ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

菜の花染め@十色の会

桜が咲いて、気分はウキウキ。
なのでそろそろ活動開始。
今年初めての十色の会は
菜の花染めを楽しみました。

まずは大和川で菜の花摘み。
a0191728_10184244.jpg

「菜の花」は学術名ではなく
アブラナ科植物の花の総称であることをご存知ですか?

春の味覚としてスーパーに並ぶ菜の花も
菜種油を摂るアブラナも
キャベツやブロッコリーも
みんな花は菜の花。

今回採取した菜の花は
セイヨウアブラナと思われます。

菜の花は開花前でしたが
お天気に恵まれ、菜の花摘み日和。
a0191728_1018443.jpg


午後から草木染め開始。
まず水から煮出します。
a0191728_10184530.jpg


こんな感じ。
a0191728_10184671.jpg


いい感じで色が出ていますが、
菜の花はなかなか安定して染まらないことを過去の経験で学びました。

なので、持ち帰ってさらに染める覚悟を
会員さんにはお願いしておりました。

今回、染めるものは自由。
下処理が必要な方はお家で作業済み。
シルクと濃染処理済みのコットンストールをお持ちになったのはNさん。
a0191728_10184824.jpg


当日は短時間で綺麗に染まりました。
辛子色のストールが濃染処理したコットン。
お家でさらに銅媒染をして仕上げたそうです。
シルクも菜の花らしく綺麗ですね〜。

原毛を染めたのはUさん。
今回ウールに関しては
ほんのり色がついた程度でした。
Uさんはお家で新たに菜の花を煮出し
ミョウバン媒染から重ね染めしました。
左はさらに鉄で軽く後媒染したもの。
a0191728_10184765.jpg

紡ぐとどうなるか、楽しみですね。


Tさんはエコバッグ。
a0191728_10184982.jpg

左が若干濃いのが分かります。
今回アンモニアで最終仕上げをしたのですが、
Tさんは1枚ずつ仕上げたので
アンモニアがだんだん薄くなったと思われます。
濃染処理なしで頑張りました。
地が生成りなので分かりにくいですが、
当日の中では濃く染まった方でした。


私はウール糸を染めました。
a0191728_10184913.jpg

左がミョウバン媒染アンモニア仕上げのウール糸。

帰宅後、煮出した後の菜の花をもう一度煮出し、
新しい菜の花の染液も2煎まで取り
合計糸の4倍の菜の花を使用。
ミョウバンは10%先媒染と中媒染。
煮染めの後一晩放置しました。
アンモニア仕上げで黄味を出しましたが
それでも優しい淡色です。

ちなみに写真の中央は
途中から加えて染めたシルク糸の銅媒染。

右は梅で染めたシルクです。

今回、様々な被染物を持ち寄ったおかげで
ずいぶん勉強になりました。

とにかく、菜の花染めは菜の花の量が必要。
最低4〜5倍はいります。
濃染処理では辛子色、
無しではペールイエロー、
好みによって使い分けると良い。

そしてもう一つ!

煮出した時、
すごく辛子の匂いが立ちます。
目が痛くなるくらい!
そういえばアブラナは
別名カラシナですよね〜。
さらにアンモニアもツンとくる。
収穫もこの時期は花粉と黄砂が大量発生。

