ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

藍生葉染めのウール糸

a0191728_23481934.jpg

お盆前に染めた、藍生葉のウール糸です。

ストールのワークショップで刈り取った後、
バッタ襲来のシーズンとなり、
新芽が開くや否や、食害にあっていたので
とても貧弱になってしまった藍葉を集め、染めました。

藍生葉でウールを染めても
時間が経つと真っ白になってしまうと聞いていたので
今回はどうしたら色落ちしないかの実験。

藍の青が白くなってしまうのは
ウール糸に限らず
還元作用によって起こる自然現象。

そもそも藍の色素は
青い状態では繊維に入り込まず、
白藍という還元状態にして染色します。

それを酸化させて青く発色させるわけですが、
繊維が水分などを含み、
還元菌なるものが繁殖すると
藍から酸素を奪い
もとの白藍にしてしまうのです。

半年くらいで青色が定着するようなのですが、
そこの原理はよく知りません。

取りあえずは、実践あるのみ。
今回はまず生葉で染める際、オキシドールで酸化促進。
その後、①煮沸、②酢酸、③食酢、④建藍用色止め剤
でそれぞれ処理しました。

それが写真の状態。

真ん中の、一つ色味が全く違うのが、
①煮沸したもの。
これは完ぺきインジゴの色が飛んでますね。

微妙に色が違って、③食酢処理が
一番色が濃いようでした。

さて、かれこれ3週間。
比べてみました。

なぜか、色止め剤で処理したものが
一番変色しています。
う~ん、生葉染めには効かないのかな?
それとも、処理の仕方が悪いのかしら?

他のものは、大きく退色はしていません。
このまま、調査は続行です。

プランターの藍は、また新たな葉をつけ始めました。
花が咲いて、種をつけてくれると嬉しいな。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-08-29 23:58 | 草木染め糸みほん

18色の糸たち 2011Aug

8月25日の手染めパーティーで染めた18色の糸たちです。

柔らかな初秋を思わせる色から
目にも眩しい華やかな色まで
バリエーション豊かに染まり上がりました。

同じ糸でもカメラによって色が違いますね。
正直、どれも実物の色とは少し違います。
実物の色をお見せできないのが残念です。

a0191728_9245523.jpg

左から キソケイ、キソケイFe、キソケイAl、キソケイAl&Cu、
サルスベリ、サルスベリAl&Fe、ヤマモモ、ヤマモモFe

キソケイのイエローとグリーンが、驚くほど鮮やかに
染まりました。


a0191728_9251170.jpg

左から、キソケイ、キソケイFe、キソケイCu、ヤマモモ、
ヤマモモAl&Fe、ヤマモモAl&Cu、サルスベリ、サルスベリFe

こちらの糸は、ミョウバン先媒染していないものが多いです。
優しい色味に染まりました。


a0191728_9252887.jpg

左から、サルスベリCu、サルスベリAl&Cu、サルスベリ、
ヤマモモAl&Fe、ヤマモモCu、ヤマモモAl、ヤマモモAl&Cu、
キソケイAl&Fe、キソケイAl

こちらは逆にミョウバン先媒染しているものが多いです。
実際は、全体的にもう少し緑がかっています。


※Al=ミョウバン(アルミ)媒染  Fe=鉄媒染  Cu=銅媒染
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-08-27 10:11 | みんなの作品

小巻ちゃんの行方

a0191728_18525757.jpg

shinpachiro札幌店のアニバーサリープレゼントで
お客様のもとへ旅立っていった小巻ちゃん。

初めて作らせて頂いて以来、3回目。
去年は違う形体でしたが
好評につき、今年はまた、まん丸小巻になりました。

全て天然染料の手染め糸。
ついでに言うと手巻き糸。

種類も数も多くあり、いったいどんな方が
どの小巻ちゃんを選んでくれたのかしら?
何か作られたのかしら?
と、その行方が気になっておりました。

そうしたら先日、shinpachiroさんからメールが届き
札幌のアンティークショップ・レッドドットさんのブログで
ヒマラヤ杉の小巻ちゃんが紹介されていることを知りました。

