ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

カテゴリ:染織の旅とお出かけ( 44 )

東京スピニングパーティーに来ています。

東京スピニングパーティーに来ています。

昨日は朝一で入場し
向かったのはこちらのブース。

a0191728_08123058.jpg

ブータンの腰機の体験をしました。

a0191728_08123579.jpg

先日のブータン展で見た
縫い取り織りの質問をしたら
少しその体験もさせて下さいました。

本場では綾織で地を織るそうで
それは複雑で現在文献にまとめているそうです。

お隣のブースでは
ブータンの腰機の実演をしていました。

a0191728_08175225.jpg

こちらは浮き織り部を先に棒ですくっておいて
1本ずつ抜きながら模様を織ります。

a0191728_08204307.jpg

腰機ならではのテクニックですね。

この後はあっという間に人が増え
ブースを回るのも窮屈になる中
ウール糸を中心にお買い物。

その戦利品はこちら。

a0191728_08240010.jpg

冬に向けての準備が
たっぷり整いました。

ところで写真の中に
一つだけ仲間はずれがあります。
見つけた人すごい!


ランキングに参加しています。
励みにになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。


[PR]
by tezome-to-ito | 2017-09-10 08:11 | 染織の旅とお出かけ

素晴らしい織物の数々@ブータン展

a0191728_10325469.jpg


兵庫県立美術館で開催中の
ブータン展に行ってきました。

a0191728_10325480.jpg


一部を除いて写真可。
ありがたいことです。
仮面や装飾品も多く展示されていましたが
美しいテキスタイルを中心に撮影してきました。

a0191728_10325420.jpg


ブータンでは勅令により
正式な場では民族衣裳を着ることを
義務付けられているそうです。
歴史的にどの様な流れで
今のブータンの生活に至ったかを
簡潔に紹介している内容。

a0191728_10325538.jpg


とにかく織物が手が込んでいて
美しいのです。

a0191728_10325561.jpg


↑これ、めっちゃお気に入り!
女性用衣装のキラ。

男性用衣裳はオシャレなコートみたい。

a0191728_10325595.jpg


織物の特徴は
たて浮織と片面縫取織。
とても手が込んでいて驚きます。

a0191728_10325639.jpg


素材はヤクとブラ(野蚕)が伝統的。
ウール、綿、絹、イラクサの表記も見られました。

a0191728_10325663.jpg


片面縫取り織って
沖縄の手花織(てぃばな)と似てますが
模様の形が独特です。
しかも!
裏がすごい!!

a0191728_10325637.jpg


地糸に隠れて裏に全く糸が出ていません。
本当に「片面」縫取り織。

ブータンショップがあってハギレを売っていたので
購入しました。
これ、ありがたかった。
だって、展示会観てたら
幸せの国ブータン、行きたくなりました。
ハギレが買えたことで
その欲求が随分解消されましたから(^^)



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー 1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.



[PR]
by tezome-to-ito | 2017-08-18 09:57 | 染織の旅とお出かけ

「麻てらす〜よりひめ岩戸開き物語」

「麻てらす〜よりひめ岩戸開き物語」
上映会に行って来ました。

a0191728_17383079.jpg


この映画の中で紹介されているのは
日本産の大麻。

大麻といえばつい最近
あの女優さんで騒ぎになり
もっぱら麻薬の悪いイメージが強いですが
日本では戦後まで
その糸や布は衣食住はもとより
精神性にも大きく関わっていたそうです。

映画はそうした大麻の古今を紹介することで
日本の文化を知らしめる内容。
初めて知る事ばかりで
とても面白かったです。

ドキュメンタリーの軸となっているのが
「日本古来の大麻を継承する会」で麻績み技術を
学んだ30数名のよりひめさん達。
ひめの名に相応しい
若い女性の皆さんが
静かにひたすら麻を糸にする姿が美しい。

