ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2016年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Fさんのハロウィンバージョンウォールデコ@みんなの作品

a0191728_10033214.jpg


阪神百貨店のワークショップに参加して下さったFさんが

「先日の作品を飾ってみました。
今回はハロウィンバージョンです。
クリスマスとか新年には又色々試してみます」

と写真を送ってくれました。
素敵ですね!

このウォールデコは
装飾するものを着せ替えて
楽しめるのも特徴です。

シーズン毎に色柄を変えて織るのも良いし
デコレーションだけ取り替えるのも
気軽ですね。

別の生徒さんからも
「今年のクリスマス課題はこれにして!」
とリクエストを頂いたので
その予定です。

実は各所からキットについて
お問い合わせを頂いています。
申し訳ありませんが
今のところ教室以外での販売の予定はありません。
ごめんなさい。

なるべく広く皆さんに楽しんで頂けるよう
講習会などを企画していきますので
その折には是非ご参加下さい。











.





[PR]
by tezome-to-ito | 2016-09-22 09:46 | みんなの作品

どれも素敵!めがね織りのバッグ@みんなの作品

めがね織りのめがねケースが好評で
生徒の皆さんにも教室課題として
制作して頂きました。

めがね織りの眼鏡ケースのページはこちら。

バッグを指定したわけでもないのに
「私は小さなポーチでいいです」
と言っていた生徒さんまで
出来上がってみたら
みんな素晴らしいバッグに仕立てられていて
感激しました!

まずは奈良教室の皆さんから。
Hさんは斜め掛けバッグとインポーチ。
a0191728_13205197.jpg


バッグはよこ使い、ポーチはたて使い。
それが面白いですね。
a0191728_13205207.jpg

これだけ拾って織ったのは
本当に素晴らしいです!


Tさんは明るい地色と
段染め糸の組み合わせ。
a0191728_13205222.jpg

チャレンジは成功しましたね!
めがね織りの楽しい一面が倍増して
かわいい仕上がりです。
春まで持てそうですね〜。


Sさんはめがね織りのたて使いと
黒の平織りとの組み合わせ。
革の持ち手もおしゃれですね。
a0191728_13205393.jpg

めがね織りがまん丸なのも
Sさんならでは!
レッスンバッグにぴったりですよ。
平織りも頑張りました!
a0191728_13205441.jpg



Hさんはグリーンのめがね織りと
古布をアレンジ。
持ち手のセレクトにもこだわりました。
a0191728_13205430.jpg

質感のある大人のバッグに仕上がりましたね〜。
何処に行っても褒められること間違いなし!
織地を上手に使っています。


ABCクラフト上級クラスのTさんも
めがね織りの課題をバッグに仕立てました。
a0191728_19373115.jpg

たてにも変わり糸を加えて
めがねも大きいのでインパクトがあります。
帆布との組み合わせがぴったりですね。

a0191728_13205543.jpg

これはたっぷり入る!
織地も存分に活かされましたね。


めがね織りを卓上で織るのは
ピックアップしまくりなのでとても大変なのですが
それでも頑張る甲斐あって
一生モノのお気に入りを織ることができます。

ポイントは糸選び。
イメージを固めたら
まずは小さな試し織りをすることをお勧めします。

打ち込みや糸の張り加減で
織り上がりが変わることが写真でお分かりと思います。

これから織る方は
参考にして下さいね。









.










.


[PR]
by tezome-to-ito | 2016-09-17 13:01 | みんなの作品

習ってみました!布ぞうり@スタジオ ア ウィーク

例えば靴下とか
手袋とか
セーターの両袖とか
同じものを同じサイズに2枚作るのが苦手です。

そんな私の初布ぞうり。
a0191728_23295816.jpg

当然、左右で形が違う。
おまけに自分用なのに
5㎝も大きくなっちゃった。
履くと引きずって歩きにくいです。
トホホ…

でもでも
鼻緒の生地とぷっくり感が気に入っています。

アトリエきさらぎさんに誘って頂かなかったら
一生作らなかった気がする布ぞうり。

岩手のYさんとも合流して
やってみたら楽しかった。
a0191728_23295940.jpg


魅力は手軽さと履き心地かな。
サイズさえ合えばね…(^^;;

スリッパタイプもできるそうな。
スリッパ派の私としては
是非そちらも履いてみたい。

a0191728_23300040.jpg

「任せなさい!」のVサインかな?

箕輪先生、
ご指導ありがとうございました。










.





[PR]
by tezome-to-ito | 2016-09-15 22:58 | 染織の旅とお出かけ

東京スピニングパーティー2016

東京スピニングパーティーに
初めて行ってきました。

大阪からアトリエきさらぎ先生と飛行機で飛んで
オープン前に会場入りしましたが、
すでに長い行列!

待っている間にビルの窓から撮ったスカイツリー。
a0191728_06273947.jpg


会場では、各ブースで
羊毛に限らず、織りや繊維に関する
様々なお買い物や体験ができます。

いざり機の実演
a0191728_06274084.jpg

と悠長に写真を撮れたのはここまで!