小巻ちゃんは、大切にして頂いているお礼に、
遥か遠くヒマラヤ山脈やエベレストの世界を
レッドドットさんにお届したようです。

レッドドットさん、ありがとうございます。
写真もとてもステキです。
ブログにリンクさせていただきますね。

red dotさんの気まぐれ日記
8月18日の日記です。


もし他にも小巻ちゃんをお持ちの方がいらっしゃたら、
是非メールにてご連絡ください。

こんなものを編みました、作りました、
作ってないけど我が家に来た小巻ちゃんはこれです・・・etc.
お待ちしています。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-08-26 18:57 | 手染めダイアリー

持ち寄り手染めパーティー2011Aug@月曜クラス

今日は、持ち寄り手染めパーティーの第2回目。

今回は生徒さんに課題として
「植物を選ぶ時に、どんな色を染めたいか、まず決めること」
「調べたりせずに、直観を使ってみること」
という2点を言っておきました。

これは初心者の内だからこそできる、草木染めの楽しみ方です。

そんなミッションを言い渡されて、
生徒さんが持っていらした今日の植物は・・

サルスベリ(白花)
a0191728_2049457.jpg

サルスベリの花を間近で見たのは、初めてでした。
美しいですね。こんな実がなることも、初めて知りました。

こちらを持っていらした生徒さんは、
「黄色・・・やっぱりオリーブっぽい茶色!」

あれれ?ミッションは「選ぶ前に決める」ですよ(笑)
そうは言っても、色々染めたいんですよね。OKです。



キソケイ
a0191728_20504819.jpg

この植物とも、初対面でした。
黄色の素馨、黄そけい、素馨はジャスミンの和名だそうです。
こちらも緑が眩しいほど美しい。

「あざやかなグリーンを染めたい」
とこの植物を、お庭から持っていらっしゃいました。
確かに、グリーンに染まりそう!
さて、結果は?



私は先々月に剪定して乾燥した、ヤマモモを持って行きました。
a0191728_2055565.jpg

山桃、楊梅、山桜桃
色々な漢字を持つ植物です。
草木染めの世界では、その樹皮は大変優れた染料として
「渋木(しぶき)」の名前で使われます。

「チャコールグレーを染めたい」
んだけど・・・ゴメン!!
だいたいどんな色に染まるか知ってます(^^;)
でも実際に葉っぱで染めるのは初めて。
どんでん返しはあるのか?


ということで、
これは染め上がった糸の一部です。
a0191728_20573262.jpg


生徒さんは目的の色を、getできました。
私の欲しい色は、生徒さんが染めてくれました(笑)
全ての色は後日公開!
お楽しみに。




おまけ画像。
こ、これは!
リメイクバッグのツーショットだ~♪
a0191728_2242980.jpg

[PR]
by tezome-to-ito | 2011-08-25 21:59 | ワークショップダイアリー

シリーズ☆*:.。.北海道での収穫 「とうもろこし(の皮)」

北海道でのこの夏の収穫をご紹介してきましたか、
いよいよ最後にご紹介するのは

「とうもろこしの皮」(^^)

a0191728_1805386.jpg


写真は煮出した後。
ということは、もちろん
染めましたとも!

夏といえば、大通り公園の「焼きとうきび」が
やはり札幌の定番です。

とうきびおばさんの屋台には寄れなかったものの
リニューアルされた新千歳空港のお土産屋さんで、
朝もぎたてのとうもろこしを10本買って帰りました。

外側の皮をむこうとする店員さんに慌てて
「そのままで(^^;)」 とお願いすると
「汚い皮は嫌がるお客様が多いので・・・」

はいはい、そうですよね。
「でも私にとっては皮も大事なの!」
とは言わず、
「お手数ですから、そのままで・・・」
なんて言ってみました。
いや、説明している時間がなかったものですから。