なので、マスクは必須アイテムです‼︎










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-30 09:08 | 十色の会

Tさんから届いた桜便り

各地で開花宣言があり
桜の名所は賑わっているようですね。

十色の会メンバーのTさんから
溢れんばかりの桜の写真が届きました。

ご近所の小学校の桜。
a0191728_9532989.jpg


氷室神社の桜。
a0191728_9533078.jpg

a0191728_9533061.jpg


Tさん、ありがとうございます。

奈良は今日あいにくの雨。
でももう寒くはない。
この雨で、球根の花たちも一気に咲き出しそう。

a0191728_15145586.jpg








.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-29 09:46 | こぼれ話

東京都美術館に行ってきました。

a0191728_2139574.jpg

AJCクリエイターズコレクション展の
入り口風景。

中は自分の作品以外は撮影禁止なので
遠景をパチリ。

奥に見えるのは招待作家作品で
左が箕輪直子先生、右が広瀬光治先生。

そして私の作品はこちら。
a0191728_2139646.jpg

a0191728_2139753.jpg


「恵み」の意味は
天から頂いた草木染めの色を指します。
そして観る方にも
天の恵みがありますようにという
私の祈りです。

作品のポイントは
織り幅の2.5倍の長さで切った糸を
繋ぎあわせてよこ糸にしていること。

これはフィンランドで訪問した
アホネンさんの工房で教えて頂いた
フィンランドの裂き織りマットの技法です。
草木染めのウール糸でやってみました。

使った色数は33。
a0191728_071729.jpg


この色数が生かせたと思います。

ひたすら切って結んで織りました。

もう一つのポイントは
ローズパスで織ったこと。
ローズパスは組織模様の一種ですが、
ローズパスの通し順で織ったと言うべきかな。
立体感のある地織になってます。
模様は時折入れ込みました。

これは実は
30年位前に作った組織図を使用しました。

a0191728_071473.jpg


過去の自分との合作。
作品をデザインする際に
なかなかピンとくるものが浮かばなくて
苦しんだ自分を助けてくれたのは
過去の頑張った自分でした。
偉かったね〜自分!

そして今のこの自分は
将来の自分をサポートするんだ、
だから頑張ろう!って念じながら
織り上げました。

公募展への出品は
たいへんだけど得るものは大きいです。


上野の桜は咲き始めたばかりです。
a0191728_2139780.jpg










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-24 21:19 | 作品Gallery

AJCクリエイターズコンテスト2015 佳作を頂きました。

草木染めによるタペストリー
「恵み」
a0191728_21494583.jpg




佳作受賞との連絡を頂きました。

いつも応援して下さる皆さんに
感謝申し上げます。

本日3月22日より27日まで
東京都美術館にて開催中の
AJCクリエイターズコレクション展に
出品しております。

お時間がありましたら
是非足をお運び下さい。












.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-22 15:23 | 作品Gallery

サントリー山崎蒸留所

a0191728_2185668.jpg

マッサン効果で何かと話題の国産ウイスキー。
興味津々で特集番組を観ていた夫を誘って
大山崎山荘美術館と合わせ
サントリー山崎蒸留所へ行ってみることにしました。

新成人となり、
晴れてお酒を飲めるようになった長男と
夫はティスティングセミナーに参加。
私は運転手なのでティスティングはできませんでしたが、
蒸留所内の見学はすることができました。

a0191728_2191585.jpg

麦芽から搾ったジュースのタンク。

a0191728_2191994.jpg


a0191728_2192046.jpg

この樽は発酵する為のもの。

a0191728_219241.jpg

そしてポットスチルで蒸留します。

a0191728_219272.jpg

色々な形があるのは
様々な風味に仕上げるために
わざと違う形にしているそうです。

a0191728_2193082.jpg

流れる原酒はまだ透明。

a0191728_2193028.jpg

樽に詰めて熟成させ
琥珀色になっていきます。

a0191728_2193189.jpg

そして年数を重ねると
樽の中はこんな風に減っていくんですね。
これが所謂、天使の分け前。

a0191728_2193423.jpg

この樽のナンバーは0001。
そう!
この蒸留所で最初に作られたウイスキーです。
90年もの間、眠りについたウイスキーって
どんな味なんでしょう⁈

a0191728_2193445.jpg

蒸留所の外には
こんこんと湧き出る泉がありました。

a0191728_2193533.jpg

ウイスキー館のウイスキーライブラリー。

a0191728_219358.jpg

a0191728_2193917.jpg

有料のティスティングカウンターや
展示、ファクトリーショップは
予約なしでも利用できます。

a0191728_219392.jpg

お天気が良かったこともあり、
大山崎蒸留所には多くの人が訪れていました。
予約制のガイドツアーやセミナーは
どれも満席という人気ぶり。

海外からのお客様もいらしたようです。

ティスティングセミナーは
とても充実したものだったようです。
我が家の男子は
味の違いはあまり分からなかったそうですが。
すっかりご機嫌で、
「氷はウイスキーを注ぐ前に回すんだ」
とか
「トワイスアップという飲み方は美味しいなあ」
とか、しばらく話は尽きませんでした。