写真は映画でも紹介される
野州の精麻。
大変貴重なものだそうです。
こうしたせい麻を手作業で作る農家さんなども
紹介されています。

a0191728_17383033.jpg


日本古来の大麻と
いわゆる幻覚作用のある大麻は
違う品種なのだそうですが
戦後のGHQ統治の際に同じものとされて
生産が禁止されてしまったらしい。

その後禁止は解かれたものの
法により厳しく取り締まわれ
環境も変わり
国産の手績み大麻糸の流通は途絶えているそうです。

映画を観る限りでは
大麻が戦前の日本庶民の生活を維持したと言っても
過言ではないかもしれないのに。

そんな大切な技の伝承が
30数名のよりひめさんに託されています。
知る事が一つの応援になるかと思うので
是非多くの方に観て頂きたいと思いました。

この後も各地で上映会が続くようです。
ご興味のある方は
足を運んでみて下さい。

「麻てらす〜よりひめ岩戸開き物語」のHPはこちら。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村




.







[PR]
by tezome-to-ito | 2017-08-08 16:44 | 染織の旅とお出かけ

京都美山かやぶきの里の藍と緑と。

a0191728_07200638.jpg


京都美山のかやぶきの里へ
行って来ました。

a0191728_07200730.jpg


京都駅で名古屋のHさんと待ち合わせ
JR嵯峨野線、山陰線、そして南丹バスに乗り継ぎ
到着したのがここ。
深い緑に覆われた50戸ほどの小さな集落です。

a0191728_07200785.jpg


主たる目的は新道弘之さんの
ちいさな藍美術館。

a0191728_07200735.jpg


ここは川島テキスタイルで知ったのですが
川島のツアー日程には合わず
Hさんをお誘いして個人的に行ってきました。

川島ツアーに参加された
きさらぎさんからの諸々の情報のおかげで
迷うことなく楽しめました。
きさらぎさん、ありがとうございます。

本格的なかやぶき屋根の建物の1階にある
藍染の工房では
新道先生が長年の経験で培った技による
藍の華が美しく咲いていました。

a0191728_07200884.jpg


うつくしい〜
うう、染めたい!
と思った、けど口に出すのも我慢しました。
とても大切で生半可なものではない
と藍の華が呟いていましたから。

この美しい藍の秘密は
自家製の灰汁にあるそうです。
灰汁からとても美しい!
驚きでした。

a0191728_07200890.jpg


「この世界に入って50年。
今はひたすらこのオリジナルの染めに
集中しています。」
と見せてくださった
シンジコ絞り。
シンドウとインジゴを掛け合わせたネーミング。

a0191728_07200868.jpg


こんなたて縞に染まります。
有松に似ていても
模様の出方が全く違います。

a0191728_07200819.jpg


2階のギャラリーには
世界各国の藍染コレクションが展示されていました。
4ヵ月毎位で展示替えがあるそうです。

a0191728_07200990.jpg


この美術館を見た後は
民族資料館でまったりしたり
お蕎麦を食べたり
緑の中を散策しました。

a0191728_07200903.jpg


とても暑い日でしたが
こんなに深い緑の中で1日を過ごすのは久しぶりで
少し時代を遡りました。

「美山のお年寄りは畑に出て
毎日同じ生活を繰り返す。
当たり前のように自給自足できる。
それが昔の日本の生活。
でも教育制度が出来て
子どもを学校に行かせるために
現金収入が必要になったのよね。」

はっとする気づきを含んだ
こんな会話を新道先生の奥様としたり

「ここに住みたくて車に布団積んで一泊したら
瞬く間に村の噂になっちゃって…笑」

と移住の経緯を教えてくださった
ちぎり絵ギャラリーの女性作家さんの話から
人の出会いと一生について思いをはせたり

日に照らされたベンチで
熱中症対策の梅干しをかじりながら
Hさんと取り留めのない話をしたり

なんか諸々
楽しかったです。美山。




ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村






.



[PR]
by tezome-to-ito | 2017-05-31 06:14 | 染織の旅とお出かけ

アリゾナ旅行記その8 セドナで買ったお守り達 S先生見てくれてるかな?

