ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

カテゴリ:手織りダイアリー( 50 )

お籠りの成果 キラキラバッグ第4弾とよろけ縞ストール

a0191728_11505336.jpg

出来ました!
ラ メルヘンテープの新作手織りバッグです。
今回はよこ糸にkatiaのTahitibeachという
綿糸も織り込んでいます。

a0191728_11505390.jpg

マチはゆび織り。

a0191728_11505351.jpg

内袋も付けてみました。

ちなみに
第1、2弾はこちら。
a0191728_11505306.jpg

クロバーさんの手作りレシピ用に製作したもの。
ピンクのバッグレシピはクロバーさんのHPから
フリーでダウンロードできます。

クロバー手作りレシピはこちらをクリック!

第3弾は先日紹介させて頂きましたが、
再度アップ。
a0191728_11505317.jpg


こちらもゆび織りでマチを作っています。
a0191728_11505451.jpg

テープのキラキラと色が目立つようで
出掛け先で必ず声をかけられます。

「編んだんですか?」
「いえ、織ったんです」
「?!?!?!えー!?織れるの?」

そこで
「咲きおりという織り機で織れるんですよ〜」
とクロバーの回し者のごとく説明するも
大抵は目がバッグにくぎづけで
あまり話は聞いていない様子。
まぁ、織り、ってことを知ってくれただけでも
いいか。

ただし、何を作るもそうですが、
織った後の始末が肝心。
持ち手の平組や細部の貼り合わせに時間を取ります。
ボンドの補強は必須ですが、
そこをいかにじっくりやるかで
キラキラバッグの出来は変わります。


a0191728_11505478.jpg

バッグのよこ糸に使った糸が残ったので
こんなよろけ縞のストールも織りました。

この糸はチューブ状のコットン糸なのですが、
とても艶があって綺麗なんです。
マーセライズという加工により
シルクのような光沢を出しているみたい。

よろけを織るのに平たい糸を探していたので
ちょうど良かった。
a0191728_11505414.jpg



katiaはスペインのメーカーですが、
このTahitibeachは特注品なのだと
購入したABCクラフトで担当さんが言ってました。
確かにネットで調べても
国内の販売先は他に見つからない。

とても良い糸で
カラフルな色展開も魅力的。
この糸で昨日生徒のHさんが自由課題を織りました。
作品の完成が今から楽しみです。

私も他の作品にも試してみるつもりです。









.

[PR]
by tezome-to-ito | 2016-07-07 11:05 | 手織りダイアリー

めがね織りの眼鏡入れ

a0191728_17201124.jpg

教室でめがね織りを織っている
生徒さんがいらして
見ている内にイメージが湧いて
私もシンプルに白黒で織ってみました。

綿糸です。

最初のイメージはフォーマルっぽい
パーティーバッグだったのですが、
糸が一玉しかなかったので
サイズ縮小。

めがね織りだけに眼鏡入れでも
ま、いいか。

織りあがってから探した割には
イメージも幅もピッタリな口金が見つかりました。
しかしマチをつけるために
2日間試行錯誤。

a0191728_17201155.jpg

がま口素人の作にしては
よく出来たものだと思いませんか?

a0191728_17201188.jpg

ちなみに裏地も手織りです。
ラメ糸を使い
ポイントに透かし織りを入れてみました。

織ったものが形になると
これまた楽しいです。














.
[PR]
by tezome-to-ito | 2016-06-19 17:03 | 手織りダイアリー

出来ました!ラメルヘンテープの手織りバッグ

a0191728_17412576.jpg

去年、奈良の生徒さんたちと
チャレンジして織った
ラメルヘンテープのキラキラトートバッグ。

持ち手の平組を残して
年を越してしまっていたのですが
今日仕上げました。

アンテプリマには及びませんが
なかなか上出来とひとり悦に入る。

問題は強度。
さっそく歌詞ファイルを入れて
ゴスペルの練習に持って行こう。
お財布と携帯とペットボトルも。
その程度ならぜんぜん大丈夫そうです。










.


