ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

小さな織り作家

毎年この時期
毛虫に占拠され
退治に四苦八苦させられる
玄関前の赤紅葉。

今年は何故か毛虫が少ない。

それはこちらの住人のおかげ?
ふと気付くと
なんと小さな鳥の巣が!

綿毛や蜘蛛の巣を
見事に織り込んで
赤い葉をバックにまるでそれは
繊細なファイバーアート。

道具も物差しも使わず
こんなに綺麗に丸く
どうして作ることができるのでしょう?

a0191728_10172678.jpg

a0191728_10172760.jpg


作者はどうやらメジロらしい。

まるでハンモックのように
細い枝と枝の間に
ぶら下がるような巣の中に
卵は何個あるのか分からないけれど
親鳥が頭を少し覗かせています。

落ちてしまわないか、
毎日ドキドキしながら
梢を見上げている私です。








.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-06-06 09:55 | こぼれ話
<< サクサクのスコーン 大和川の植物で十色の会 >>