ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

手染めと糸のワークショップ 11月のスケジュール

「手染め糸のほっこりストール」 全2回
a0191728_17544053.jpg

11月14日(月) 第1回目
13:00~14:30 終了しました。

11月28日(月) 第2回目
13:00~14:30 終了しました。
両日、終了後coffeebreakがあります。

手染めパーティーで染め集めたウール糸を使い、ストールを作ります。
手編みか手織り、どちらかを選択して頂きます。
クリスマスのプレゼントにしても良いですね。

2回連続での参加をお勧めします。

材料費 実費

場 所  岡本教室(JR摂津本山)



手染めと糸のワークショップにご参加されるには入会が必要です。

入会初期費用 :2000円(特典制度あり)
受  講  料  :5800円/月2回

お好きなワークショップのみのゲスト参加も可能です。
ゲストの受講料は1日3500円(材料費別途)です。

お申込み、お問い合わせはメールで。
右記アドレスをお手数ですがコピペではなく
手入力でお願い致します。全て半角です。



12月のワークショップ

「クリスマスオーナメントのハンドメイド」
12月12日を予定しています。

詳しくは11月下旬にお知らせします。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-30 18:16 | ワークショップダイアリー

☆*:.。.北海道での収穫 シーズン2 PUCAIのボトルマスコット

本日のBGMはサラ ブライトマンの
Time say goodbye
(この記事の一番下に行くと曲が聴けます)

そしてご紹介するのは
ボトル形のキュートなマスコットストラップです。
a0191728_1164487.jpg


アルコールは苦手な私ですが、
お酒の瓶って、ぽてっとしている
丸いラインや硝子の厚みが好きです。
ラベルもお洒落だったりするし。

そんな酒瓶を
こんなに可愛いマスコットにされちゃうと
思わず手にしてしまいます。

赤い刺繍文字がさらに私のツボです。

この「Pucai」というのは
マスコットを置いてあるカフェ&バーの名前。

そして写真でマスコットの下に置いてある年賀状は、
この「Pucai」のオーナー、
Madueさんからのものです。

いつも胸に響く言葉を年賀状にしてくれて、
毎日目に入るところにこの年賀状を張り、私は一年を過ごします。

Madueさんにはいつも
お世話になったり、お世話になったり、
お世話になったりしています。

あはは。
つまりいつも私がお世話になっている。

Madueさんはというと、私のことを
「必要している時に現れる人」
と言います。

「必要」と人から口で言われることほど、
助けになる言葉はありません。

だからそんな時も
やっぱりお世話になっているのは
私なんだと思いながら、
お酒の代わりに熱いコーヒーを頂き、
たわいもない話で、笑いながら
札幌の夜を過ごしました。


Pucaiの場所は南3条西22丁目
建物の一階が居酒屋さんで、細い路地から裏に回り
古いアパートのような鉄階段を上がり
やっぱりアパートのようなドアを開けて入ります。

隠れ家のようなこのお店、
昼間は設計事務所でPucaiの営業は夜6時から。
日曜はお休みです。

Pucaiとボトルストラップに興味のある方は探してみて。

とっても男前なMadueさんがお迎えしてくれますよ。

あ、誤解のないように付け加えますが
Madueさんは女性で~す。




さて、シーズン2も今日でおしまい。
Time say goodbye
は別れの曲かと思っていたら違うそうです。
解釈はいろいろでしょうが、私的には

別れは旅立ちの始まり
共に歩んで行こう
離れ離れになっても
夢に向かって

そんな歌なんじゃないかと思っています。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-29 10:36 | 収穫シリーズ

☆*:.。.北海道での収穫 シーズン2  「銀花とこぎん」

今日のBGMは、カーク・フランクリン&The family
「Silver and Gold」
(この記事の一番下に行くとこの曲が聴けます)

