ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

カテゴリ:手織りダイアリー( 64 )

竪機でギャッベに挑戦中!

a0191728_23531532.jpg

奈良のもちいどの町にある
メヘラリ・ショップで
ギャッベのワークショップを受講しました。

次回まで1日1段の宿題。









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2016-04-04 23:46 | 手織りダイアリー

年の瀬の仕事と 日々の手織り展の準備と

年の瀬も押し迫って来ましたね。
昨日主人と息子が
ガラス拭きをしてくれている間に
私は外回りの大掃除。

私は水を使うことより
土仕事が好き。

あれ?草木染めは?

それは何故か好き!

それはともかく
庭もかなり放っておいたので
枯葉だらけ。

北海道では
庭の枯葉は雪に埋もれて隠れるし
土に還るので
多少放っておいても良かったけれど
雪のない奈良では
掃除せねばなりません。

履いたり、抜いたり、集めたり。
ずいぶんスッキリしました。

ついでに球根を植えたり
コンテナに花を足しました。
a0191728_15512156.jpg


12月に花を植える?
越してきた当初は
びっくりポンでしたが
この季節は害虫の心配なく
水やりもあまり気にしなくてよいので
意外に楽に楽しめます。

さて、今日は
息子がお風呂の排水口を掃除している様子。

私はちょっとのんびりして
グループ展に向けて
試し織りをしています。

a0191728_15512245.jpg


すずらんで染めたベージュと
ナチュラルのこげ茶。
杉綾のタイアップで
踏み順を変えて模様を試します。

二重織なんですが
ナチュラルウールのたて糸が
開きが悪くて苦戦中です。


グループ展「日々の手織り展」は
2016年2月25日〜3月1日まで
谷町6丁目の「雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた」
にて開催します。

詳しくはこちらをご覧下さい。

ひなたさんのHPはこちらから。










.

[PR]
by tezome-to-ito | 2015-12-27 15:22 | 手織りダイアリー

手織りキットのサンタ1号早くも出動

a0191728_12095664.jpg

携帯ケースが出来ました〜〜!

って、あれっ??
ハリスツイードもどきじゃなかったの?
との疑問の声はさて置いて

箕輪先生んとこの紅絹の携帯カバーキットで
サンタさんを織りました。

30羽使用。
iPhone6プラス用にアレンジしてます。

今日はこれから産経学園の生徒さんたちが
このキットを織る予定です。
今後他の教室でも予定あり
2号3号…とぞくぞく誕生予定。


ちょっと気の早いクリスマスの準備ですが
このキットは思った以上に楽しかった〜!
紅絹の赤が綺麗で元気が出るし
ちゃっちゃと織れてしまう所もいい!
ボタンの大きさとか
何気にオリジナリティーも出て
愛着湧きます。

紅絹を古着で手に入れても
解いたり洗ったりするのがとても大変。
このキットの紅絹は
洗って染め直して色止めもしてあって
アイロンまでかかっていて
すぐ使えます。

飾りの備品も揃って1620円と
値段も手頃。
これは買いですぞ!









.

[PR]
by tezome-to-ito | 2015-10-20 11:48 | 手織りダイアリー

箕輪先生の2015大阪セミナー 2日目

箕輪先生の大阪セミナー2日目は
ゆび織りです。

大阪の会場から帰り荷物を運ぶため
車で行ったのですが
何と大渋滞で15分も遅刻!

楽習フォーラムの担当者さんが不在なので
替わりに受付するはずが
到着した時には
半数の受講者さんが入室済み。

焦る焦る。

そんなゴメンナサイのスタートだったもので
すっかり自分の携帯で写真を撮ることなど
忘れてしまいました。

会場の様子はお伝えできないので
予習で私が織った
セミナーの課題作品をUPします。


午前中はデニひもがま口バッグ。
a0191728_08271094.jpg

デニム生地の製造過程ででる端材が
デニひもという商品になっていて
それをリンク技法で織っています。

ww模様がたてにまっすぐ織り上がるように
するのがポイント。

皆さんよこ段をまっすぐ織るのに苦労されましたが、
17本の流れはこんな感じですよ。
ご参考まで。


そして午後は帽子です。

テキストより少ない4×40本で
アーガイル模様に織っています。

密度もきつめで子どもサイズ。
本数が少ないと
房も元気がなくなるので
44本がお勧めです。
a0191728_08271000.jpg


でも40本で織ると
余り糸でお揃いのアームウォーマーが織れます。
a0191728_08271134.jpg


剥がずに筒に織ってみました。

この位なら織れるかな?と
単純な興味でやってみたのですが、
結論から言うと
こんな苦労しなくても
剥げはいいじゃん!って感じです(^^;;
a0191728_08271154.jpg