アリゾナでは
ネイティヴのお守りがたくさん
お土産として売られていました。

聖地セドナに来たのですから
やっばり聖なるものは買って帰らないと。


まずはこれ。
ドリームキャッチャー。

a0191728_11031345.jpg


枕元に飾って寝ると
蜘蛛の巣の様な網が全ての夢をキャッチし
悪い夢はそのままに
良い夢だけを下の羽から届けてくれるそうです。
悪い夢は朝の光により
破壊されます。

もともとはミネソタなどに住む
オジブワ族のお守りだったものだそうです。

大きさや素材、色、デザインは
様々なものがあって
私はこの石がセットされたものが
とても気に入りました。


もう一つ、夜のお守りは
ガテマラ ウォーリードール。

a0191728_11031309.jpg


悩みをこの人形に囁いてから
枕の下に入れて寝ると
人形が悩みを解消してくれるそうです。

一人の人形が一つの悩みを取り去ってくれるそうなので
全部で6つの悩みまでOKってことかな?
これはB&Bでプレゼントに頂きました。
まだ、試していません。
悩みを6つに絞らないとな…。


石のお守りも多種見かけました。
大抵カゴにがさっと入っていて
形や模様がそれぞれ違う。
選び方が分からないまま
私はおみくじの要領で
無作為に一つを選んで買ってきました。

a0191728_11055641.jpg


解説を見ると50種の絵柄があり
それは全てネイティヴのインスピレーションシンボル。

私の選んだ「ELK」は
confident 信任
agile 機敏
competitive 競争
team player チームプレイヤー

信任、チームプレイヤーは
うん!よろしく!って感じだけど
機敏、競争に関しては
ごめん、ELKに任せるわ〜
って人です、私(^^;)

ってことは
必要なお守りかも、ですね。


もう一つチャペルオブホーリークロスで買った
お友達用のオーディネーションカード。

これもいろんなコインがありました。

私はゴスペルを少しやっていて
その歌詞にはよく
「Lord=神様が導いて下さる」
という言葉が登場します。

クリスチャンではない私にとっても
これはすごく強い言葉です。

もしあなたに大変な事があっても
きっと大きな存在があなたを導いてくれる。
だから自分を信じて生きて欲しい。
そんな思いで
このコインを選びました。
大切な友をお守り下さい。

a0191728_11031464.jpg




久々のアリゾナ旅行記、
いかがですか?

実は旅行記はもういいかなぁ?って思っていたのですが
先日のレセプションでお目にかかったS先生が
「セドナ大好き!すごくブログを楽しみにしている!」
とわざわざ声を掛けて下さって
こういう生の感想を頂くと
嬉しくて書かずにはいられません。

そしてS先生が
大好きな大好きなセドナに行けるよう願って
光溢れるセドナの写真を捧げます。

a0191728_11031479.jpg





ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村




.

[PR]
by tezome-to-ito | 2017-04-19 09:53 | 染織の旅とお出かけ

アリゾナ旅行記その7 聖地セドナ

セドナという地名を初めて聞いたのは
20年ほど昔のこと、
スピリチャルな方面に詳しい仲間から
世界でも随一のパワースポットだと教えられました。
a0191728_131902.jpg


そこには人々を癒す特別な気が満ち
多様な効果効能を秘めた植物が育ち
太古からの秘儀を持つヒーラーがいる・・・

まるで桃源郷かどこかのような
現実社会とは全く隔絶されたイメージで受け止めたものですが
実際行ってみての感想は
現実的にす~ごく住みやすそうな街でした。

大きなスーパーもあれば
美味しいレストランもおしゃれなお店もあり
日本で言うなら軽井沢のような別荘地かな?
なんと驚いたことに
桜の街路樹がたくさんあって満開!
a0191728_13245595.jpg


でも世界のどことも違っているのは
周りが赤い岩山で囲まれていることです。

グランドキャニオンの谷の断面を見ると
上層の地層は白茶っぽく
真ん中から下が赤い。

つまりセドナは
上層の地層が削られて
その下の赤い地層がむき出しになった地形なのだと分かります。
自然と膨大な時間が産んだ特別な場所なのです。

常に目に赤いものが映るって
それだけでも大きな作用がありますよね。

さらにセドナは砂漠のオアシスと言われるほど緑も美しい。
a0191728_13311290.jpg


実は私は赤と緑という色にめっぽう弱い。
昼の空の青も素晴らしいし
夜空の星といったら!!
UFO遭遇率が高いのも分かります、
だって本当に星がすぐそこに見えるんです。

