ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

カテゴリ:こぼれ話( 121 )

しろくま鍋を私も作ってみました。

a0191728_16314472.jpg

今、話題のしろくま鍋に挑戦してみました!

だいこんは3/5位使ってます。
水をきってから形にしたら
意外に簡単にしろくまになりました。

しろくまの下は白菜と豚肉のミルフィーユ鍋です。

さすがに蓋をしないと煮込めなかったので
写真を撮った後
しろくまには潜って頂きました。

たっぷりの大根おろしで
味もとても美味しかったです。


こちらは寺本先生のクリスマス会での雪だるま鍋。
a0191728_16314588.jpg


行けなかったので写真を送ってもらいました。

大根おろしアートは色々楽しめますね。














.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-12-26 16:18 | こぼれ話

逃げはじ思いながら原毛を洗う!生きねば!

a0191728_12532654.jpg

「逃げはじ」終わっちゃいましたね〜。

何気なく見始めた1話から
ハマりにハマって見てました。
見逃してないのに見逃し配信を観たり
公式HPやSNSをチェックしたり
ついにはBBSの書き込んでみたり
これは…これは、もう…!(バッグに「恋」が流れてます)

今や日常の全てが逃げはじパロディ(笑)

私的には完全に満足できる最終回だったので
ロスではなく
元気を貰ってお仕事してます。

先週の水曜は衝撃のラストで辛かった〜。
そして自分の気持ちを因数分解して
自分なりの答えを見つけた時に
「逃げはじ」の深さをまた知った。

結婚して四半世紀も過ぎると
見ないふり、悟ったふりしたりして
もやもやを言葉にしないままでいることが
たくさんありました。
それを見事に問題として提起して
考えさせてくれたドラマでした。

心に響く言葉がいくつもあって
そのNO.1が
主人公みくりの母、桜ママが言った
「意思が無ければ続かないのは
仕事も家庭も同じじゃないかな」

みくりの叔母ゆりちゃんの
「どんな仕事も大事なのは相手への感謝とリスペクト」

このドラマって
仕事も結婚も同列に語っていて
結局は「生き方」だ!って言ってる。

最終回で、みくりとやっさんの
「生きよう!」「生きねば!」

平匡さんの
「めんどうくさいを避け続けると限りなく死に近づく。生きるってめんどうくさいこと。」

何気ないセリフにも
メッセージがいっぱい詰まっていて
登場人物は皆んな何かしら悩みやコンプレックスを抱えながらも
真摯に生きていて
共感できるし応援できる。
それが観ている自分や自分に関わる人への
愛情に変換されていくんです。
本当に観る価値のあるドラマでした。

あのシーンが泣けたとか
TBSとNHKの面白ろ過ぎるシンクロとか
時の人となった星野源現象とか
ガッキー本当にかわいいとか
息子が語り出した今時の若者の結婚観とか
語りたいことは多々あるけど
あり過ぎるんで語れません!

続きを延々と語る自分を妄想しながら
今日はラッキーガーデンさんから頂いた
原毛を洗います。

皆さん!
生きよう!
生きねば!













.



[PR]
by tezome-to-ito | 2016-12-21 11:49 | こぼれ話

ナナツモリさん出張撮影

a0191728_17365775.jpg

おや!かわいいカメラマンさんが!

そのカメラの捕らえているものは
a0191728_17365737.jpg

奈良教室の皆さんです。

今日はナナツモリのカメラマン川本さんに
教室風景を撮影して頂きました。

a0191728_17365813.jpg

皆さんが織った課題は
ウォールデコレーションのクリスマスバージョンや
マフラー。
a0191728_17365980.jpg

a0191728_17365942.jpg

a0191728_17370037.jpg


6年ぶりにプロフィール写真も
撮って頂きました。

これらの写真は
楽習フォーラム推進協議会に依頼を頂いた
HPの記事の中で
掲載される予定です。

和気藹々としたいつもの雰囲気で
撮影は楽しく終わりました。
どんな写真が上がってくるのか
楽しみです。

この日のために
日頃怠りがちな美容情報を
その道のプロSさんに伝授して頂き
万全を期して?臨んだ私の写真も
恐ろしい〜けど楽しみです。

原稿はこれから書きます。
掲載は来年かな?
その時はまたお知らせします。

前回のプロフィール写真は
ナナツモリオーナー田村さんが
とても綺麗に撮ってくれて
好評だったのでまたお願いしたところ
今回は川本さんが出張してくれました。
カメラを構える姿が可愛くって
自然と微笑んじゃう。

遠いところ出張して頂き
川本さん、ありがとうございました!

