ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

ブータンの片面縫取り織りへのチャレンジは続きます。

a0191728_09474468.jpg

ブータンの片面縫取り織りの習作。

綾織の地織りも試してみました。
これが相当に難解。

実物が手元にはないので
写真で見て再現を試みましたが
わけが分かりません。

少ない資料を頼るも
綾織の片面縫取りについて
具体的な織り方の記載はなし。

以前に織った沖縄のティーバナの経験が
少し役に立つけれど
あとは手を動かすしかない。

いやいや、こんなんで作品展に取り入れようなんて
おこがましい気がしてきましたが
とりあえず縮絨までして分かったこと。

あんまり綺麗じゃないかな?と思った縫い取り部も
縮絨すると不思議と馴染む。
ここは大雑把で良いのかも。

ラムはよく縮むぞ。

そして防縮ウールは使うべからず。

ウールの片面縫取り織りは縮絨でいい感じになりましたが
縫い取りなら使えるかなと思った防縮ウールは
全く馴染みませんでした。

防縮ウールは染めるのが楽なので
かつては良く染めていたのだけど
縮絨好きの自分との乖離が最近悲しいです。

それはそれで仕方ない。

防縮ウールの使い方はまた考えるとして
片面縫取り織りへの試みはまだ続きます。



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。








.

[PR]
# by tezome-to-ito | 2017-09-22 09:47 | 手織りダイアリー

ブータンの片面縫取り織りを解読中です。

作品展に取り入れたいと思い、
ブータン展で購入した生地の模様を
解読しております。

a0191728_17480178.jpg

片面縫取り織。

糸と密度の関係は
実際にやってみないと分からない。
頭の中で考えていたのとはちょっと違ってました。

こんなことになっているとは…

こんなの初めて...。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .(カホコ風)

片面縫取り織りに限らず
織りのテクニックを開発した人は
すっばらしいです!

↑これ、流行語大賞の候補に入る、かな?
もうそんな季節ですよ!



ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。







.

[PR]
# by tezome-to-ito | 2017-09-20 17:47 | 手織りダイアリー

12月の作品展に向けて糸とにらめっこしています。

12月に作品展を計画しております。
その作品に使用する糸を確認中。

自分で染めた草木染めウール系。
いったい何キロあるのやら??ですが
テーブルに乗る範囲で安心しました。
ここから組み合わせをピックアップ。
やはり出来れば自分の糸を主役にしたい。

a0191728_14560151.jpg


生成り&ナチュラル。
足りない色は染めないと。
足りない色はオレンジ系かな?

a0191728_14593314.jpg


しかしあまりに自分の糸にこだわると
作品の構想が制約されてしまうので
今回は市販糸も使う予定。

公募展と違って
観て下さる人にとって
もっと身近で楽しめるものを並べてみたい。

クリスマスを意識して
赤をたくさんゲットしました。

a0191728_15060001.jpg


台風と共に季節は変わり
私もシフトチェンジ。
職人モードに入ります。

まだ漠然としていますが
月末には印刷関係の打ち合わせが待っている。
頑張ります!


ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。




.



[PR]
# by tezome-to-ito | 2017-09-17 14:54 | 手織りダイアリー