もう片手分筒に織るのかと思うと
途方にくれるのでした。









.

[PR]
by tezome-to-ito | 2015-10-15 07:48 | 手織りダイアリー

箕輪先生の手織りセミナー2015大阪

今日は箕輪先生の大阪セミナー初日、
手織りセミナー。

a0191728_02564156.jpg


アシスタントとして伺いながらも
私もお勉強。

新刊「裂き織り大全」の
作品制作を紹介して頂きながら
色々なコツを教わります。

今回の裂き糸の扱い方諸々は
なるほど〜の連続でした。

糸巻き器で撚りをかけたり
a0191728_02564167.jpg


スピンドルを使ったり
a0191728_02564195.jpg


使えるアイデア満載!
思わず裂き織りしたくなっちゃいます。


明日はゆび織りのセミナーです。
早起きしなくちゃいけないけれど
ちょっと夜の中之島を満喫。
a0191728_02564134.jpg

バラ園があるなんて知らなかった!
水の都でもある大阪の夜のリバーサイドは
おしゃれな散歩コース。

フリースに包まりながら飲むビールは
格別な味なのでした。
a0191728_02564127.jpg










.

[PR]
by tezome-to-ito | 2015-10-13 23:47 | 手織りダイアリー

草木染めウールでなんちゃってハリスツイード

a0191728_18101991.jpg

昨日は寺本先生の和機をお借りして織っている
着尺を紹介しましたが、
今日は自宅で
ウールのチェックを織っています。

マリーゴールドのイエローと
マロウブラックのブルーグレーをメインに
ポイントカラーはハンノキのグレーと
ナチュラルブラックです。


携帯カバーの替えを探していて
今流行りのハリスツイードにしようと思ったのですが、
どの柄にしようか悩むうちに
自分で織ったらいいんじゃない?と
気付いてしまったんですね〜。

気に入ったハリスツイードのチェックをお手本に
染め貯めた糸の中から
セレクトしてみました。
縮絨して起毛したら
ハリスツイードっぽくなるかしら?

せっかくだから長めに織って
バッグも作ってみようかなと
欲を出しています。


ウールは織り進むのが速い!
昨日整経して
今日には上がりそう。

でも果たして思うような携帯カバーができるのか!?
それが心配(^^;;


ずいぶん張り切っているようなブログが
2日続きましたが
憂いの秋を迎えたせいか
どちらかというと気分は下降気味。。。

なんかね、色んなことがスムーズにいかないの。
あっちに行ってもこっちに行っても
引っかかってばっかりです。

爆買いとか爆食いとか
したい気分なんですが、
そうもいかず…
そんな時どうやって過ごしましょうか?


よしよしと自分をなだめつつ
今回は過去に染めた糸と
過ごしてみようと思いました。

トンネルを抜けるヒントは
案外自分の中にあるように感じています。








.


[PR]
by tezome-to-ito | 2015-10-11 17:32 | 手織りダイアリー

着尺を織る

a0191728_01111859.jpg


着尺を織りはじめました。
右袖の部分です。

たて糸は梅の木染め。
よこ糸は梅と矢車の媒染違い。
藍の絣も入る予定です。

アムスシムラのワークショップでの
構想から始まって
寺本先生の指導のもと
計画を開始してから早10ヶ月。

春に染めて
巻いて整経してたて糸張ったら夏だった。

なんだかんだとあって織りはじめたら秋でした。

織り上がるのは完全に冬ですね。。。


















.





[PR]
by tezome-to-ito | 2015-10-10 23:58 | 手織りダイアリー

AJCクリエイターズコンテストに出品しました!