後は人の波で写真どころではない。

なので、今回の収穫品を家で撮影して
ご紹介します。

一番の大物はこれですね、
ポーランドのヤノフ村の織物。
a0191728_06274008.jpg


ヤノフ村の伝統織物は現在たった8人の織り人さんで
護られています。

織物には名札が付いていて
誰が織ったかわかるのですが、
私が購入した作品は
アリアナさんという方のものです。
a0191728_06274030.jpg

1枚として同じ図柄はありません。
織り人さんによっても個性がありました。

アリアナさんの作品は動物の顔がかわいいのよ!
とブースの方が言っていました。
人と動物が本当にかわいい。
まるで絵本のよう。

村の様子を彷彿とさせるこのタペストリーに魅了され
初めはコースター位と思っていたのに
大物を買ってしまいました。
いや、買って良かった。
遠い国の小さな村のこんな素晴らしい織物を
日本にいながら手にできるなんて!
後悔のない満足な買い物です。

そしてその他のお買い物
a0191728_06274128.jpg

清野工房さんのシャトルはすごく軽い!
染織工房SOXさんのソウコウ通しは
持ち手がとても握り易い黒檀を選びました。
a0191728_18585364.jpg

本当は櫛も欲しかったけどガマンしました。

ナチュラルの黒のアルパカ糸は
さくら手編み製作所さんの手紡ぎ。

モヘアブークレは関西から初出店
おなじみ まきもの工房さんのアートヤーンです。


他にもお土産用にペンダントトップや
帽子形の小物入れ
a0191728_06274293.jpg


SPINNUTSの本
a0191728_06274317.jpg

大学の同級生、若井麗華の特集がありました。

今回彼女がフェルトのワークショップをしていて
卒業以来の再会を果たしました。

日本のフェルト界を代表するアーチストとなった彼女ですが
学生時代と変わらない笑顔には
感激しちゃいました!

彼女にはセンスもあるけど
人を惹きつける特別なものがあるのです。
正直に言います!
ファンです!

しかし彼女のワークショップは丸2日がかり。
今回そちらは遠慮して
私が参加したのは
彦根愛先生の二重織のワークショップ。
a0191728_06274348.jpg

半日でしたが、それでも十分濃かった。
組織図と睨めっこの3時間ぶっ通しレッスンは
付いて行くのに精一杯。

これからじっくり落とし込みます。
その為に用意して下さった織サンプル。
これを30人分ご用意された彦根先生には
頭が下がります。


蟻川工房 蟻川喜久子さんのレクチャーも
とても良かった。

「民芸はやすらかにやすらぐもの。」
「織物はとにかく修練と観察。」
説得力があり、響くものがありました。

コーディネイターのまちの編集室さんの本を
思わず買ってしまいました。
a0191728_06274398.jpg


他にもリボン織りの体験や
蓮糸も初めて撚りました。
a0191728_06274491.jpg


とても充実した2日間でした。
正直、全てのブースをじっくり観れた訳ではありません。

聴き逃したレクチャーもたくさんあります。

でもたくさんの人と会えた。

特に大学の先輩、後輩、同級生に
卒業以来久しぶりに会えたのは
幸せなことでした。

みんな、糸部で繋がっている。

そう、糸部はやすらかにやすらぐものだから
みんなとこれからも緩やかに繋がっていこう。
私も奈良で染めて織っていきます。








.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-09-14 06:20 | 染織の旅とお出かけ

東華菜館 本店にて

所用で京都の東華菜館へ行ってきました。

a0191728_08501710.jpg


四条大橋鴨川沿いにある
古い中華料理店です。

ヴォーリズが設計したということで
建築物としても有名です。

a0191728_08501877.jpg

現存する国内の現役エレベーターの中で
最も古いものだそうです。

a0191728_08501808.jpg

館内はディテールも調度品もレトロ。
ヴォーリズがデザインしたもののようです。

肝心なお料理も
食べやすいお味でとても美味しかったです。

a0191728_08501987.jpg














.










.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-09-04 08:33 | こぼれ話

8月に行ったワークショップ

一仕事終えて、
気付いてみればもう9月。

早いですね〜。
暑い!ウォールデコどうしよ、
暑い暑い!ウォールデコどうしよ〜、
と言っている内に8月は過ぎました。

しか〜し、今年は北海道に帰らなかったし
余裕のある8月!と思っていたので
あらかじめ入れていたワークショップで
しっかりお勉強もできた8月でした。

一番目はアムスシムラの草木染めワークショップ。

枇杷の葉で染めたストールと
葛染めの帯締め。
もしかして、瓶覗?の藍も見せて頂き
一服の清涼剤のような1日でしたが、
写真は帯締めが届いてから
また報告します。

阪神百貨店のハンドメイドアクセサリーマーケットでは
私と同じ日の午後にあった
西田尚子先生のワークショップに参加しました。

ハワイアンコードのブレスレットを
アメリカ製のKUMIHIMOディスクを使って
制作しました。
a0191728_18113942.jpg


ハワイアンコードって
ラメルヘンテープと同じ塩ビテープです。
ハワイでは梱包に使われていたんですって。
a0191728_18113946.jpg

組紐って初めてです。
ワークショップではハワイアンで登場する西田先生が
とっても楽しくて分かりやすく教えて下さり
あっという間にできて感激!

a0191728_18114061.jpg

私は金属アレルギーがあるし
石も苦手なので
これはとっても気に入ってます。

なんとキットには色違いの材料も含まれてました。
シルバーも楽しみ!


そして、奈良県立民族博物館では
Uさんと奈良さらしのワークショップを受けてきました。
a0191728_18114120.jpg


a0191728_18114289.jpg


保存会の方の指導で、麻を初めて績みました。
難しくてなかなか上手くできなかったのですが
最後はコツをつかむことができました。

よりをかけてたて糸用に仕上げた糸は
少しだけお持ち帰りできます。
a0191728_18114230.jpg

小学生と一緒に麻の匂い袋も作って楽しかったなぁ。




生徒の立場で参加するワークショップは
ただただ楽しい!のでした。
そして新鮮な発見に出会うことができます。


今月は東京スピニングパーティーに。
来月は箕輪先生の草木染めセミナーに。
よーし、楽しんでくるぞ〜!











.



[PR]
by tezome-to-ito | 2016-09-02 14:23 | 染織の旅とお出かけ