ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

カテゴリ:手織りダイアリー( 64 )

受賞作を思い切ってベットカバーに

a0191728_17394729.jpg

AJCクリエイターズコンテスト2016
審査員奨励賞受賞作「花園」を
ベットカバーにしてみました。

我ながら、
なんと大胆な事を(^^;;

しかし毎年続けて出品していると
作品を保管しておく場所も
飾る壁もなくなり

行き場のないまま
箱ごと床に放置しておくことに耐え切れず
思い切ってみました。

もともとこの作品は
日々の手織り展で「敷物」として織ったものを
グレードアップしてタペストリーにしたのですが
さすがに敷物にする勇気はない。

ウール100%なので温かく
毛布代わりにもなります。はい。

この位思い切ったって
作者なんだから許されますよね!
うん、いい夢が見れそうだ。













.


[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-16 17:25 | 手織りダイアリー

ウール草木染めチェックの大判ストール

a0191728_12182168.jpg

コチニール、蘇芳、インド茜の
ブレンドで染めた毛糸を
大量消費しようと思い
大判ストールを織ったのは2年前のこと。

機から下ろして、
どうしたものかとずっと放置してたのを
ようやく仕上げました。

何に悩んでいたかというと
このウール糸が防縮加工してあるものだったので
縮絨がかからないのが分かっていたから。

並太を綾織で織ったので
重みで目が伸びて安定感がない。

やはりウールの織地は
ある程度繊維が絡みあって
ふんわりしていなくては。

アルカリ性の洗剤を使って
思い切ってガシガシすれば
防縮ウールでも縮絨効果は得られるかもしれないが
そうすれば草木染めの色が変色するのは必至。

さぁ、どうする?

結論から言うと
弱アルカリ洗剤を使用し
60度の湯で30分以上プッシュ
冷めるまで放置してさらに擦る。
2回繰り返すも余り効果がない。

で、最後の禁じ手を使いました。
高温洗浄の後、ドラム乾燥です。

少し湿ったところで取り出し
スチームアイロンで蒸気をかけて整え
干した後はウールブラシて軽く起毛しました。

縮絨前
a0191728_12182252.jpg


縮絨、起毛後
a0191728_12182262.jpg


変色は免れませんでしたが
格段に素材感が良くなりました。

織地は仕上げが大切です。












.



[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-15 11:53 | 手織りダイアリー

着尺が織り上がりました。

a0191728_15024755.jpg

草木染めの糸染めから始めた
着尺が先月ようやく織り上がりました。

いつから始めたんだっけ?と
Blogを遡ると
去年の10月開始でした。

織り始めのBlogページはこちら。

織るのにまるまる1年。
構想、糸染め、整経、綜絖通し、筬通し、経糸張りに10ヶ月。
うわー、2年もかかってます。

一反13m、
調子の良い日で40㎝くらい織り進みますが、
たて糸が切れたり
トラブルがあるととたんに進まない。

初めてのくせに絵羽にしたので
写真を撮りながら
測りながら織ったのですが
少し長く日を置いてしまうと
前回の記憶を辿るのが大変。

うっかり間違えるは
糸が足りなくなるは
正直言うと、失敗に次ぐ失敗作です。

なんとか仕立てる長さはあるものの
さて、どう料理したものか。

まずは湯通しに出します。
それから仕立てをお願いします。
それまで要熟考。

当初のデザインと変わってしまいそうですが
形にはしてみよう。










.


[PR]
by tezome-to-ito | 2016-11-14 14:46 | 手織りダイアリー

ゆび織りの小さなバックを作ってみました。

a0191728_16562974.jpg

これから旅行に出かける方も
多くなる季節ですね。

旅先のホテルでレストランに行くとき
部屋のキーとハンカチと
携帯くらいを持ち歩ける
おしゃれ小さな手提げバッグが欲しいと思い
織ってみました。

a0191728_16562999.jpg

使用糸はユニバーサル「コットンね」
キミドリ、アオ、コン、グレー。

ゆび織り リンク技法。

平らに織って両端を折り返し
持ち手の棒を通せるように
ミシンで縫いました。

脇は別糸でかがっています。

裏地は別途袋に縫って
これも手かがりで留めました。


ゆび織りは太い余り糸を使い切るのに
とっても便利。
大きなチェックが斜めに織れるので
おしゃれ感が増します。

今回も余り糸を無造作に並べて織っただけ。
夏らしいチェックが出来て
大満足です!