[PR]
by tezome-to-ito | 2016-06-11 17:24 | 手織りダイアリー

仕事帰りに玉造modaで

クロバーさんの
咲きおり講習会にお招き頂きました。

咲きおりマイスターを目指す?は
Tさん、Oさん、Sさん。

a0191728_17314094.jpg


a0191728_17314029.jpg


a0191728_17314174.jpg


a0191728_17314170.jpg

ソウコウと糸の関係を学んだり

a0191728_17314159.jpg



ウールのグレンチェック織りで
平織り模様をお勉強したり、

a0191728_17314181.jpg

縮絨を経験して頂いたり

a0191728_17314163.jpg

咲きおりのお勉強もろもろ
お手伝いさせて頂きました。

社内ランチを一緒に楽しませて頂きまして
久々のOL気分を味わったところで
「先生、帰りはモーダのカフェに寄ってね」
というお勧めで
寄り道してます。

a0191728_17314290.jpg


a0191728_17314252.jpg


a0191728_17314287.jpg


2階はプリント生地屋さん。
気分ノリノリで
誘惑に負けそうです。





誘惑に巻けました、あ、いや
負けました。
a0191728_19022869.jpg












.





[PR]
by tezome-to-ito | 2016-05-13 17:16 | 手織りダイアリー

キリムスザーニのスツール

a0191728_08154662.jpg

ギャッベを習いに行ったメヘラリ・ショップでは
ギャッベ製品はもちろん、
キリムやお皿などのイラン製品も売っています。

最終日に抱えて帰ってきたのは
キリムスザーニのスツール。

お店にある物はほとんどが手織り物なので
1つとして同じ模様のない中
これは!と一目で気に入ってしまいました。

a0191728_08154737.jpg


およそ30㎝四方の座面が全面
スマックとトワイニングの織りで覆わています。

スマック、トワイニングというのは
たて糸によこ糸を巻きつけて織る手法。
一見刺繍に見えます。
このタイプのキリムは
キリムスザーニというのだそうです。

模様はメヘラリ・ショップ オリジナルで
ケルマン地方で織った物と言ってました。

狭い我が家でも気軽に置けるし
お値段もお手頃。

講習2回目で見つけて
お取り置きして頂いたのですが
その直後に何故か大量に売れ
(私、お客さんを連れてくる体質なんですよね〜)
在庫がほぼなくなったそう。
しかも今後は扱わない予定とのこと。

いや〜ラッキーでした。











.






[PR]
by tezome-to-ito | 2016-05-01 07:32 | 手織りダイアリー

ギャッベ織り上がりました。

a0191728_09361519.jpg

メヘラリショップに5回通い
講習は残り7段を残して終了。

昨日自宅でその7段と
押さえを織り終わりました。

当初の指定のデザインからは
織り始めにいきなり間違ってしまい変更してます。
でもそれが良かったかな。

講師のメヘラリさん曰く
ギャッベは遊び心が大切!
だそうです。

「間違いも 遊び心も 織りのうち」

でも丁寧に織って欲しいの
とメヘラリさんは言います。

「織り目とは 鏡よ鏡と 心得よ」

メヘラリさんは
指導者としての人との向き合い方が
とても真っすぐで
私はそこにグッときました。
ブレないってすごく大切。

「ブレない ユレない オソレない」


あ、「」は by曽田よう子です。


それで課題は終了かと思いきや
もう一枚裏に織らねばなりません〜。

a0191728_09361514.jpg


メヘラリさんは5月にイランに帰国。
お留守の間の宿題は
デザインから起こします。
できればギャッベの伝統柄を
織りたいなと思います。


メヘラリ・ショップについてご興味がある方は
メヘラリ・ショップのHPへどうぞ。


さて連休が始まりましたね。
今年のGWはお籠りなので
織り三昧の予定。
お仕事です。











.


[PR]
by tezome-to-ito | 2016-04-30 08:42 | 手織りダイアリー

竪機でギャッベに挑戦中!

a0191728_23531532.jpg

奈良のもちいどの町にある
メヘラリ・ショップで
ギャッベのワークショップを受講しました。

次回まで1日1段の宿題。









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2016-04-04 23:46 | 手織りダイアリー

年の瀬の仕事と 日々の手織り展の準備と

年の瀬も押し迫って来ましたね。
昨日主人と息子が
ガラス拭きをしてくれている間に
私は外回りの大掃除。

私は水を使うことより
土仕事が好き。

あれ?草木染めは?

それは何故か好き!