たちまち魅了され住んでしまいたいかも!
と思うくらいに引き込まれました。

セドナが聖地と言われる理由は
地球のエネルギーが渦巻くボルテックスという場所が
たくさんあるからだそうです。

上昇のエネルギーのベルロック。
a0191728_08152762.jpg




流入のエネルギーのレッドロッククロッシングから見るカセドラルロック。
a0191728_08152725.jpg




慈愛の山に立つチャペル オブ ザ ホーリークロス。
a0191728_1346149.jpg


不思議なことに帰国してからセドナを思うと
身体の中心にポンと丸い石を置かれたような感覚があります。
これが聖地の癒し効果?

「もう生きているうちにセドナに行くことはないだろうな。」
家人はそう言いますが
「そうだね」とは返さず「そうかな?」と心の中でつぶやいてみました。

できればまた行きたい、何度でも行ってみたい、
私にとってセドナはそんな離れがたい場所になったからです。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.
[PR]
by tezome-to-ito | 2017-04-02 08:09 | 染織の旅とお出かけ

アリゾナ旅行記その6 グランドキャニオン イーストエントランスからヤバパイポイントまで。

グランドキャニオンの全景地図。
a0191728_10534730.jpg



今日はレンタカーで回ったグランドキャニオンのビューポイントを
順にご紹介します。

今回私たちは、朝セドナの宿を出発し
イーストエントランス(黒四角)から入り
 ↓
デザートビュー(ピンク丸印、アリゾナ旅行記その1で紹介済)
 ↓
ナバホポイント(黄緑丸印)
 ↓
リパンポイント(青丸印)
 ↓
モーランポイント(オレンジ丸印)
 ↓
グランドビューポイント(紫丸印)
 ↓
マーサポイント(白丸印)
 ↓
ヤバパイポイント(黄丸印)

と回ってサウスエントランス(ツサヤン方面)から日帰りしました。

こうして見ると
グランドキャニオンのほんの一部を回ったにすぎないことに驚きます。

自家用車が入れなくてシャトルバスで行くポイントや、
徒歩でしか行けない景勝地も多いです。
足に自信があれば
泊りがけでトレイルしたり川を下ったりするのも
楽しいでしょうね~。

日本のツアーの多くはサウスエントランスから入るようですが
ルート89を通ってイーストエントランスに向かうと
ナバホ居留地の平原の向こうに徐々に谷の切れ目が現れて
それがどんどん深くなっていく様子が見て取れるので面白いです。
a0191728_11391645.jpg


イーストエントランスでチケットを買いました。
そこで買うチケットは他の国立公園の入園にも期間限定で使えるそうです。
日本から来たと言うと日本語の案内図をくれました。

エントランスからデザートビューはすぐです。
デザートビューについてはその1で紹介していますので
そちらをご覧くださいね。

アリゾナ旅行記その1

その1で紹介したデザートビューからは短い区間で
次々とビューポイントがあります。

最初がナバホポイント。
a0191728_11492671.jpg


日本ではあまり紹介させていないリパンやモーランに行けたのも良かったです。
人が少なく、ここからの眺めが私は好きでした。

リパン
a0191728_12443472.jpg

a0191728_1214462.jpg

a0191728_12171176.jpg


モーラン
a0191728_11562980.jpg


グランドビュー
a0191728_11574560.jpg


大きな駐車場があるのはマーサポイントです。
たぶん一番有名なポイント。
a0191728_1202923.jpg

a0191728_1211884.jpg


そこからヤバパイポイントまでは
歩いて10分程度でした。
ミュージアムもあります。
a0191728_1222758.jpg




1日かけて回ると、光の角度で谷面の色や影が変わり
それも見ごたえの一つでした。

ちょっと危ない岩の向こうまで行きたくなるのですが
私は帽子を落として
危うい経験をしました。
要注意。
「Crazy!!」と呼ばれている人は
たくさんいたんですけとね。


