ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

玉置神社の杉

a0191728_0533169.jpg

家族で玉置神社に行ってきました。
奈良の世界遺産、紀伊山地の霊場と参詣道に含まれる聖地です。

同じ奈良県でも
玉置神社のある南部は
北部とは全く地形が異なり
熊野三山に続くその山なみは
深く険しく厳かです。

幾重にも折り重なる山々を見渡す
玉置山の山頂近くにある玉置神社の
世俗を寄せ付けない空気感は
正にパワースポット。

神社は何本もの杉の巨木に
見守られています。

写真はその中の1本、神代杉。
幹周が8.5mもあるそうです。
樹齢は推定3000年。
この杉に会えただけで
すごくありがたい気持ちになれます。







.








.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-03-30 00:21 | こぼれ話

草木染めによるタペストリー 「桜の雲」

昨日、上野の東京都美術館にて開催中の
AJCクリエイターズコンテスト2014に行って来ました。

私の出品作
草木染めよるタペストリー 桜の雲
です。

a0191728_10144390.jpg


a0191728_10144441.jpg


今回は高機と咲きおりの2台の
同時進行で制作を進めました。

中央は紅花とミント染めの糸を経糸に
使っており、
密に織った部分の緯糸は
下から梅、林檎、インド茜。
微妙に色を変えました。

a0191728_10144498.jpg


両脇の細いタペストリーは
桜の樹木そのものを
織り現しました。
経て引き返しで整経し上部は紅葉
下部は
左が欅と胡桃
右が栗と胡桃の染め糸です。

a0191728_10144518.jpg

a0191728_10144522.jpg


本来は中央と左右が少し重なる設計です。
現場では指示通りにはいかなかったみたいで
ちょっと残念。

a0191728_10144692.jpg


バックが白壁だと
糸の色の変化が見えないので
茶色のベースを裏に貼りました。
これは発送前日に気づいて
慌てました。

今回はそういったディスプレイにも
配慮を加えることで
作品の見栄えが
格段に変わることを学びました。

公募展への制作に苦労はあるけれど
やはりそこから頂く学びは
大きなものがあり
やり遂げた達成感と
次への意欲も生まれます。



AJCクリエイターズコンテストは
3月27日まで
東京都美術館2階第4展示室にて
開催中です。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-03-25 09:42 | 作品Gallery

AJCクリエイターズコンテスト

昨日より
上野の東京都美術館にて
AJCクリエイターズコンテストが開催されています。

私の出品作

草木染めによるタペストリー
「桜の雲」

は、お陰様で
審査員奨励賞を頂きました。

a0191728_11531223.jpg


昨年、上野で観た
満開の桜がイメージです。
見上げれば
枝を覆い尽くす花房が
まるでピンクの雲のようでした。

紅花やミントで染めた糸を荒織りして
柿渋型染めを施し
それをほぐして織り直しています。

家で写した作品全景の写真は
イマイチなので
明日会場で撮影して
掲載したいと思います。

AJCクリエイターズコンテストは
27日まで。
入場料無料ですので
どうぞお立ち寄り下さい。







.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-03-23 11:35 | お知らせ

トルコのお土産

修学旅行でトルコに行っていた息子が
数日前に帰国しました。

いいですよね、今どきの高校生は
色んなところへ行ける。

息子の学校では3箇所に別れての修学旅行。
絶対トルコでしょ!
だってトルコにはキリムがある!ギャッベがある!ブルーモスクがある!
関係ないけど盛り上がる母。

せっかくだから、一番遠くに行きたい。
息子もトルコをすんなり選択。よしよし。

しかし高校生のお小遣いでキリムが買えるわけはない。

それらしいものでいいから!
とにかく織物!
小物でもいいし。本でもいいかも。
草木染めに使える香辛料とか!

