ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

バイオリン王子の柿渋型染め財布

昨年の9月に
東京の箕輪先生のスタジオで開催した
柿渋型染めのワークショップに参加された
バイオリン王子さんから写真が届きました。

あ、バイオリン王子さんは箕輪直子先生のブログに登場の
知る人ぞ知るバイオリン職人さんです。

a0191728_9302325.jpg

柿渋で型染めした本革のお財布です。
トレードマークのバイオリンのf字孔が綺麗ですね!

a0191728_9302453.jpg

ワークショップの後、早速柿渋やアルギン酸を取寄せ
あれこれ試作しているとメールを頂いたので
どんな作品が出来上がるのか
楽しみでした。

皮にもしっかり型染め出来てますね。
色もいい感じ。

なんでも器用に作られる方なので
もしかしてお財布自体もお手製ですか?
(ご本人から連絡あり、やはり
手縫いのお手製とのこと。すごい!)


細やかな草花模様は
クラフトパンチを使って
型を作られたものだと思います。
ワークショップの日に
私用にも作って持ってきて下さったんです。
a0191728_9302560.jpg


レースペーパーみたいで素敵でしょう?
乙女心をくすぐるデザインですよね(笑)

最近では100円ショップでも
色々な種類のクラフトパンチが売っているので
私も試したことがあるのですが、
奥行がないのが難点。

切り抜きが紙の際に近いので
このままでは色糊を置くのが難しいんです。

場が広い時はマスキングテープで
貼ったり工夫をすると
型もずれず一石二鳥。

お財布はどんな工夫をして
糊置きしたのでしょうね?


バイオリン王子さんのメールには
「制作頑張って下さい」
とのメッセージが添えてありました。

ありがとうございます。

各方面から激励を頂き
お陰様で無事
AJCクリエイターズコンテストの作品を
発送することが出来ました。


今回は、と言うべきか
今回も、と言うべきか
そうとう難産でした。
作品についてはまた後日紹介します。


AJCクリエイターズコンテストは
3月22〜27日まで
東京都美術館で開催です。







.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-03-14 08:43 | みんなの作品
<< トルコのお土産 チェックのレッスン >>