ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

スウェーデンとフィンランド 織りの旅 その5

北欧はバンド織りがさかんです。

といっても、それは昔の話で
手工芸としては一部の愛好家や民族によって
護られているというのが現状のようです。

民族衣装でカラフルなバンドを身に着けた女性を
ガイドブックや雑誌で見かけます。
今回もそんな女性に出会うことを期待して
スカンセンという野外博物館にも行ったのですが
残念ながらその日はお目にかかることはできませんでした。

唯一、メッセ会場で実演していらした
サーミ(サーメ)族の女性が身に着けていました。
a0191728_9234577.jpg

こちらはサーミの毛皮の衣装とバンド。
a0191728_9243723.jpg

このへドルは動物の角で出来ているそうです。
a0191728_925632.jpg


大型織機でバンド織りのワークショップも行われていました。
a0191728_926138.jpg

その織り機に何気なく掛けられていたバンドがすごい!
a0191728_9261381.jpg


織機のメーカーさんのブースには
初めて見るバンド織り専用の織り機もありました。
a0191728_9265219.jpg


こちらは絹織物博物館の年代物の自動織機。
a0191728_929312.jpg

バンドというよりはリボンですが
ここにも北欧のバンド織りの歴史を感じます。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-10-05 09:48 | 染織の旅とお出かけ
<< スウェーデンとフィンランド 織... スウェーデンとフィンランド 織... >>