半分はいつもお世話になっているお隣さんへ。
我が家の分はすぐに茹でて家族で頂きました。
もぎたて、美味しかったです~。

そして皮は写真の状態へ。

濃い色には染まらないと聞いていたので
ウール糸をほんの少しだけ、染めました。

a0191728_182566.jpg


コーンクリームスープのような優しい黄色に染まりました。
お隣さんの皮も頂いて、もっとたくさん染めればよかったなぁ。

またの機会を楽しみに待つことにしましょう。


さて、昨日一昨日とBGMをお贈り?したので
今日もなにか用意しようと探してみました。

北海道を代表するこのバンドのこの曲で
シリーズを締めくくることにします。


GLAY/またここであいましょう



GLAYや私にとっての 「ここ」 は、やっぱり北海道なのかな?

人はそれぞれの 「ここ」 をきっと胸に抱いているんでしょうね。
あなたの 「ここ」 はどこですか?
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-08-22 19:12 | 収穫シリーズ

シリーズ☆*:.。.北海道での収穫 「翼の王国」

3つ目に紹介するのは、全日空の機内誌「翼の王国」。

BGMは葉加瀬太郎さんのanother sky♪

この曲を口ずさめる方は、マイルが相当貯まっているかも(笑)
口ずさめない方は、この記事の一番下に行ってみてね。

a0191728_22162299.jpg

機内誌は、「翼の王国」に限らず、
飛行機を利用する時の楽しみの一つです。

国内外のトラベルリポートやショップ情報、
歴史、芸術、文化から科学、小説、と
幅広い分野の記事が美しい写真や挿絵を伴って
ぎっしり詰まっています。

これだけのものが無料だなんて!
(まぁ、航空運賃に含まれてはいるのでしょうが)
いつも、関心して隅々まで目を通します。

とは言え、さすがに家まで持ち帰ってくることは
めったにありません。

それが今回わざわざ持ち帰り、
こうしてブログに「収穫」として紹介するのは
たくさんのインスピレーションをこの1冊から
頂いたからです。

あ、こんな作品作りたい!
この色合わせきれい~!
これって、あれに生かせるかな?

小さな宝箱を頂いた気分でした。

まだ何ひとつ具体的にはなっていないのですが
大切なヒントを忘れないように・・・。

全日空さん、ありがとう。





ANA機内放送ビデオ。another skyが聴けます。
   ↓


働く人って美しいですね。
こういう映像って好きです。。。って
完全にANAの戦略にハマっている私。。。

決してANAの関係者でも、回し者でもありません(^^;)
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-08-20 22:46 | 収穫シリーズ

シリーズ☆*:.。.北海道での収穫 「綿ローンのポーチ」

北海道での収穫シリーズ。

今日は 「綿ローンのポーチ」 をご紹介します。

BGMは『北の国から』
る~る~~るるるるる~♪
※注 ブログからは流れません。
  皆さん、ご自分で口ずさんでください(^^)

a0191728_1544568.jpg


昨日に引き続き、shinpachiro札幌店で開催中の
「MUMINS! & MARIKO 作品展」
からの一品。
MUMINS! のメンバーSさんの作品です。

アンティークレース付きの清潔感あふれるポーチ。

撮影の際、コチニールの原毛を中に入れてみました。
薄っすら赤みが透けて見えて
それがなんともロマンチック。

こうして真っ白なままでも素敵なのですが、
草木染めでいろいろな色に染めたら
きれいだろうな。。。


MUNINS! はお二人の作家さんユニット。
Sさんはこの他、帆布のバッグや口金ポーチなど
おしゃれな袋ものを作品展開されています。

もうお一人は、デンマークのホワイトワーク
HEDEBO刺繍の作家 Mさんです。
a0191728_16354716.jpg

写真は3年前に購入させて頂いた作品。
リネンの布をカットしながら刺繍してあるのが分かりますか?
こんな繊細な作業には
いったいどの位時間がかかるのだろう、と
ひたすら respect しております。

ユキ・パリスさんについて教えていただいたのも
この方からでした。
そういえば、まだ行っていない。。
京都のユキ・パリスさんの美術館。。。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-08-20 16:52 | 収穫シリーズ

