ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

藍スニーカー デビュー

須磨海浜公園にて。
a0191728_2202172.jpg

[PR]
by tezome-to-ito | 2012-05-27 21:56 | 手染めダイアリー

あ~い染めはこんな仕上がり。

あ~い あ~い あ~~い~♪

と歌いながら先日染めた作品もろもろは
こんな染め上がりです。

a0191728_1111353.jpg


まずはワッフルリネンのエプロン。

エプロンを染めようと思ったものの
なかなかこれ!というものがない。

ならいっそ作ってしまおう、と
布地から探しました。

麻のワッフル地は軽く柔らかく
体に馴染むので、
着心地がとても良いです。

a0191728_11165029.jpg


ジャンバースカート風で
肩ひもの幅や位置にもこだわってみました。

ストライプの綿テープでアクセント。

a0191728_11192361.jpg


コチニールでも染めてみました。

どちらも発色きれいで超お気に入り!




a0191728_1120043.jpg


プレーンな麻のナプキンも染めました。
藍、玉ねぎとみかん、コチニール。

つややかな仕上がりは
ワッフルとはまた違う麻の魅力。




a0191728_11232925.jpg


糸。 綿とシルクです。
シルクは織りの作品に使う予定。



a0191728_11241211.jpg


ワッフル地のはぎれ。
カフェエプロンくらいなら作れそう。




a0191728_112252100.jpg


スニーカーも染めました。
早く履いて出かけたい!!!



美しく染まった草木染めの布たちを見ていると
本当に幸せな気持ちになります。

特に今回、型紙からおこして作ったエプロンは
ボタンの位置など細部まで吟味して縫ったので
染め上がりには格別な充実感がありました。


これだからものづくりって止められないです!
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-05-26 11:39 | 手染めダイアリー

トラモンティ展に行ってきました。

イタリアの芸術家 色の魔術師
グェッリーノ・トラモンティの展覧会に行ってきました。

a0191728_8431336.jpg


トラモンティさんの代表的な作品は
色彩豊かでユニークなモチーフのマヨルカ焼。
特に猫が多い。
かわいいですよね。

a0191728_834713.jpg


他に多く登場するのが
魚、スイカ、包丁、洋ナシ、ワインのボトルにグラス・・・

海藻と、意味不明なまるまる模様もあって
友達と推理した結果、
海ブドウではないかと結論に達しました。

その様な静物が色を変え向きを換え
何枚もの作品に登場します。

a0191728_8504112.jpg


テーマを絞り込むことで
自分の表現を強く発信しているんですね。
もしかしたら、自分の好きなものしか描かない?
毎日、海ブドウ食べていたのかなぁ。

トラモンティさん。
生前のお写真を見ると
とっても素敵なイタリアンダンディ。

a0191728_8582810.jpg


この写真は西宮市大谷記念美術館のサイトよりお借りしました。

会場には、猫を抱く姿や
ビシッとジャケットを着て作品に向かう様子など
晩年の写真もありましたが
すっごくかっこいいおじいちゃんで
あこがれちゃいました。
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-05-25 09:16 | こぼれ話

あい~ あい~ あ~い~!

昨日は藍日和。

ひたすら藍で染めました。

a0191728_8453430.jpg


何を染めたか写真ではよく分からないですね。
それは乾いてからご紹介することにします。

藍は酸化してしまうと染まらないので
染める時は短時間でいっきに染めます。

準備半日、染め3分、ひたすら水洗い
染め3分、ひたすら水洗い
染め3分、ひたすら水洗い
・・・・・

あい~ それは~ あまく~
あい~ それは~ つよく~
あい~ あい~ あ~い~~~♪

繰り返す藍染めの間
思わず口ずさんでしまいました。
藍染めしながらこの曲歌った人って
100人位いると思う~(^^;)

この歌を知らない人はお母さんに聞いてね。
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-05-24 08:58 | 手染めダイアリー

日食の木漏れ日

a0191728_90219.jpg


世紀の天体ショー、金環日食。

お天気が心配されましたが、
奈良は快晴。
観測できました。

しかし、肝心のその時間に
怪奇現象が(^^;;

なぜかデジカメもiPhoneカメラも起動しない!
なぜ〜⁇

iPhoneは電源入れ直せば良いと気づいた時には、
もう金環過ぎてました_| ̄|○

何だかそっちに気を取られて
感動の瞬間も落ちつかない内に
終ってしまって、アホです。

あっという間でした。

しかし、三日月の木漏れ日が愛らしいので
気を取り直してUPしてみました。


札幌の方は18年後に観測できるそうですね。
くれぐれも、カメラの準備は周到に(^^)
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-05-21 08:38 | こぼれ話

6月 札幌で2つの草木染め講座を開催します

日に日に緑も濃くなってきました。
梅雨までの今が一番さわやかな季節ですね。

植物もほほえむこの美しい季節に
自分だけのオリジナル作品を制作しませんか?

