ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

☆*:.。.北海道での収穫 シーズン2 「裂き編みの鍋敷」

北海道から帰って早、一週間。
なかなかごUPできなかったのですが、
是非ご紹介したいと思うものがいくつかあって、
またまたBGM付き収穫シリーズで掲載していきま~す。

今日は、虹色染めのワークショップに参加された
Kさんからのプレゼント。
a0191728_23113091.jpg


とっても可愛い鍋敷きです。
もちろん、手編み。

これは多分、フォグの
「麻布のミミセット」で作られたと思います。
a0191728_23113151.jpg

このセットはshinpachiro札幌店で購入できます。
私はこれで、バッグとポーチを作りました。
編むことも試みたんですが、
硬くて挫折したんです。
なので、こんなにしっかり編んでらっしゃることに
ビックリ!

よく観察すると、ミミは更に細く裂かれている様子。
裂き織りならぬ、裂き編みですね。

配色も美しく、仕上げも完璧。
腰があって丈夫です。
さぞ、編むのに手首が疲れただろうと
推察します。

こんな素敵なプレゼント、本当に
ありがとうございます。
プレゼントに収穫なんて、本当なら失礼なんですが、
是非このシリーズにUPしたくって…

というのも・・・BGMを付けたかったのです!

なんだかね、Kさんのイメージソングは
これだな〜って、思いついちゃって(^_-)

感謝を込めて、Kさんにプレゼントします!
ほのぼのして下さい~。


大草原の小さな家

[PR]
# by tezome-to-ito | 2011-10-25 17:40 | 収穫シリーズ

藤原宮跡のコスモス

a0191728_95624.jpg

先週になりますが、お友達に誘われて
藤原宮跡のコスモスを見に行って来ました。

お天気もよく、ちょうどコスモスは満開で
カメラを構えた見物客が
たくさん訪れていました。

花と人々の間を蜂やバッタが飛び交う
長閑な秋の一日。。。
a0191728_956392.jpg


藤原宮からは 畝傍山、耳成山、香具山の大和三山が見渡せます。

香具山は畝傍を愛しと耳成と
相争ひき 神代より
かくにあるらし 古も
しかにあれこそ うつせみも
妻を争うらしき

万葉集13

藤原宮跡は
中大兄皇子のこの歌をモチーフにした
河瀬直美監督の映画
「朱花の月」の舞台にもなっていて、
奈良のロマンを感じられるスポットの一つです。
a0191728_956557.jpg


ちなみに「朱花の月」は
主人公が紅花を染める人、という
設定が気になって見にいったのですが、
紅花の赤は情念の赤、血の赤として
描かれていて、
正直な感想を言えば、私は最後怖かった。
紅花染められないよ〜
と河瀬直美監督を恨みました。。

この歌の裏には
額田王をめぐって、中大兄皇子と
大海人皇子が恋争いをした
という説があると聞くと
男女の三角関係も時が過ぎれば
おとぎ話のように聞こえる不思議も
感じたりします。
a0191728_956614.jpg


この大和三山の頂点を結ぶと
正確な二等辺三角形になるそうで、
さらにその底辺の垂直二等分線の先には
三輪山があるそうです。

他にも意味ありげな位置関係は
諸々存在するようで、
ミステリアスなその秘密を
まるで知っていて黙っているかのように
コスモスは私たちに笑いかけているのでした。
[PR]
# by tezome-to-ito | 2011-10-24 08:53 | こぼれ話

公園の植物で「草木染め」@札幌西岡公園 子りす工房

a0191728_1157376.jpg

10月18日に札幌西岡公園に草木染めの講師として伺いました。

以前にもご紹介しましたが、西岡公園では
自然を生かした制作講座を定期的に開設しています。
それが「子りす工房」。

今回その大人版の講座として、企画から携わらせて頂きました。

こだわったのは、公園で拾える木の実や枝を活用すること。

それならどんぐり(みずなら)の拾える秋が良い、ということで
この時期の開催になりました。

しかし折しも、札幌は熊騒動の真っ最中。
今年はどんぐりも少ないとのことでした。

「できれば、動物たちのためにどんぐりは残してやりたい」
とは職員やボランティアさんの言葉。

大丈夫です!!

草木染めの染料として使うのは、どんぐりの実ではなく
殻斗、つまり帽子の部分。

今回は使用しませんでしたが、栗も実よりイガ、
くるみも堅実より果肉、染料には
動物たちの食糧となる部分とは別の所を使用するので
彼らと草木染めは共存共栄できるのであります。

めでたし、めでたし。と喜ぶより、
札幌住民の方々は熊と鉢合わせしないか不安の日々。
どんぐりをたくさん山に運んであげたら、
熊は大人しく帰ってくれるのでしょうか。。。



さて、話は講座に戻ります。

今回使用した植物は、みずならの実
ハクウンボク+ツルアジサイ+白樺のブレンド
ラベンダー です。

これに媒染をかけあわせて、18色の色を染めました。
それが上の写真です。

参加者の皆さんは、何を選んで染めるか
とても悩んでいらっしゃいました。
でもそれも楽しみの一つ。

a0191728_127497.jpg

公園の自然を目の前に、
皆さん、たっぷり草木染めの醍醐味を味わって
満足して頂けたようです。

参加者の皆さん、ありがとうございました。

この講座の様子は西岡公園のHPでも紹介されています。


西岡公園のHP
[PR]
# by tezome-to-ito | 2011-10-22 12:10 | ワークショップダイアリー