ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

カテゴリ:手織りダイアリー( 60 )

箕輪先生の手織りセミナー2015大阪

今日は箕輪先生の大阪セミナー初日、
手織りセミナー。

a0191728_02564156.jpg


アシスタントとして伺いながらも
私もお勉強。

新刊「裂き織り大全」の
作品制作を紹介して頂きながら
色々なコツを教わります。

今回の裂き糸の扱い方諸々は
なるほど〜の連続でした。

糸巻き器で撚りをかけたり
a0191728_02564167.jpg


スピンドルを使ったり
a0191728_02564195.jpg


使えるアイデア満載!
思わず裂き織りしたくなっちゃいます。


明日はゆび織りのセミナーです。
早起きしなくちゃいけないけれど
ちょっと夜の中之島を満喫。
a0191728_02564134.jpg

バラ園があるなんて知らなかった!
水の都でもある大阪の夜のリバーサイドは
おしゃれな散歩コース。

フリースに包まりながら飲むビールは
格別な味なのでした。
a0191728_02564127.jpg










.

[PR]
by tezome-to-ito | 2015-10-13 23:47 | 手織りダイアリー

草木染めウールでなんちゃってハリスツイード

a0191728_18101991.jpg

昨日は寺本先生の和機をお借りして織っている
着尺を紹介しましたが、
今日は自宅で
ウールのチェックを織っています。

マリーゴールドのイエローと
マロウブラックのブルーグレーをメインに
ポイントカラーはハンノキのグレーと
ナチュラルブラックです。


携帯カバーの替えを探していて
今流行りのハリスツイードにしようと思ったのですが、
どの柄にしようか悩むうちに
自分で織ったらいいんじゃない?と
気付いてしまったんですね〜。

気に入ったハリスツイードのチェックをお手本に
染め貯めた糸の中から
セレクトしてみました。
縮絨して起毛したら
ハリスツイードっぽくなるかしら?

せっかくだから長めに織って
バッグも作ってみようかなと
欲を出しています。


ウールは織り進むのが速い!
昨日整経して
今日には上がりそう。

でも果たして思うような携帯カバーができるのか!?
それが心配(^^;;


ずいぶん張り切っているようなブログが
2日続きましたが
憂いの秋を迎えたせいか
どちらかというと気分は下降気味。。。

なんかね、色んなことがスムーズにいかないの。
あっちに行ってもこっちに行っても
引っかかってばっかりです。

爆買いとか爆食いとか
したい気分なんですが、
そうもいかず…
そんな時どうやって過ごしましょうか?


よしよしと自分をなだめつつ
今回は過去に染めた糸と
過ごしてみようと思いました。

トンネルを抜けるヒントは
案外自分の中にあるように感じています。








.


[PR]
by tezome-to-ito | 2015-10-11 17:32 | 手織りダイアリー

着尺を織る

a0191728_01111859.jpg


着尺を織りはじめました。
右袖の部分です。

たて糸は梅の木染め。
よこ糸は梅と矢車の媒染違い。
藍の絣も入る予定です。

アムスシムラのワークショップでの
構想から始まって
寺本先生の指導のもと
計画を開始してから早10ヶ月。

春に染めて
巻いて整経してたて糸張ったら夏だった。

なんだかんだとあって織りはじめたら秋でした。

織り上がるのは完全に冬ですね。。。


















.





[PR]
by tezome-to-ito | 2015-10-10 23:58 | 手織りダイアリー

AJCクリエイターズコンテストに出品しました!

2週間ぶりの更新です。
ご無沙汰してごめんなさい。

ここのところ新規のお仕事や
依頼を頂き
忙しいことこの上ないのは
ありがたいことこの上ない!

だから早くに取りかからなきゃなぁって
昨年末から構想には入っていたのに
やっぱりギリギリになってしまいましたが

今年もAJCクリエイターズコンテストに出品することができました!

