ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

スウェーデンとフィンランド 織りの旅 その2

次は北欧で手に入れた
織りの道具と糸と本をご紹介します。

a0191728_2157458.jpg

バンド織用のヘドルとクランプ。
取り扱っていたネットショップがクローズしてしまい、
日本での入手が難しくなっていたので
メッセで出会った時は
即座に購入しました。

ボタンはヘルシンキのマーケットで。


a0191728_21574595.jpg

カード織りのキット。
これもメッセで見つけました。
途中まで織ってあるところが親切です。
色々な模様のものがあって、
私のは麻糸ですが
ウールのものもありました。


a0191728_21575150.jpg

糸は思ったほどには買っていません。
メッセで買った麻の引き揃え糸と
ヘルシンキの糸屋さんで買ったウールのみ。

スウェーデン織りの本に出てくる
コットリン(コットンリネン)を買いたいと思っていたのだけど、
本をたくさん買ってしまった身としては
重さが気になり
控えてしまいました。

さらに街の糸屋さんで
あ、いいな、と思ってチェックする糸が
ことごとく made in japanだったという
衝撃の事実!

その多くが野呂さんの糸でした。
日本国内では見たことのない
コーン巻きの糸がたくさんありました。
あれは日本では買えないのかな?


a0191728_21574829.jpg

そして古書3冊。

・リップス織(畝織)の本

・様々な伝統的なスウェーデン織の本

・マット(ラグ)の本

「是非、本を買っていらっしゃい」
と奈良でお世話になっている寺本先生に勧められていたので
メッセ会場でいち早くGETしました。

初日の早い時間に行ったお陰で
良い古書が入手できました。

a0191728_21575241.jpg

さらに新刊本や
スウェーデン王宮の織りの本
織り雑誌VAV
VAVのカレンダーも購入。
みんな組織図付きで
写真も魅力的なものばかり。

a0191728_21575488.jpg

フリーで頂いたカタログやカードも
参考資料として重宝しそうなものばかりです。


これらの紙モノの殆どは
ウメオ初日に入手してしまったんですよね。
日本から持っていったショッピングバッグは米袋ほどの重さに。
それを丸1日持ち歩いた私です。
しかも帰りのバスにスルーされ
ホテルまでも歩く羽目に…
いやはや疲れました。

前の晩に寝不足だったこともあり
その日の私は
80才のお婆さんの様だったそうです。
どーりで皆が優しいと思ったら!

でも頑張って持って帰った甲斐がありました。
大切な宝物になること間違いなしです。

同行者の皆さん
心配かけてごめんなさい。
そしてありがとうございました。










.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-09-29 20:48 | 染織の旅とお出かけ
<< スウェーデンとフィンランド 織... スウェーデンとフィンランド 織... >>