ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

草木染めによるタペストリー「花園」@AJCクリエイターズコレクション展2016

AJCクリエイターズコレクション展2016
特別奨励賞 箕輪直子賞 受賞
「草木染めによるタペストリー『花園』」
a0191728_10081095.jpg





a0191728_15183755.jpg


AJCクリエイターズコレクションの表彰式に出席のため
上野の東京都美術館まで行ってきました。

a0191728_07563351.jpg

桜もほころび良い天気。

a0191728_08270176.jpg

表彰状と共に箕輪先生から頂いたのは
お褒めの言葉ではなく
図案の甘さへの厳しいご指摘…

a0191728_08270284.jpg

私が出品したのはファブリック部門。
キルトや刺繍など
様々な技法の力作が並びました。
手織りの作品は私を含め5点、
いずれも力作揃い。
銅賞を受賞された作品もあり
レベルが高かったと思います。

その中で賞を頂くことの責任のようなものを
自覚しなければいけない、
つまり喜んで終わりじゃ困ります
ってことですよね。

a0191728_08270264.jpg


実際時間に追われ
何とか仕上げたけれど
草木染め、手織り、ニードルパンチの融合は
始めたばかり。

今回頂いた賞に恥じないよう
次回に向けまた
頑張らねばと思います。















.



[PR]
by tezome-to-ito | 2016-03-26 15:18 | 作品Gallery

AJCクリエイターズコレクション展2016にて特別奨励賞を受賞しました。

a0191728_23372875.jpg


AJCクリエイターズコレクション展2016に
出品しました
草木染めによるタペストリー「花園」が
特別奨励賞を受賞との連絡を頂きました。

4回目の出品ですが、
一番出来がいいとは長男の評。

日々の手織り展の制作の中で
ニードルパンチという新しい手法に巡りあい
大作へと発展し生まれたこの作品は
新しいとも変わらないとも言える
次なる自分との出会いでもありました。

それは色々な人との
出会いと繋がりを確認した
作品とも言えます。

今回は出品に間に合っただけでも
満足でしたが
ありがたいことに賞まで頂くことができました。
感謝。

よろしければ
会場にてご覧ください。

AJCクリエイターズコレクション展2016の詳細はこちら












.







[PR]
by tezome-to-ito | 2016-03-23 23:19 | お知らせ

日々の手織り展~敷物~最終日。作品紹介⑥

初めてのグループ展、日々の手織り展は
本日無事最終日を迎えました。

多くのご来場ありがとうございました。
楽しい一週間でした。
メンバーもそれぞれ頑張りました。
またこうした機会を持てたらいいなと思います。


さて作品紹介も最後となりました。
ご覧ください。



ダブルフェース無地ポットマットsold
12.5×12.5㎝
ウール
ナチュラル茶毛、草木染め(すずらん、くるみ)
a0191728_23161657.jpg


ナチュラル茶毛、草木染め(すずらん)、まきもの工房アートヤーンsold
a0191728_23165031.jpg


花畑マット
68×35
ウール
草木染め(くるみ、落花生、インド茜、蘇芳)
a0191728_2318371.jpg


77×33sold
草木染め(にんじん、くるみ、インド茜、紅花、コチニール)
a0191728_2319157.jpg


66×35
草木染め(榛の木、くるみ、インド茜、麦茶、ムクゲ)
a0191728_23193586.jpg


トラースマッタA(キット完成見本)
60×36㎝
コットン
a0191728_23333893.jpg


トラースマッタB(キット完成見本)
55×31
コットン
a0191728_23242639.jpg


「恵み」
AJCクリエイターズコレクション2015佳作受賞
170×67
ウール
草木染め(インド茜、ブラックマロウなど33種)
a0191728_23275051.jpg


「花園(仮題」
AJCクリエイターズコレクション2016出品予定
160×60
ウール
草木染め(きのこ、クルミなど)
a0191728_23224017.jpg



新境地開拓となった
二重織りのニードルパンチ仕上げの技法は
今年のAJCクリエイターズコレクション出品作
「花園」へと発展しました。
これから倍の大きさに仕上げ
タペストリーとして出品します。

これについてはまた後日
ご報告することになると思いますが
こうした制作の進化にも繋がり
メンバーの実力アップにもなった今回の展示会、
またおいおい違ったテーマで
開催してみたいと考えています。









.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-03-01 23:32 | 日々の手織り展