ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ラベンダーのベーグル

a0191728_8345258.jpg

お友達がお庭で育てたラベンダーの
つぼみ入りベーグルです。

このお友達のお庭には、
大変お世話になっております。
このてがしわにローズマリー、
ラベンダーでも染めさせて頂いてます。
a0191728_9145988.jpg

でもベーグルになるとは想像もしていませんでした。

もちろん無農薬。
「きっと美味しい!」と思いついて
お気に入りのベーグル屋さんにお願いしたそうです。
貴重な1個をおっそわけして頂きました。

想像以上に美味しかったです!
ベーグル生地のほのかな甘さに
柔らかな香り。
お味は花というより、ハーブですね、やはり。
Good!(^^)

このベーグルを作られたのは、
ご近所のベーグルshop テチチさん。
とっても美味しいベーグルを女性オーナーが
お1人で焼いています。
私もこちらのベーグルは大好きです。

BAGEL Cafe Techichi

ラベンダーのベーグルはないかもしれないけれど
美味しいベーグルが何種類もあります。

住宅地の中の小さなお店です。
行かれる時は迷子にならないよう、
場所をよくよく確かめて
携帯電話必携でお出かけ下さい。
(私は迷ったひと^^;)
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-09-28 09:20 | こぼれ話

エオリアで織る手染め糸のドイリー@月曜クラス

手染め糸で織った、生徒さんのドイリー作品をご紹介します。

つづれ織りの縞模様。

同じ色数を同じ分量でお渡ししていますが、
配色に個性がでますね。
YさんとTさんの作品です。

a0191728_21303119.jpg


a0191728_21311026.jpg

エオリア・ミニには綜絖がないので横幅が歪みやすいんです。
初めてのチャレンジに、生徒さんは苦労されました。
何度も解いて、織りなおして・・・。

その一生懸命さが感じられるせいか
この歪みこそが愛おしい(^^)


こちらは、Tさんの平織りチェック模様。
a0191728_21313723.jpg

「懐かしのピンクハウス!」色です。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-09-27 22:17 | みんなの作品

手染めと糸のワークショップ 10月のスケジュール

「紅花で染めるかわいい小物」
a0191728_22352851.jpg

10月 3日(月)
11:00~12:30 終了しました

紅花で愛らしくピンクのコットンポーチを染めます。
また、同じ染料から黄色のウール糸も染めることができます。
紅花染めは火を使用しません。

材料費 600円~



「持ち寄り手染めパーティー」
a0191728_22325093.jpg

10月31日(月)
13:00~15:00 終了しました

持ち寄った草木でウール糸を染めます。
今回の持ち寄りパーティーは
参加者の皆さんに玉ねぎの皮と
柑橘類の皮を持ってきて頂きます。
集まった染料の割合で、染まる色合いが
変わってきます。

材料費 300円~


場 所  岡本教室(JR摂津本山)



手染めと糸のワークショップにご参加されるには入会が必要です。

入会初期費用 :2000円(特典制度あり)
受  講  料  :5800円/月2回

お好きなワークショップのみのゲスト参加も可能です。
ゲストの受講料は1日3500円(材料費別途)です。

お申込み、お問い合わせはメールで。
右記アドレスをお手数ですがコピペではなく
手入力でお願い致します。全て半角です。



★10月は他に、札幌にて以下のワークショップを開催します★

クリックすると紹介ページに飛びます。
 ↓

10月17日 「天然染料の虹色染め」
10月18日 子りす工房「草木染め」
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-09-24 22:35 | ワークショップダイアリー

虹色のシルクモヘア

a0191728_1823261.jpg

ワークショップの準備で虹色染めをした時に
シルクモヘアの糸も一緒に染めてみました。

さすが!シルクの発色はうつくしい。
この糸は、どんな染料で染めても品よく優しく染まるので
大好きです。

玉に巻いてみると・・
a0191728_18271783.jpg

こんなに可愛く巻けました!
色の境目の曖昧な混ざり具合がなんともスイート。


写真だとちょっと繊維が硬そうに見えますが
と~ってもふわふわで肌触りも優しいんです。

織でストールにしてみようかな。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-09-23 18:42 | 手染めダイアリー

ワークショップ「天然染料の虹色染め」@shinpachiro札幌店 ご案内

shinpachiro札幌店にて
インフォーマルですがワークショップを開催致します。

a0191728_2148351.jpg

天然染料のレインボー染めに挑戦!
色を重ねることで、虹色のレッグウォーマーを染めます。

日時  :2011年10月17日(月)
場所  :shinpachiro札幌店
定員  :5名 終了しました

今回は参加して頂ける人数がわずかで
企画段階で既に希望者が定員に達したため
インフォーマルでの開催となりました。
参加をご希望の皆様にお詫び申し上げます。

好評であれば、別の機会にまた
同内容のワークショップを開催していきたいと思います。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-09-21 21:55 | ワークショップダイアリー