浴衣にも合うかもしれないな。
早くお出かけしたいけど
予定がないのが残念です。










.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-07-16 16:31 | 手織りダイアリー

お籠りの成果 キラキラバッグ第4弾とよろけ縞ストール

a0191728_11505336.jpg

出来ました!
ラ メルヘンテープの新作手織りバッグです。
今回はよこ糸にkatiaのTahitibeachという
綿糸も織り込んでいます。

a0191728_11505390.jpg

マチはゆび織り。

a0191728_11505351.jpg

内袋も付けてみました。

ちなみに
第1、2弾はこちら。
a0191728_11505306.jpg

クロバーさんの手作りレシピ用に製作したもの。
ピンクのバッグレシピはクロバーさんのHPから
フリーでダウンロードできます。

クロバー手作りレシピはこちらをクリック!

第3弾は先日紹介させて頂きましたが、
再度アップ。
a0191728_11505317.jpg


こちらもゆび織りでマチを作っています。
a0191728_11505451.jpg

テープのキラキラと色が目立つようで
出掛け先で必ず声をかけられます。

「編んだんですか?」
「いえ、織ったんです」
「?!?!?!えー!?織れるの?」

そこで
「咲きおりという織り機で織れるんですよ〜」
とクロバーの回し者のごとく説明するも
大抵は目がバッグにくぎづけで
あまり話は聞いていない様子。
まぁ、織り、ってことを知ってくれただけでも
いいか。

ただし、何を作るもそうですが、
織った後の始末が肝心。
持ち手の平組や細部の貼り合わせに時間を取ります。
ボンドの補強は必須ですが、
そこをいかにじっくりやるかで
キラキラバッグの出来は変わります。


a0191728_11505478.jpg

バッグのよこ糸に使った糸が残ったので
こんなよろけ縞のストールも織りました。

この糸はチューブ状のコットン糸なのですが、
とても艶があって綺麗なんです。
マーセライズという加工により
シルクのような光沢を出しているみたい。

よろけを織るのに平たい糸を探していたので
ちょうど良かった。
a0191728_11505414.jpg



katiaはスペインのメーカーですが、
このTahitibeachは特注品なのだと
購入したABCクラフトで担当さんが言ってました。
確かにネットで調べても
国内の販売先は他に見つからない。

とても良い糸で
カラフルな色展開も魅力的。
この糸で昨日生徒のHさんが自由課題を織りました。
作品の完成が今から楽しみです。

私も他の作品にも試してみるつもりです。









.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-07-07 11:05 | 手織りダイアリー

めがね織りの眼鏡入れ

a0191728_17201124.jpg

教室でめがね織りを織っている
生徒さんがいらして
見ている内にイメージが湧いて
私もシンプルに白黒で織ってみました。

綿糸です。

最初のイメージはフォーマルっぽい
パーティーバッグだったのですが、
糸が一玉しかなかったので
サイズ縮小。

めがね織りだけに眼鏡入れでも
ま、いいか。

織りあがってから探した割には
イメージも幅もピッタリな口金が見つかりました。
しかしマチをつけるために
2日間試行錯誤。

a0191728_17201155.jpg

がま口素人の作にしては
よく出来たものだと思いませんか?

a0191728_17201188.jpg

ちなみに裏地も手織りです。
ラメ糸を使い
ポイントに透かし織りを入れてみました。

織ったものが形になると
これまた楽しいです。














.
[PR]
by tezome-to-ito | 2016-06-19 17:03 | 手織りダイアリー

出来ました!ラメルヘンテープの手織りバッグ

a0191728_17412576.jpg

去年、奈良の生徒さんたちと
チャレンジして織った
ラメルヘンテープのキラキラトートバッグ。

持ち手の平組を残して
年を越してしまっていたのですが
今日仕上げました。

アンテプリマには及びませんが
なかなか上出来とひとり悦に入る。

問題は強度。
さっそく歌詞ファイルを入れて
ゴスペルの練習に持って行こう。
お財布と携帯とペットボトルも。
その程度ならぜんぜん大丈夫そうです。










.


