ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

益久さんの市

年に一度の「益久の市」に行ってきました。

a0191728_11284237.jpg



和紡布で有名な
法隆寺の益久染織研究所。

セール中なのは知っていたので
どんな感じなのか覗いてみようと
軽〜い気持ちで行ったのですが…
甘かった!

糸、布、糸、布、糸、糸、糸
キャャ〜〜〜〜〜!!

気が狂いました。
楽しくて ^^;


必死に欲を抑えつつ
白モノに狙いを定め
お買い得品をたんと背負って帰ってきました。

a0191728_11284345.jpg



「持てますか?」と聞かれるほどの分量なんですが、
写真で見ると大したことないなぁ
またいっちゃおうかなぁ…

とか恐ろしい考えを振り払うべく
今日は何か染めてみようと思います。


ちなみに「益久の市」は6月2日まで。
洋裁をされる方にもオススメです。


益久染織研究所のHP






.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-05-31 11:19 | こぼれ話

ベルト織と畝織のバッグ

a0191728_12333567.jpg


毎月第一火曜日に
ABCクラフト あべのQsモール店で開講中の
咲きおり講座。

第5、6回目のカリキュラムは
「ベルト織」と「バッグ地」


ベルト織は単純だけれども
ひたすら織るだけで模様が浮き出る不思議さに
ハマる方が多くいらっしゃいます。

なんていうか…そう!
織物の原点を知るって感じなんです。

写真の持ち手のベルト織は
この4月に新発売されたばかりの
クロバー社 咲きおり用タテ糸(細)を使用しました。

この糸、いいです!
艶があって柔らかくて色もきれい。
さすがエジプト綿。
タテ糸のみならず使い勝手が良いです。

a0191728_12333680.jpg



残り糸を使ったバッグ地は畝織で織りました。
ミシンで縫い合わせれば
オリジナルのMYバッグが完成です。


講座では、2ヶ月続けて
このバッグ作りに挑戦して頂いきます。

さてどんな素敵なバッグが並ぶのか
楽しみです。







.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-05-30 12:07 | 手織りダイアリー

みんなの作品

「テーブルでできる草木の染色」
奈良ウェルネスクラブで月に一度開講しています。

前月染めたのはハイビスカスのストール。
お顔映りの良い綺麗なピンクに染まりました。

記念にパチリ。
a0191728_76999.jpg


そしてMさんが早速花びら染めをご自宅で試されました。

a0191728_761216.jpg


驚くなかれ、何と藤の花で染めたそうです。
薄いピンクがシルクで、紫が綿ガーゼのハンカチです!
綺麗な紫に染まりましたね〜。

綿は染まりにくいという常識を
思いきり覆すこの結果には
驚愕です。

ボールに山盛りの花びらで染めたそうです。すごいな〜。

来年、藤を見たら絶対
「染めたい‼」
って怪しい目つきになること間違いないです、私。^_^;









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-05-27 06:47 | みんなの作品

ツタンカーメンというお豆

a0191728_0203992.jpg


おや?
一昨日のカラスノエンドウが
成長した?

…わけではありません。

家から車で15分ほど走ったところに
道の駅がありまして
奈良の特産品や農産物が
売られいるのですが
そこでちょっと変わったお豆を見つけました。

ツタンカーメンというそうです。

『豆ご飯にすると赤飯のように赤くなります。』と書いてあったので、
実が赤いのかと思ったらフツーに緑。
茹でても緑。

よく調べてみると、
ご飯と一緒に炊いても最初は緑らしい。
それが保温する内に赤くなるそうです。

つまり糖が分解されて¥☆○%?…
ま、化学反応ですね ^_^;

それは次回のお楽しみとして
今日はウスイエンドウとそら豆も茹でて、貝柱のスープでゼリー寄せにしました。

a0191728_0204089.jpg


当然、鞘は染料となるべく
鍋で待機中。

a0191728_020415.jpg








.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-05-21 00:01 | こぼれ話

カラスノエンドウで草木染め

今週は一気に夏の陽気。
目に柔らかな緑だった庭の雑草が
急に存在感を増して
私を慌てさせます。

「今年は染めてみよう。」
と思い、好き放題させていたカラスノエンドウの鞘が
その名の由来通り黒くなっている。

このまま種がはぜたら、
来年は庭中がカラスノエンドウの弦に埋れかねません。

今日は予定もないので
刈り込んで染めることにしました。

a0191728_16141116.jpg


「雑草という名の草はない。全ての草には名前があります。」
と昭和天皇は仰ったそうです。

あ、これは今読んでいる
有川浩さんの「植物図鑑」の受け売りです。

確かに雑草という名の草はない。
っていうか、
草木染めには雑草こそがお宝。

「雑草という名の草はない。全ての草が染料です。」by よう子


a0191728_16141139.jpg


調べてみると
カラスノエンドウの鞘は食べられるのですね。

もっともここまでカラスになっちゃぁ
硬くて無理ですが。

この黒い鞘だけ集めたら
また違う色が染まりそうですが、
そのためには真面目に
庭中をカラスノエンドウ畑にしなければなりません。
それは勇気がいる選択だ。

今日のところは
根こそぎ引き抜いて
茎も葉も鞘も
全て一緒に煮出しています。

ミョウバン先媒染のウール糸を
染める予定。








.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-05-18 15:44 | 手染めダイアリー

春の名残

a0191728_154918.jpg


春の球根の寄せ植えの
最後の残り花。

名前が分からない。

ムスカリの実と一緒に。





.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-05-17 00:59 | こぼれ話

檜とすずらんの糸で編み編み

a0191728_8521511.jpg


久々に編み物をしています。

メリノウールの檜(ピンク)とすずらん(ベージュ)の二本取り
輪針で編むベビーチュニックのサンプルです。

明日のハンドメイドカフェの生徒さんからのリクエストで
キットの準備をしているのですが…
ちょっと小さいので目数増やさないと。
間に合うのか?? いや、間に合わせます!

しかし、可愛い〜。
サンプルはベビーならぬドールサイズになってしまいましたが、
とにかく可愛い〜!

この二本取りは編んでいて、
とても癒される組み合わせです。
写真より実際はもう少し黄色いんですが、なんていうか…
女性の味方!って感じ。

さぁ、頑張って編みあげましょ。






.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-05-16 08:26 | 手づくりダイアリー

みんなの作品

『昨日のライブが
最前列ど真ん中で、
楽しすぎて
朝からごきげんです。
(≧ω≦*)♪』

昨日の課題を朝から織り上げて
こんなメールと共に
写真を送ってくれたUさん。

千鳥格子のスヌードです。

a0191728_22404310.jpg



Uさんはロックバンド怒髪天のファン。

『ライブの招待券当たったんです〜
今日はこのまま直行します〜』
と昨日はルンルンで帰られました。

最前列ど真ん中とは。
ノリノリで盛り上がる姿が目に浮かびます。良かったね。

怒髪天って、北海道出身のバンドだそうです。
知らなかった〜。
ちょうど読んでいた小説に
「怒髪天をつく」って出てきて
これって何て読むんだっけ?と辞書引いたところだったんで
そのシンクロにもビックリ。
何かのご縁でしょうかね?


さて昨日の教室で撮影した作品も
ご紹介します。
UさんとMちゃんの畝織りのプレイスマットと
新人Hさんのポーチです。

a0191728_22404428.jpg


楽しい話題と共に
楽しい作品が続々と届いて嬉しいです。
ありがとうございました。






.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-05-08 22:09 | みんなの作品