律儀な息子は母のとめどないリクエストに応え
重量オーバーのスーツケースを引きずり
帰ってきました。

そんなお土産一挙公開。

まずはカーペット模様のポーチ
a0191728_1051630.jpg

これをたくさん買ってと頼んだのだけど、
息子は気に入らなかったらしく
2つしかありません。
写真では綺麗なんだけど
確かに素材は不織布で安っぽい。
実用性は低いかな。

クッションカバーは息子のお気に入り。
a0191728_1051763.jpg

彼のチャレンジは値引き交渉。
バザールで果敢に店員さんに挑んだらしい。
最初のお店で
安くして、と言ったら帰れとあしらわれたので、
次のお店からは
こんだけ買うからおまけして、
と言う作戦に変えたそうです。

その戦利品がこのパシュミナ。
a0191728_105182.jpg

5枚で90トルコリラだって。
1トルコリラが45円位だから
確かに安い?
まあ、キズがあったり
謎の素材だったり、
実際のところは分かりませんが
お土産としては十分です。

実はもう1枚のパシュミナは
60トルコリラでどう?とふっかけられたのを
20トリコリラにまで値引きさせたそうで
そのやり取りが旅行の中で一番楽しかったらしい。

そこで味をしめた息子は
次々と買い物に精を出し
お皿やら
a0191728_1051870.jpg


ハーブティーやらチャイやら
a0191728_1051998.jpg


香辛料やら
a0191728_1052068.jpg


オリーブオイルやらローズジャムやら
はちみつやら…
a0191728_1052049.jpg


どれもこれも半端な数で
さておじいちゃん、おばあちゃんには
どれを送る??と悩みつつ
その品のどれにも付随する
息子の若々しい冒険談に
笑をいただく我が家です。







.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-03-15 09:06 | こぼれ話

バイオリン王子の柿渋型染め財布

昨年の9月に
東京の箕輪先生のスタジオで開催した
柿渋型染めのワークショップに参加された
バイオリン王子さんから写真が届きました。

あ、バイオリン王子さんは箕輪直子先生のブログに登場の
知る人ぞ知るバイオリン職人さんです。

a0191728_9302325.jpg

柿渋で型染めした本革のお財布です。
トレードマークのバイオリンのf字孔が綺麗ですね!

a0191728_9302453.jpg

ワークショップの後、早速柿渋やアルギン酸を取寄せ
あれこれ試作しているとメールを頂いたので
どんな作品が出来上がるのか
楽しみでした。

皮にもしっかり型染め出来てますね。
色もいい感じ。

なんでも器用に作られる方なので
もしかしてお財布自体もお手製ですか?
(ご本人から連絡あり、やはり
手縫いのお手製とのこと。すごい!)


細やかな草花模様は
クラフトパンチを使って
型を作られたものだと思います。
ワークショップの日に
私用にも作って持ってきて下さったんです。
a0191728_9302560.jpg


レースペーパーみたいで素敵でしょう?
乙女心をくすぐるデザインですよね(笑)

最近では100円ショップでも
色々な種類のクラフトパンチが売っているので
私も試したことがあるのですが、
奥行がないのが難点。

切り抜きが紙の際に近いので
このままでは色糊を置くのが難しいんです。

場が広い時はマスキングテープで
貼ったり工夫をすると
型もずれず一石二鳥。

お財布はどんな工夫をして
糊置きしたのでしょうね?


バイオリン王子さんのメールには
「制作頑張って下さい」
とのメッセージが添えてありました。

ありがとうございます。

各方面から激励を頂き
お陰様で無事
AJCクリエイターズコンテストの作品を
発送することが出来ました。


今回は、と言うべきか
今回も、と言うべきか
そうとう難産でした。
作品についてはまた後日紹介します。


AJCクリエイターズコンテストは
3月22〜27日まで
東京都美術館で開催です。







.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-03-14 08:43 | みんなの作品

チェックのレッスン

奈良の手織りの皆さんは
この2ヶ月間
オリジナルのチェックを織る
という課題に取り組んでいました。

1.黒ベースのタータンチェック
2.3色以上のブロックチェック
3.自由

という内容で
10色の毛糸をお渡ししたところ

「タータンチェックってどういうチェックですか?」
「これはブロックチェックですか?」

そんなこんなもお勉強。
あれこれ悩みながらも
皆さんのチェックが出来上がりました。

a0191728_17575298.jpg

a0191728_17575284.jpg

a0191728_17575353.jpg

a0191728_17575468.jpg

a0191728_17575455.jpg

a0191728_1757555.jpg

a0191728_17575579.jpg

a0191728_17575637.jpg

a0191728_17575794.jpg

a0191728_17575717.jpg

a0191728_17575881.jpg

a0191728_1758088.jpg


織る毎に
皆さん配色やデザインが上手になっていきます。
う〜ん、素晴らしい!