札幌で開催予定の2つの講座をご紹介いたします。


6月13日(水)
オリジナルデザインで染める
型染めのランチョンマット


a0191728_912788.jpg

1回目 11:30~13:30
2回目 15:00~17:00
       各回定員5名

参加費 1500円(材料費・軽食含む)

場所   shinpachiro札幌店 南1西6 第2三谷ビル


柿渋ペーストを使ってランチョンマットに型染めを施します。
型紙のデザイン、切り抜きから行います。

講座の後は、ブランジュリー・ラ・フォンティヌ・ドゥ・ルルドの
キッシュをご用意しております。


※当日地色は染めません。
  ピンクのランチョンマットをご希望の方は1週間前までに
  お申込み下さい。(+200円)
 

参加お申込みは6/10まで。
メールでもお受けしております。


shinpachiro札幌店のHPもご覧ください。
  ↓
こちらから





6月14日(木)
爽やかな夏のストールを染める
はじめての草木染め


a0191728_911211.jpg


13:00~15:00

受講料 2100円
材料費 2100円

場所  札幌カルチャーセンター平岡
     清田区平岡3条5-3-1イオンモール札幌内


木綿ガーゼの大判ストールを染めます。
本格的な草木染めを、はじめての方も楽しく学べます。
この夏は自分だけのストールで
ナチュラルコーディネートを楽しんでみませんか?
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-05-20 09:34 | お知らせ

春の雑草オンパレード

庭の雑草が賑やかになってきました。

雑草と言っても、私から見ると
いずれも劣らぬ草木染め染料。

カワイイカワイイ。

なんて甘い事を言っている内に
あっという間に草丈は伸び
大変なことに〜

ってこれ、毎年のことですね(^^;;
甘やかしてはいかん!(誰を?)

今日は気合を入れて
草と格闘しました。

たんと採れましたよ〜。

ヒメジヨン
a0191728_21234685.jpg


今年、急に庭を占拠し始めた
コメツブツメクサ
a0191728_2123469.jpg


チガヤ …だとおもう。
a0191728_21234616.jpg


ハハコグサ
春の七草、ごぎょうは別名
a0191728_21234732.jpg


食べられないアスパラ
クサスギカズラ
a0191728_21234798.jpg


こうして一種類ずつ集めると
雑草取りも楽しい。
まるで少女時代の花摘みみたい。

雑草を根から引き抜くと
根元にくっついてくる
これも集めました。

モス
a0191728_2123477.jpg


種類違うけど、
とっても人気だったの、モスのモヘア。
もう少し集めたい。

さ〜染めるぞぉ!
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-05-17 20:54 | 手染めダイアリー

Iさんのランチョンマットが届きました。

ワークショップ『桜色のランチョンマットを染めましょう』
にご参加頂いたIさんから、写真が届きました。

a0191728_22113729.jpg


気に入ってお家でコーディネイトして下さっているんですね。
ランチョンマットが嬉しそうです。

中心に型染めすることを第一にイメージして
少し失敗した部分もみごとにカバー。
イメージ通りに完成されましたよね。

「編むのは苦手だけど染めは好き」
と話せれていたIさん、
その気持ちも作品に表れています。

作品は作者を裏切らない。

Iさん、是非また草木染めを楽しんでくださいね!
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-05-13 22:22 | みんなの作品

蕨の麻シルク糸

a0191728_204147.jpg


昨日蕨で染めた糸は
今日、こんな色に仕上がりました。

あれれ?赤みはどこへ行った?

あんまり長々と
色の変化を眺めすぎたのか
すっかり赤みは消えました。

そう。
草木染めの赤は
長時間火にかけると
消えることがままあります。

今回の蕨は
タンニン系と踏んで
温度には強いと読んでいました。

さらに柿のように
高温でガラリと色が変わる
可能性を感じていたので
けっこう高温で煮染めしています。

ガラリとまでの変化は
ありませんでしたが、刻一刻と
微妙に色相は変わり
赤みが抜けたのは
放冷している最中でした。

そうそう。
こういうこともよくあります。
長く放置した方が
濃くしっかりと染まるのですが、
その間に色味が変わってしまうこと。

次に見にいったら
全く別の色になっていて
一体何があった!?と糸に聞いても
返事はない。

これがいい結果の場合も
ショックな場合もありますが
全ては神のなさる技と
受け入れるが勝ちです。

今回も、とっても普通なこのベージュ
私は気に入りました。
麻らしく、蕨らしい。


さて、お約束の
蕨クッキングもご紹介しましょう。

蕨の醤油漬けです。
a0191728_20416.jpg


醤油 100cc
水 100cc
砂糖 大さじ3
みりん 大さじ3
酒 大さじ1
実山椒 適量

上の材料を煮たてた中に
蕨の水煮をカットして入れ
もう一度煮たてるだけ。

これ、ご飯がメチャクチャ進みます。
要注意。
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-05-10 19:37 | 草木染め糸みほん

春の染色第2弾は蕨!

a0191728_23411212.jpg


道の駅で蕨を買ってきました!

蓬に続く、春の山菜シリーズ⁉

蓬は近所の路肩から戴いたので、
ちょっと食する気持ちには
向きませんでしたが、
今回は食べることも念頭に
しっかりレシピを調べ、
アク抜きの方法に則って染液を取りました。

晩夏のシダで以前染めたコットンが
とてもコクのある赤茶だったので、
それとの比較も楽しみです。

今回は初めて使う麻シルクの糸です。

ピンクに始まり、海老色、薄い赤褐色
サーモンベージュと
染液の中で変化する糸を
今日は一日眺めておりました。

銅媒染、水洗いしたところ
蕨らしい色に落ち着いております。

糸のUPは明日のお楽しみ!
ついでに蕨料理もご紹介します。
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-05-09 23:25 | 手染めダイアリー