ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

みんなの作品

奈良教室の皆さんの
裂き織り畝あじろ。
a0191728_12592459.jpg

浴衣地を藍で染めた生地を裂いて
よこ糸に使いました。
a0191728_12592565.jpg

むらにしたり、
濃淡つけたりして染めた布を
それぞれ工夫して使っています。

レシピは同じでも
味わいが違いますね。

ただいま第二弾に取り掛かり
さらにパワーアップした作品が
間もなく見られそう。











.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-02-25 12:52 | みんなの作品

ひつじ展OSAKA

ひつじパレットでお世話になった
まきもの工房のじじさんが主催された
ひつじ展OSAKAに行ってきました。
a0191728_816393.jpg

ひつじ牧場の一年を紹介しながら
25名の紡ぎ作家さんの作品を展示販売。
a0191728_816365.jpg

種類の違う羊毛を触ったり
実際に紡いだり
楽しく学ぶことができます。
a0191728_816448.jpg

じじさんのフンワリした雰囲気が
ひつじの展示と相まって
何とも居心地のよい展示会。
お客様が途切れることなく
和んでいるのが印象的でした。
a0191728_816750.jpg

ひつじ展は東京、大阪に続き
名古屋でも開催されるそうです。
a0191728_816835.jpg

じじさん作のアルパカ紡ぎ糸と
清野工房のマフラーを
買ってしまいました。
a0191728_816859.jpg

じじさんの糸、とってもフンワリ素敵。
手染め糸と併せて
マフラーを織りましょう。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-02-24 07:58 | こぼれ話

大山崎山荘美術館

a0191728_414416.jpg

一昨日は奈良も雪が降り
寒さも連日かと思いきや
昨日の空は晴れ渡り
早春を感じるバレンタインデーとなりました。

予定していた仕事を小休止して
車で大山崎へ。

志村ふくみー源泉をたどる
二期に渡る企画展の前期を観る為です。
a0191728_4144186.jpg

1時間のドライブ、
そして駐車場からの15分の散策、
その道のりから
大山崎は気分が上がりました。
a0191728_4144576.jpg

その理由は
桂川がゆっくりと流れる
開けた大地と
誰もが知る歴史の要所
天王山。

そこに佇む美しい洋館は
訪れる者を特別な非日常へと
誘います。
a0191728_4144551.jpg

a0191728_4144660.jpg

a0191728_4144859.jpg

a0191728_4145112.jpg

a0191728_4145255.jpg

a0191728_4145356.jpg


大山崎山荘美術館は
アサヒビールの経営なので
私はてっきり
その関係者が住んでいたものだとばかり思っていました。

ところが山荘の持ち主だった加賀正太郎氏は
アサヒビールに直接の関係者じゃない。

なんと加賀氏は
朝ドラ「マッサン」で今話題の
ニッカウイスキーの出資者だったそうです。
加賀氏は亡くなる時に
縁のあったアサヒビール初代社長に
ニッカウイスキーの株を託しました。

なるほど、
それでニッカはアサヒ系列になったわけですね。

だけど山荘は
人から人へと転々とし
バブルの時代に取り壊してマンション建替という計画に。

その危機を救って買い取ったのが
アサヒビール。
地元住民の強い保全運動を受けて
京都府が、
ニッカウイスキーと加賀氏との縁から
アサヒビールに持ちかけたんだそうです。

