ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

京都美山かやぶきの里の藍と緑と。

a0191728_07200638.jpg


京都美山のかやぶきの里へ
行って来ました。

a0191728_07200730.jpg


京都駅で名古屋のHさんと待ち合わせ
JR嵯峨野線、山陰線、そして南丹バスに乗り継ぎ
到着したのがここ。
深い緑に覆われた50戸ほどの小さな集落です。

a0191728_07200785.jpg


主たる目的は新道弘之さんの
ちいさな藍美術館。

a0191728_07200735.jpg


ここは川島テキスタイルで知ったのですが
川島のツアー日程には合わず
Hさんをお誘いして個人的に行ってきました。

川島ツアーに参加された
きさらぎさんからの諸々の情報のおかげで
迷うことなく楽しめました。
きさらぎさん、ありがとうございます。

本格的なかやぶき屋根の建物の1階にある
藍染の工房では
新道先生が長年の経験で培った技による
藍の華が美しく咲いていました。

a0191728_07200884.jpg


うつくしい〜
うう、染めたい!
と思った、けど口に出すのも我慢しました。
とても大切で生半可なものではない
と藍の華が呟いていましたから。

この美しい藍の秘密は
自家製の灰汁にあるそうです。
灰汁からとても美しい!
驚きでした。

a0191728_07200890.jpg


「この世界に入って50年。
今はひたすらこのオリジナルの染めに
集中しています。」
と見せてくださった
シンジコ絞り。
シンドウとインジゴを掛け合わせたネーミング。

a0191728_07200868.jpg


こんなたて縞に染まります。
有松に似ていても
模様の出方が全く違います。

a0191728_07200819.jpg


2階のギャラリーには
世界各国の藍染コレクションが展示されていました。
4ヵ月毎位で展示替えがあるそうです。

a0191728_07200990.jpg


この美術館を見た後は
民族資料館でまったりしたり
お蕎麦を食べたり
緑の中を散策しました。

a0191728_07200903.jpg


とても暑い日でしたが
こんなに深い緑の中で1日を過ごすのは久しぶりで
少し時代を遡りました。

「美山のお年寄りは畑に出て
毎日同じ生活を繰り返す。
当たり前のように自給自足できる。
それが昔の日本の生活。
でも教育制度が出来て
子どもを学校に行かせるために
現金収入が必要になったのよね。」

はっとする気づきを含んだ
こんな会話を新道先生の奥様としたり

「ここに住みたくて車に布団積んで一泊したら
瞬く間に村の噂になっちゃって…笑」

と移住の経緯を教えてくださった
ちぎり絵ギャラリーの女性作家さんの話から
人の出会いと一生について思いをはせたり

日に照らされたベンチで
熱中症対策の梅干しをかじりながら
Hさんと取り留めのない話をしたり

なんか諸々
楽しかったです。美山。




ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村






.



[PR]
by tezome-to-ito | 2017-05-31 06:14 | 染織の旅とお出かけ
<< 奈良で楽しむ柿渋染め体験 TA... 大和川でヨモギを摘んで染めました② >>