北村武資展 「織」を極める

京都国立近代美術館で開催中の北村武資展に
行って参りました。
a0191728_22572346.jpg

人間国宝である北村氏の作品を実際に見たのは初めてです。
古代織の「羅」を再現した氏の技術は、
重要無形文化財に指定されていますが、
氏は今や再現に留まらず、独自の世界を創り出されています。

その繊細で軽やかな織物は、まるで天女の羽衣です。
細かい幾何学模様の連続は、始めから終りまで正確で
機に向かう緊張感が、制作60年を迎える今日まで
決して途切れることはなかったのだろうと
感じ入りました。

神々しい、でもだからと言って高飛車な印象はなく
人々が身につける衣としての「用の美」に徹しているところに
ますます感銘を受けました。

さらには濁ることのない美しい色合わせに
作品と作家の品格を感じます。
130点に及ぶ展示を2周した頃には
心が洗われたように癒されていました。

この展覧会は10月30日まで。
興味のある方は是非どうぞ。
織物の知識がない方でも、天女気分を味わえること
間違いなしです。


平安神宮に向かう鳥居を挟んでお向かいは
京都市美術館で、フェルメール展をやっています。
a0191728_23315090.jpg

この写真は国立近代美術館の4階から撮りました。
窓に向かって休憩できるスペースが何か所かあるのが、
この美術館の好きなところです。


川沿いのカフェも、これからの季節にぴったり。

a0191728_23352258.jpg

芸術の秋、到来です!
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-09-18 23:45 | こぼれ話

エオリアで織る手染め糸のドイリーⅠ@月曜クラス

12日の月曜クラスでは初めての
「織り」ワークショップを行いました。

ブレード織りを経験している生徒さんもいらっしゃいますが
織り機を使っての制作は初めてです。

と言っても、エオリア・ミニはただの板に近い(^^;)
経糸を自分ですくって、緯糸を通さなけれがならないので、
けっこう面倒な作業です。

それでも皆さん、もくもくと織っていました。
a0191728_1736240.jpg

生徒さんには同じ色数、同じ分量の手染め糸をお渡ししています。
どんな配色のどんな縞模様にするかは
生徒さんがそれぞれデザインします。
a0191728_17415942.jpg

なぜか皆、地色の茶(インド茜fe)の次はブルー系です。
クサギのブルーもマロウブラックのグリーンも
ちょっとずつしか染めていない貴重な毛糸。
やっぱり色のアピール度が違うんでしょうか?
a0191728_17454893.jpg

今回はつづれ織りできっちり織るので、
厚手のしっかりしたドイリーが出来上がります。
自宅での宿題で持ち帰ったドイリーは、
果たしてどんな縞模様になるのか、
とても楽しみです。

次回は平織りのチェック模様の予定。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-09-15 17:54 | ワークショップダイアリー

子りす工房おとなの日plus @西岡公園

a0191728_1724444.jpg

札幌市の西岡公園にて、
草木染めの講習を致します。

日時は2011年10月18日(火)9:30~12:30終了しました

西岡公園で拾い集めた木の実や枝を染料に
毛糸を染めます。

西岡公園では定期的に「子りす工房」という
体験イベントを開催しています。
今回はその大人版。
札幌市緑化協会の管轄イベントとなります。

お申込み、お問い合わせは直接、西岡公園にお願いします。

詳しくは西岡公園のブログでご確認ください。
札幌西岡公園ブログ

皆様のご参加をお待ちしております。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-09-11 17:28 | ワークショップダイアリー

紅花の憂鬱

紅花染めのワークショップを
10月以降の月曜クラスで予定しています。
その試染をしてみました。
a0191728_19271184.jpg


コットンの巾着とスカーフをピンクに
ウール糸をイエローに
一つの染料から2色を染分けられるのが
紅花の面白さです。

紅花の黄色色素は食品などにも使われますが、
不思議なことにコットンには染まりません。
その黄色色素を揉みだした後、
アルカリ水の中で再び揉むと
赤色色素を抽出できます。
この赤色色素は、加熱せずに
コットンやシルクを染めるのです。


花は黄色いのに名は「べにばな」。
やはり赤色色素こそが
紅花の本領と言っていいでしょう。
本当に華やかな色ですよね。

しかしこの美しいピンク、
実は私には、とても悩ましい色でもあります。

いったい何を染めるべき?

お金も手間も掛かるこの染料で
せっかくワークショップをするのなら、
このピンクでなくっちゃ!
と思えるものを染めてみたい。

試してみると、身につけるものも良いけど
乙女な小物がいいように思います。
この巾着はなかなかの相性と満足しているのですが、
麻だったらどうだろう?

欲深い試行錯誤は、続くのでありました。


ところでこの巾着、
見覚えのあるあなたの記憶力は素晴らしい!

北海道での収穫/綿ローンのポーチ
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-09-08 20:01 | 手染めダイアリー