3月22日(金)〜27日(日)まで
東京都美術館2階第4展示室にて開催される
AJCクリエイターズコレクション展にて
展示されます。


発送に間に合って良かった〜。
新幹線に飛び乗らなきゃならないかと
覚悟したほどです。

毎年恒例になりつつある
スリル満点のカウントダウン。
ホッとして昨日は1日寝込みました。

作品については
会場写真とともにまたご紹介させて頂きますが
制作過程をちょっとだけ。
a0191728_7211210.jpg


草木染めウール糸を使用した
タペストリーです。

観る人に小さな幸せを運べるかも。
そんな仕上がりになりました。
頑張って良かった。

お時間がありましたら
是非足をお運び下さい。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-15 07:00 | 手織りダイアリー

ミャンマーの蓮糸の織物

生徒のSさんがミャンマーに行かれました。

「蓮の糸の織物があるんですよ〜」

出発前にそんな話を聞いて
是非購入してきてほしいとお願いしました。

蓮糸について調べると
世界広しと言えどもその制作は
ミャンマーでのみ行われている
大変珍しいものだということがわかりました。

茎から繊維を取り出す工程は
麻に似ているけれど
その肌触りは全く違います。
柔らかいというか
ぬめやか。
他にはない肌ざわりです。

一番似ているものを挙げるなら
ん〜
シルク混紡のレーヨンでしょうか?

染色されたものもあったそうですが、
「先生なら染めていないのが良いと思って」
ナチュラルな無染色を選んでくれました。

大正解!

ミャンマー人のお友達がいらっしゃる
Sさんだからこそのお買い物。

首長族の女性が地機で織った
華やかなまとい布も選んで下さり
感激です。

Sさん、本当にありがとうございます。

a0191728_11572093.jpg















.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-02-01 11:33 | 手織りダイアリー

金の羊とWALNUT

京都で吉岡幸雄展を観た後は
Oさんのリクエストで糸を見ることに。

未年の今年、まず行くべきはここでしょう!
a0191728_837457.jpg


いつも通販でお世話になっている
金の羊さん。
ウィンドウの羊がお出迎えしてくれました。
a0191728_837436.jpg


ライラ用に機草と綜絖通し
幅出し機を買いました。
Tさん、Oさんも目的のモノをそれぞれ入手。

金の羊さんは織りから染め
紡ぎやフェルトまで
染織関係は殆どが揃う
本当に力強い存在です。
時間が許せば何時間でも居ついちゃいそう。

しかしせっかく京都まで来たのだから
もう一件行ってみようと
目標を設定しておりました。


金の羊さんのカタログには
近所のいろいろなお店が紹介されているのですが、
そこで紹介されていた
amirisuの毛糸屋さんWALNUTさんです。
歩いて5分の距離。

「この辺りはライブで来たことがある!」
というTさんを先頭にlet's go!

しかし、なかなか見つからない〜。

電話の説明でも、
何しろ上る下るが分からない異邦人3人。
お店の方が親切に迎えに出てきてくれました。

a0191728_837830.jpg

時間がちょっと早くて
この看板が出ていなかったのね。
小路を入った奥に
小さなあったか店舗が待っていました。

a0191728_837828.jpg


amirisuさんは東京自由ヶ丘と
京都で編み物教室を展開していて
英語と日本語の編み物の本を出したり
外国の編み図の販売もしているみたい。

糸も輸入物の素敵な毛糸が並んでいます。

店内の写真をBlogから拝借。
a0191728_837992.jpg

a0191728_837101.jpg


思わず編み糸買っちゃいました。
でも私は編むのではなく、
織ってみたいと思います。












.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-01-15 07:40 | 手織りダイアリー

仕事始めは高機の組立から

中古のライラを譲り受けました。

Mさん、ありがとうございます。
無事組み立てられましたよ!
a0191728_16433873.jpg


ビデオはあるけど説明書はないとのことで、
時間のあるお正月に2日かけて
ビデオと織物の本を繰り返し見直し
やっと形になりました。

あとはタイアップ。

ライラは天秤式ですが、
私はろくろ式とジャッキ式しか使ったことがないので
いまいちピンときていません。

まずは平織りからやってみますか。


自宅に高機は置くスペースがないと
ずっと諦めていたのですが、
魔が差したというか
「これも縁だ!何とかなるさ〜」
とその場の勢いで譲って頂くことに。

2階の踊り場に設置したら
まぁ誂えた様にピッタリサイズ。

この中途半端なスペースって、
どんな設計意図があるんだろう?
と引越して来た時から不思議に思っていたんですが、
ライラを置く為だったんですね、きっと。

しかし決して広くない我が家においてこのスペースが
引越し以来空いていたわけでは勿論ありません。

ライラを譲り受ける為に
まずダブルベッドを処分した。
それからIKEAに行って
一番小さくて安いシングルベッドを2つ買った。
IKEAの家具は勿論自分で組み立てた。
ベッドを変えたことで空いたスペースに
棚を移動した。

その棚のあった場所が
2階の踊り場だったわけです。

ふぅ〜、長い道のりでした。

ベッドを買い替えるのは
正直かなり勇気のいる決断でしたよ。
でもシングルにしたら
掃除も楽になりました。

こういうのって、何て言うんでしたっけ?
一挙両得?一石二鳥?濡れ手で粟?


