ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

カテゴリ:手染めダイアリー( 82 )

マロウブラックのコースター

a0191728_2353143.jpg


ハーブティーで飲用される マロウブラック。
去年、試しに染めた少量のウールが
とてもきれいなブルーグリーンに染まって以来、研究中。

今日は紬(シルク)のコースターを染分けました。
抽出の違いで、ピンクとブルーに染まります。
ここまでブルーが染まるとは!!!
感涙ものです。

このコースターを染めるワークショップを
春休みに神戸で開催する予定です。

詳しくは後日、UP致しますのでお楽しみに!
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-03-03 23:19 | 手染めダイアリー

インド茜染の原毛を紡ぎました。

a0191728_2233255.jpg

暖かな早春の午後、日差しの中ひとり糸を紡ぐのは
とても気持ちのよいものです。
インド茜のこの原毛の色は、特段に春の気分を盛り上げてくれました。

気分が乗っている内に、一気にGO!
双糸に紡いで蒸して、ホワイトも紡いで、
編んだのはこれ。
a0191728_22424862.jpg

手紡ぎニットの教室で、イベント参加の折にピンクッションを出品します。
その準備。

なんか私って、ピンクッション専門ニッターか?
いえいえ、密かに他のものも編んでいるんですけどね。
ま、そのうちお披露目できる日も来る・・・・のか?
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-02-26 23:13 | 手染めダイアリー

カリフラワーの葉で染めてみました。

昨日お友達とデパ地下の食料品売り場に行ったら、とても立派なカリフラワーがお安く売っていたので買ってきました。
温野菜にしてアボカドディップと食べたら美味しかった~♪という話はおいといて、とにかく立派だったのは実(花?)だけではなくて、葉っぱも大きく立派で大量についていたんです。こういう場合、本来の食事の支度を忘れ、草木染職人の頭に自動変換されてしまう私。
染めたい 染めたい 染めたい
もちろん空いたコンロでさっそく煮出して染めてみました。
大量とはいえカリフラワー1個分の葉ですから、原毛10gほどで。
あわい春らしいグリーンになりました。
a0191728_14364379.jpg

[PR]
by tezome-to-ito | 2011-02-24 14:43 | 手染めダイアリー

手染め巾着とブレード織りのワークショップ・ご報告

2011年2月6日と7日に開催した
「手染め巾着とブレード織りのワークショップ」の様子です。

参加者の皆さんに助けられて、無事?終了しました。

まずはコチニールで巾着を染める様子。
shinpachiro札幌店の一角で行いました。
a0191728_2346551.jpg
a0191728_23435212.jpg
a0191728_23441138.jpg



仕上げはおうちでして頂くので、皆さんには染液ごと持ち帰って頂きました。
ビニールが破裂して全身がピンクになった人はいませんでしたよね。。。?



ブレード織りはお隣のアダノンキさんに移動。

真剣に説明をする講師&真剣に説明を聞く初回チーム。お互い緊張気味。
a0191728_014653.jpg


職人気質が集結した2回目チームは自分の世界に入り込む。
a0191728_075292.jpg


マイペースで制作を楽しむ3回目チーム。進行も仕上がりも個性的な面々でした。
a0191728_0202184.jpg


そしてとっても美味しかったアダノンキさんのコーヒーとケーキ。
疲れた脳みそがホッとしましたね。
a0191728_0243466.jpg



参加者の方から、すでにおうちで仕上げた作品の写真が届き始めています。
明日以降、UPさせて頂きますね。
まだの方も是非お送りください。お待ちしています。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-02-09 00:34 | 手染めダイアリー

量り売りはこんな感じです。

量り売りの様子が届きました。

a0191728_13852100.jpg


おとなりに並んでいるのは アトリエ・コレイズさんのフェルト。
ふたり併せての「ほっこり冬市」です。

量り売りイベントについてはこちら
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-01-31 13:16 | 手染めダイアリー

ピンクッション後日談

先日、お話したデカ・ピンクッション

個人的にはいたく気に入ったのですが、
さすがに人様にプレゼントするのは気が引けて、
新たにちゃんとした大きさのピンクッションを制作しました。

a0191728_1221516.jpg


キッチンクロスとセットにしてラッピング。
プレゼント交換で、「見かけによらず私は手芸好き」
という女子の手に渡り、めでたしめでたし。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-01-30 01:30 | 手染めダイアリー

糸の準備ができました。

a0191728_1225613.jpg


量り売りイベント用の糸を木曜日に発送しました。

今回は初日に行けません。shinpachiroさんに展示から量る、巻く、
お渡しする、まで全てお願いするので、スケールと糸巻き機もいっしょに送りました。

shinpachiroさん!よろしくお願いします!