グランドキャニオンを見てセドナに戻ると
セドナの岩山がどんな風にできたのか
想像しやすくなります。

次回は聖地セドナをご紹介します。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

.
[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-31 10:53 | 染織の旅とお出かけ

アリゾナ旅行記その5 ホピ族のカラフルなバスケット

アリゾナではクラフトアートが盛んです。
ネイティブアメリカンのホピ族は
特に物づくりの才に長けているらしい。

ナバホラグと共に陶器や人形、シルバーアクセサリーなどが並ぶ中で
私が惹かれたバスケットも、ホピ族のものだそううです。
a0191728_6321698.jpg


とてもカラフルで模様が面白い。
どうやって編んでいるのでしょうか?

そもそもは実用的なもののようですが
泊まったB&Bではこの美しい幾何学模様を壁飾りとしていました。
a0191728_6595282.jpg

a0191728_6341356.jpg
a0191728_6343635.jpg
a0191728_635165.jpg
a0191728_6352295.jpg
a0191728_6354864.jpg
a0191728_636173.jpg
a0191728_6371396.jpg
a0191728_6374019.jpg


「さすがに籠は潰れるよ」と家族に釘をさされました。

素直に従ったけれど
グランドキャニオンのウォッチタワーの売店にあった
キットを買って来れば良かったなぁ。
そうすればもう少し詳しいことが分かったのに。
編み方とか素材とか。

後悔先に立たず。
旅の買い物は決断力と判断力が試されますね。。。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村




[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-28 07:06 | 染織の旅とお出かけ

アリゾナ旅行記その4 B&Bの素晴らしい織物の数々

帰国してから未だ時差ボケの最中ですが
今週は教室も続くし
手織りぬくもりコンクールの作品も仕上げねば。

のんびりしている場合ではありません~。
さくさくと旅の写真を紹介していきたいと思います。

今回セドナではB&Bに泊まったのですが
そこではナバホの織物があらゆる場所に
使われたり飾られたりしていました。

それがどれも素晴らしくて
垂涎ものでした。

a0191728_6371647.jpg
a0191728_6382032.jpg
a0191728_6384620.jpg
a0191728_644106.jpg
a0191728_644327.jpg
a0191728_6445427.jpg
a0191728_6451793.jpg
a0191728_6455728.jpg
a0191728_646171.jpg
a0191728_648127.jpg


ナバホの織り子さんの人形もありました。
たて織の様子がわかります。
a0191728_6483828.jpg


オーナーさんの趣味の良さに感動の宿でした。
他にもカチーナ人形などのクラフトが
美しく飾られていて
それらを見るだけでも本当に楽しかった。
アリゾナのもう一つの代表的な工芸品であるバスケットも
たくさんあり興味深かった。

次回はそのバスケットをUPします。





ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村




[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-27 07:06 | 染織の旅とお出かけ

アリゾナ旅行記その3 無事に乗り継げるのか…

セドナからラスベガスを周り、
フェニックスに戻ってきました。
これからサンフランシスコ経由で帰国の途につきます。

a0191728_03421135.jpg


しかし、今日はラスベガス出発時から
手荷物のチェックインに間に合わず
あわや搭乗できないのか!?の事態にパニクり
ここでは乗客の半分が搭乗したところで
出発が遅れるとのアナウンス、
足止めをくっています。
英語が分からないので理由が不明。
天候かな?
日本への乗り継ぎには間に合うとの確認はしたものの
とても不安。
無事に帰らせてくれ〜。

アリゾナでの話はまだあるのですが、
それは帰国後にゆっくりアップしていきます。

今回、アメリカ放題を利用して
スマホからブログやフェイスブックを更新していますが
sprintの接続のみ無料のため
電波状況が必ずしも良くないことも多く
空き時間を自由自在に利用するまでは行きませんでした。

中途半端でごめんなさい。

また日本でお目にかかりましょう!

追記:先ほど羽田に到着しました〜\(^o^)/


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村



.





[PR]
by tezome-to-ito | 2017-03-24 03:19 | 染織の旅とお出かけ