Mさんはライラをとてもきれいにお使いで
傷みもなく新品に見えるほどです。
白樺の木目は
道産子の私を限りなく癒してくれます。

大切に大切に、使わせて頂きます。









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-01-04 15:39 | 手織りダイアリー

バンドウィーヴのレシピ作り

a0191728_1084845.jpg

バンド織りのレシピ制作をしています。
かわいいよね、バンド織り。

自分の教室レシピの他に
依頼されている分もあって
想定する対象者に合わせ
どの模様を取り上げようか
試行錯誤中です。

根底にあるイメージはこれ。
a0191728_1085110.jpg


スウェーデンのVÅVメッセで見た
SÀMI サーミのバンドです。

いきなりこのレベルは無理ですが。

組織模様大好きな私としては
やり始めると止まらない。

バンド織りは楽しいです。

どんどんマニアックな方に走りそうですが、
まずはレシピを作らなければ。

草木染めの糸でも織りたいなぁ…が、
まずはレシピを作らなければ。

今日中には仕上げる予定です。

ところでiPhoneから
スウェーデン語の Å とか Ö とか
入力できるようにしてみました。
パチパチパチ。
賢いね〜iPhone。
だけど À の入力の仕方が分からない。
分からないのに入力できている
この不思議。
偶然です。
本当は小文字のaの上に ` にしたいのだけど、
頑張ってもその偶然はやってこない。

たぶんスウェーデンの方には
当たり前のことなんでしょうが、
生粋の外国人の私には
全く分からないのでした。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-11-30 08:48 | 手織りダイアリー

古セーターの玄関マット

ラーヌ織と三段綴れの見本に
玄関マットを織ろうかな。

思いたったが吉日。
昨日一日がかりで
こんなマットを織ってみました。
a0191728_1131599.jpg


使ったのは虫喰いで穴があいた
このセーターたち。
a0191728_11315965.jpg


3年位前に
お気に入りのセーターが
ほぼ全滅する被害に合いました。
それは何故か
きれいな色のものばかり。
黒のセーターは何故か無事。

対策を講じ、
その後の被害は食い止めました。
穴あきセーターも処分しましたが
制作に使えそうなものは
洗濯してとってありました。

今回は市販のTシャツテープをベースに
このセーター達を再度洗濯機で
洗濯、乾燥、フェルト化し
カットして使いました。

あっという間に織り進むのが嬉しい。

ラーヌ織りは
幾何学模様が楽しいけれど
今回はシンプルな縞模様に。
繰り返して長く織るのもいいかな。







.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-03-01 11:04 | 手織りダイアリー

イズスタジオさんの彩々かすり

「先生、出来ましたよ〜」
一ヶ月ぶりの奈良の手織り教室で
昨日生徒の皆さんが
ストールを羽織ってお出迎えしてくれました。
a0191728_930066.jpg

色違いで、好きな色を選んで織って頂きました。

各教室で生徒さん達に大人気のこの糸は
イズスタジオさんの「彩々かすり」
という糸です。
a0191728_9295934.jpg

ロングピッチの段染め
ツィードみたいに多色ミックス使いで
ふわっふわの毛足。

4色ある内、
奈良の生徒さんが選んだのは
緑系、赤系、紫系。

グレー系はABCクラフト教室の生徒さんが織ってます。
a0191728_930181.jpg

グレー系は一段と毛足が長かったのはタマタマかな?

どれもひたすら織るだけで
とても個性的で高級感のある仕上がりになるのが、
イズスタジオさんの糸の特徴ですね。
大好きです。

細めの糸が多いメーカーさんですが、
今回のマフラー課題は30羽でざっくり織ってます。

ちなみに私は
赤系で織った物を愛用中。






.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-01-28 09:00 | 手織りダイアリー