ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

みんなの作品

a0191728_1335932.jpg

今日の「みんなの作品」は
ただいまリビングアート手織り倶楽部で
資格修得を目指すOさんの
ホワイトマフラーです。

これは課題の一つで
私の頃はループウールだったのだけど
Oさん達用に届いたキットは
プレーンな毛糸。

ループウールが可愛いくて楽しみだったので、
私の手持ちのポコポコ糸を
混ぜて織って頂きました。

混ぜ方はお任せしたところ
Oさんはこんな風に格子模様にされました。
可愛いですね!

プレーンな生成り糸も引き立って
上手な使い方だなぁと感心しました。
しかも仕上げが完璧。

Oさんはいつも仕上げが丁寧です。
織って素敵に出来上がったら
きっちり仕上げしてあげると
格が一段上がります。
ちょっと面倒でも、
やっぱり大切な作業だと
Oさんの作品を見ると思います。


そしてこちらは
同じく資格修得を目指すTさんの作品。

a0191728_134060.jpg


これは課題ではなく
ヘアピンレースで編んだストール。

糸は私がコチニールで染めた
シルクモヘアです。
この糸に合うように考えて編んでくれたのですが、
と〜っても素敵でしょう?
感動しました!

Tさん、いつも素晴らしい作品を
ありがとうございます。


a0191728_134186.jpg

おまけ画像。
北野天満宮の梅。
Tさんが撮影して送ってくれました。

春近し。








.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-02-26 12:34 | みんなの作品

小さいおうち、観てきました。

a0191728_17395348.jpg


黒木華さんが銀熊賞受賞で話題になっている
映画「小さいおうち」を観てきました。

原作を読んだ時から
絶対映画化して欲しいと思っていたので
上映が決まった時から前売り券は買っていたのです。
こんなプレミアがつくとは。

主演が松たか子さんと聞いた時は
タキちゃん役が松さんかと思ったんですよね。
けっこう私的にはそれがイメージで、
時子役は鈴木保奈美さんを
想像してました。

実際には黒木華さんが
タキちゃん役だったわけですが
確かにとても良かったです。
本物のタキちゃんみたい。
変な言い方かな?

映画化の一番の楽しみは
あの小さいおうちが
どんな風に実際の建築物として
カタチ造られるのか、でした。

それが私の想像にすごく近かったので
嬉しかったです。
窓にはめられたステンドグラス、
磨きこまれた木の廊下、
華美ではないけど洋風な玄関…。

あんな家に住みたいなぁ。
それを具象化してくれただけでも
私はかなり満足しています。

内容的には
かなり原作を省略しているので
ちょっと物足りないけど
2時間に収めるにはどこを切り取るか
ですよね。

山田監督はたぶん、
あの作品の「昭和」の部分を
主に撮りたかったんだろうと思う。

それは「小さいおうち」のすごく重要なテーマで
よく取材しているなぁって
原作読んだ時思いました。

懐かしくて美しくて
悲しいんですよね。
おうちも人も、あの時代は。

そんな部分はとても素敵だったけど
私は
ミステリーじゃないのにミステリアスな原作の魅力を
もう少したっぷり観たかった。

それと時子とタキちゃんの
奥様と使用人以上の
強い信頼関係と愛情も。

じゃないと、あのタキちゃんの行動が
薄っぺらなものと受け取られちゃうんじゃないかなぁ。

でも山田監督が仕掛けた
原作にないすごい小道具は
ちょっと面白いです。

これから観る方は
序盤に出てくるタキおばあちゃんの部屋の
赤いおうちの絵に注目です!

タキおばあちゃんが
「長く生きすぎた」って泣いた理由は
死ぬまで秘密と決めたけど
自分が死ねば誰かが
時子奥様の思いをあの人に伝えてくれただろうに、
伝えてあげたかった、
と泣いたんんじゃないかと
私は思います。

まだ読んでない人、観てない人、
???っと思ったら
本屋&映画館にGO!










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-02-25 16:25 | こぼれ話

下田直子さんのハンドクラフト展

a0191728_1755761.jpg

下田直子ハンドクラフト展に行ってきました。

圧巻です!

繊細な手仕事の積み重ね。
センスの良い色合わせ。
愛らしく温かみのあるモチーフとテクニック。

350点もの作品のどれもが、
芸術的なのに
そばに置きたい親しみやすさ。

それが芹沢銈介氏や志村ふくみ氏と並んで
現代の工芸家と称される理由です。

作品の放つオーラを身近に感じて
もう、幸せで幸せで、
帰りたくなかったくらい。

何もかも放り出して
制作に没頭したくなりました。

でも下田さんのものづくりの根底にあるものは
昭和のお母さん達の手仕事なんですよね。

ウチの母も
家事の傍、刺繍のお弁当包みとか
スモッキングのワンピースとか
作ってくれたものです。
下田さんの作品に溢れるオーラは
そういう自分の実体験に重なるから
私を幸せにしてくれるのかもしれません。

折り目正しい生活感こそ
下田直子さんの作風かも。

生活あってこそのハンドクラフト。
まず生活も
大切にしなくちゃね。

明日が最終日ですが、
一見の価値あり!ですよ、皆さん!









