ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

カテゴリ:草木染め糸みほん( 25 )

ベニカナメの新作糸

a0191728_15085712.jpg

十色の会のKさんが
「お庭のベニカナメを剪定したので」
とわざわざ持ってきてくれました。

a0191728_15085756.jpg


煮出した段階では
液にはあまり赤みがありません。
こういう場合は放っておくことを山椒で覚えました。

1週間ほどすると少し赤みが出たところで
銅媒染で染めたウール糸が上の写真です。

実際と写真はちょっと色がちがいますが、
しっかりしたレンガ色です。

Kさん、ありがとう!











.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-06-14 14:59 | 草木染め糸みほん

山椒染めの糸

a0191728_11004799.jpg

先日山椒で染めた糸は
こんな色になりました。

ミョウバン先媒染のウールです。

山椒を煮出した時は
黄色い煮汁でした。
a0191728_11004749.jpg


それで染めた段階では
柔らかいピンクベージュに。

少しアルカリを足すと黄色に染まりました。
でも思ったより淡色でした。

う〜ん、どうしたもんじゃろのぉと
2、3日経って
残しておいた染液を見ると
不思議と色が濃くなっている。

それで1かせだけ再度染めたのが
写真手前のマスタード色の糸です。
しっかり濃くなりました。

それじゃもう1かせも
と染めたのが写真奥の写真。
少しオレンジっぽく染まってます。

写真には残してないけど
始めに染めた色も含めて
山椒は複雑な色彩が楽しめる染料のようです。
また5年後試してみよう!

さて写真の花瓶敷きは
昨日阪急で購入した宮良ちかさんの作品。
網代織りが素敵です。

民藝展と
奈良のカリスマ石村由起子さんの展示会にいったのですが
あまりの人に圧倒され
7階リビングコーナーに避難する。
そこで出会いました。

琉球藍。
沖縄に行きたくなりました。












[PR]
by tezome-to-ito | 2016-06-02 10:46 | 草木染め糸みほん

矢車玉で絹を染める

榛の木の実は
染料として使う場合「矢車」
あるいは「矢車玉」といいます。

まだ寒も残るころ
寺本先生の工房近くで採取したものの
ずいぶんと放ってしまいましたが
日曜からやっと作業を始めました。
a0191728_14142393.jpg

自然の矢車は
とってもフルーティな香りがします。

グラデーションに染めて
媒染も2つ使い
微妙に違う色に染め分けました。
a0191728_14142445.jpg

ちなみに後ろの黄色と茶色の綛は
ヤマモモです。


箕輪先生から頂いた梅を染めたのは
これまたずいぶんと前の話になりましたが
ちらっとブログでご紹介したと思います。

その梅染め糸をたて糸に
着尺を織る準備を進めていて
今回染めた糸はよこ糸に使います。



志村ふくみ先生のワークショップに参加した際
ラフで描きおこした着物のデザインをもとに
糸を染めました。


各先生方の存在と指導があってこその
この着尺は私の宝物になりそう。

年内には織り上げたいと思っています。


絣糸も使う予定で
今日は藍の生葉染めもしました。
a0191728_1414252.jpg


天候も良いので
ついでに色々染めています。

煮出すと勿体無いからと
欲張りになります。
白糸買っておいて良かった〜。


さて7月になりましたね。
でも、ブログの旧アプリはまだ使えてます。
私みたいな人がたくさんいて
7月末まで期限延長したらしい。

今月は忙しいので助かった!









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-07-02 13:42 | 草木染め糸みほん

黒く染まるかな?

a0191728_1742244.jpg

続々と新作が染まっております。

右から
蘇芳とエンジュのコットン
ソロ鉄媒染のリネン
エンジュに3Redの残液をかけたネップウール
ソロのウール
3Redのコットンテープ

ソロが相当にタンニン強であることがわかり
偽麻シルクの蘇芳の鉄媒染に上掛けしてみたところ…!
a0191728_1742318.jpg


真っ黒だ〜!!
果たして水洗いした後まで
この黒は残るのでしょうか?!





.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-09-24 17:28 | 草木染め糸みほん

染め日和。昨日の成果

昨日はガンガン染めました!
家族は出かけたり、
遅朝でお昼いらなかったり、
キッチンが丸々一日使える休日!

鉄媒染の3Red、
マロウブラックのパープルとグリーン2色、
奥のグレーが栗鉄媒染です。
a0191728_924233.jpg


さらにお鍋には
3Redのコットンテープ、
a0191728_9242472.jpg


ソロも煮出しました。
a0191728_9242446.jpg


お天気も良くて
絶好の染め日和。

今日も染めます!









