ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

カテゴリ:こぼれ話( 114 )

割り箸でアートヤーン

まきもの工房さんの新しいアトリエ
「紡」に行ってきました。
a0191728_8133525.jpg

a0191728_8133672.jpg


上本町のシェアオフィスビル。
オープンイベントの販売とワークショップは
共同スペースでの開催です。

お弁当箱と割り箸の糸紡ぎに参加してきました。


a0191728_8133623.jpg

a0191728_8133714.jpg

好きな素材をまずお弁当箱に詰めます。
原毛もブルーフェイスやチェビオット、
キッドモヘアなど
色々な種類や色がありましたが
竹や大豆繊維といった珍しい素材も。

カーダーにかけて
バッツにしたのがこの状態。
a0191728_8133972.jpg


ロマンチックな色合いにしてみました。

ネジネジしながら割り箸に巻きつけます。
なるほど〜。
時間はかかるけど
これなら誰にでも紡げます。

昨日は1年生の女の子も参加。
黙々と紡いでいました。

できた糸を撚糸と糸車で撚り合せ
2本取りにしたら
アートヤーンの出来上がり。
a0191728_8133855.jpg

人により素材の組み合わせが異なると
出来上がりが全く違うのが面白い。

私はループ糸と合わせてみました。
a0191728_8133829.jpg

教えて下さったケイティ先生
ありがとうございました!
とても楽しかったです。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-07-05 07:42 | こぼれ話

南高梅の梅ジュース

今年も梅の実の季節がやってきました。
紀州南高梅で
梅ジュースを作ります。

3キロの梅の実が届きました。
奈良は良い実が手軽に入手できます。
ありがたやありがたや。
a0191728_11545622.jpg



子ども達が好きなので
ほぼ毎年作っていますが、
レシピは20年位前の雑誌の切り抜き。

どこかのおばあちゃん秘伝の?レシピは
まず一晩水に浸ける。
そして焼酎で洗います。

この方法でカビが出たことがありません。
でも昨年は何故か
発泡酒のようにアワアワになってしまった。

それでも美味しくできたけど
殺菌は入念に。
a0191728_11545869.jpg

瓶の殺菌をヘルシオでしてみました。
これ便利!

もう一つの瓶には
まだ古い梅の実が残っています。
パープルクイーンという小梅。
a0191728_11545724.jpg



これは2年前の梅の実。
ジュースはなくなっても実は残る。
時々お弁当に入れたりしてます。
a0191728_1154586.jpg



こっちは5年前の梅の実。
◯田酵素なみの超熟状態。
健康に良さそうなので
おやつにつまんでます。
a0191728_1154599.jpg



さて、今日は1日梅仕事です。









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-06-20 11:26 | こぼれ話

絣の美 弓浜絣のワークショップ

a0191728_7311147.jpg

大阪日本民芸館で
弓浜絣のワークショップを受講しました。

弓浜絣は鳥取県の伝統織物。
使われているのは伯州綿という綿で
弾力があることが特徴だそうです。

その綿から種を除く工程をまず体験。
a0191728_7311666.jpg

艶のある綿がとれました。
a0191728_7311990.jpg

それをこんな棒状にしたものを
糸車で紡ぎます。
a0191728_7312099.jpg

こんな糸になります。
a0191728_7312513.jpg

糸車。
a0191728_7312757.jpg

綿を紡いだのは初めてでした。
ウールよりも軽く引き出せる印象です。
綿の紡ぎもウールに負けず楽しい。
a0191728_7312945.jpg

鳥取からやってきたこの高機で
緯絣織り体験もさせて頂きました。
a0191728_7313085.jpg

筬柄を吊るしている棒が角のよう。
経糸が斜めなのと、
着尺を織る機にしてはコンパクトなのが
特徴でしょうか?
a0191728_7313261.jpg

弓浜絣は型を使った絵絣で有名です。
a0191728_7313366.jpg

会場で使用していた座布団も
もちろん弓浜絣。
a0191728_7314182.jpg

こういう絣も素敵です。
a0191728_7314273.jpg

ワークショップは終了していますが、
弓浜絣の展覧会は7月まで開催しています。

どれも素晴らしい絣です。
こんな絣!織ってみたい‼︎

弓浜絣の制作工程を紹介するDVDも
放映されています。
想像を超える繊細な作業に
唸りました。

こんな絣…ちょっとやそっとじゃ織れない(^^;;

心をくすぐる
素朴で繊細な和の美に
いつか挑戦できるかな?