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-02-23 17:21 | こぼれ話

sin72

a0191728_10565187.jpg

AJCクリエイティブコンテストに
今年も出品するために
ただいま奮闘中です。

今回も柿渋型染めを取り入れた
草木染めタペストリーを予定しており
昨日、型紙を彫りました。

ただたくさん円が
描かれているだけに見えると思いますが、
実はこの円の配置は
sin72を使った計算式により
割り出しています。

サイン72。
そう、あのいにしえの
サインコサインタンジェントです。

何を隠そう
高校2年の時に風邪で3日休んだら
数学がチンプンカンプンになっていて
理系進学をサッサと諦め
染織の道へと進んだ私です。

そのチンプンカンプンが
sin cosでございました。

今回この図案を描くために
息子に相談したところ
2x=a/sin72
という公式を教えられました。

それを使ってみたら
すごい!バッチリ!!

ついでにsin cosについての講義もしてもらい
なるほど!私がつまずいたあれは
こういうことだったのか!
と深く理解した次第。

まさかここに来てsinのお世話になろうとは。

デザインにも理系の頭は必要ですね。

さぁ、タペストリーの制作はまだまだこれから。
急がねば!






.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-02-16 10:30 | 手染めダイアリー

大雪警報発令中@奈良

a0191728_10203879.jpg

ただいま奈良県では
大雪警報が発令されました。

先週の雪は明け方からみぞれに変わり
支障は少なく過ごせた
我が家の界隈ですが、
今日は朝の時点で車の上に
10センチ以上の雪が積もっていました。

危険回避の為、教室は延期。

どこまで積もるでしょうか。
奈良の皆さん、全国の皆さん
お出かけの際は呉々も
お気をつけ下さい。






.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-02-14 10:12 | こぼれ話

ゆび織り講座の様子と手織り体験会のお知らせ

ソチオリンピック始まりましたね。
私は開会式、2回も見ました!
でもLIVEは眠くて途中から意識なく
再放送も寝不足がたたり、うつらうつら。
で、結局日本団の入場行進見てません^^;
夜中の鑑賞はもうやめておきます。


さて、先日のABCクラフト枚方店での
ゆび織り講座には
お二人の方が参加して下さいました。
a0191728_937502.jpg


お二人ともとても感がいいのか
ベーシック技法でサクサクと織り進み
2時間の講座内で房までしっかり完了。
a0191728_937519.jpg


この糸はミュゼという名前で
軽いポリエステルの生地がテープ状になっています。
軽くて巻くのも持ち歩くのも
とても楽。

柄も何種類かあって
全く違う雰囲気に織り上がるのが面白いです。
お二人とも
「うれしぃ〜!」と出来上がりに
大満足でお帰りになりました。

私もうれしい。
ご参加ありがとうございました。


さて、
ABCクラフト枚方店でもいよいよ
卓上手織り機「咲きおり」を使っての
手織り講座が始まります。

Qsモール店の方はただいま満席なので
枚方店にお近い方は
どうぞこちらにお申し込み下さい。
第一金曜の予定です。

3月7日 金曜日 11時30分から
まずは体験会を行います。

お申し込み、お問い合わせは
ABCクラフト枚方店までお願いします。
TEL:072(845)2410

皆様のご参加をお待ちしています。





.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-02-09 08:06 | お知らせ

マリメッコで! みんなの作品

ABCクラフトでの咲きおり講座も
お陰様で1周年を迎えました。
開講時から参加されている生徒さんで
早い方は初級を終え
中級へと進級されています。

その橋渡しとして
自由課題の月を設けているのですが、
絶対やりたいことがあるんです!
とTさんが選ばれたのが
マリメッコの裂き織り。

「可愛いよね〜でも勇気いるよね〜」

なんたって10センチで500円の生地ですから
失敗は許されません。

「よし!やってみよう‼」

背中を押すのが私の役目。
後は材料費の持ち出しがなるべくかからないよう交渉して
Tさんのチャレンジは実行されました。

a0191728_1031245.jpg

緊張のカッティング。
一本一本、息をとめて
Tさんは慎重にカットしました。

そして織り上がりはこちら!

a0191728_10312635.jpg


柄合わせも完璧です。
145センチの布が約1/3になりました。

一般の方から見ると
一見無意味に感じるこの裂き織りは
再織りとも言われます。

フェイラーに代表される
シェニール織りのタオルも
再織りの一種です。

点描の絵画のような
ちょっと崩れた線が
独特の風情を醸し出すこと、
一段一段の柄合わせで
織り人の個性が現れることが
再織りの魅力。

Tさん!真っ直ぐな織りへの気持ち、
織り込まれてますよ!
ナイス チャレンジ‼







.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-02-07 09:42 | みんなの作品