ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スウェーデンとフィンランド 織りの旅 その6

a0191728_2216323.jpg

ストックホルムのノーベル博物館のカフェで食べたアイスクリーム。
ノーベル賞授賞式の
晩餐会で出るものと同じだそうです。

赤崎さん、天野さん、中村さんも召し上がるんでしょうか。
とてもおいしかったです。

ノーベル物理学賞受賞おめでとうございます。









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-10-07 22:30 | 染織の旅とお出かけ

スウェーデンとフィンランド 織りの旅 その5

北欧はバンド織りがさかんです。

といっても、それは昔の話で
手工芸としては一部の愛好家や民族によって
護られているというのが現状のようです。

民族衣装でカラフルなバンドを身に着けた女性を
ガイドブックや雑誌で見かけます。
今回もそんな女性に出会うことを期待して
スカンセンという野外博物館にも行ったのですが
残念ながらその日はお目にかかることはできませんでした。

唯一、メッセ会場で実演していらした
サーミ(サーメ)族の女性が身に着けていました。
a0191728_9234577.jpg

こちらはサーミの毛皮の衣装とバンド。
a0191728_9243723.jpg

このへドルは動物の角で出来ているそうです。
a0191728_925632.jpg


大型織機でバンド織りのワークショップも行われていました。
a0191728_926138.jpg

その織り機に何気なく掛けられていたバンドがすごい!
a0191728_9261381.jpg


織機のメーカーさんのブースには
初めて見るバンド織り専用の織り機もありました。
a0191728_9265219.jpg


こちらは絹織物博物館の年代物の自動織機。
a0191728_929312.jpg

バンドというよりはリボンですが
ここにも北欧のバンド織りの歴史を感じます。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-10-05 09:48 | 染織の旅とお出かけ

スウェーデンとフィンランド 織りの旅 その4

メッセ会場の床に敷かれていた
トラースマッタ、裂き織りマット。

ちょっとピントが合っていませんが…

a0191728_07316.jpg

a0191728_07540.jpg

a0191728_07886.jpg

a0191728_07936.jpg

a0191728_07109.jpg

a0191728_071287.jpg


会場は当然、土足。
これらのマットは休憩スペースなどに
何枚も敷き詰めてあって
ガンガン踏みつけられているわけです。

なのにめくれたり、
飛ばされたりすることなく
しっかりどっしり
しています。

後で裂き織り工房を見学して分かったことですが、
打ち込みが相当にしっかりしています。
だから、ほどよい重さと硬さがあるんですね。








.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-10-03 23:45 | 染織の旅とお出かけ

スウェーデンとフィンランド 織りの旅 その3

北欧で出会ったトラースマッタ。
裂き織りマットをいくつかご紹介します。

メッセ会場にて
a0191728_7541923.jpg


ウメオの街のショーウインドウ
a0191728_7564318.jpg
a0191728_7574147.jpg


これはストックホルムの裂き織りショップにて
a0191728_7581574.jpg
a0191728_7585613.jpg


EILAさんの作品
a0191728_804084.jpg


ハカニエミマーケットにて
a0191728_814167.jpg


北欧では生活の一部として
古くから使われてきた裂き織りマット。

メッセ会場はもちろん、
ストックホルムやヘルシンキのショップでも
たくさん見つけることができました。









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-10-03 08:07 | 染織の旅とお出かけ