頂いてきた種は植えてみるつもりです。

a0191728_7313549.jpg


a0191728_7313931.jpg











.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-06-08 06:49 | こぼれ話

heguri rose 平群ローズ

a0191728_15562283.jpg


母の日のお花を送るために
隣町のHEGURI ROSEさんに行ってきました。

あまりに素敵な薔薇たちに迎えられ
つい自分の分も
買ってしまいました。

薔薇ってどうしようもなく
魅力的です。

すっかり心を奪われる…。

a0191728_1556232.jpg











.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-05-06 15:45 | こぼれ話

Tさんから届いた桜便り

各地で開花宣言があり
桜の名所は賑わっているようですね。

十色の会メンバーのTさんから
溢れんばかりの桜の写真が届きました。

ご近所の小学校の桜。
a0191728_9532989.jpg


氷室神社の桜。
a0191728_9533078.jpg

a0191728_9533061.jpg


Tさん、ありがとうございます。

奈良は今日あいにくの雨。
でももう寒くはない。
この雨で、球根の花たちも一気に咲き出しそう。

a0191728_15145586.jpg








.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-29 09:46 | こぼれ話

サントリー山崎蒸留所

a0191728_2185668.jpg

マッサン効果で何かと話題の国産ウイスキー。
興味津々で特集番組を観ていた夫を誘って
大山崎山荘美術館と合わせ
サントリー山崎蒸留所へ行ってみることにしました。

新成人となり、
晴れてお酒を飲めるようになった長男と
夫はティスティングセミナーに参加。
私は運転手なのでティスティングはできませんでしたが、
蒸留所内の見学はすることができました。

a0191728_2191585.jpg

麦芽から搾ったジュースのタンク。

a0191728_2191994.jpg


a0191728_2192046.jpg

この樽は発酵する為のもの。

a0191728_219241.jpg

そしてポットスチルで蒸留します。

a0191728_219272.jpg

色々な形があるのは
様々な風味に仕上げるために
わざと違う形にしているそうです。

a0191728_2193082.jpg

流れる原酒はまだ透明。

a0191728_2193028.jpg

樽に詰めて熟成させ
琥珀色になっていきます。

a0191728_2193189.jpg

そして年数を重ねると
樽の中はこんな風に減っていくんですね。
これが所謂、天使の分け前。

a0191728_2193423.jpg

この樽のナンバーは0001。
そう!
この蒸留所で最初に作られたウイスキーです。
90年もの間、眠りについたウイスキーって
どんな味なんでしょう⁈

a0191728_2193445.jpg

蒸留所の外には
こんこんと湧き出る泉がありました。

a0191728_2193533.jpg

ウイスキー館のウイスキーライブラリー。

a0191728_219358.jpg

a0191728_2193917.jpg

有料のティスティングカウンターや
展示、ファクトリーショップは
予約なしでも利用できます。

a0191728_219392.jpg

お天気が良かったこともあり、
大山崎蒸留所には多くの人が訪れていました。
予約制のガイドツアーやセミナーは
どれも満席という人気ぶり。

海外からのお客様もいらしたようです。

ティスティングセミナーは
とても充実したものだったようです。
我が家の男子は
味の違いはあまり分からなかったそうですが。
すっかりご機嫌で、
「氷はウイスキーを注ぐ前に回すんだ」
とか
「トワイスアップという飲み方は美味しいなあ」
とか、しばらく話は尽きませんでした。


3月15日に蔵出ししたばかりという
「響」を思わず買ってしまいました。
a0191728_2194339.jpg



ちなみにシングルモルトの「山崎」に対し
「響」はブレンデッドウイスキーなのだそうです。
どんな味なのか
我が家でティスティングしてみましょうかね。












.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-18 18:12 | こぼれ話

ひつじ展OSAKA

ひつじパレットでお世話になった
まきもの工房のじじさんが主催された
ひつじ展OSAKAに行ってきました。
a0191728_816393.jpg

ひつじ牧場の一年を紹介しながら
25名の紡ぎ作家さんの作品を展示販売。
a0191728_816365.jpg

種類の違う羊毛を触ったり
実際に紡いだり
楽しく学ぶことができます。
a0191728_816448.jpg

じじさんのフンワリした雰囲気が
ひつじの展示と相まって
何とも居心地のよい展示会。
お客様が途切れることなく
和んでいるのが印象的でした。
a0191728_816750.jpg

