ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

みんなの作品でカリキュラムの紹介

4月4日(金)より
ABCクラフトでは
あべのQsモール店に加え枚方店でも
咲きおりによる手織り講座が
始まりました。

あべのQモール店は
第一火曜日と第四水曜日

枚方店は第一金曜日に開講しています。

講座のカリキュラムをご紹介しながら
生徒さんの作品を見ていきましょう。

第一回目は
お好きな三色を選んで
チェックの平織りマット。
初回から個性が出ます。
a0191728_15491989.jpg


第二回目は
お好きなカットクロスを裂いて織る
裂きおりテーブルセンター。

写真はYさんの作品。
お家でもたくさん
裂いて織って来て下さいました。
素敵!
a0191728_1549196.jpg


第三回目は
畝織りのプレイスマット。
皆さん、この回はちょっと苦労しますが、
だからこそか人気のカリキュラム。
織りは平織りだけじゃない!
写真はAさんKさんの作。
a0191728_15492070.jpg


第四回目は
千鳥格子のスヌード。
お好きな2色で。
糸が細くなるので
打ち込み密度をしっかり習得。
水曜メンバーの作品です。
a0191728_15492152.jpg


第五回目はベルト織り。
お好きな3色で。
ソウコウを利用すれば
ベルトもサクサク織れます。
コツを覚えて幅が揃うまで
教室で練習です。
火曜メンバーの作品。
a0191728_15492171.jpg


第六回目は残り糸利用のバッグ地。
五回で使った糸を利用して織った地は
ベルト織りと一緒に仕立ててバッグに。
Kさん作。
a0191728_15492289.jpg

Aさん作。
a0191728_15492372.jpg

Nさん作。
a0191728_15492780.jpg


第七回目は
オリジナルの縦縞ランチョンマット。
一つ飛んで第九回目は
組織織りのサンプラー。
ここでは配色や
タテ糸とヨコ糸の色の混ざり方
糸の並びによって
どんな模様が織れるのかを学びます。
左は第二回課題。
a0191728_154928100.jpg


第八回目は
咲きおりならではの
タテ糸移動のテクニックを使ったマフラー。
ロングサイズの作品作りになります。
写真の右のものでIさん作。
左はOさんの第十回課題。
a0191728_15492849.jpg


第十回目は
変わり糸を使った
たっぷりサイズのショール。
40センチの咲きおりソイコウを
幅一杯使ったカリキュラム。
この頃には
幅も耳端もきれいに揃って
織り上がるまで上達しています。
a0191728_15492976.jpg


第十一回目は
ラメ糸を使った
豪華パーティーショール。

第十回までは30羽を使用してのカリキュラムです。
中級に進む方はここから40羽を使用して頂きます。(30羽も使用可)
より緻密で繊細な制作にも取り組めるようになります。
Tさん作。
a0191728_15493031.jpg


第十二回目は
初級の最終回、自由課題です。
ここまで学んだ手織りの基本テクニックを使って、
自分の織りたいものにチャレンジして下さい。
講師が制作準備から相談にのります。


というわけで、今回は初級の紹介でした。
こうして見ると
ついこの間開講したように思っていましたが、
すでに1年が経ち、たくさんの生徒さんが
たくさんの作品を織っていらっしゃる。
皆さん熱心な方ばかりで
どのクラスも本当に素晴らしい上達ぶりです。


中級はますます充実の内容で
複雑なテクニックや
大物にもチャレンジしていきますよ!

ただいま枚方店では
体験募集中!
まずはお気軽にご参加下さいね!

お申し込みお問い合わせは
ABCクラフト枚方店 毛糸売場まで。
072-845-2410






.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-04-06 07:24 | ワークショップダイアリー
<< アイバーズローズとチューリップ 河内山本玉串川の桜 >>