ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

大山崎山荘美術館

a0191728_414416.jpg

一昨日は奈良も雪が降り
寒さも連日かと思いきや
昨日の空は晴れ渡り
早春を感じるバレンタインデーとなりました。

予定していた仕事を小休止して
車で大山崎へ。

志村ふくみー源泉をたどる
二期に渡る企画展の前期を観る為です。
a0191728_4144186.jpg

1時間のドライブ、
そして駐車場からの15分の散策、
その道のりから
大山崎は気分が上がりました。
a0191728_4144576.jpg

その理由は
桂川がゆっくりと流れる
開けた大地と
誰もが知る歴史の要所
天王山。

そこに佇む美しい洋館は
訪れる者を特別な非日常へと
誘います。
a0191728_4144551.jpg

a0191728_4144660.jpg

a0191728_4144859.jpg

a0191728_4145112.jpg

a0191728_4145255.jpg

a0191728_4145356.jpg


大山崎山荘美術館は
アサヒビールの経営なので
私はてっきり
その関係者が住んでいたものだとばかり思っていました。

ところが山荘の持ち主だった加賀正太郎氏は
アサヒビールに直接の関係者じゃない。

なんと加賀氏は
朝ドラ「マッサン」で今話題の
ニッカウイスキーの出資者だったそうです。
加賀氏は亡くなる時に
縁のあったアサヒビール初代社長に
ニッカウイスキーの株を託しました。

なるほど、
それでニッカはアサヒ系列になったわけですね。

だけど山荘は
人から人へと転々とし
バブルの時代に取り壊してマンション建替という計画に。

その危機を救って買い取ったのが
アサヒビール。
地元住民の強い保全運動を受けて
京都府が、
ニッカウイスキーと加賀氏との縁から
アサヒビールに持ちかけたんだそうです。

加賀氏が
庭も道も全て自ら設計したほど
魂を入れていた山荘は
マッサンを助けた
加賀氏自らの業と縁によって
今へと引き継がれた訳です。

文化とは
そんな人と人との出会いと縁によって
次代へと受け継がれていく。

志村先生の展覧会も
そうしたことがテーマになっています。

前期は2月15日まで。
17日から始まる後期にも
また訪れる予定です。
展覧会の内容は
その時にお伝えすることにしましょう。











.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-02-14 22:18 | 染織の旅とお出かけ
<< ひつじ展OSAKA みんなの作品 輪織りバッグ >>