ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

京都の茂庵で秋の午後を楽しむ

着尺の地入れという
布を整える工程をお願いしに
京都に行ってきました。

今日はお天気も良かったので
常々立ち寄りたいと思っていた
吉田山の茂庵まで足を伸ばし
ランチしました。

神楽岡通りの看板。
ここからは徒歩でしか入れません。
a0191728_20433378.jpg


石段の上には色づいた紅葉が残っていました。
a0191728_20433452.jpg


落ち葉を踏みながら
のんびり登ります。
a0191728_20433441.jpg


途中は大正時代の家並みが続きます。
a0191728_20433564.jpg


小さな門をくぐると林の向こうに見えてきました。
a0191728_20433553.jpg


茂庵です。
a0191728_20433618.jpg


2階が客席なので
どの窓も梢の緑がディスプレイ。
a0191728_20433789.jpg


カウンターからは大文字山が見えました。
a0191728_20433785.jpg


いいな、まさに市中の山居。
静かに本を読んで時間を潰す。
なんという幸せ!

11月の終わり、落ち着いた1日でした。

ところで気付いた方もいるかと思いますが
今月は今までにないペースで
ブログの更新をしてみました。
そういう課題を自分に課して
頑張ってみたのですが、
分かったことは更新数が多いと
やはりアクセスも増えるということ。

来年の活動に向け
古い殻を破ることも必要かなと考えています。
そんなことへの小さな一歩。
大そうなことではないんですけどね。

明日から12月。
残り少ない2016年を
大切に過ごしたいと思います。













.



[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-30 20:24 | 染織の旅とお出かけ

ナナツモリさん出張撮影

a0191728_17365775.jpg

おや!かわいいカメラマンさんが!

そのカメラの捕らえているものは
a0191728_17365737.jpg

奈良教室の皆さんです。

今日はナナツモリのカメラマン川本さんに
教室風景を撮影して頂きました。

a0191728_17365813.jpg

皆さんが織った課題は
ウォールデコレーションのクリスマスバージョンや
マフラー。
a0191728_17365980.jpg

a0191728_17365942.jpg

a0191728_17370037.jpg


6年ぶりにプロフィール写真も
撮って頂きました。

これらの写真は
楽習フォーラム推進協議会に依頼を頂いた
HPの記事の中で
掲載される予定です。

和気藹々としたいつもの雰囲気で
撮影は楽しく終わりました。
どんな写真が上がってくるのか
楽しみです。

この日のために
日頃怠りがちな美容情報を
その道のプロSさんに伝授して頂き
万全を期して?臨んだ私の写真も
恐ろしい〜けど楽しみです。

原稿はこれから書きます。
掲載は来年かな?
その時はまたお知らせします。

前回のプロフィール写真は
ナナツモリオーナー田村さんが
とても綺麗に撮ってくれて
好評だったのでまたお願いしたところ
今回は川本さんが出張してくれました。
カメラを構える姿が可愛くって
自然と微笑んじゃう。

遠いところ出張して頂き
川本さん、ありがとうございました!

奈良教室の皆さん
ご協力ありがとうございました!

衣装からファンデに至るまで
相談にのって頂き
撮影にも参加して下さったSさん
ありがとうございました!



ナナツモリさんは
河合町でカフェとギャラリー、
写真教室もされています。

ナナツモリさんのHPはこちらから。












.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-28 17:24 | こぼれ話

箕輪先生の布草履と刺繍ワンピース

昨日はインバウンドカルチャーガイドスクールの
布草履講習があり
お手伝いで神戸山手大学に行ってきました。

こちらは参加者の皆さんの作品。
a0191728_09114130.jpg


インバウンドって、
この頃はニュースなどでも耳にしますが
外国人の訪日旅行を意味すると私が知ったのは
最近のことです。

こういう言葉が
市井の人間である私にも聞こえてくるってことは
それだけ訪日旅行者の日本に及ぼす影響が
広く浸透してきたということなのでしょう。

今回の講習は
政府主導の政策の一環で
インバウンド事業の担い手を育成する
スクールの1講座らしいです。

そして私的には
箕輪先生の刺繍のワンピースに
釘付け。
a0191728_09114274.jpg

箕輪先生は今、
刺繍がマイブームのもよう。

そういえば刺繍入りのお洋服を
今年はお店でよく見ます。
もしかして世界的にブームなのかな?











.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-27 08:52 | こぼれ話

ヒバでストールを染める@十色の会

a0191728_09253788.jpg

昨日は今年最後の十色の会でした。
「その日最適なものを染料としてご用意します」
と参加者の皆さんにはお伝えして
当日までシークレット。

当日朝、近所の道の駅で
ヒバを仕入れました。

うっかり作業中の写真を撮り忘れましたが
煮出す間にみんなでチクチク縫い絞り。

媒染は鉄と銅をお好みで。

私は巻き縫い絞り、鉄媒染しました。
織地に似合う
シルバーに染まりました。
a0191728_09253752.jpg


今日は神戸で
箕輪先生のアシスタントに入ります。

さっそく巻いて出かけます。

a0191728_09253880.jpg













.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-26 09:14 | 十色の会

裂き織りディプロマの課題が織り上がりました。その2

a0191728_10073651.jpg

仕立ても房の始末も終えました!
そして今朝一番で発送。
あとは審査結果を待つだけです。

なかなかかわいいカリキュラムです。
教室課題にも組み込んだら
生徒さん達が喜びそうです。

詳しくは作品が返ってきたら
またご紹介しましょう。

今日は勤労感謝の日ですが
私はこれからお教室です。

息子たちがどういう風の吹き回しか
「いつもお仕事お疲れ様」ですって!?