そしてご紹介するのはこちら。
a0191728_2233874.jpg


季刊「銀花」とこぎん刺しのコースター。
2月のワークショップでお世話になった、
古本とビールのお店 アダノンキ さんで買いました。

アダノンキさんのブログはこちら

「銀花」といえば、工芸や生活の美を長年紹介してきた雑誌ですが
確か去年で休刊になったんですよね。

お値段が結構する雑誌だったので購読はしていませんでしたが、
今改めて頁をめくってみると、内容が深くて
取材が半端じゃない。

ネットで何秒もかからずに、何でも検索できる今のご時世では
こういう雑誌が生きて行くのは難しいんでしょうね。
でもやっぱり私は、紙の上の活字と写真が好きだな。

こうした、ゆっくり眺めたい雑誌は
これからは古本屋さんじゃないと見つけられなくなるのかも。

アダノンキのオーナーは、本選びも丁寧にアドバイスしてくださる
知的で気さくな、ちょっとアンジェラ・アキ似の女性です。

こぎん刺しのコースターの作者はそのオーナーの妹さん。

このシンプルな模様が好きで買ったのですが
気づいてみれば、
自分もとある人に刺繍のコースターをプレゼントした時
全く同じデザインで作ったのでした。
笑える。

でもこちらの方が、繊細です。

妹さんは2月のワークショップに参加してくださったのですが、
糸に向かうと、すーっと入り込んでいくような感じで
尊敬すべき手仕事の人でした。


本とビールをこよなく愛するお姉さん。
糸と布をこよなく愛する妹さん。

お二人とも、ご自分の大切なものをちゃんと知ってらっしゃる。
それが素敵です。

今日のBGMは「銀や金より、私にはジーザス」
と歌っているのですが、
どんな財宝にも劣らない価値のあるものって、
人にはそれぞれあるものです。

私にとっては、糸と染め
そして家族や友人との繋がりかな。
これはどんな物より尊くて、大切にしているものです。


そんなわけで、今日はこのゴスペルを選びました。。。
と言うのは嘘です。

「ぎん か」と「こ ぎん」
ぎん と silver をかけてみました(^^;)

おやじギャグでごめん。。。

ついでに ざっし と ざし・・・

あ、もういいですね。失礼しました。。。




[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-27 22:53 | 収穫シリーズ

☆*:.。.北海道での収穫 シーズン2 「裂き編みの鍋敷」

北海道から帰って早、一週間。
なかなかごUPできなかったのですが、
是非ご紹介したいと思うものがいくつかあって、
またまたBGM付き収穫シリーズで掲載していきま~す。

今日は、虹色染めのワークショップに参加された
Kさんからのプレゼント。
a0191728_23113091.jpg


とっても可愛い鍋敷きです。
もちろん、手編み。

これは多分、フォグの
「麻布のミミセット」で作られたと思います。
a0191728_23113151.jpg

このセットはshinpachiro札幌店で購入できます。
私はこれで、バッグとポーチを作りました。
編むことも試みたんですが、
硬くて挫折したんです。
なので、こんなにしっかり編んでらっしゃることに
ビックリ!

よく観察すると、ミミは更に細く裂かれている様子。
裂き織りならぬ、裂き編みですね。

配色も美しく、仕上げも完璧。
腰があって丈夫です。
さぞ、編むのに手首が疲れただろうと
推察します。

こんな素敵なプレゼント、本当に
ありがとうございます。
プレゼントに収穫なんて、本当なら失礼なんですが、
是非このシリーズにUPしたくって…

というのも・・・BGMを付けたかったのです!