それはともかく
庭もかなり放っておいたので
枯葉だらけ。

北海道では
庭の枯葉は雪に埋もれて隠れるし
土に還るので
多少放っておいても良かったけれど
雪のない奈良では
掃除せねばなりません。

履いたり、抜いたり、集めたり。
ずいぶんスッキリしました。

ついでに球根を植えたり
コンテナに花を足しました。
a0191728_15512156.jpg


12月に花を植える?
越してきた当初は
びっくりポンでしたが
この季節は害虫の心配なく
水やりもあまり気にしなくてよいので
意外に楽に楽しめます。

さて、今日は
息子がお風呂の排水口を掃除している様子。

私はちょっとのんびりして
グループ展に向けて
試し織りをしています。

a0191728_15512245.jpg


すずらんで染めたベージュと
ナチュラルのこげ茶。
杉綾のタイアップで
踏み順を変えて模様を試します。

二重織なんですが
ナチュラルウールのたて糸が
開きが悪くて苦戦中です。


グループ展「日々の手織り展」は
2016年2月25日〜3月1日まで
谷町6丁目の「雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた」
にて開催します。

詳しくはこちらをご覧下さい。

ひなたさんのHPはこちらから。










.

[PR]
by tezome-to-ito | 2015-12-27 15:22 | 手織りダイアリー

手織りキットのサンタ1号早くも出動

a0191728_12095664.jpg

携帯ケースが出来ました〜〜!

って、あれっ??
ハリスツイードもどきじゃなかったの?
との疑問の声はさて置いて

箕輪先生んとこの紅絹の携帯カバーキットで
サンタさんを織りました。

30羽使用。
iPhone6プラス用にアレンジしてます。

今日はこれから産経学園の生徒さんたちが
このキットを織る予定です。
今後他の教室でも予定あり
2号3号…とぞくぞく誕生予定。


ちょっと気の早いクリスマスの準備ですが
このキットは思った以上に楽しかった〜!
紅絹の赤が綺麗で元気が出るし
ちゃっちゃと織れてしまう所もいい!
ボタンの大きさとか
何気にオリジナリティーも出て
愛着湧きます。

紅絹を古着で手に入れても
解いたり洗ったりするのがとても大変。
このキットの紅絹は
洗って染め直して色止めもしてあって
アイロンまでかかっていて
すぐ使えます。

飾りの備品も揃って1620円と
値段も手頃。
これは買いですぞ!









.

[PR]
by tezome-to-ito | 2015-10-20 11:48 | 手織りダイアリー

箕輪先生の2015大阪セミナー 2日目

箕輪先生の大阪セミナー2日目は
ゆび織りです。

大阪の会場から帰り荷物を運ぶため
車で行ったのですが
何と大渋滞で15分も遅刻!

楽習フォーラムの担当者さんが不在なので
替わりに受付するはずが
到着した時には
半数の受講者さんが入室済み。

焦る焦る。

そんなゴメンナサイのスタートだったもので
すっかり自分の携帯で写真を撮ることなど
忘れてしまいました。

会場の様子はお伝えできないので
予習で私が織った
セミナーの課題作品をUPします。


午前中はデニひもがま口バッグ。
a0191728_08271094.jpg

デニム生地の製造過程ででる端材が
デニひもという商品になっていて
それをリンク技法で織っています。

ww模様がたてにまっすぐ織り上がるように
するのがポイント。

皆さんよこ段をまっすぐ織るのに苦労されましたが、
17本の流れはこんな感じですよ。
ご参考まで。


そして午後は帽子です。

テキストより少ない4×40本で
アーガイル模様に織っています。

密度もきつめで子どもサイズ。
本数が少ないと
房も元気がなくなるので
44本がお勧めです。
a0191728_08271000.jpg


でも40本で織ると
余り糸でお揃いのアームウォーマーが織れます。
a0191728_08271134.jpg


剥がずに筒に織ってみました。

この位なら織れるかな?と
単純な興味でやってみたのですが、
結論から言うと
こんな苦労しなくても
剥げはいいじゃん!って感じです(^^;;
a0191728_08271154.jpg

もう片手分筒に織るのかと思うと
途方にくれるのでした。









.

[PR]
by tezome-to-ito | 2015-10-15 07:48 | 手織りダイアリー