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-09-23 09:08 | 草木染め糸みほん

3Red!

a0191728_10203149.jpg


インド茜、蘇芳、コチニールを
ブレンドして染めた糸です。

柔らかなピンクレッドが可愛くて!
物干しを横切る度に
うふふ、と微笑んでしまう。

3Redと命名しました。

昨日の栗は
基本に則り鉄媒染にしました。
今日は続けて
3Redの鉄媒染に挑戦。






.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-09-22 10:11 | 草木染め糸みほん

鬱金で染めました。

家から15分ほど車で走ったところに道の駅がありまして…

という話しは先月もしましたっけ。

そうそう、
ツタンカーメンを買った話をしましたね。
あのツタンカーメンの鞘は
結局染まりませんでした。

そういえば以前、
そら豆の鞘は染まらないと
何かで読んだことがあります。
ツタンカーメンにしても
煮出した時点では色が出るのですが、
繊維には定着しません。
何かしらの工夫をすれば良いのかもしれませんが。

またそれは機会があれば
試してみましょう。

何しろ季節の移り変わりは著しい。
陳列棚の野菜は面子が入れ替わっていて
今回はこんなものを買ってきました。

a0191728_14451085.jpg


生姜に見えますが、
実はこれ、鬱金です。

鬱金。
そう、ウコンの力で一躍有名になった健康食品。
英語ではターメリック。
沢庵漬にも使われるあれです。

a0191728_14451065.jpg


切り口が黄色い!
確かに生姜ではありません。

鬱金は室町時代に渡来したそうですが、
日光堅牢度が著しく悪いそうで
もっぱら掛け合わせで
使用されてきたようです。

「生では手に入りにくいので
乾燥したものを入手しましょう」
と染色の本にはありますが
手に入っちゃった、生鬱金、あははっ

a0191728_14451141.jpg


で、早速スライサーでスライス。
「鬱金の色素クルクミンは水には溶けません」
とものの本にはありますが、
しっかり黄色いし、うふふっ

a0191728_14451239.jpg


ウールは媒染なしで
こんなに鮮やかな黄色に染まりました。
これが退色してしまうとは
想像できません。
いいもん、退色したって。
今はこの美しい黄色に出会えたことに
感謝。

残液で藍染の綿糸も染めてみました。
期待したグリーンにはならなかったです。

ちなみにカラスノエンドウで染めたウールは
こんなクリーム色になりました。

a0191728_14451396.jpg



今日は庭で刈り取った
デモルフォセカで染めています。

その後にはやはり道の駅で入手した
人参と

a0191728_14451320.jpg


大山蓮華が待っている。

a0191728_14451478.jpg


有難くも恐ろしい
道の駅の誘惑は続くのでした…。







.
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-06-09 13:20 | 草木染め糸みほん

糸みほん 2013

本日より shinpachiro札幌店にて
『手染め糸の量り売り』
始まりました。

shimpachiro札幌店のHPはここをクリック!

今回出品している糸を今日はご紹介します。

期間中は1gからご購入可能ですので
ぜひ足をお運びください。



★ラミーコットン★
                 インド茜a0191728_18511655.jpg






                 藍  a0191728_18532046.jpg                





★リネン★
                 ヒマラヤ杉a0191728_18543065.jpg







★コットン★
                 紅花a0191728_18552197.jpg






★エジプト綿テープ糸★
                 あずきa0191728_18562066.jpg






★メリノウール★
                 ドイツトウヒa0191728_185858.jpg






★ウール★
                 ムクゲa0191728_18591730.jpg






                 アキノキリン草a0191728_190213.jpg






★キッドモヘヤ★
                 ゴーヤーa0191728_1913486.jpg






★ループウール細★
                 ゴーヤーa0191728_1921954.jpg






★シルク(かせ売り)
                 きはだ
a0191728_1933413.jpg



また、昨日ご紹介した「丸バックのキット」の糸は
2色あります。

 ドイツトウヒ                    ドイツトウヒ&インド茜
a0191728_19144984.jpga0191728_191527.jpg








残念ながら期間中
私はお店に伺えませんが
私の代わりに糸たちが皆さんをお待ちしています。
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-02-20 19:18 | 草木染め糸みほん

新作糸 2013jan

a0191728_1183682.jpg


上から
小豆 コットンテープ
ゴーヤ ループウール
小豆 タイシルク(参考商品)
桜 (参考商品)
落花生 (参考商品)
黒豆 (参考商品)


小豆は冬至の時に
黒豆はお節作りの時に
ゆで汁を染液にして染めました。

恒例の行事になりつつあります。

今回は作品制作に使用するため
多くは参考としてのご紹介です。
ご了承下さい。
[PR]
by tezome-to-ito | 2013-01-08 10:53 | 草木染め糸みほん

新作糸 OCT3

a0191728_9374289.jpg


蓼藍乾燥葉染め
ネップウール糸使用。
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-10-24 09:32 | 草木染め糸みほん