織り上がった布は
こんな風に折って剥いで
a0191728_1758195.jpg

二つに折り返し
a0191728_1758252.jpg

a0191728_1758258.jpg

スヌードの出来上がり!







.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-03-11 17:40 | みんなの作品

手織り講座スタート!ABCクラフト枚方店

昨日はABCクラフト枚方店の
咲きおりの体験講習でした。
a0191728_110087.jpg

3名の方がご参加下さり
お好きな糸でマットを織って頂きました。
a0191728_110162.jpg


初めてとは思えないスピードで
皆さんサクサク織るので
ちょっとビックリ。
ABCの常連さんなので
手仕事には慣れていらっしゃるんですね。

とてもステキなマットが出来上がりました。
a0191728_110174.jpg

a0191728_1102100.jpg

a0191728_110395.jpg


ABCクラフト枚方店では
4月4日(金)より
卓上手織り機「咲きおり」を使用した
手織り定期講習を開講します。

第1金曜日11時〜15時30分
(休憩1時間)
受講料 3500円+税 (材料費込)
初級は全12回です。

随時体験の予約も受け付けております。
まずはお気軽にご参加下さい。

お申し込み、お問い合わせは
ABCクラフト枚方店毛糸売場まで
tel:072(845)2410










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-03-08 10:33 | ワークショップダイアリー

織りのお供にラフマニノフ

a0191728_9235828.jpg


久々に
ラフマニノフピアノ協奏曲2番Myブームが
到来しております。

真央ちゃんの
感動のソチ・フリー以来
頭の中でず〜っと鳴り続け
ニュースで観て泣き
特番観て泣き
完全にテレビ局の術中にはまった私ですが、
ラフマニノフブームの到来は
昔より何度もあり
CDは準備万端でありました。

昨日、久々に聴きながら
1日織り作業をしたところ
集中力UP!
作業効率上がったかも。

前回のブームは
下の子の中学受験の頃だから
5年位前かな?
あの時も
頑張ろう!私達!
みたいな感じだった。
私にはエネルギーをくれる曲のようです。

このワイセンベルクのラフマニノフが
特にお気に入り。
カラヤン指揮ベルリンフィルの
オーケストラもすごく良いのです。

録音が1972年で
CDの発売も1989年ですから
音はかなり古めかしいものだけど
レコードの時代に生まれた私には
むしろ落ち着く音なんです。

そしてとにかく
高揚感がすごい。

カップリングのチャイコフスキー1番とも
力強くて突き抜ける感じが
何とも爽快です。

わたし、やり切ったわ‼
と真央ちゃんポーズを
思わずとってしまうくらい。

しかし現実は
まだ全然やり切れていない…
AJCクリエイティブコンテストを前に
制作の佳境です。

今日もラフマニノフパワーを借りて
頑張らねば。







.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-03-03 08:39 | こぼれ話

古セーターの玄関マット

ラーヌ織と三段綴れの見本に
玄関マットを織ろうかな。

思いたったが吉日。
昨日一日がかりで
こんなマットを織ってみました。
a0191728_1131599.jpg


使ったのは虫喰いで穴があいた
このセーターたち。
a0191728_11315965.jpg


3年位前に
お気に入りのセーターが
ほぼ全滅する被害に合いました。
それは何故か
きれいな色のものばかり。
黒のセーターは何故か無事。

対策を講じ、
その後の被害は食い止めました。
穴あきセーターも処分しましたが
制作に使えそうなものは
洗濯してとってありました。

今回は市販のTシャツテープをベースに
このセーター達を再度洗濯機で
洗濯、乾燥、フェルト化し
カットして使いました。

あっという間に織り進むのが嬉しい。

ラーヌ織りは
幾何学模様が楽しいけれど
今回はシンプルな縞模様に。
繰り返して長く織るのもいいかな。







.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-03-01 11:04 | 手織りダイアリー