ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

ステンレス糸入り草木染めストールを仕上げました。

「ねえ、あれ、どうなった?」

九州から遊びに来ていた友達に
そう聞かれてはっとしました。

彼女のいう「あれ」とは
ステンレス糸を織り込んだストールのこと。

去年一乗寺のアブリルに行った時に買ったステンレス糸。

それよりさらに前に、
彼女が織って身につけていたストールが
ステンレス糸を使いとても素敵だったのを思い出し
使い方を相談したのでした。

その時は確か「何本かおきに混ぜると良い」
というアドバイスだった。

それで草木染めのドライウールを主に
タテ糸に混ぜて織ってみたのですが
織り上がったものが今ひとつ納得いかず
どうしたものかと
そのまま仕上げをせずに塩漬けしていたのでした。

「あまり上手くいかなくて…」と言葉を濁し
その話は曖昧なまま
昨日彼女は帰って行きました。

今朝目覚めて、また彼女の言葉がよぎりました。
「あれ、どうなった?」
タンスを開けてみると
丁寧に畳んだまま「あれ」は
申し訳なさそうに出てきました。

綺麗に染まっているし
きっちり織ってある。
1年も放っておいて可哀想に。
どうにかしてあげよう。

a0191728_14424934.jpg


午前中ひたすら房を撚り
湯通しして仕上げました。

一手間加えたのは
ステンレス糸を一部抜いたこと。

糸が寄って隙間になることが気になっていたので
いっそスペース織り風にしてみました。

a0191728_14424954.jpg


a0191728_14424913.jpg


いいんじゃないでしょうか?
Tちゃん、お陰でストールできたよ!
ありがとう。




ランキングに参加しています。
励みになりますので下の 手織りバナー を1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村






.


[PR]
by tezome-to-ito | 2017-06-19 14:08 | 手織りダイアリー
<< 浮き織りのサンプラーを裂き織り... 静かな金地院と華やかな峰玉亭。京都。 >>