加賀氏が
庭も道も全て自ら設計したほど
魂を入れていた山荘は
マッサンを助けた
加賀氏自らの業と縁によって
今へと引き継がれた訳です。

文化とは
そんな人と人との出会いと縁によって
次代へと受け継がれていく。

志村先生の展覧会も
そうしたことがテーマになっています。

前期は2月15日まで。
17日から始まる後期にも
また訪れる予定です。
展覧会の内容は
その時にお伝えすることにしましょう。











.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-02-14 22:18 | 染織の旅とお出かけ

みんなの作品 輪織りバッグ

a0191728_9445514.jpg

奈良教室では
ここ暫く「おりりん」を使っての制作に
生徒さんが励んでいました。

写真はTさんと、tさんと、Hさんの作品です。

キットをアレンジして
本来の大きさより大きく
さらに裏地までつけて織って
本当にいつも奈良の皆さんは凄いです。

内ポケットをつけたり
ミシンで補強したり
それぞれに工夫を加え
実用性もバッチリ!
さっそく持って歩いて下さいね。












.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-02-11 09:34 | みんなの作品

羊パレットに行きました。

京都で開催中の
羊パレットに行ってきました。

今年は京都これで4回目。
京都に縁のある年のようです。

今回は取材でいらした箕輪先生と
まず仕事の打ち合わせ。
先生は2冊の本の出版準備中で
微力ながらそのお手伝いを
ちょっとだけさせて頂きます。

その後楽習フォーラム会員のYさんや
お知り合いなどと合流し6人で
神田川俊朗氏監修のIZAMAで昼食。
a0191728_9341954.jpg

a0191728_9342056.jpg

町家の表向きと全く趣の違う内装。
とてもお洒落なお店でした。

そこでは羊話に花が咲き
染織に限らない様々な話題が
6人6様に盛り上がる。
楽しいなぁ。

要は羊パレットって
そういうイベントらしい。
テーマは羊だけど
アンテナは色々な方向に伸びている。

織りもあれば編みもあり、
フェルトやら紡ぎやら。

色んな羊関連の人々が全国から集結し
京都はちょっとした
羊マニアの聖地と化してました。

そんなマニアックな会場で
まず最初に訪れたのは
モンゴルのフェルト作りを紹介するコーナー。
a0191728_9342043.jpg

モンゴルの移動式住居ゲルが建てられ
羊人形のワークショップや
フェルト製品の販売がされています。

その横では
原毛を巻き付けた棒を蹴り合う人達。
a0191728_9342368.jpg

こんなフェルトができます。
a0191728_9342457.jpg

箕輪先生も参戦。
a0191728_934258.jpg


キックの様子は先生のブログでどうぞ。
多分、アップされると思います(^^)

箕輪直子先生のブログはこちら


羊パレットツアーはまだ続くのですが、
今日はひとまずこの辺で。












.





.

[PR]
by tezome-to-ito | 2015-02-08 08:16 | 染織の旅とお出かけ

手織りバッグとマフラー展示中

ただいまABCクラフト枚方店では
新規手織り講座受講生を募集中。

講師作品として
二点を展示紹介して頂いております。

a0191728_829198.jpg


マフラーは野呂栄作さんの糸と
原毛にちかいメリノウールという
ダルマの糸で織りました。

これが実はライラの初作品。


バッグはずいぶん前に
咲きおりで織ったものを
この度仕立てました。

綿糸とフェイクレザーと
ラメ糸も使って織っています。

裏はこんな感じで
房を活かしてみました。

a0191728_8292039.jpg



枚方店での講習は
毎月第一金曜に開催中。
ご興味のある方は
お店にお問い合わせ下さいね。

ABCクラフト枚方店
072 845 2410











.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-02-07 08:07 | ワークショップダイアリー

ミャンマーの蓮糸の織物

生徒のSさんがミャンマーに行かれました。

「蓮の糸の織物があるんですよ〜」

出発前にそんな話を聞いて
是非購入してきてほしいとお願いしました。

蓮糸について調べると
世界広しと言えどもその制作は
ミャンマーでのみ行われている
大変珍しいものだということがわかりました。

茎から繊維を取り出す工程は
麻に似ているけれど
その肌触りは全く違います。
柔らかいというか
ぬめやか。
他にはない肌ざわりです。

一番似ているものを挙げるなら
ん〜
シルク混紡のレーヨンでしょうか?

染色されたものもあったそうですが、
「先生なら染めていないのが良いと思って」
ナチュラルな無染色を選んでくれました。

大正解!

ミャンマー人のお友達がいらっしゃる
Sさんだからこそのお買い物。

首長族の女性が地機で織った
華やかなまとい布も選んで下さり
感激です。

Sさん、本当にありがとうございます。

a0191728_11572093.jpg















.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-02-01 11:33 | 手織りダイアリー