なんだかね、Kさんのイメージソングは
これだな〜って、思いついちゃって(^_-)

感謝を込めて、Kさんにプレゼントします!
ほのぼのして下さい~。


大草原の小さな家

[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-25 17:40 | 収穫シリーズ

藤原宮跡のコスモス

a0191728_95624.jpg

先週になりますが、お友達に誘われて
藤原宮跡のコスモスを見に行って来ました。

お天気もよく、ちょうどコスモスは満開で
カメラを構えた見物客が
たくさん訪れていました。

花と人々の間を蜂やバッタが飛び交う
長閑な秋の一日。。。
a0191728_956392.jpg


藤原宮からは 畝傍山、耳成山、香具山の大和三山が見渡せます。

香具山は畝傍を愛しと耳成と
相争ひき 神代より
かくにあるらし 古も
しかにあれこそ うつせみも
妻を争うらしき

万葉集13

藤原宮跡は
中大兄皇子のこの歌をモチーフにした
河瀬直美監督の映画
「朱花の月」の舞台にもなっていて、
奈良のロマンを感じられるスポットの一つです。
a0191728_956557.jpg


ちなみに「朱花の月」は
主人公が紅花を染める人、という
設定が気になって見にいったのですが、
紅花の赤は情念の赤、血の赤として
描かれていて、
正直な感想を言えば、私は最後怖かった。
紅花染められないよ〜
と河瀬直美監督を恨みました。。

この歌の裏には
額田王をめぐって、中大兄皇子と
大海人皇子が恋争いをした
という説があると聞くと
男女の三角関係も時が過ぎれば
おとぎ話のように聞こえる不思議も
感じたりします。
a0191728_956614.jpg


この大和三山の頂点を結ぶと
正確な二等辺三角形になるそうで、
さらにその底辺の垂直二等分線の先には
三輪山があるそうです。

他にも意味ありげな位置関係は
諸々存在するようで、
ミステリアスなその秘密を
まるで知っていて黙っているかのように
コスモスは私たちに笑いかけているのでした。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-24 08:53 | こぼれ話

公園の植物で「草木染め」@札幌西岡公園 子りす工房

a0191728_1157376.jpg

10月18日に札幌西岡公園に草木染めの講師として伺いました。

以前にもご紹介しましたが、西岡公園では
自然を生かした制作講座を定期的に開設しています。
それが「子りす工房」。

今回その大人版の講座として、企画から携わらせて頂きました。

こだわったのは、公園で拾える木の実や枝を活用すること。

それならどんぐり(みずなら)の拾える秋が良い、ということで
この時期の開催になりました。

しかし折しも、札幌は熊騒動の真っ最中。
今年はどんぐりも少ないとのことでした。

「できれば、動物たちのためにどんぐりは残してやりたい」
とは職員やボランティアさんの言葉。

大丈夫です!!

草木染めの染料として使うのは、どんぐりの実ではなく
殻斗、つまり帽子の部分。

今回は使用しませんでしたが、栗も実よりイガ、
くるみも堅実より果肉、染料には
動物たちの食糧となる部分とは別の所を使用するので
彼らと草木染めは共存共栄できるのであります。

めでたし、めでたし。と喜ぶより、
札幌住民の方々は熊と鉢合わせしないか不安の日々。
どんぐりをたくさん山に運んであげたら、
熊は大人しく帰ってくれるのでしょうか。。。



さて、話は講座に戻ります。

今回使用した植物は、みずならの実
ハクウンボク+ツルアジサイ+白樺のブレンド
ラベンダー です。

これに媒染をかけあわせて、18色の色を染めました。
それが上の写真です。

参加者の皆さんは、何を選んで染めるか
とても悩んでいらっしゃいました。
でもそれも楽しみの一つ。

a0191728_127497.jpg

公園の自然を目の前に、
皆さん、たっぷり草木染めの醍醐味を味わって
満足して頂けたようです。

参加者の皆さん、ありがとうございました。

この講座の様子は西岡公園のHPでも紹介されています。


西岡公園のHP
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-22 12:10 | ワークショップダイアリー