シリーズ☆*:.。.北海道での収穫「紙糸の帽子」

北海道での滞在中に、いくつかの買い物をしました。

カニやウニはさて置き、染めや手づくりに関連したものを
順次ご紹介していきます。

今日は「紙糸の帽子」
a0191728_11152536.jpg

shinpachiro札幌店で開催中の
「MUMINS! & MARIKO 作品展」
で購入したMARIKOさんの作品です。

見事にすっぽり顔を覆うこのデザイン、
日差しの強い奈良の夏には最適。
しかもとても軽くて涼しく、ストレスフリー。
シンプルで優しい大人の色かたちも
とても気に入りました。

MARIKOさんの作品は、今までも何度か見せて頂いています。
私の染め糸でも作品を編んでくださっているのですが、
その丁寧で配慮の行き届いた作品からは、
編み物が大好き!
というMARIKOさんの愛情をいつも感じます。

そして、その指先を糸が嬉しそうに滑っていく様子が
思い浮かぶのです。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-08-19 10:12 | 収穫シリーズ

手染めと糸のワークショップ 9月のスケジュール

「エオリアで織る手染め糸のドイリー・Ⅰ」
a0191728_12151249.jpg

9月12日(月)終了しました
13:00~14:00 終了後coffeebreakがあります。

簡易手織り機のエオリアを使用して
10cm角の横縞ドイリーを織ります。
緯糸(よこいと)に手染めウール糸を使います。
緯糸をしっかり打ち込むことで、
経糸(たていと)が見えない仕上がりとなります。


「エオリアで織る手染め糸のドイリー・Ⅱ」
a0191728_12174721.jpg

9月26日(月)
13:00~14:30 終了後coffeebreakがあります。

Ⅰ同様、エオリアを使用します。
経糸緯糸ともに手染めウール糸を使います。
緯糸を経糸と同じ密度に打ち込み
チェック模様の作品を織ります。



2回続けての参加をお勧めします。
材料費 各回250円~

場 所  岡本教室(JR摂津本山)



手染めと糸のワークショップにご参加されるには入会が必要です。

入会初期費用 :2000円(特典制度あり)
受  講  料  :5800円/月2回

お好きなワークショップのみのゲスト参加も可能です。
ゲストの受講料は1日3500円(材料費別途)です。

お申込み、お問い合わせはメールで。
右記アドレスをお手数ですがコピペではなく
手入力でお願い致します。全て半角です。



★10月の予告★

10月3日 持ち寄り手染めパーティー ← 日程変更しました
10月31日 紅花で染める かわいい小物たち

詳しくは9月下旬にお知らせ致します。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-08-18 12:20 | ワークショップダイアリー

北海道の車窓から

a0191728_2124011.jpg

民族の大移動の風習に従って、里帰りして参りました。

短い旅程ではありましたが
私としてはとても充実したひと時を
過ごせたように感じています。

お墓をお参りしたり、実家を訪ねたり、温泉に行ったり
レンタカーでの移動が大半でした。

その道すがら車窓から眺めた
緑の中を走る高速道路や
雨の落ちる蒼鼠の海や
道端でゆれるイワミツバや山萩

そんな何気ない風景の中で
私の少し歪んだ背骨が
カチ カチ と音をたてて矯正されていきました。

そうでした。
私の気骨はmade in 北海道。

生まれた土地に帰るって、こういうことなんだ。
ご先祖さまをお参りするって
こんな風に自分を振り返ることなんだ。

そんなことを思う3泊4日の旅。
背筋がきちんと伸びました。

おまけにジンギスカンだ!カニだ!
と、観光客さながらに北の食を満喫し、
空いた時間にshinpachiro札幌店や
お友達を突撃訪問。

迎えてくれる人がいるって、ありがたいです。
感謝!

今回お会いできなかった方とも
またいつか、お会いできるかな。

そして関西の皆さん、ただいま!!

リフレッシュしたので
明日から溜まったお知らせや情報を
どんどんUPします。

お楽しみに。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-08-17 21:38 | こぼれ話