2週間ぶりの更新です。
ご無沙汰してごめんなさい。

ここのところ新規のお仕事や
依頼を頂き
忙しいことこの上ないのは
ありがたいことこの上ない!

だから早くに取りかからなきゃなぁって
昨年末から構想には入っていたのに
やっぱりギリギリになってしまいましたが

今年もAJCクリエイターズコンテストに出品することができました!

3月22日(金)〜27日(日)まで
東京都美術館2階第4展示室にて開催される
AJCクリエイターズコレクション展にて
展示されます。


発送に間に合って良かった〜。
新幹線に飛び乗らなきゃならないかと
覚悟したほどです。

毎年恒例になりつつある
スリル満点のカウントダウン。
ホッとして昨日は1日寝込みました。

作品については
会場写真とともにまたご紹介させて頂きますが
制作過程をちょっとだけ。
a0191728_7211210.jpg


草木染めウール糸を使用した
タペストリーです。

観る人に小さな幸せを運べるかも。
そんな仕上がりになりました。
頑張って良かった。

お時間がありましたら
是非足をお運び下さい。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-03-15 07:00 | 手織りダイアリー

ミャンマーの蓮糸の織物

生徒のSさんがミャンマーに行かれました。

「蓮の糸の織物があるんですよ〜」

出発前にそんな話を聞いて
是非購入してきてほしいとお願いしました。

蓮糸について調べると
世界広しと言えどもその制作は
ミャンマーでのみ行われている
大変珍しいものだということがわかりました。

茎から繊維を取り出す工程は
麻に似ているけれど
その肌触りは全く違います。
柔らかいというか
ぬめやか。
他にはない肌ざわりです。

一番似ているものを挙げるなら
ん〜
シルク混紡のレーヨンでしょうか?

染色されたものもあったそうですが、
「先生なら染めていないのが良いと思って」
ナチュラルな無染色を選んでくれました。

大正解!

ミャンマー人のお友達がいらっしゃる
Sさんだからこそのお買い物。

首長族の女性が地機で織った
華やかなまとい布も選んで下さり
感激です。

Sさん、本当にありがとうございます。

a0191728_11572093.jpg















.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-02-01 11:33 | 手織りダイアリー

金の羊とWALNUT

京都で吉岡幸雄展を観た後は
Oさんのリクエストで糸を見ることに。

未年の今年、まず行くべきはここでしょう!
a0191728_837457.jpg


いつも通販でお世話になっている
金の羊さん。
ウィンドウの羊がお出迎えしてくれました。
a0191728_837436.jpg


ライラ用に機草と綜絖通し
幅出し機を買いました。
Tさん、Oさんも目的のモノをそれぞれ入手。

金の羊さんは織りから染め
紡ぎやフェルトまで
染織関係は殆どが揃う
本当に力強い存在です。
時間が許せば何時間でも居ついちゃいそう。

しかしせっかく京都まで来たのだから
もう一件行ってみようと
目標を設定しておりました。


金の羊さんのカタログには
近所のいろいろなお店が紹介されているのですが、
そこで紹介されていた
amirisuの毛糸屋さんWALNUTさんです。
歩いて5分の距離。

「この辺りはライブで来たことがある!」
というTさんを先頭にlet's go!

しかし、なかなか見つからない〜。

電話の説明でも、
何しろ上る下るが分からない異邦人3人。
お店の方が親切に迎えに出てきてくれました。

a0191728_837830.jpg

時間がちょっと早くて
この看板が出ていなかったのね。
小路を入った奥に
小さなあったか店舗が待っていました。

a0191728_837828.jpg


amirisuさんは東京自由ヶ丘と
京都で編み物教室を展開していて
英語と日本語の編み物の本を出したり
外国の編み図の販売もしているみたい。

糸も輸入物の素敵な毛糸が並んでいます。

店内の写真をBlogから拝借。
a0191728_837992.jpg

a0191728_837101.jpg


思わず編み糸買っちゃいました。
でも私は編むのではなく、
織ってみたいと思います。












.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-01-15 07:40 | 手織りダイアリー