奈良教室の皆さん
ご協力ありがとうございました!

衣装からファンデに至るまで
相談にのって頂き
撮影にも参加して下さったSさん
ありがとうございました!



ナナツモリさんは
河合町でカフェとギャラリー、
写真教室もされています。

ナナツモリさんのHPはこちらから。












.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-28 17:24 | こぼれ話

箕輪先生の布草履と刺繍ワンピース

昨日はインバウンドカルチャーガイドスクールの
布草履講習があり
お手伝いで神戸山手大学に行ってきました。

こちらは参加者の皆さんの作品。
a0191728_09114130.jpg


インバウンドって、
この頃はニュースなどでも耳にしますが
外国人の訪日旅行を意味すると私が知ったのは
最近のことです。

こういう言葉が
市井の人間である私にも聞こえてくるってことは
それだけ訪日旅行者の日本に及ぼす影響が
広く浸透してきたということなのでしょう。

今回の講習は
政府主導の政策の一環で
インバウンド事業の担い手を育成する
スクールの1講座らしいです。

そして私的には
箕輪先生の刺繍のワンピースに
釘付け。
a0191728_09114274.jpg

箕輪先生は今、
刺繍がマイブームのもよう。

そういえば刺繍入りのお洋服を
今年はお店でよく見ます。
もしかして世界的にブームなのかな?











.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-27 08:52 | こぼれ話

Tさんタ から頂いたささ編みルームシューズ

a0191728_10001040.jpg

下田直子さんのささ編みワークショップに
誘ってくれたTさんから
先月、一足はやいXmasプレゼントを頂きました。

このルームシューズ欲しいなぁ
なんて話をTさんにしたら
ぽんッと出来上がって届きました。
ミラクル〜〜。

昨日はこのルームシューズを履いて
編み物にいそしみました。
こういう季節になりましたね〜。

ぽっかぽかのプレゼントをありがとう!
気のはやいTサンタに感謝!!










.




[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-04 09:51 | こぼれ話

「君の名は。」の糸の話がいいんです。

a0191728_10024579.jpg

映画「君の名は。」を観てきました。
とても話題になっていますよね。
ほぼ日新聞で糸井さんが
行ってきた、と書いていたので
私(の年代)も行ってもいいのかな、と。

客層は体育祭の振替休日の小学生から
シニアカップルまで
私の心配をよそに
広い年代に渡っていました。

どこが人気の理由なのかと問われれば
この世とこの世じゃない世との融合というか
共時性が、日本人の
自然信仰心を刺激するからなんだと思う。

ちょうど日曜日の新聞で読んだ
村上春樹の特集の中で村上文学について
「『現実世界がそのまま異世界に繋がっている』
という感覚は、実は
日本の伝統的な文学に近い」
「現実と非現実がぴたりと
きびすを接するように存在している、
これは日本人の一種のメンタリティーの中に
元来あったこと」
という言葉があって、
「君の名は。」にあるものも同じで
日本人の伝統的なメンタリティーなんだ
と思いました。

