけど、藍と白の織地はなんて美しいんだろう。

さらっと言おう。
昨日完徹しました。

日曜日に直虎を見たあと
早々に寝てしまい、
目覚めると午前3時半だった。
そして再びベットに入ったのが午前3時半。

見事に24時間、完全徹夜しました、と
さらっと言おう。

なぜさらっと言うかというと
残念ながら
作品は織り上がっていません!

制作って予定通りに行かないね〜。

例年の反省が今年も活かされてず
切羽詰まる状況ですが
今日は教室日で日中は織れないので
今日の夜が勝負かな。

なので、昨日のことは
さらっとさらっと。

今日も寝られないんだから
さらっとね。

作品の一部をチラ見せします。
a0191728_09593995.jpg

織地は藍がすごく美しいです。
これ見るとテンション上がります。

初めの計画ではもう一色染めるつもりだったけど
潔く藍と白のみにしました。

ああ、早く織りあげて広げたいなぁ。


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-07 09:40 | 手織りダイアリー

230枚準備OK、後は織るばかりですが

さぁ、用意は整った、織らなくちゃ!
でも正直、今日はもう疲れました…

AJCクリエイターズコンテスト出品作品用です。

先日染めた藍染め布。
3日がかりでカットすること230枚。
1日リビングを立ち入り禁止にして
床に広げて配置を決めました。
a0191728_19044287.jpg


さっさと織りに入りたいのをぐっと堪えて
慎重に計算し、
設計図と照らし合わせ、
より美しい配置を考える。
見る。
直す。
悩む。
直す。
見る。
直す。
悩む…

納得したけど、織ったらまた気が変わりそうな
自分が怖い。

さらに!
広げて気がつきました。
織った後の全景写真、どうやって写せばよいのだろう…
大きいから離れないと写らないの。
天井に張り付いて写すには忍者修行が必要だわ…

取り敢えず、ご飯食べて
直虎観て
それから次に行こう。


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村


.



[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-05 18:28 | 手織りダイアリー

ABCクラフト枚方店での教室の様子と、みんな大注目の手織りミニバッグ

昨日は第1金曜日、
ABCクラフト枚方ビオルネ店での定期講習。

新人のTさんが、
ひと月先輩のKさんの作品↓を見せてもらいながら
ブロックチェックのマットを織る。
a0191728_19415612.jpg


そのKさんは裂き織りが今月の課題。
ロータリーカッターで生地をカットしています。
a0191728_19415655.jpg


大先輩となったNさんは
裂き織りと千鳥格子を交互に織りながら
先を悩んでいる様子。
これは生徒作品展用に織っているのですが
訳あって最初の計画を変更することに。
a0191728_19415732.jpg

織ってみると、あれ?ってことありますもんね〜。

Aさんはビーズでネックレスを製作中…
a0191728_19415798.jpg

ではなくて、
ビーズでお花模様を織るために
よこ糸に通してます。

すんごく頭を使う作業。
これはビーズ織りを勉強しているAさんだから
なせる技です。
a0191728_19415783.jpg

どんな模様になるのでしょうか!

そして昨日の教室でみんなの興味を引いたのは
こちらのミニバッグ。
a0191728_19415882.jpg


春待ち展で購入したものです。
さりげない平織りですが、
よこ糸にラメが引き揃えられていて
品良くキラキラします。
a0191728_19415883.jpg

矢印の方向に織って
房と房を結んで装飾にしているんですね〜。

a0191728_19415827.jpg

持ち手のチェーンや
内袋がオーガンジーなのも大人おしゃれ。

参考にしたいテクニック満載です。

作者はこの方だそうです。
a0191728_19415816.jpg

文庫本を持ち歩くのにぴったりです。
大切に使わせて頂きますね。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-04 19:02 | 手織りダイアリー