ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

仕事始めは高機の組立から

中古のライラを譲り受けました。

Mさん、ありがとうございます。
無事組み立てられましたよ!
a0191728_16433873.jpg


ビデオはあるけど説明書はないとのことで、
時間のあるお正月に2日かけて
ビデオと織物の本を繰り返し見直し
やっと形になりました。

あとはタイアップ。

ライラは天秤式ですが、
私はろくろ式とジャッキ式しか使ったことがないので
いまいちピンときていません。

まずは平織りからやってみますか。


自宅に高機は置くスペースがないと
ずっと諦めていたのですが、
魔が差したというか
「これも縁だ!何とかなるさ〜」
とその場の勢いで譲って頂くことに。

2階の踊り場に設置したら
まぁ誂えた様にピッタリサイズ。

この中途半端なスペースって、
どんな設計意図があるんだろう?
と引越して来た時から不思議に思っていたんですが、
ライラを置く為だったんですね、きっと。

しかし決して広くない我が家においてこのスペースが
引越し以来空いていたわけでは勿論ありません。

ライラを譲り受ける為に
まずダブルベッドを処分した。
それからIKEAに行って
一番小さくて安いシングルベッドを2つ買った。
IKEAの家具は勿論自分で組み立てた。
ベッドを変えたことで空いたスペースに
棚を移動した。

その棚のあった場所が
2階の踊り場だったわけです。

ふぅ〜、長い道のりでした。

ベッドを買い替えるのは
正直かなり勇気のいる決断でしたよ。
でもシングルにしたら
掃除も楽になりました。

こういうのって、何て言うんでしたっけ?
一挙両得?一石二鳥?濡れ手で粟?


Mさんはライラをとてもきれいにお使いで
傷みもなく新品に見えるほどです。
白樺の木目は
道産子の私を限りなく癒してくれます。

大切に大切に、使わせて頂きます。









.
[PR]
by tezome-to-ito | 2015-01-04 15:39 | 手織りダイアリー
<< 新春一番のみんなの作品 こいつは新春から縁起がいいわえ >>