皆さんもお仕事、
いつもいつもお疲れ様です!
世のため人のため
いつもありがとう!









.








[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-23 09:57 | 手織りダイアリー

裂き織りディプロマの課題が織り上がりました。

a0191728_09122485.jpg

来春、楽習フォーラムで
新しい織りの資格制度が始まるそうです。

私達リビングアート手織り倶楽部の会員は
スタート時の講師となるべく
先行で課題を提出し認定を受けます。

6つのカリキュラムは
どれも織りの技法としては基本的。
とは言え、指示書を読み熟し
決められた材料で指定通りに織ることは
神経を使います。

昨日無事、全てを織り終わりました。
今日は仕立てと
房の始末を行います。
a0191728_09122460.jpg

a0191728_09122518.jpg

a0191728_09122680.jpg

a0191728_09122700.jpg

a0191728_09122756.jpg

a0191728_09122803.jpg




















.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-22 08:57 | 手織りダイアリー

段染め変わり糸のマーガレット 着方いろいろ

生徒さん達と一緒に
私も段染め変わり糸のマーガレットを
織ってみました。

マーガレットというより
前から見るとジレ。
a0191728_19540068.jpg

茶系グラデーション。
袖口の位置をずらして
前見頃幅を変えたバージョンです。
上は幅の細い方を前にした場合。

下は幅の広い方を前にした場合。
a0191728_19540043.jpg


ハンガーと実際に着たのとでは
見え方が違うのですが
もう少し肩幅、つまり袖口と袖口の間を
狭くすれば良かった。
ちょっと背中が落ち着かない。
そこで私はこんな風に斜めに合わせて
ピンで留めて着ています。
a0191728_19540139.jpg


首に巻いても
いい感じです。
a0191728_19540142.jpg











.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-18 19:52 | 手織りダイアリー

段染め変わり糸のマーガレット@みんなの作品

a0191728_16020300.jpg

箕輪先生のキットを
奈良の生徒さんと織ってみました。

背丈に合わせて
前身頃の幅を変えています。

こちらのKさんは基礎パターンの赤紫グラデーション。
a0191728_16020322.jpg

a0191728_16020367.jpg


緑グラデーションのHさんは
前身頃広めバージョン
a0191728_16020402.jpg

a0191728_16020427.jpg


前身頃広めは逆にすると
前身頃狭めバージョン。
Tさんの茶グラデーション。
a0191728_16020520.jpg

a0191728_16020597.jpg


ピンクバージョンの基本パターンは
Cさん。

a0191728_19492454.jpg

a0191728_19471718.jpg


秋らしい色合いは
今こそ出番が多そうですね!












.



[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-18 15:54 | みんなの作品

受賞作を思い切ってベットカバーに

a0191728_17394729.jpg

AJCクリエイターズコンテスト2016
審査員奨励賞受賞作「花園」を
ベットカバーにしてみました。

我ながら、
なんと大胆な事を(^^;;

しかし毎年続けて出品していると
作品を保管しておく場所も
飾る壁もなくなり

行き場のないまま
箱ごと床に放置しておくことに耐え切れず
思い切ってみました。

もともとこの作品は
日々の手織り展で「敷物」として織ったものを
グレードアップしてタペストリーにしたのですが
さすがに敷物にする勇気はない。

ウール100%なので温かく
毛布代わりにもなります。はい。

この位思い切ったって
作者なんだから許されますよね!
うん、いい夢が見れそうだ。













.


[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-16 17:25 | 手織りダイアリー

ウール草木染めチェックの大判ストール

a0191728_12182168.jpg

コチニール、蘇芳、インド茜の
ブレンドで染めた毛糸を
大量消費しようと思い
大判ストールを織ったのは2年前のこと。

機から下ろして、
どうしたものかとずっと放置してたのを
ようやく仕上げました。

何に悩んでいたかというと
このウール糸が防縮加工してあるものだったので
縮絨がかからないのが分かっていたから。

並太を綾織で織ったので
重みで目が伸びて安定感がない。

やはりウールの織地は
ある程度繊維が絡みあって
ふんわりしていなくては。

アルカリ性の洗剤を使って
思い切ってガシガシすれば
防縮ウールでも縮絨効果は得られるかもしれないが
そうすれば草木染めの色が変色するのは必至。

さぁ、どうする?

結論から言うと
弱アルカリ洗剤を使用し
60度の湯で30分以上プッシュ
冷めるまで放置してさらに擦る。
2回繰り返すも余り効果がない。

で、最後の禁じ手を使いました。
高温洗浄の後、ドラム乾燥です。

少し湿ったところで取り出し
スチームアイロンで蒸気をかけて整え
干した後はウールブラシて軽く起毛しました。

縮絨前
a0191728_12182252.jpg


縮絨、起毛後
a0191728_12182262.jpg


変色は免れませんでしたが
格段に素材感が良くなりました。

織地は仕上げが大切です。












.



[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-15 11:53 | 手織りダイアリー