「天然染料の虹色染め」@shinpachiro札幌店

10月17日に「天然染料の虹色染め」を開催しました。
当日の様子をご紹介します。

シルクのレッグウォーマを黄、青、赤で段染めにします。
重ねて染めるので虹のようなグラデーションができます。

使用した染料は やまもも、だで藍、コチニール です。

①まずは色の配置を決め、マーキングします。
a0191728_20504044.jpg



②やまももで黄色に染めます。
a0191728_20523074.jpg


③こんなふうに染まります。
a0191728_2056244.jpg


④たで藍を揉んでいるところ。
a0191728_2052533.jpg


⑤たで藍で青に染めます。
a0191728_20571125.jpg


⑥空気に晒して酸化。発色させます。
a0191728_21231931.jpg


⑦最後はコチニールで赤を染めます。
a0191728_20585938.jpg


Mさんのレッグウォーマー。
「赤と青の重なったところを大きくしました。」
a0191728_21161869.jpg

Aさんはバランス良く配色。「見本みたい~。」
a0191728_21163969.jpg

Hさんは「黄色を濃く、大きく。」
a0191728_21165846.jpg

Sさんはわざと配置を逆に。
「間違って履いてるって思われるかな?」
a0191728_21171964.jpg

Kさんは・・・
この笑顔が全てを語っていますね!
a0191728_21174630.jpg



真剣ながら、終始笑いの絶えない楽しいワークショップとなりました。
これぞ、虹色効果?!

また機会があったらこのワークショップを開催したいと思います。

多くの方に、この虹色効果を体験して頂きたいな。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-19 22:12 | ワークショップダイアリー

虹糸のストール

a0191728_7525144.jpg

虹染めのシルクモヘアストールが
織り上がりました。

段染めの糸で織ると、自然に
チェック模様になります。

この糸は残り少量ですが、
mini 量り売りに出品しております。


手染め糸のmini量り売り@shinpachiro札幌店
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-16 07:47 | 手染めダイアリー

手染め糸 mini 量り売り @shinpachiro札幌店 

今週末より、shinpachiro札幌店にて
糸のmini量り売りを行います。

糸種は以下の見本をご参照ください。

☆メリノウール☆
               紅花イエロー
a0191728_971735.jpg
 
               くるみ
a0191728_982837.jpg

               どんぐり
a0191728_992167.jpg

               ばら
a0191728_910063.jpg



☆シルクモヘア☆

               虹糸(コチニール・たで藍・やまもも)
a0191728_9121684.jpg



☆ドライウール☆

               きそけい
a0191728_914044.jpg


☆バルキーリネン☆

               藤
a0191728_915016.jpg

               うばめがしわ
a0191728_9155133.jpg



☆紙糸☆

               紅花
a0191728_9171425.jpg

               紅花(淡)
a0191728_918893.jpg



追 加

☆コットンリング☆

               もみじ
a0191728_824401.jpg


☆シルクモヘア☆

               コチニール
a0191728_8253031.jpg


☆シルク手紡ぎ☆

               山椒の実
a0191728_8264654.jpg



その他、常設の糸もございます。

お問い合わせはshinpachiro札幌店まで

shinpachiro札幌店HPへ
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-13 09:33 | 草木染め糸みほん

紅花染めの作品写真が届きました

Wさんの作品も写真が届きました。
a0191728_19545750.jpg

ポーチはお母様にプレゼントされたそうです。
大小セットで旅行に重宝しそう。
きっと目にする度に、娘さんの顔を思い出し
ニッコリされることでしょうね。

下は前の月に織ったドイリー。
a0191728_19512515.jpg

Wさんの打ち込みは大変しっかりしていて
引き締まった仕上がりでしたが、
縮絨して柔らかくなりました。

a0191728_202132.gif


月曜クラスでTさんが染めた紅花の小物たちです。
a0191728_21453987.jpg

やさしいピンクに染まりました。
少しずつ濃さが違うのがいいですね。

ウールの黄色は、最初に採った黄水で染めたもの。
あざやかですね~。
ここまでこっくりした黄色に染まるとは
思っていませんでした。
紅花の花の色、そっくりです。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-06 21:51 | みんなの作品