初お目見えは「原毛ちょことパック」。
茜、いちょう、ローズマリー、紅葉で染めたものをパックしました。
フェルトする方には部分使いにご利用いただけると思います。

糸は24種。
この糸たちに素敵な出会いがありますように。


糸みほんはこちら

量り売りイベントについてはこちら
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-01-28 12:42 | 手染めダイアリー

量り売りイベントの準備・・・

1月30日から、shinpachiro札幌店で糸の量り売りをさせていただきます。

a0191728_14542391.jpg


昨年、染め貯めた糸のかずかず・・・。
週末に広げてみたら、こんなにありました。

ご近所のお庭からわけていただいた ラベンダー、すずらん、
ヒマラヤスギ、ローリエ・・・
懐かしい北海道の草木で染めたものなど、何種類になるだろう?

うっとり眺めるのも束の間、ふと我に返れば
これだけの糸をまだ玉巻きもしていない現実が!
たいへん、たいへん。
昨日から、玉巻き機とかせ車はフル稼働。

さらに、この押し迫った時期に来て
新色を染め始める無謀な私・・・。
このイベントのために、わざわざ取り寄せたインド茜
お蔵にしてはいけません!
って、もっと早く染めればよいのに。

a0191728_15162318.jpg


メリノとバルキーリネンを染めてみました。

左端はキリムに使用するという暗紫色を目指しましたが、
紫というよりはやっぱり茶色い。
アサイーのジュースにチョコを混ぜたような
おもしろい色です。

a0191728_15173337.jpg


さすがに水曜の荷物には載せられないので、
後半、ワークショップの時に持って行けたらいいな。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-01-24 15:24 | 手染めダイアリー

誰のクッション?~コチニールと私の関係~

来週に新年会の予定があって、プレゼント交換をするので、
手染め糸と手紡ぎ糸を使ってピン・クッションを作ってみました。

a0191728_22275356.jpg


模様の赤糸は コチニール染
ペールブルーは マロウブラック染
地の焦げ茶は 羊のナチュラルカラー で手紡ぎです。

この赤が、なかなか苦労しました。
今までコチニールでは、ピンク系しか染めてこなかった私です。
何故かというと、それが私にとって最も美しいコチニールの色だから。

天然染料って染め方によって、
意外といろんな色を出すことができるんですよね。
それが草木染めのおもしろさでもあります。
織物や編み物をされる方は、糸の先の作品のデザインに合わせて
色を決めてから染料を選び、染めるのかもしれません。

私の場合は糸が最終的な作品なので、
その時に出会ったその染料にとって、一番魅力的で
イメージに合っていると思える色に仕上げます。
コチニールは濃かろうが薄かろうが
なんてったって ピンク

でもお正月に、shinpachiroさん用の「色糸メッセージ」という
おみくじを作るのに、今年はどうしても赤が必要だったんです。
それでコチニールで赤を染めることにしました。

ところが、なぜか赤が出ない・・・
酢酸を入れても、ミョウバンで媒染しても、
コチニールはちっとも言うことを聞いてくれない。
「あなたはピンクが一番!」とさんざん言ってきたのに
突然「赤になれ」と言われても納得できません!
と、かなり頑固です。
そこを何とかなだめすかして、赤になって頂きました。

染め上がってみると、赤いコチニールもなかなか美しい。

でも心なしか、日に日にピンクっぽくなっているような・・・


さて、話は戻ってピンクッション。
完全手づくりで中綿も原毛。
フェアアイル初心者の私にしては、なかなかの出来。

だけど一つ欠点が・・・

a0191728_23215540.jpg


最初の作り目を適当に編んだもので、
ピン・クッションにはデカすぎました。。。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-01-22 23:42 | 手染めダイアリー

@楽習フォーラム 2011・1・18

タイダイのギャザースカート AFTER です!

a0191728_19545420.jpg


当初の予定より色が濃く染まりましたが、とっても気に入ってます。

ところで、タイダイの「タイ」は絞る、「ダイ」は染める
TieDyeとは、絞り染めのことです。

これ、やり始めるとハマりますね。
無造作のように見えますが、計画的な配色と配置が先にあり
そこに神様の采配といたずらが加わって
唯一無二の模様が出来上がります。

染め上がるまでのわくわく感とスリルがたまりません!
プチ中毒状態。。。
そんな高揚感に満ちた今回の講習でした。

講習では藍の絞り染めだけではなく、もっといっぱい
いろいろな染料でたくさんのものを染めたのですが、
今日はとっても疲れました。。。
また、折りを見てUPしたいと思います。

もっと詳しく知りたい!という方は
今回の講師「箕輪直子先生」のオフィシャルブログで
先生が楽しく様子を紹介して下さっています。

箕輪直子先生のブログ

また、楽習フォーラムについてはこちらをご覧ください。

楽習フォーラムHP
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-01-18 20:35 | 手染めダイアリー