そして今夜眠っている間に
違う誰かと入れ替わって、
知らない間に世界を助ける一役を買うのかも、
なんてことを思う私も
伝統的な日本人そのものなんでしょう。

そしてこの物語の
重要な小道具が糸だったことに
心わしづかみ。

〝よりあつまって形を作り、
捻れて絡まって、時には戻って
、途切れ、またつながり。それが組紐。
それが時間。それがムスビ〟

ヒロインの祖母のこの言葉を
もう一度聴きたくて読みたくて
小説版をダウンロードしました。

久々に寝不足の朝の予感…。



さてそんな私の糸仕事。
a0191728_10024628.jpg


十色の会のベニバナの黄水で
ウールの電子レンジ染め。

伝統的メンタリティーも情緒も感じられないけど
重い鍋も火も使わず
案外に体に優しい。

きれいに染まった「黄味」の名はベニバナ。笑












.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-10-04 10:02 | こぼれ話

東華菜館 本店にて

所用で京都の東華菜館へ行ってきました。

a0191728_08501710.jpg


四条大橋鴨川沿いにある
古い中華料理店です。

ヴォーリズが設計したということで
建築物としても有名です。

a0191728_08501877.jpg

現存する国内の現役エレベーターの中で
最も古いものだそうです。

a0191728_08501808.jpg

館内はディテールも調度品もレトロ。
ヴォーリズがデザインしたもののようです。

肝心なお料理も
食べやすいお味でとても美味しかったです。

a0191728_08501987.jpg














.










.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-09-04 08:33 | こぼれ話

今年の梅仕事

a0191728_18004286.jpg

美味しくなぁ〜れ!












.
[PR]
by tezome-to-ito | 2016-06-26 17:59 | こぼれ話

西大寺清浄院の薫風祭に行ってきました

a0191728_17125497.jpg

JRと車での移動が多い私は
近鉄を利用することは
ほとんどないのですが
今日は難波に用事があり
近鉄を久々に利用し
大和西大寺まで行ってきました。

駅ナカがとっても充実していて
おしゃれな駅から向かったのは
西大寺清浄院。

今日はここで
手作り作家さんたちのイベントがあり
アトリエkisaragiさんが出展されていて
伺いました。

a0191728_17125537.jpg


kisaragiさんのブースには
色鮮やかな草木染めのストールと
裂き織りポットマットが並びます。

kisaragiさんのお母様は
九州のご出身とのことで
熊本の被災は他人事ではなく
いち早く行動に移されました。
今回のポットマットの売り上げは
全額寄付されるそうです。
a0191728_17125547.jpg


清浄院と西大寺の本堂で
私も被災地の復興と
亡くなられた方のご冥福を祈りました。

a0191728_17125512.jpg

藤の花が咲き
優しく癒してくれました。













.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-04-23 16:57 | こぼれ話

永楽展、琉球のきもの展、AVRIL &恵文社

予定していた今日の講習が延期になったので
京都ふらり旅を決行してきました。

まずは高島屋で開催中の
永楽展と琉球きもの展を観覧。
a0191728_17311288.jpg



陶芸の永楽は17代、
紅型染めの城間家は15代が当代。

永い歴史の中、技を護り磨いた先代の仕事は
それぞれ個性があって素晴らしい。
それを引き継ぐ当代の手仕事がまた美しい。

次代の継承者が双方にいることに
ホッとしました。
日本の伝統って
親族継承でどうにか護られているものが多いけど
廃れてしまうものも
多いですから。

a0191728_17311271.jpg



琉球きもの展では
花織もたくさんあって
福木や椎の木の草木染めが
本当に美しく見とれました。

残念ながら撮影禁止なので
チラシでごめんなさい。

a0191728_17311391.jpg


その後は一乗寺まで足を延ばして
新しいAVRILに行きました。
a0191728_17311356.jpg


a0191728_17311350.jpg

三条のレトロなお店がなくなったのは残念だけど
ここはコンパクトで買い物はしやすい。
他では入手できないステンレス糸を買いました。


ここまで来たら当然
恵文社一乗寺店には寄るでしょう!
a0191728_17311359.jpg

最近手織り資格コースを始めた出版社勤務のKちゃんが
「紙にこだわりたい」と
熱く語る気持ちがここに来ると分かります。
うん、私も紙が好きです。

これだけ回っただけなのに
もう日が傾いてしまった。
a0191728_17311398.jpg


本当アカツキコーヒーさんに寄りたかったけど
ここから帰宅に1時間半…

今日のところは
叡山電鉄に乗って帰ります。
a0191728_17311467.jpg












.




[PR]
by tezome-to-ito | 2016-04-15 14:11 | こぼれ話