[PR]
by tezome-to-ito | 2016-06-11 17:24 | 手織りダイアリー

仕事帰りに玉造modaで

クロバーさんの
咲きおり講習会にお招き頂きました。

咲きおりマイスターを目指す?は
Tさん、Oさん、Sさん。

a0191728_17314094.jpg


a0191728_17314029.jpg


a0191728_17314174.jpg


a0191728_17314170.jpg

ソウコウと糸の関係を学んだり

a0191728_17314159.jpg



ウールのグレンチェック織りで
平織り模様をお勉強したり、

a0191728_17314181.jpg

縮絨を経験して頂いたり

a0191728_17314163.jpg

咲きおりのお勉強もろもろ
お手伝いさせて頂きました。

社内ランチを一緒に楽しませて頂きまして
久々のOL気分を味わったところで
「先生、帰りはモーダのカフェに寄ってね」
というお勧めで
寄り道してます。

a0191728_17314290.jpg


a0191728_17314252.jpg


a0191728_17314287.jpg


2階はプリント生地屋さん。
気分ノリノリで
誘惑に負けそうです。





誘惑に巻けました、あ、いや
負けました。
a0191728_19022869.jpg












.





[PR]
by tezome-to-ito | 2016-05-13 17:16 | 手織りダイアリー

キリムスザーニのスツール

a0191728_08154662.jpg

ギャッベを習いに行ったメヘラリ・ショップでは
ギャッベ製品はもちろん、
キリムやお皿などのイラン製品も売っています。

最終日に抱えて帰ってきたのは
キリムスザーニのスツール。

お店にある物はほとんどが手織り物なので
1つとして同じ模様のない中
これは!と一目で気に入ってしまいました。

a0191728_08154737.jpg


およそ30㎝四方の座面が全面
スマックとトワイニングの織りで覆わています。

スマック、トワイニングというのは
たて糸によこ糸を巻きつけて織る手法。
一見刺繍に見えます。
このタイプのキリムは
キリムスザーニというのだそうです。

模様はメヘラリ・ショップ オリジナルで
ケルマン地方で織った物と言ってました。

狭い我が家でも気軽に置けるし
お値段もお手頃。

講習2回目で見つけて
お取り置きして頂いたのですが
その直後に何故か大量に売れ
(私、お客さんを連れてくる体質なんですよね〜)
在庫がほぼなくなったそう。
しかも今後は扱わない予定とのこと。

いや〜ラッキーでした。











.






[PR]
by tezome-to-ito | 2016-05-01 07:32 | 手織りダイアリー

ギャッベ織り上がりました。

a0191728_09361519.jpg

メヘラリショップに5回通い
講習は残り7段を残して終了。

昨日自宅でその7段と
押さえを織り終わりました。

当初の指定のデザインからは
織り始めにいきなり間違ってしまい変更してます。
でもそれが良かったかな。

講師のメヘラリさん曰く
ギャッベは遊び心が大切!
だそうです。

「間違いも 遊び心も 織りのうち」

でも丁寧に織って欲しいの
とメヘラリさんは言います。

「織り目とは 鏡よ鏡と 心得よ」

メヘラリさんは
指導者としての人との向き合い方が
とても真っすぐで
私はそこにグッときました。
ブレないってすごく大切。

「ブレない ユレない オソレない」


あ、「」は by曽田よう子です。


それで課題は終了かと思いきや
もう一枚裏に織らねばなりません〜。

a0191728_09361514.jpg


メヘラリさんは5月にイランに帰国。
お留守の間の宿題は
デザインから起こします。
できればギャッベの伝統柄を
織りたいなと思います。


メヘラリ・ショップについてご興味がある方は
メヘラリ・ショップのHPへどうぞ。


さて連休が始まりましたね。
今年のGWはお籠りなので
織り三昧の予定。
お仕事です。











.


[PR]
by tezome-to-ito | 2016-04-30 08:42 | 手織りダイアリー