3月15日に蔵出ししたばかりという
「響」を思わず買ってしまいました。
a0191728_2194339.jpg



ちなみにシングルモルトの「山崎」に対し
「響」はブレンデッドウイスキーなのだそうです。
どんな味なのか
我が家でティスティングしてみましょうかね。












.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-18 18:12 | こぼれ話

大阪産経学園にてゆび織りと手織り講座開講

4月より
大阪産経学園(梅田阪急ターミナルビル7階)にて
ゆび織りと咲きおりの講座が始まります。

やさしいゆび織り はじめての手織り
第3火曜日 13:30〜16:30


ここをクリックすると産経学園の紹介ページに進みます。
詳しくはこちらをご覧下さい。

大阪産経学園HP


a0191728_7275927.jpg


体験会を4月21日火曜日に開催します。
ゆび織りで写真のラリエットを作りますよ!
咲きおりを実際に使って頂く体験も
して頂きます。


本講座では
箕輪直子先生が会長を務められる
日本染織協会の認定修得も可能です。(申請費別途)


大阪産経学園は
阪急梅田駅の上なので
とても交通の便の良いところ。

ゆび織り、やってみたいと思っていた方、
咲きおりってどんな織り機なの?と気になっている方、
是非ご参加下さいね!
お待ちしています。

a0191728_728020.jpg

















.

[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-17 06:52 | お知らせ

AJCクリエイターズコンテストに出品しました!

2週間ぶりの更新です。
ご無沙汰してごめんなさい。

ここのところ新規のお仕事や
依頼を頂き
忙しいことこの上ないのは
ありがたいことこの上ない!

だから早くに取りかからなきゃなぁって
昨年末から構想には入っていたのに
やっぱりギリギリになってしまいましたが

今年もAJCクリエイターズコンテストに出品することができました!

3月22日(金)〜27日(日)まで
東京都美術館2階第4展示室にて開催される
AJCクリエイターズコレクション展にて
展示されます。


発送に間に合って良かった〜。
新幹線に飛び乗らなきゃならないかと
覚悟したほどです。

毎年恒例になりつつある
スリル満点のカウントダウン。
ホッとして昨日は1日寝込みました。

作品については
会場写真とともにまたご紹介させて頂きますが
制作過程をちょっとだけ。
a0191728_7211210.jpg


草木染めウール糸を使用した
タペストリーです。

観る人に小さな幸せを運べるかも。
そんな仕上がりになりました。
頑張って良かった。

お時間がありましたら
是非足をお運び下さい。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-15 07:00 | 手織りダイアリー

大好評のバスマット レシピ

a0191728_6594287.jpg

クロバーさんのHPで公開中の
咲きおり用手づくりレシピ、
最新作のバスマットです。

「スタイリッシュ!」と大好評。

このマットはTシャツのリサイクルを
テーマにデザインしたのですが、
結構あれこれ悩みました。

まず用意すべきのTシャツが
時季外れで店頭に種類が少ない。

それにみんなのタンスの中に
同じ色のTシャツって
どの位あるの?

今回のバスマットは
Tシャツ3枚使用しているのですが、
これらの理由から
モノトーンに的を絞って
デザインしました。

黒&赤って、どうなのかな?
と不安があったのですが、
この組み合わせが良かったようですね。

私の大好きなリップス織りの技法です。
50羽使用。

どうぞお試し下さい。


クロバー手づくりレシピはこちらから










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-02 06:22 | クロバー手づくりレシピ