ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

第8回草木染ビエンナーレinあいち 会場風景

今日は小雨の降る名古屋。
行って参りました
愛知県美術館ギャラリーで開催中の
草木染ビエンナーレinあいち
会場の風景です。
a0191728_18475391.jpg

a0191728_18475328.jpg

a0191728_18475488.jpg

a0191728_18475447.jpg

a0191728_18475595.jpg


私が出品した作品はこちらです。
a0191728_18475820.jpg

a0191728_1848478.jpg



よう子の子の字が違うけど
気にしないことにしよう。

使用染料は
藍、玉ねぎ、みかん、わらび、ドイツトウヒ。

素材はシルクリネン糸です。

今回は既に染めていた糸を使って
作品にしようとデザインしたのですが、
最初の予定とは
ずいぶん違うものに仕上がりました。

与えられたテーマが
「次代に向けて」だったので
イメージとしての「融合」は頭にあったのですが、
織ってみたらイメージと違う…
美しくない…
しかも時間が取れず
高機の借用は断念…

一時は応募そのものを諦めようかとも思いましたが
いやいや、苦しい時こそ
新しい発想に巡りあえるのだと自分に言い聞かせ
何とか出品に漕ぎ着けました。

結果、咲きおりをフル活用。
オープンリードの利点を生かし
3枚の織り布の経糸を途中で合わせ
掛け替えて縦縞の布に織り進めました。

真ん中辺りで糸がクルクルしてますが、
経糸は下から上まで
一繋がりなのです。

前作で桜として染めた型を
今回は和の表現として使用しました。
糸のクルクルと対応してます。

この作品展は草木染の公募展ですが
今回は織りで苦しんだので
ついつい織りの話をしたくなります。

でも会場では織りの作品は多くありません。
染めにしても様々な技法のものが並びます。
各作品の説明書きを読むうちに
原点に立ち返って
久しぶりに草木染めの楽しさに
浸りました。


今回の大賞はこちらの作品。
a0191728_184881.jpg

a0191728_1848995.jpg

作者はとてもお若い方だそうですが、
丁寧で手間をかけた大作ですね。

個人的に好きだったのはこちらの作品。
a0191728_1848926.jpg

a0191728_18481158.jpg

スペインからの出品だそうです。
ガラス瓶と太陽光で抽出した染液で
染めているそうです。
染料の植物も興味深い。


草木染ビエンナーレinあいちは
14日まで。
詳しくはHPをご覧下さい。
http://www.nbiennale.info/biennale.htm













.

[PR]
by tezome-to-ito | 2014-12-11 17:21 | 作品Gallery
<< みんなの作品deクリスマス 草木染ビエンナーレinあいち2014 >>