ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

カテゴリ:How to( 1 )

エコ利用!ブレード織りの織り方

a0191728_103424.jpg

材料 : 食品トレイ 又は 空き箱、定規2本、
     糸2色(撚りの甘いものは不向きです)
     ストロー2本

※下記の「手順」では、経糸Aは茶色、経糸Bと緯糸はベージュを使用。
 

手順
   
1.食品トレイや箱はテープで補強します。
2.経糸(たていと)Aを4回トレイに巻きつけます。
  スタートは左下(右下)から。スタートしたところで結びます。
a0191728_10245794.jpg

3.経糸Bを写真のように5回巻きつけます。
  スタートは左下(右下)から。糸Aの左で2回、真ん中で1回、右で2回。
  スタートしたところで結びます。
a0191728_10243936.jpg

4.裏はこうなります。
a0191728_1025858.jpg

5.ストローを2つに切り、糸を通して抜けないようにテープで留めておきま
  す。
  1組目は織り始め手前、もう1組は裏の奥に綾を取って抜けないように
  結びます。
a0191728_10252641.jpg

(写真は織り進んだところですが、実際にはこの段階はまだ織り始めません。)
a0191728_10254354.jpg

6.経糸2,4,6,8番を定規ですくい、糸をそれぞれにかけて糸ソウコウ
  を作ります。
a0191728_10255499.jpg

7.6の定規を抜き、経糸1,3,5,7,9をすくいます。
  この定規はこの後、最後まで抜きません。
a0191728_1026473.jpg

8.経糸1,3,5,7,9をすくう時は奥の定規を立てる、
  経糸2,4,6,8をすくう時は糸ソウコウを持ち上げる、
  この時できる隙間に緯糸(よこいと)を通し、もう1本の定規で押さえま
  す。
  この作業を繰り返します。
a0191728_1173621.jpg

a0191728_1128757.jpg

9.経糸の隙間が狭くなってきたら、織り上がりを裏に回していきます。
a0191728_10261428.jpg

10.なるべく長く織りたい時は、織り始め手前のストローを抜きます。
a0191728_10263584.jpg

11.経糸を切り離して始末します。
a0191728_10264913.jpg




ブレード織りの織り方に関するお問い合わせは、ブレード織りワークショップにご参加された方に対してのみの対応とさせて頂きます。

また、このレシピのご利用は個人的な楽しみに限らせて頂きます。
講習などでの無断利用は固くお断り致します。

[PR]
by tezome-to-ito | 2011-02-14 11:56 | How to