ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

公園の植物で草木染め

明日は札幌豊平公園の
夏休み子ども向け教室
「植物で染色しよう!」です。

準備のため、公園にお邪魔してきました。

明日の染料は
モクゲンジのカラとスギナ。

モクゲンジってどんな植物かというと
こんなです。
a0191728_19245437.jpg

バラの向こうの黄色い花が咲く木。
ちょうど満開を迎えていました。
a0191728_19245460.jpg


秋になるとこの花が実になります。
その実を包んでいるカラを
スタッフの方が丁寧にあつめて
煮出した液を明日は使います。

どんな作品が染め上がるか
楽しみです。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-07-31 19:12 | ワークショップダイアリー

胡桃染め赤麻染め@大原工房さんで十色の会

十色の会の皆さんと
京都の大原工房さんに行ってきました。

染めさせて頂いたのは胡桃と赤麻。
a0191728_14223142.jpg

a0191728_14223237.jpg


北海道以来の胡桃!
薪のかまどで煮出し、期待感が膨らみます。

赤麻は初めて出会う植物でした。
イラクサに似ているけど、
茎が赤いんです。
a0191728_14223367.jpg


a0191728_1422341.jpg


赤麻を煮出した液。
はじめは黄色い。
a0191728_14223526.jpg


空気に触れさせると
酸化してどんどん赤くなります。
ワインのようになったら染め頃。
a0191728_14223682.jpg


私はシルク糸を染めました。

綿糸を染めたり、
ストールを染めたり、
各々好みのものを購入して染めました。

胡桃のストール染め。
a0191728_14223790.jpg

a0191728_14223833.jpg


赤麻の糸染め。
a0191728_14223826.jpg


神戸から修行に来ていたお兄さんが
藍の生葉染めをしていました。
たっぷりのの葉を
水を使わず塩で揉んで染液を作ります。
a0191728_14223921.jpg

a0191728_14224040.jpg


シルクとはいえ生葉でこの濃さ!驚き!
a0191728_14224192.jpg


「残りは石灰とハイドロ混ぜて
綿を染めるんやで、捨てたらあかん。」

そうですね、
これだけあったら建てないと勿体無い。

お昼はお弁当を頼みました。
これが見た目にも美味しかったです。
a0191728_14224261.jpg


お天気が心配されましたが、
快晴に恵まれ、染め日和でした。
緑に囲まれた大原工房さんの草木染めは
とてもダイナミック。

早朝出かけて一日がかりでしたが、
皆さん、納得の染めができたようです。
仕上がりは後日ご紹介します。
a0191728_14224299.jpg












.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-07-15 13:52 | 十色の会

割り箸でアートヤーン

まきもの工房さんの新しいアトリエ
「紡」に行ってきました。
a0191728_8133525.jpg

a0191728_8133672.jpg


上本町のシェアオフィスビル。
オープンイベントの販売とワークショップは
共同スペースでの開催です。

お弁当箱と割り箸の糸紡ぎに参加してきました。


a0191728_8133623.jpg

a0191728_8133714.jpg

好きな素材をまずお弁当箱に詰めます。
原毛もブルーフェイスやチェビオット、
キッドモヘアなど
色々な種類や色がありましたが
竹や大豆繊維といった珍しい素材も。

カーダーにかけて
バッツにしたのがこの状態。
a0191728_8133972.jpg


ロマンチックな色合いにしてみました。

ネジネジしながら割り箸に巻きつけます。
なるほど〜。
時間はかかるけど
これなら誰にでも紡げます。

昨日は1年生の女の子も参加。
黙々と紡いでいました。

できた糸を撚糸と糸車で撚り合せ
2本取りにしたら
アートヤーンの出来上がり。
a0191728_8133855.jpg

人により素材の組み合わせが異なると
出来上がりが全く違うのが面白い。

私はループ糸と合わせてみました。
a0191728_8133829.jpg

教えて下さったケイティ先生
ありがとうございました!
とても楽しかったです。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-07-05 07:42 | こぼれ話

矢車玉で絹を染める

榛の木の実は
染料として使う場合「矢車」
あるいは「矢車玉」といいます。

まだ寒も残るころ
寺本先生の工房近くで採取したものの
ずいぶんと放ってしまいましたが
日曜からやっと作業を始めました。
a0191728_14142393.jpg

自然の矢車は
とってもフルーティな香りがします。

グラデーションに染めて
媒染も2つ使い
微妙に違う色に染め分けました。
a0191728_14142445.jpg

ちなみに後ろの黄色と茶色の綛は
ヤマモモです。


箕輪先生から頂いた梅を染めたのは
これまたずいぶんと前の話になりましたが
ちらっとブログでご紹介したと思います。

その梅染め糸をたて糸に
着尺を織る準備を進めていて
今回染めた糸はよこ糸に使います。



志村ふくみ先生のワークショップに参加した際
ラフで描きおこした着物のデザインをもとに
糸を染めました。


各先生方の存在と指導があってこその
この着尺は私の宝物になりそう。

年内には織り上げたいと思っています。


絣糸も使う予定で
今日は藍の生葉染めもしました。
a0191728_1414252.jpg


天候も良いので
ついでに色々染めています。

煮出すと勿体無いからと
欲張りになります。
白糸買っておいて良かった〜。


さて7月になりましたね。
でも、ブログの旧アプリはまだ使えてます。
私みたいな人がたくさんいて
7月末まで期限延長したらしい。

今月は忙しいので助かった!









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-07-02 13:42 | 草木染め糸みほん