ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

手染めと糸のワークショップ 1月のスケジュール

「持ち寄り手染めパーティー」
a0191728_17104842.jpg

1月23日(月) 終了しました
13:00~15:00

今回の手染めパーティ―では、年末年始で飾り終えた
枝ものを集めます。
梅や桜、松、なんてん、リースに使った柊など
なんでもOKです。

いつもはウールの糸を染めていますが、
今回は木綿のタンクトップ or 子ども用Tシャツ(120サイズ)を染めます。
どちらか事前にお選びくださいね!

材料費 実費

場 所  岡本教室(JR摂津本山)



手染めと糸のワークショップにご参加されるには入会が必要です。

入会初期費用 :2000円(特典制度あり)
受  講  料  :2900円/1回

お好きなワークショップのみのゲスト参加も可能です。
ゲストの受講料は1回3500円(材料費別途)です。

お申込み、お問い合わせはメールで。
右記アドレスをお手数ですがコピペではなく
手入力でお願い致します。全て半角です。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-12-27 17:25 | ワークショップダイアリー

新作糸 2011DEC Ⅲ

a0191728_19161990.jpg


柿とみかんの皮でコットンリング糸を染めました。
銅媒染で緑がかったイエローに。

バックのTシャツは同じ銅ですが先媒染です。

たっぷり染液があるのに、白糸がなくて
ずいぶん着こんだTシャツを染めてみました。

渋い色の絞り模様が、かなり気に入ってます。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-12-21 19:23 | 草木染め糸みほん

クリスマスオーナメント@月曜クラス

a0191728_224953100.jpg

気がつくと2011年もあと20日ばかり。
早いですね。

今年の漢字は「絆」だそうですが、
この字の選択には深く重いものを感じます。

目には見えないこの「絆」というものが、もし形として存在するなら
やはり糸のように、細く長くどこまでも続くものなのでしょうか。

その向うに繋がる誰かの温もりを
忘れずにいたい、忘れずにいて欲しい

そんなふうに願います。


さて、本日は今年最後のワークショップ。
クリスマスも近いということで
ツリーに吊るして良し、ドアに飾って良しの
オーナメントを作りました。

a0191728_2372868.jpg

コチニールやイボタの実、ミントなどで染めた
リボンやレース、モチーフ、
2色の手染め毛糸のコードなどでデコレーションします。

同じ素材を前にしても、惹かれるものはそれぞれ。
じっくり考える、直観で決める、
物づくりとの向きあい方もそれぞれ。

生徒さんの個性が美しく表現されたオーナメントになりました。
a0191728_23164558.jpg

[PR]
by tezome-to-ito | 2011-12-12 23:21 | ワークショップダイアリー

新作糸 2011DEC Ⅱ

敷地内の雑木を整理した友人から、たっぷりの枝葉を戴きました。
一月ほど置いて、すっかり乾燥染料になってしまいましたが
きれいに染まりました。

a0191728_1436454.jpg
a0191728_14361821.jpg


楠らしい、という枝葉と大きな桐の葉。

楠はイエローのようなベージュに染まりました。
ドライウールです。

a0191728_1439862.jpg


桐は美しいグレーに。
シルクモヘアとドライウールです。
お隣のベージュは金木犀のバルキーリネン。
ウールの金木犀は濃いグレーに染まりましたが、
全く違う色合いになりました。
a0191728_14522642.jpg


そして少量ですがイボタの実も採取したので染めました。
a0191728_1442404.jpg

a0191728_144347.jpg

染液の中では紫だったウール糸が
水洗いしてみるとブルーになりました。
草木染めでのブルーの出現は、神出鬼没。。。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-12-09 15:07 | 草木染め糸みほん

唐辛子の糸

前回の記事でご紹介した、とうがらし染めの糸。

とうがらしを分けてくれた花育講師の友人が
ブログで紹介してくれました。

よかった覗いて見て下さい。

大阪花育サロン with
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-12-08 18:22 | 手染めダイアリー

新作糸 2011DEC

久しぶりにゆっくり自宅で糸を染めています。
今日はメリノウールの新作をご紹介します。

年末に向けて枝を掃った庭の金木犀。
a0191728_9245690.jpg


花育ひろば で戴いたとうがらし。
a0191728_9383495.jpg


そして茜。

染め上がったばかりの糸3種です。
a0191728_927149.jpg


チャコールグレーが金木犀。
写真では黒に見えますが、オリーブがかったグレーです。
こんなに濃い色に染まるとは思いませんでした。
とても優秀は染料ですね。

とうがらしのイエローの実物は、画像よりコクがあります。
スパイシーなイエローではなく
クリーミーな温かい色味です。

茜は二番液を使用。
たで藍で一度染めた糸に重ね染めしました。
藍は薄いブルーで、しかもむらに色が抜けていたので
紫のグラデーションになるのかと思ったら
すっかり青が抜けてしまったかのようです。
金木犀のグレーと絶妙な相性ですが
茜だけで染めても同じ結果だったのかしら?
いつものことながら、もう同じ色は出ないんだろうな。


そして茜の一番抽出液で染めたものはこちら。
a0191728_1081983.jpg

shinpachiro札幌店のお客様からの注文品、茜Fe。
100gほどは店頭にも並ぶ予定です。 ←sold out
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-12-06 10:15 | 草木染め糸みほん

持ち寄り草木染めのほっこりマフラー

月曜クラスで制作したTさんのマフラー。
完成して、写真が届きました。
a0191728_8225267.jpg

中央にコチニール&山ブドウのピンク、
両端に山ブドウのループウール、
そして持ち寄り手染めパーティーで染めた諸々の糸を
バランス良く配置してあります。

編み方は畝編みですが、Tさんの工夫は
編み始めがマフラーの中央部にあること。

編みながらデザインを変更した際の
苦肉の策だそうですが、
言われるまで、編み地の違いには気づきませんでした。

ポコポコのループウールでシャープなストライプも
グッと女らしい印象になりましたね。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-12-04 08:34 | みんなの作品