ひつじ展は東京、大阪に続き
名古屋でも開催されるそうです。
a0191728_816835.jpg

じじさん作のアルパカ紡ぎ糸と
清野工房のマフラーを
買ってしまいました。
a0191728_816859.jpg

じじさんの糸、とってもフンワリ素敵。
手染め糸と併せて
マフラーを織りましょう。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-02-24 07:58 | こぼれ話

解読不能につき

a0191728_1329365.jpg


街角で素敵な織物に出会うことがあります。

「どんな組織なんだろう?」

じ〜っと見つめて目で解読する。

電車の中で、じ〜っ
ショーウィンドウの前で、じ〜〜っ
展覧会の作品の前で、じ〜〜〜っ

時には前を歩いている人のマフラーを解読するために、
探偵まがいの行動にでます。

「ごめんね、
あなたを尾行しているんじゃないの、
ホシはその素敵なマフラーなの。
できれば何処で買ったか教えて欲しい。」

などと心で呟きながら
じ〜っ
目コピを果たします。


たぶん手織りをしている人なら
似たような経験はお持ちじゃないかしら?
何事も学びのためです。
お許し下さい。


先日は本屋の雑誌コーナーで
目コピ対象物に出会いました。

雑誌の付録のポーチの生地が
とてもかわいい。

じ〜っ、3分。

一周して戻って、じ〜っ、3分。

本来買うべきものを買って戻って、じ〜〜〜〜。
完全に怪しい。限界だ。
買って帰ろうか?
でもこれだけの為に買うのもなぁ。


買わずに帰って
色鉛筆で目コピの再現を試みるも失敗。

気になる
気になる
気になる

結局本屋に戻って、買いました。
これでスッキリするわ!

と思いきや
でもね〜これがね〜なんとね〜
現物目の前にしても
未だ解読不能なんです。

黒い太い糸に見えるところが
実は細い糸が交差していて
陰にも糸が渡っていたり
結構複雑。

段染め糸の効果や
糸の並びもランダムで
繰り返しも見つけられない。

切り刻んで調べたい衝動を抑え
バッグinバッグで使用中。








.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-01-21 12:52 | こぼれ話

こいつは新春から縁起がいいわえ

a0191728_12102318.jpg


父のお墓参りに行くところです。

奈良は昨夜から積もるほどの雪。
新幹線も雪の為に60分の遅延です。

しかし関東地方はこの快晴。

新年らしい見事な富士山を皆さまに。








.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-01-02 11:56 | こぼれ話

2014年の〆

ただいま新千歳空港です。
天候は快晴。
a0191728_15132368.jpg

2泊3日の里帰り。
定山渓温泉に泊まってきました。

今朝の定山渓は雪でしたが、
千歳は一転して晴れです。

早く着いてしまったので、
スーパーラウンジを初めて利用しています。
静かで今日が大晦日だということを
忘れてしまいます。
なかなか居心地よい所ですね。

さて皆さんにとっては
どんな1年だったでしょうか?
振り返ってみると
私にとっての2014年は、
忘れがたい転換の1年になりました。

自分自身の仕事の幅が講習のみならず
レシピ制作に広がりましたし、
草木染めの十色の会も始まりました。

染織の研修で北欧に行ったことは
青天の霹靂。
去年の私なら思い切れなかった。

生徒さんから初めて
資格修得した方が現れました。
しかも二人も!

家族もそれぞれに節目を迎え
年の始めと終わりでは
全く違う生活をしています。

そんなあれやこれやは
日常の中に埋もれて
あまりにも凡庸に通り過ぎていましたが
こうして改めて振り返ると
大した1年だったじゃないかと思います。

しっかり記憶に刻んで来年に進みましょう。

そしていつも感謝の心を忘れず
謙虚に志を持ってまた頑張ります。

皆さま、1年間ありがとうございました。
皆さまのもとに大きな福が訪れますように。

a0191728_15132431.jpg

*定山渓岩戸観音堂のからくりおみくじ










.

[PR]
by tezome-to-ito | 2014-12-31 14:31 | こぼれ話